HP ProDesk 405 G6 DMレビュー:Ryzen 4000 シリーズ搭載で4万円台!高コスパな超コンパクトPC

HP ProDesk 405 G6 DMレビュー
HP ProDesk 405 G6 DMは、Ryzen PRO4000シリーズ搭載のデスクトップPCです。本体が非常にコンパクトなので、設置に場所を取らない点が魅力。しかも価格は3~5万円台と安いのに、驚くほど高いパフォーマンスを実現しています。お値段以上の価値がある、要注目の機種です。

HP ProDesk 405 G6 DM

HP ProDesk 405 G6 DM

ラインナップ

APU/メモリー/ストレージ/Win10 税込価格
Athlon PRO 3150GE / 4GB / 128GB SSD / Home 3万8100円
Ryzen 3 PRO 4350GE / 8GB / 256GB SSD / Home 4万8100円
Ryzen 5 PRO 4650GE / 8GB / 256GB SSD / Home 5万4100円
Ryzen 3 PRO 4350GE / 8GB / 256GB SSD / Pro 5万3100円
Ryzen 5 PRO 4650GE / 8GB / 256GB SSD / Pro 5万9100円

※2021年9月28日時点

HP ProDesk 405 G6 DMのスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
APU ・Athlon Gold Pro 3150GE
・Ryzen 3 PRO 4350GE
・Ryzen 5 PRO 4650GE
メモリー ・4GB (Athlon)
・8GB(Ryzen)
※スロット2基、SO-DIMM、最大64GB
ストレージ ・128GB SSD
・256GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(APU内蔵)
電源 65W ACアダプター
サイズ 幅177mm
奥行き175mm
高さ34.2mm
重量 約1.25kg

※2021年4月2日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 1
M.2スロット 2 (Wi-Fi用、ストレージ用)
光学ドライブ
ドライブベイ 2.5インチ×1
拡張スロット
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5
USB3.2 ・Gen1×6 (前面2、背面4)(Athlon)
・Gen2×4 (前面2、背面2)、Gen1×2(背面)(Ryzen)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 2(USB3.2 Gen2、前面1、背面1)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1
DVI
シリアルポート
PS/2
付属品 電源アダプター、USBキーボード、USBマウス、スタンドなど
※カスタマイズで省略可能
オフィス ※オプション

この記事では筆者が購入した実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

限定クーポンで値引き!

平日月~金曜日の21時から翌朝8時にかけて、または土日に、販売ページで「限定クーポン」が表示されることがあります。クーポンを取得すると自動で全品4%引き! 非常にお買い得なので、購入の際はクーポンの配布時間を狙ってみてください。

※クーポンはタイミングによって利用できない場合があります

HP ProDesk 405 G6 DM

HP ProDesk 405 G6 DM

税込3万8100円~

※2021年9月28日時点

3~5万円台の安いデスクトップパソコンおすすめ機種【2021年】
税込3~5万円台で買えるおすすめの格安デスクトップPCをまとめました。仕事や普段使い用に安いパソコンを探している人は、ぜひ参考にして……

本体の外観

サイズについて

厚さがわずか3.42cmのHP ProDesk 405 G6 DMは、デスクトップPCのなかでは「コンパクト型」に分類されます。一般的なミニタワー型と比べて本体がかなり小さく、設置面積が小さくてすむのが特徴。専用アダプター(別売り)を使えば、VESA対応ディスプレイの背面にも設置できます。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

HP ProDesk 405 G6 DM 外観

HP ProDesk 405 G6 DMの外観 ※スタンド使用時

HP ProDesk 405 G6 DM スタンド

縦置き時に利用するスタンド

HP ProDesk 405 G6 DM 横置き

横向きでも設置可能

HP ProDesk 405 G6 DM 設置イメージ

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

HP ProDesk 405 G6 DM 設置イメージ

モバイルディスプレイにつなげば、とてもコンパクトにまとめられます ※ディスプレイは14インチ

HP ProDesk 405 G6 DM 設置イメージ

モバイルバッテリーでも利用可能。給電可能なType-Cディスプレイなら、本体とケーブル1本でつなぐだけ

HP ProDesk 405 G6 DM 前面と背面

前面(上)と背面(下)。高さは3.42cm

HP ProDesk 405 G6 DM 側面

左右側面

HP ProDesk 405 G6 DM 天面と底面

天面と底面。幅17.7cm×奥行き17.5cmで、ほぼ正方形型

HP ProDesk 405 G6 DM 重さ

重さは実測で1.107kg

HP ProDesk 405 G6 DM 電源アダプター

付属の電源アダプターは65Wの丸口コネクター

HP ProDesk 405 G6 SFF キーボード・マウス

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス。省略可能ですが、「なし」でも価格は変わりません

HP ProDesk 405 G6 DM ケーブル

Type-Cケーブルも付属

インターフェースについて

HP ProDesk 405 G6 DMはコンパクト型としては、十分なインターフェース(端子類)が用意されています。ただしメモリーカードスロットには対応していない点に注意してください。またBIOS設定を変更するとキーボードから電源を入れられるとのことらしいのですが、設定を変えても付属のキーボードでは電源を入れられませんでした。

HP ProDesk 405 G6 DM 前面

前面のインターフェース

  • ① USB 3.2 Gen2 Type-C(データ通信用)
  • ② USB3.2 Gen2
  • ③ USB3.2 Gen1
  • ④ ヘッドホン端子
  • ⑤ 電源ボタン

公式サイトの商品ページでは⑤と⑦の端子が「USB2.0」と記載されていますがこれは間違いで、 実際にはUSB 3.2です。

HP ProDesk 405 G6 DM 背面

背面のインターフェース ※Ryzenモデル

  • ① HDMI
  • ② DisplayPort
  • ③ USB3.2 Gen1
  • ④ USB3.2 Gen1
  • ⑤ USB3.2
  • ⑥ USB3.2
  • ⑦ USB3.2 Gen1
  • ⑧ 有線LAN
  • ⑨ 電源コネクター

USB Type-Cは前面がデータ通信とUSB機器への充電に対応、背面はさらにUSB PDによる給電と映像出力に対応しています。ディスプレイ側に65W以上の出力が可能なType-Cがあれば、本体側の電源ケーブルは不要です。

Type-C端子の機能(背面のみ)

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

3系統の映像出力はすべて4K60Hz対応です。手持ちの4Kディスプレイが足りなかったので確認できていませんが、おそらく3画面同時出力も可能だと思われます。

4K60Hzでの出力

HDMI
DisplayPort
USB Type-C

ThinkCentre M75q Tiny Gen2との比較

コンパクト型PCのカテゴリーでは、レノボの「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」が人気です。機能やサイズはかなり似ていますが、標準でWi-Fi 6 / BluetoothとType-Cに対応するHP ProDesk 405 G6 DMのほうが総合的には高コスパだと思います。ただしHP ProDesk 405 G6 DMはRyzen 7に対応していない点が残念。Ryzen 3/5ならHP ProDesk 405 G6 DM、Ryzen 7ならThinkCentre M75q Tiny Gen2とAPUによって選ぶといいかもしれません。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2レビュー:8コアRyzen 7 PRO 4750GE搭載でも最安5万円台の超コスパなミニPC
新モデル登場 M75q Tiny Gen2に、新APUのRyzen 5000GEシリーズ搭載モデルが追加されました。価格につい……

HP ProDesk 405 G6 DM 比較

HP ProDesk 405 G6 DM(上)とThinkCentre M75q Tiny Gen2(下)

HP ProDesk 405 G6 DM 比較

HP ProDesk 405 G6 DM(上)とThinkCentre M75q Tiny Gen2(下)

HP ProDesk 405 G6 DM 比較

HP ProDesk 405 G6 DM(手前)とThinkCentre M75q Tiny Gen2(奥)

HP ProDesk 405 G6 DMとThinkCentre M75q Gen 2の違い

HP ProDesk 405 G6 DM ThinkCentre M75q Gen 2
APU ・Atlon GOLD PRO 3150GE
・Ryzen 3 PRO 4350GE
・Ryzen 5 PRO 4650GE
・Ryzen 3 PRO 4350GE
・Ryzen 5 PRO 4650GE
・Ryzen 7 PRO 4750GE
・Ryzen 3 4300GE
・Ryzen 5 4600GE
・Ryzen 7 4700GE
サイズ 幅177mm
奥行き175mm
厚さ34.2mm
幅179mm
奥行き182.9mm
厚さ36.5mm
重量 1.25kg 1.25kg
Wi-Fi / Bluetooth Wi-Fi 6 / 5 ※オプション
インターフェース USB3.2 Gen2×4
USB3.2 Gen1×2
USB Type-C×2
HDMI
DisplayPort
ヘッドホン端子
有線LAN
USB3.1×3
USB2.0×2
USB Type-C×1
HDMI
DisplayPort
ヘッドホン端子
有線LAN

※2021年4月2日時点

分解方法とパーツ交換について

内部へのアクセス方法

HP ProDesk 405 G6 DMはカバーを外すことで、パーツの交換やメンテナンスを行なえます。背面のネジは手で外せますが、内部のネジはT15トルクスドライバーが必要なのであらかじめ準備しておいてください。

HP ProDesk 405 G6 DM 分解

背面のネジを取り、カバーを外します。カバーはなかなか外れないため、前面側のすき間からこじ開けるようにして外してください。背面のフレームを曲げないように注意

HP ProDesk 405 G6 DM 分解

カバーを外した状態

各部のパーツ

HP ProDesk 405 G6 DM メモリー

メモリースロットは空冷ファンの下

HP ProDesk 405 G6 DM M.2スロット

M.2スロットは2.5インチドライブベイの下に配置されています

HP ProDesk 405 G6 DM ドライブベイ

2.5インチドライブベイにはHDDやSSDをセット可能。写真は7mm厚のHDDをセットした状態

HP ProDesk 405 G6 DM ドライブベイ

9.5mm厚のHDDでも問題なくセットできました

HP ProDesk 405 G6 DM ドライブベイ

ただしコネクターの部分がグラつきます。すき間になにかはさんでおくといいかもしれません

※2021年5月16日追記

HP純正の2.5インチベイ増設用ネジを利用すると、正しく固定できるとの情報をいただきました。ゴム製のワッシャーにより、グラつかなくなるようです。

関連記事

HP純正2.5インチベイ用ネジ

HP ProDesk 405 G6 DM スピーカー

フロント部分にスピーカー

HP ProDesk 405 G6 DM Wi-Fi

Wi-Fi(無線LAN)のアンテナはこの部分に接続されています。電波感度は特に問題ありませんでした

HP ProDesk 405 G6 DM アンテナ

アンテナを利用するなら、電源コネクター上の部分をドライバーなどで押し込んで接続用の穴を開けてください

HP ProDesk 405 G6 DMのベンチマーク結果

テスト機のスペック

CPU Ryzen 3 PRO 4350GE
メモリー 8GB(4GB×2)
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics

※ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した状態で実施しています

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは「APU」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します。ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

ストレージ構成は128GB SSDまたは256GB SSDです。テスト機では、128GBでPCIe 3.0 x4接続のSSDが使われていました。通常のテストではアクセス速度は高速でしたが、データ量の多いテストを連続で行なうとシーケンシャルライトの速度が大きく低下します。おそらく、サーマルスロットリングが発生しているのでしょう。ただし内部のスペース的にはヒートシンクを設置する余裕がないので、放熱シートなどを使うといいかもしれません。

HP ProDesk 405 G6 DM ストレージ

256GB SSDのアクセス速度。左は標準テスト時で、右は高負荷テスト時

CPU性能

CPUには、「Renoir」ことZen 2世代のRyzen PRO 4000GEシリーズが使われています。名前に「PRO」が付くCPUは、管理/セキュリティー機能を強化したビジネスPC向けです。個人で利用する際は特に気にする必要はありません。しかしメーカー製PCに搭載されたPROシリーズは、ほかのマザーボードで使えない可能性があります。CPUを抜き取って使えない場合があるので注意してください。

HP ProDesk 405 G6 DMで使われているのは、末尾に「E」が付く省電力版です。「E」が付かない通常電力版に比べて、パフォーマンスが若干落ちる場合があります。

Ryzen Renoir

デスクトップ向けRenoirのラインナップ

今回テストしたのは下位のRyzen 3 PRO 4350GE搭載モデルで、ベンチマークテストの結果はそれほど高くはありませんでした。とは言えひと世代前のCore i5-9400に迫るほどのスコアですから、なかなか高性能です。最新ノートPCで使われているCore i7-1165G7と比べると、スコアでは19%上回っています。

上位のRyzen 5 PRO 4650GEであれば、さらに高いパフォーマンスを期待できます。ほかの機種の結果ですがひと世代前のCore i7-9700を上回っているので、かなり高性能と言っていいでしょう。4万円台で購入できるPCとしては驚きのパフォーマンスです。

HP ProDesk 405 G6 DM CPU

CPUの性能比較

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵グラフィックスが使われます。3Dベンチマークの結果は専用GPUのGeForceシリーズなどに及ばなかったものの、内蔵グラフィックスとしてはそこそこ優秀な結果が出ました。特にインテルCore iシリーズ内蔵のUHD Graphics 630を大きく上回っています。ゲームやクリエイター向けソフトで、多少の効果を感じられるでしょう。

ちなみにRyzenシリーズはメモリーがデュアルチャネルで動作していると、グラフィックス性能が大きく伸びる傾向が見られます。4GB×1あるいは8GB×1枚などのシングルチャネルでは性能が低いので、デュアルチャネルでの利用がおすすめです。

HP ProDesk 405 G6 DM Time Spy

DirectX 12の性能を計測するTime Spyのスコア比較

HP ProDesk 405 G6 DM Fire Strike

DirectX 11の性能を計測するTime Spyのスコア比較

PCとしての汎用性

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア9171
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア6890
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア5091

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCMark 10は、PCを使った各種作業の快適さを計測するベンチマークテストです。HP ProDesk 405 G6 DMのRyzen 3モデルでは、すべてのテストをで快適に使える目安をクリアーしました。特にビジネス系のスコアが優秀です。上位モデルであればさらに高いパフォーマンスを期待できますが、Athlon搭載の下位モデルではコンテンツ制作のテストがちょっと厳しいかもしれません。

ゲーム系ベンチマーク結果

Ryzen 3モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、ごく軽いドラクエ10は快適との評価でしたが、やや重いFF14やかかなり重いFF15では厳しそうな評価でした。少し重いだけのゲームであれば、解像度や画質をグッと下げればなんとか60FPS前後で遊べそうな雰囲気です。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 671 / 動作困難
標準品質 1451 / 動作困難
軽量品質 1838 / 動作困難

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 2608 / 17.4 FPS
高品質 2877 / 19.3 FPS
標準品質 4546 / 31.3 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 9366 / とても快適
標準品質 12301 / すごく快適
低品質 14327 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

価格について

HP ProDesk 405 G6 SFFには、パーツ構成が異なる複数のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下の表のとおり。パーツカスタマイズには対応していません。

ラインナップ

APU/メモリー/ストレージ/Win10 税込価格
Athlon PRO 3150GE / 4GB / 128GB SSD / Home 3万8100円
Ryzen 3 PRO 4350GE / 8GB / 256GB SSD / Home 4万8100円
Ryzen 5 PRO 4650GE / 8GB / 256GB SSD / Home 5万4100円
Ryzen 3 PRO 4350GE / 8GB / 256GB SSD / Pro 5万3100円
Ryzen 5 PRO 4650GE / 8GB / 256GB SSD / Pro 5万9100円

※2021年9月28日時点

納期については、在庫があれば1周間程度で到着します。在庫がない場合は入荷待ちで、どの程度で到着するのかわかりません。注文後しばらくすると納品予定日メールが届くので、それで確認してください。入荷待ちの場合は気長に待つか、すぐに入手したい場合は在庫のあるモデルを選ぶことをおすすめします。

HP ProDesk 405 G6 DM 在庫

注文画面でグレーになっているモデルは入荷待ち、白い状態は在庫ありを表わします

なお月~金曜日の平日の夜(21時から翌8時まで)または土日には期間限定クーポンを利用可能です。画面に表示されたバナー画像を押すだけで、クーポンが自動的に反映されます

深夜限定クーポン

画面にこの画像が表示されたらタップまたはクリック

お値段以上の超コンパクトPC

HP ProDesk 405 G6 DM 感想

よかった点

非常に高性能なPCが3~5万円台のリーズナブルな価格で手に入るのは大きな魅力です。しかもWi-Fi 6とUSB Type-C付き。パーツカスタマイズには対応していませんが、総合的なコスパはThinkCentre M75q Tiny Gen2よりも高いと思います。

気になる点

最上位のRyzen 7モデルが用意されていないのは残念です。Ryzen 5でも十分高性能ですが、Ryzen7を使いたい人も多いのではないでしょうか。今後ぜひ対応していただきたいものです。

限定クーポンで値引き!

平日月~金曜日の21時から翌朝8時にかけて、または土日に、販売ページで「限定クーポン」が表示されることがあります。クーポンを取得すると自動で全品4%引き! 非常にお買い得なので、購入の際はクーポンの配布時間を狙ってみてください。

※クーポンはタイミングによって利用できない場合があります

HP ProDesk 405 G6 DM

HP ProDesk 405 G6 DM

税込3万8100円~

※2021年9月28日時点

3~5万円台の安いデスクトップパソコンおすすめ機種【2021年】
税込3~5万円台で買えるおすすめの格安デスクトップPCをまとめました。仕事や普段使い用に安いパソコンを探している人は、ぜひ参考にして……

当サイトでは2~3万円台の格安PCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

3~5万円台の安いデスクトップパソコンおすすめ機種
デスクトップPCレビュー一覧

スポンサーリンク
rect-big
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
rect-big
HP Directplus オンラインストア

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!