ドスパラ raytrek G5 レビュー:税込10万円ちょっとでGTX 1650Ti+16GBメモリー搭載の15.6インチクリエイティブノートPC

ドスパラ raytrek G5 レビュー

ドスパラのraytrek G5は、専用グラフィックスとしてGTX 1650 Tiを搭載するクリエイター向けの15.6インチノートPCです。高性能なGPUや16GBメモリーを搭載しながらも、価格は税込10万円ちょっととリーズナブルである点が魅力。
raytrek G5

ポイント

  • シンプルなデザイン
  • GTX 1650 Ti搭載
  • 16GBメモリー搭載

raytrek G5のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080 (60Hz)
CPU Core i5-10300H
メモリー 16GB
SSD 500GB
HDD なし ※オプションで追加可能
グラフィックス GTX 1650 Ti
LTE 非対応
堅牢性テスト
幅×奥行き 359.8×244.3mm
厚さ 25.8mm
重量 2.1kg
バッテリー 6.5時間

※2020年10月5日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ※表記なし (IPS相当)
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり (3列)
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5
USB3.2 2 (Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1 (Mini)
Webカメラ HD (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

raytrek G5

raytrek G5

税込10万2278円

※2020年10月5日時点

デザインと使いやすさ

シンプルな外観

raytrek G5 外観

raytrek G5の本体デザインは非常にシンプルです。本体カラーはブラックで、天板にロゴやエンブレムなどは配置されていません。ボディの素材は樹脂 (プラスチック)ですが、安っぽさは感じられませんでした。見た目はスッキリとしていますが、高性能パーツを搭載しているぶん本体が厚く、ややゴツく感じます。

raytrek G5 天板

なにもないスッキリとした天板

raytrek G5 天板

表面はツヤ消しでサラサラとした手触り

raytrek G5 パームレスト

パームレスト (キーボード面)もブラック。キーの側面はホワイトで、個々のキーが見分けやすく作られています

raytrek G5 ベゼル

ディスプレイのベゼル幅は左右7.2mm、上部12.2mm、下部24.1mm。左右はかなり細め

raytrek G5 底面部

底面部には吸気口

raytrek G5 排気口

排気口は背面部

15インチクラスとしてはコンパクト

raytrek G5 サイズ

フットプリント (接地面積)は幅359.8×奥行き244.3mmmmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもひと回り小さい程度です。最近のスタンダードノートPCはこれくらいのサイズが増えているのですが、高性能CPU&GPU搭載でこれだけ小さいのはなかなかありません。ただしそのぶん厚みがあり、特に設置時はゴツく見えます。

raytrek G5 大きさ

B4サイズ (黄色い部分)とA4サイズ (オレンジの部分)との大きさ比較

raytrek G5 高さ

高さは公称値で25.8mm、実測で26.8mm

raytrek G5 背面

背面からの見た目。底面部のゴム足が高く、設置時の高さは31.8mm

raytrek G5 前面

前面からの見た目もやや厚めの印象

raytrek G5 重さ

重量は実測で1.95kg

raytrek G5 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは568g

スタンダードな15.6インチのフルHD

raytrek G5 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチです。解像度は1920×1080ドットで、このタイプとしてはスタンダードなスペック。ディスプレイの表面は非光沢のノングレアで、眼精疲労の原因と言われる映り込みが抑えられていました。長時間の作業にも適したディスプレイです。

raytrek G5 ノングレア

映り込みを抑えた非光沢のノングレア

映像は自然な色合い

raytrek G5 映像品質

映像は自然な色合いで、違和感はありません。視野角も広く、品治すとしてはIPSパネル相当と言っていいでしょう。色域は公称値でsRGBカバー率91%とのこと。ただ若干赤みが弱い印象を受けます。また画面は明るいものの、黒が強めです。コントラストが高いのかもしれません。

raytrek G5 コントラスト

コントラストが高く、色にメリハリがあります

raytrek G5 明るさ

計測輝度は312nit。明るすぎるほどではなく、作業にはちょうどいいレベルです

色域測定結果

sRGBカバー率 91.9%
sRGB比 101.0%
Adobe RGBカバー率 71.0%
Adobe RGB比 74.9%

英字配列をベースにしたクセのあるキーボード

raytrek G5 キーボード

キーボードは、バックライト対応の日本語仕様です。テンキーに対応していますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。また一般的な日本語のJIS配列ではなく、英字配列がベースにされています。キー配列がかなり特殊なので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

raytrek G5 バックライト

バックライトは標準収録ユーティリティーから自由に色を変えられます。発光パターンやゾーン/キーごとの色設定には非対応

raytrek G5 配列

Enterキー周辺の配列やテンキーが特殊

軽いタッチで入力する人向け

raytrek G5 タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.47mm。ストロークは一般的な深さですが、クリック感と押下圧が軽いので全体的なタイプ感も軽く感じます。しっかり押し込むようにして打つ人には物足りないかもしれませんが、軽いタッチの人なら違和感なく使えるでしょう。

タイプ音は控えめ。タクタクと聞こえますが、うるさくはありません。ただし強く叩くとタンタンと響きます。

raytrek G5 タイプ音

タイプ音は少し聞こえますが、うるさくはありません

Type-Cは非対応

raytrek G5 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース類は、15インチタイプとしては標準的です。ただしUSB Type-C端子には対応していません。また生体認証にも非対応です。

raytrek G5 Webカメラ

ディスプレイ上部にはWebカメラ

raytrek G5 スピーカー

スピーカーはノートPOCとしては標準的な音質

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能は十分

CPUは第10世代のCore i5-10300Hです。ゲーミング / クリエイター向けノートPCで使われているCPUのなかでは、性能はあまり高くありません。とは言え、一般用途向けのスタンダードノートPC / モバイルノートPC向けCPUよりははるかにパワフルです。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 4800H
4266
Core i9-10885H
3504
Ryzen 5 4600H
3309
Core i7-10875H
3293
Core i7-10750H
2861
Ryzen 7 4700U
2798
Core i7-9750H
2684
Ryzen 5 4500U
2259
raytrek G5 (Core i5-10300H)
2257
Core i5-10300H
2249
Core i7-10710U
2214
Core i5-9300H
1922
Core i7-1065G7
1625
Core i7-10510U
1486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能は低い

グラフィックス機能としては、GeForce GTX 1650 Tiが使われています。NVIDIA製GPUのなかではエントリー (入門)向けで、ほかのGPUに比べて性能はあまり高くはありません。とは言え、CPU内蔵のグラフィックス機能よりははるかに高性能です。ミドルレンジ~ハイエンドGPUほどではないものの、3D制作や動画編集、画像処理などでの効果を期待できます。

GPUの性能差

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
23762
RTX 2070
20037
RTX 2070 SUPER Max-Q
18723
RX 5600M
15718
RTX 2060
15459
GTX 1660 Ti
14472
RX 5500M
13021
GTX 1650 Ti
10122
raytrek G5 (GTX 1650 Ti)
9828
GTX 1650
8589
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
UHD (Core i7)
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ビジネス利用にはOK

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア9348
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア7780
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア3912

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、すべてのテストで快適に使えるとされる目安をクリアーしました。普通の利用であれば問題なく使えるはずです。

ただ専用GPUを搭載しているにも関わらず、コンテンツ制作のテストのスコアが低めでした。テスト結果の詳細を確認したところ、3D制作の処理で時間がパフォーマンスが伸びなかったようです。写真加工については問題ないレベルで、動画編集については重いデータを使わない作業なら大丈夫なようです。

SSDは高速タイプ

raytrek G5 ストレージ

ストレージには、500GBのSSDが使われています。接続規格はPCIe 3.0 x4で超高速タイプ。試用機ではWD BlueのSN550が使われていました。アクセス速度についてはSSDの公称値どおりで、サーマルスロットリングが発生しているようには見えません。ウィンドウズのレスポンスも良好で、サクサクとストレスなく使えます。

バッテリー駆動時間は短い

バッテリーの駆動時間は、公称値で6.5時間とされています。ただしこれは電力消費量を抑えた状態での結果。実際の駆動時間はもっと短くなるはずです。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、2時間12分でバッテリー残量が3%に達し休止状態へ移行しました。非常に短いのですが、高性能なCPU / GPUを搭載しているので仕方がありません。電源に接続した状態で利用してください。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 6.5時間
Modern Office (ビジネス作業) 2時間12分時間
50%充電までにかかった時間 54分
フル充電までにかかった時間 2時間15分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

GTX 1650搭載としては安い

raytrek G5 感想

よかった点

GTX 1650+16GBメモリーで税込10万円ちょっとはなかなかの安さです。色域もノートPCとしてはけっこう広め、クリエイティブな用途でも活用できるでしょう。本体がコンパクトである点も魅力。

気になる点

キー配列がかなり特殊である点が気になりました。マウスとショートカットキー主体の操作であれば問題ないかもしれませんが、長文やプログラムを書くには向いていないと思います。また確かに安いものの、プロ向けの本格的な作業にはパワーが足りません。アマチュアレベルでライトな創作活動向きの機種です。

raytrek G5

raytrek G5

税込10万2278円

※2020年10月6日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!