ドスパラraytrek R5-CAレビュー:RTX3060+32GBメモリー搭載のハイスペックなクリエイター向けノートPC

ドスパラraytrek R5-CAレビュー

ドスパラのraytrek R5-CAは、15.6インチのタイプのクリエイター向けのノートPCです。8コアのCore i7-10875HとミドルレンジGPUのGeForce RTX 3060搭載で、メモリーは大容量の32GB。画像加工や動画編集などの重い処理でもサクサクとこなせます。

raytrek R5-CAのスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i7-10875H(8コア16スレッド)
メモリー 32GB(16GB×2)
※スロット2基、PC4-23400、最大64GB
SSD 1TB NVMe SSD
※M.2 SSDは2枚まで利用可能
HDD なし
グラフィックス RTX 3060(6GB)
リフレッシュレート 60Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 sRGBカバー率 約99%
Adobe RGBカバー率 約76%
幅×奥行き 359×243mm
厚さ 24.31mm
重量 約2.0kg
バッテリー 約8.6時間

※2021年5月21日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー 3列
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6(最大2.4Gbps)
Bluetooth 5.1
USB3.2 2(Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1(3.2 Gen2、DP対応)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1(2.1)
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD画質(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 180W ACアダプターなど
オフィス なし(オプションで追加可能)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

raytrek R5-CA

raytrek R5-CA

18万8280円

※2021年5月21日時点

raytrek R7との違い

raytrek R7 感想

この記事で取り上げるのは、15.6インチサイズの「raytrek R5-CA」です。ドスパラからは同じくクリエイター向けノートPCとして「raytrek R7」というモデルが発売されています。raytrek R7のほうがGPUの性能が高く、ディスプレイのスペックも上。しかしそのぶん値段が高く、キー配列のクセが強いなどの欠点があります。

raytrek R5-CAとraytrek R7の違い

raytrek R7 raytrek R5-CA
ディスプレイ 17.3インチ 2560×1440 15.6インチ 1920×1080
CPU Core i7-10875H
グラフィックス RTX 3070 RTX 3060
メモリー 32GB
ストレージ 1TB SSD
リフレッシュレート 165Hz 60Hz
sRGBカバー率 約100% 約99%
有線LAN 2.5Gbps 1Gbps
メモリーカード microSD SD
顔認証 対応 非対応
サイズ 幅391.4mm
奥行き260.8mm
高さ20mm
幅359mm
奥行き243mm
高さ24.31mm
重量 約2.3kg 約2.0kg
バッテリー駆動時間 約7.1時間 約8.6時間

※2021年5月21日時点

raytrek R7の詳細については、レビュー記事でご確認ください。

ドスパラraytrek R7レビュー:RTX3070&17.3インチWQHD165Hzディスプレイ搭載のハイスペッククリエイター向けノートPC
ドスパラのraytrek R7は、17.3インチのディスプレイを搭載するクリエイター向けのノートPCです。特徴は、とにかくスペックが……

デザインと使いやすさ

外観について

raytrek R5-CA 外観

raytrek R5-CAは高性能パーツを組み込んだクリエイター向けノートPCですが、本体サイズはわりとコンパクトです。多少厚みがあるものの、接地面積は普通の15.6インチノートPCとあまり変わりません。ムダのないスッキリとしたデザインで、スタイリッシュな印象を受けます。

raytrek R5-CA デザイン

raytrek R5-CAの外観

raytrek R5-CA カラー

本体カラーはガンメタリック風。表面はツルツルとした手触りです

raytrek R5-CA ロゴ

天板にはraytrekのロゴ

raytrek R5-CA 天板

天板の素材は樹脂のような質感ですが、アンテナラインがあることからもしかすると金属製なのかもしれません

raytrek R5-CA パームレスト

パームレストは樹脂製

raytrek R5-CA ベゼル

ベゼルは左右7.6mm、上部10.3mm、下部24.3mm(フレームと非表示領域を含む)

raytrek R5-CA 排気口

排気口は左右側面と背面

raytrek R5-CA 底面

底面部も樹脂製

raytrek R5-CA サイズ

接地面積は幅359mm×奥行き243mm

raytrek R5-CA 大きさ

B4サイズ(黄色い部分)とA4ノート(ピンク)およびB5ノート(ブルー)とのサイズ比較

raytrek R5-CA 厚さ

厚さは実測で24.3mm、ゴム足を含めた設置時の高さは28.1mm。ゴム足の影響でやや厚めに見えます

raytrek R5-CA 前面

前面

raytrek R5-CA 背面

背面

raytrek R5-CA 重さ

重さは実測で2.013kg

raytrek R5-CA 電源アダプター

付属の電源アダプターは180Wの丸口タイプ。重さは585g

ディスプレイについて

raytrek R5-CA ディスプレイ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ノートPCと一般的なスペックです。リフレッシュレートは、一般のPCやテレビなどと同じ60Hz。デスクトップの文字は1.8~2.4mm程度でやや小さいものの(スケーリング125%)、読みづらい字はありませんでした。ディスプレイの表面は光沢なしのノングレアで、映り込みが抑えられています。

raytrek R5-CA デスクトップ

デスクトップの文字は1.8~2.4mm程度(スケーリング125%)。ややドット感があります

映像は自然な色合いで違和感はありません。ただ画面が若干暗く、そのぶん色が寒色系に見えます。公称スペックによると色域はsRGBカバー率が約99%で、Adobe RGBカバー率が約76%とのこと。印刷や本格的なクリエイティブワークには、もう少し色域の広い外付けディスプレイを利用したほうがいいでしょう。趣味レベルであれば問題ありません。

raytrek R5-CA 映像品質

映像は自然な色合いですが、やや寒色系です

Prestige 15 映像品質

ほかのクリエイター向けノートPCの映像(sRGB 100%)※別機種

色域測定結果

sRGBカバー率 97.8%
sRGB比 103.4%
Adobe RGBカバー率 75.7%
Adobe RGB比 76.7%

raytrek R5-CA 明るさ

やや暗く感じますが、作業には問題ない明るさです

キーボードについて

raytrek R5-CA キーボード

キーボードはバックライト対応の日本語配列です。数値入力に便利なテンキーが付いていますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。下から2行目の記号キーがやや小ぶりですが、英数字キーについては違和感なく使えるでしょう。

raytrek R5-CA バックライト

RGBバックライトを搭載

raytrek R5-CA 配列

カーソルキー周りとその左側がやや窮屈です。キートップは指紋の跡が少し残ります

キーピッチは実測で18.5mm。一般的な19mmよりもわずかに狭く作られています。実際にキーボードを使ってみると確かにやや窮屈に感じますが、普通に使えるレベルです。キーストロークは実測で平均1.63mm。計測時にストロークが深いキーと浅いキーが混在していたため平均値はやや深めでしたが、体感的には1.5mm程度に感じます。

キーを押した瞬間のクリック感はやや固め。入力時にしっかりとした手応えが感じられます。ただ指を押し戻す力が弱いので、慣れないうちは指を持ち上げることを意識してタイプしたほうがいいかもしれません。またキートップがややグラつくのですが、長文を入力するのでなければ問題なく使えると思います。

raytrek R5-CA タイプ感

タイプ感は軽め。軽い力でもカタカタとしたタイプ音が聞こえます

インターフェース/機能について

raytrek R5-CA インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は十分な構成です。左右側面にUSB端子があるので取り回しの自由度が高く、繋ぎっぱなしで使う端子類は背面に配置されているのでケーブルがジャマになりません。

またSDカードサイズのメモリーカードスロットが用意されている点もポイント。デジカメで撮影した画像を、手軽に取り込めます。Type-Cは充電には非対応ですが、電源アダプターが180Wと高出力なので仕方がないでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力

raytrek R5-CA スピーカー

スピーカーは底面配置。音はこもり気味で、高音域がシャカシャカと聞こえます。全体的にやや固めの音質

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-10875H
メモリー 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3060(6GB)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Control Center」の「Turbo Mode」を有効化、さらに「Fan Boost」をオンにした最大パフォーマンス設定で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第10世代のCore i7-10875Hが使われています。すでに最新の第11世代CoreプロセッサHシリーズがリリースされていますが、まだまだ現役レベルの性能です。

試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ同じCPUの平均値をやや下回りましたが、ゲーミング / クリエイター向けノートPCとしては中位クラスの結果が出ています。最高性能ではないものの、ハイエンド向けとしては十分なパフォーマンスです。

raytrek R5-CA ベンチマーク

CPUベンチマーク(コア性能)の結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、専用グラフィックスのGeForce RTX 3060が使われます。GTX / RTXシリーズとしてはミドルレンジクラスのGPUですが、前世代のミドルハイクラスであるRTX 2070を上回る結果が出ました。旧世代のミドルレンジであるRTX 2060からは、40%近くもスコアが向上しています。現行世代ではあくまでもミドルレンジですが、パフォーマンスは相当高いと考えていいでしょう。

raytrek R5-CA ベンチマーク

Time Spy(DirectX 12)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

raytrek R5-CA ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。raytrek R5-CAでは、すべてのテストで快適に使える目安の目標値を上回りました。一般利用ではスタンダードノートPCとあまり変わらないものの、ビジネス利用(表計算やワープロ)やコンテンツ制作(動画編集や写真加工、3D制作)では高い効果が出ています。

なおPCMark 10によるコンテンツ制作のテストは、やや軽めのクリエイティブワークを想定しています。そのため、RTX 3060とRTX 3070ではスコアに大きな差が出ていません。重いデータを扱わないのであれば、RTX 3060でも十分です。

raytrek R5-CA ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは1TBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。注文時のカスタマイズで容量を変えたり、さらにSSDをもうひとつ追加したりできます。

アクセス速度を計測したところ、非常に優秀な結果が出ました。しかし負荷の高い処理を連続で行なうと、シーケンシャルライトの速度が大きく低下しています。サーマルスロットリングの影響が出ているのかもしれません。大量の大容量ファイルを連続して書き込む際に、パフォーマンスが低下する可能性があります。パーツカスタマイズで信頼性の高いSSDを選ぶか、SSDに放熱シートなど貼ったりするといいでしょう。

raytrek R5-CA ベンチマーク

1TB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

クリエイティブ性能

UL Procyonは、アドビ製プロクリエイター向けソフトの快適さを計測するベンチマークテストです。「Photo Editing」ではPhotoshopとLightroom Classicを、「Video Editing」ではPremiere Proを利用します。

raytrek R5-CAでは、「Photo Editing」の「Batch Processing」で優れた結果が出ました。このテストはLightroom Classicメインで、主にCPU性能とストレージ性能が影響します。高速なSSDが使われているため、高いスコアが出ているのでしょう。Photoshopメインの「Image Retouching」ではGPU性能が影響するため、ハイエンドGPU搭載機種よりも低い結果が出ています。とは言え、写真や画像の加工には十分なパフォーマンスです。

動画編集の「Video Editing」でもスコアが高く、RTX 3080搭載のハイエンド機と変わらない結果です。このテストではフルHD(H.264)および4K(H.265)動画の出力にかかった時間が計測されるのですが、ストレージ性能が影響しているのかもしれません。ただ動画編集時のレスポンスとしては、GPU性能が高いほうが有利です。

raytrek R5-CA ベンチマーク

Procyonのベンチマーク結果

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均24.76秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、若干起動に時間がかかっています。とはいえ、待たされていると感じるほどではありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 25.6秒
2回目 25.0秒
3回目 24.8秒
4回目 24.2秒
5回目 24.2秒
平均 24.76秒

駆動音計測結果

raytrek R5-CAでは、標準収録ソフト「Control Center」で、パフォーマンスモードを変更できます。PL1やPL2などCPUの電圧調整も可能ですが非常にデリケートな設定なので、慎重に行なうか触らないほうがいいでしょう。

raytrek R5-CA Control Center

標準収録ユーティリティー「Control Center」

raytrek R5-CA Control Center

CPUの電圧や空冷ファンを変更することで、パフォーマンスを調整可能

raytrek R5-CA Control Center

電源設定でモードを変更することで、パフォーマンス設定を手軽に切り替えられます

PCに高い負荷がかかると空冷ファンが強く稼働し、駆動音(ファンの回転音や通気口からの風切り音)が大きく聞こえます。夜の静かな時間帯では、周囲に気を配ったほうがいいかもしれません。

駆動音の計測結果

電源オフ 38.4dBA
待機中 38.7dBA ほぼ無音だが、耳をすますとファンの回転音がわずかに聞こえる
Turboモード高負荷時 54.2dBA 排気音がかなり大きく聞こえる。部屋の外からでもわずかに聞こえるほど
Fan Boost有効時 54.2dBA 同上

ゲーム系ベンチマーク結果

raytrek R5-CAはゲーミングノートPCではありませんが、ゲーム系ベンチマークテストも試してみました。最新のミドルレンジGPUを搭載しているだけあって、重量級ゲームでも快適に遊べる高いパフォーマンスです。フルHD解像度であれば、概ねどんなゲームでも楽しめるでしょう。

ただしリフレッシュレートが60Hzなので、eスポーツレベルのプレーには不向きです。高リフレッシュレートでプレーするなら、外付けのゲーミングディスプレイの利用をおすすめします。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 7401 / 快適
標準品質 10159 / とても快適
軽量品質 11373 / とても快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 15782 / 119.2 FPS
高品質 17543 / 145.6 FPS
標準品質 19006 / 162.1 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 21567 / すごく快適
標準品質 21713 / すごく快適
低品質 22159 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

ワンランク上のミドルレンジクリエイティブノートPC

raytrek R5-CA 感想

よかった点

RTX 3060による高いパフォーマンスが魅力です。位置付け的にはミドルレンジクラスですが、実質的にはミドルハイ程度と考えていいでしょう。さらにCPUは8コアでメモリー容量は32GBと十分な構成で、重い処理でも快適。RTX 3060搭載機種としては値段がやや高めではありますが、ハイスペックであることを考えれば納得できます。画像加工から動画編集まで、幅広く活用できる機種です。

気になる点

本体価格が18万円台であることを考えれば、もう少しレディスプレイの品質がよくてもいいのではというのが正直な感想です。趣味レベルでは十分なのですが、ハイアマチュアクラスになると映像の色合いが物足りなくなるかもしれません。ハイスペック構成であることを考えれば値段的には悪くないのですが、それでも安い買い物ではないのでその点が気になります。

raytrek R5-CA

raytrek R5-CA

18万8280円

※2021年5月21日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ドスパラのPCレビュー一覧

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました