アフィリエイト広告

Redmi Buds 4 Liteレビュー:Xiaomi製の2000円台激安ワイヤレスイヤホン

3.5
Redmi Buds 4 Lite

※検証機は筆者が購入しました

Xiaomi(シャオミ)の『Redmi Buds 4 Lite』は、シンプルなワイヤレスイヤホンです。最大の特徴は、グローバルメーカー製でありながら定価が2480円と非常に安い点。セールやクーポン、ポイント還元によっては、2000円を切ることもあります。

Redmi Buds 4 Lite

Redmi Buds 4 Lite

Redmi Buds 4 Lite

カラバリはブラックとホワイトの2色

 

値段が安いだけあって、機能はそれなりです。しかし予想していたよりも低音に迫力があり、中音域もそこそこクリアー。2000円台と考えれば十分な音質だと思います。

 

そしてなにより、総合家電メーカーとして有名なXiaomi製である点がポイント。どこかOEMなのかわからない量販店のオリジナルモデルや、アマゾンで販売されている謎メーカーの製品を選ぶくらいなら、これを選んだほうがいいでしょう。

この記事では筆者が購入した実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

 

楽天にて1990円でセール中

楽天のXiaomi公式ショップにて、Redmi Buds 4 Liteが1990円の激安価格で販売されています。セール期間は11/11の1:59まで。キャンペーンのポイント還元を含めれば、よりお得に入手可能です。

スペック

発売日 2023年6月23日
形状 インイヤー型
重さ 3.92g(片耳) / 35g(ケース収納時)
ハイレゾ 非対応
周波数特性 ※表記なし
ドライバー 12mmダイナミックドライバー
インピーダンス 32Ω
Bluetoothバージョン 5.2
通信範囲 10m
プロファイル HFP / A2DP / AVRCP
コーデック SBC
再生時間(イヤホンのみ) 約4.5時間
再生時間(ケース充電合計) 約18.5時間
防水性能 IP54
ノイズキャンセリング 通話時のマイク音声のみ
タッチ操作 曲の再生/停止、通話のオン/オフ、モード切り替え
外音取り込み ×
ワイヤレス充電 ×
マルチポイント ×
マルチデバイス ×
低遅延モード
専用アプリ ×
片耳モード ×
装着センサー ×
通話

本体デザイン

Redmi Buds 4 Lite

Redmi Buds 4 Liteのパッケージ

Redmi Buds 4 Lite

シンプルなパッケージ構成

Redmi Buds 4 Lite

充電ケースはコンパクト

Redmi Buds 4 Lite

充電はType-C。ワイヤレス充電には非対応です

Redmi Buds 4 Lite

ワイヤレスイヤホン本体

Redmi Buds 4 Lite

光沢ありなので映り込みやホコリなどが目立ち、やや安っぽく感じます

Redmi Buds 4 Lite

大きさはこれくらい

Redmi Buds 4 Lite

イヤホンはふたつで7gと軽量

Redmi Buds 4 Lite

ケースに収納した際の重さは34g

着け心地と音質

着け心地はほどほど

Redmi Buds 4 Lite

イヤホンの音が出る部分を耳甲介(耳の穴の手前)に引っかけるインイヤー(インナーイヤー)型。カナル型のような密閉感はありませんが、耳への負担は比較的少なめです。ただ耳へ入れる部分が大きめの枝豆くらいあるので、人によっては大きい / 小さいと感じるかもしれません

Redmi Buds 4 Lite

スティック部分を2~3回タップすると、音楽を再生/一時停止したり、着信に応答したりできます。反応が少し遅くて「効かなかったかな?」と思うことがたびたびありましたが、1~2秒待てば反応しました。そのわりにただ持っただけでも音楽が再生するなど、妙に反応がいいときもあります

サウンドは低価格モデルとしてはイイ

Redmi Buds 4 Lite

12mmのダイナミックドライバーを搭載。音は全体的にやや軽めではありますが、低音域が意外に厚く聞こえます。中音域も比較的クリアーではあるものの、音の広がりは感じられません。高音域はややこもり気味で、「ドンシャリ」ではなく「ドンヒャリ」と言ったところ

Redmi Buds 4 Lite

密閉感のないインイヤー型なので、周囲の音が聞こえます。大きな音のそばでは、サウンドが聞こえづらく感じることがありました。クラシックやジャズ、しっとりとしたボーカルの曲をじっくり聞き込むのではなく、ヒップホップやEDMなどビートを感じる曲を楽しむのに向いていると思います

Android端末だといろいろ便利

Redmi Buds 4 Lite

Google Fast Pairに対応。ケースを開いてボタンをタップすれば、瞬時にペアリングできます ※Android端末向け

Redmi Buds 4 Lite

Androidスマホに接続した状態なら、イヤホンから音を鳴らしてどこにあるかを探すことができます

バッテリーは4時間半程度

Redmi Buds 4 Lite

音楽を連続再生してイヤホン単体での駆動時間を計測したところ、4時間26分でバッテリー切れとなりました。長時間着用し続けるのでなければ、バッテリーのもちについては問題ないはずです

Redmi Buds 4 Lite

ケースで充電し続ければ、公称値では18.5時間もつとのこと。3~4日に1回程度でケースを充電すれば、バッテリー切れで困ることはなさそうです

Bluetooth接続はとくに問題なし

電車のなかや繁華街で利用してみましたが、普通に接続が切れる場面はありませんでした。しかし隣でスマホを操作している人がいるときに、ブツッと切れることがいちどだけありました。

Redmi Buds 4 Acitiveとの違い

Redmi Buds 4 Active

アマゾン限定販売の『Redmi Buds 4 Active』。値段はこちらのほうが安いものの、セールによって大きく変わるので、大きな違いはありません。音質も、あまり変わりませんでした。カナル型かインイヤー型かが大きな違いと考えてください

 

Redmi Buds 4 ActiveとRedmi Buds 4 Liteの違い

Redmi Buds 4 ActiveRedmi Buds 4 Active Redmi Buds 4 LiteRedmi Buds 4 Lite
カナル型 インイヤー型
ブラック ブラック / ホワイト
3.65g(片耳)
42g(ケース含む)
3.92g(片耳)
35g(ケース含む)
12mmダイナミックドライバー
Bluetooth 5.3 Bluetooth 5.2
対応コーデックはSBCのみ
約5時間(イヤホンのみ)
約28時間(ケース充電合計)
約4.5時間(イヤホンのみ)
約18.5時間(ケース充電合計)
IPX4 IP54
専用アプリあり 専用アプリなし
ノイズキャンセリングは通話時のマイク音声のみ

お試しにはちょうどいい値段

Redmi Buds 4 Lite

ワイヤレスイヤホンを試してみたい、あるいはインイヤー(インナーイヤー)型を試してみたい人に向いています。音質をどうこういうよりも、まずはフィーリングや装着感をつかむのには最適。アマゾンや楽天で販売されている謎の激安品を試すくらいなら、断然こちらのほうがオススメです。Xiaomiはグローバルに製品を展開する有名企業ですので。

 

まずは試してみて、音質が気に入れば使い続ければいいのではないでしょうか。筆者もいろいろ激安品を買って失敗しましたが、Redmi Buds 4 Liteは激安イヤホンのなかでもかなり仕上がりのいいモデルです。とりあえずカジュアルに使いたい人におすすめします。

楽天にて1990円でセール中

楽天のXiaomi公式ショップにて、Redmi Buds 4 Liteが1990円の激安価格で販売されています。セール期間は11/11の1:59まで。キャンペーンのポイント還元を含めれば、よりお得に入手可能です。

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ガジェットレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました