ドスパラ raytrek VF-HEW レビュー:16GBメモリー+1TB SSDで税込12万円台の軽量15インチ

ドスパラ raytrek VF-HEW レビュー

ドスパラのraytrek VF-HEWは、画面サイズ15.6インチのクリエイター向けノートPCです。最大の魅力は、高スペックなのに価格が安い点。16GBメモリー & 大容量の1TB SSD搭載で税込12万円台と安く、その上本体が軽量コンパクト!
raytrek VF-HEW

ポイント

  • 16GBメモリー & 1TB SSD搭載
  • GeForce MX150搭載
  • 軽量コンパクト

raytrek VF-HEWのスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i7-8565U
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD
グラフィックス MX150
LTE 非対応
幅×奥行き 362×246mm
厚さ 22mm
重量 1.80kg
バッテリー 約11.2時間

※2020年3月24日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー シルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
USB3.1
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法で購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

raytrek VF-HEW

raytrek VF-HEW

税込12万3178円~

※2020年3月24日時点

【最安7万円台】16GBメモリー搭載ノートPCおすすめ機種を紹介! Core i7 / Core i5搭載でも安い
いまは8GBのメモリーを搭載したノートPCが人気ですが、仕事や学習などでガッツリ使うなら16GB以上のメモリーを搭載した機種がおすす……

デザインと使いやすさ

シンプルな外観

raytrek VF-HEW 外観

raytrek VF-HEWの本体カラーは明るいシルバー。ロゴや飾りが一切ないシンプルな外観です。ボディの素材はノートPCとしては一般的な樹脂 (プラスチック)ですが、安っぽさはあまり感じられません。丸みを帯びた柔らかなフォルムです。

raytrek VF-HEW 天板

ロゴのない天板。シルバーのカラーは、指紋や油脂の汚れが目立ちません

raytrek VF-HEW パームレスト

パームレスト (キーボード面)はシルバーでキーはブラック。ほんのりMacB◯◯k (伏せ字)風です

raytrek VF-HEW ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右8.9mmで上部13.8mm、下部26.5mm。画面周りはスッキリとしていますが、上下がやや太め

raytrek VF-HEW 底面

底面部はブラック

raytrek VF-HEW フォルム

角の部分が丸みを帯びた柔らかな印象のフォルム

コンパクトで軽い!

raytrek VF-HEW サイズ

接地面積は幅362×奥行き246mm。B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもひと回り弱小さめで、15インチタイプとしてはコンパクトです。厚さは実測で22.6mmと標準的ですが、実際に手で持つとスリムに感じました。重量は実測で1.632kg。15インチタイプは2kg前後が標準なので、とても軽く感じます。

raytrek VF-HEW 大きさ

B4サイズ (黄色い部分)よりもやや小さめ

raytrek VF-HEW 厚さ

厚みは公称値で22mm、実測では本体部分が20.5mmでゴム足を含めた高さは22.6mmでした

raytrek VF-HEW 前面

前面。見た目はかなりスリム

raytrek VF-HEW 背面

背面もスリムです

raytrek VF-HEW 重さ

重量は公称値で1.8kg、実測では1.63kgでした。15インチタイプとしては軽い!

スタンダードな15インチのフルHD

raytrek VF-HEW 画面サイズ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。デスクトップの文字の大きさは2~2.7mm程度 (スケーリング125%時)。新聞よりも小さいのですが、読みづらくは感じませんでした。ただコントラストが若干低めのためか、文字がわずかにかすれているように見えます。

映像は自然な色合い

raytrek VF-HEW 映像品質

実際に写真や動画を表示したところ、色に違和感は感じられませんでした。自然な色合いです。ただしごくわずかに暗く、また赤みが弱い印象です。そのため鮮やかと感じるほどではありません。

とは言え色域はけっこう広く、写真や画像の加工、動画編集などのクリエイティブな用途にも向いています。プロの作品作りには適していませんが、アマチュアレベルであれば問題ないでしょう。

色域測定結果

sRGBカバー率 91.4%
sRGB比 101%
Adobe RGBカバー率 70.7%
Adobe RGB比 74.9%

raytrek VF-HEW 明るさ

画面はやや暗めですが、作業には問題ないレベル

作業に適したノングレア

raytrek VF-HEW ノングレア

ディスプレイの表面は非光沢のノングレアタイプで、画面への映り込みが抑えられています。映り込みは眼精疲労や集中力低下の原因とも言われており、その意味では目に優しい仕様です。ただしノングレアはコントラストがやや低下するので、光沢ありのグレアタイプほど映像の色は鮮やかではありません。

ややクセのあるキーボード

raytrek VF-HEW キーボード

キーボードはテンキー付きの日本語配列で、バックライトには非対応です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は実測で18.7mm。標準の19mmよりもやや狭めですが、実際に入力したところ特に窮屈には感じませんでした。

ただしEnterキー周りが若干小さくて打ちづらく、またテンキーも標準的な4列構成ではなく3列構成である点に違和感を感じます。このあたりは、使い続ければ慣れるかもしれません。

raytrek VF-HEW 配列

Enterキー周辺がやや窮屈なのと、テンキーが3列構成である点が気になります

タイプ感は軽い

raytrek VF-HEW タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.24mm。標準的なノートPC (平均1.5mm)に比べてかなり浅く作られています。タイプ感は非常に軽く、キー入力時のクリック感はあまり感じられません。打ち下ろすようにしてタイプすると底打ち感が強いので、軽いタッチで入力する人向きです。

タイプ音はカタカタと聞こえますが、気になるほどではありません。しかし強く打つとタンタンと響きます。

raytrek VF-HEW タイプ感

タイプ音は軽い力で入力しても、カタカタとわずかに聞こえます

十分なインターフェース構成

raytrek VF-HEW インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は多くはありませんが、十分な構成です。なお光学ドライブには対応していない点に注意してください。

Type-Cは映像出力に対応

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
映像出力

Type-C端子はデータ通信と映像出力に対応しています。USB PDによる充電には非対応でした。基本的に据え置きで利用する機種なので、充電非対応でも困る場面はないでしょう。

スピーカーは通話やビデオチャット向け

raytrek VF-HEW スピーカー

スピーカーの音質は、あまりよくありません。底面部の左右に配置されているため音の出口が接地面でふさがれており、中音域から高音域がこもったように感じます。音に厚みはなく、音量もやや小さめ。音楽鑑賞には向きませんが、動画視聴やビデオチャット、音声通話などなら問題なく使えます。

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因で大きく変わることがあります。

ひと世代前のCore i7でも十分な性能

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13685
Core i7-1065G7
11872
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10412
Core i5-10210U
9815
Core i7-8565U
9814
raytrek VF-HEW (Core i7-8565U)
9381
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8447
Core i3-10110U
5550
Core i3-8145U
5549
Ryzen 3 3200U
4609
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron N4000
1550

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUは第8世代のCore i7-8565Uです。最新の第10世代に比べるとやや劣りますが、それでも十分なパフォーマンスと言っていいでしょう。一般向けノートPC全体で見れば、なかなか優秀な結果です。

グラフィックス性能はそこそこ優秀

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
GTX 1050
5912
raytrek VF-HEW (MX150)
3538
MX250
3400
MX150
3386
Iris Plus
2846
UHD
1335
UHD 620
1265

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス機能としては、外付けGPUのGeForce MX150を使います。ゲーム用のGTXシリーズには及ばないものの、CPU内蔵のグラフィックス機能よりもはるかに高性能です。ゲームやクリエイター向けソフトで多少の効果を期待できます。

GeForce MX150はひと世代前のGPUですが、試用機のベンチマークテストでは現行世代のGeForce MX250をわずかに上回りました。なかなか優秀な結果です。

普段使い用には十分な性能

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
8042
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
7317
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
2948

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、一般利用とビジネス利用の目標値を大きく上回りました。普段の作業については、快適に行なえます。

ただしコンテンツ制作のテストでは、目標値に届いていません。GeForce MX150によって多少の効果はあるものの、本格的な作業には向いていないようです。

大容量で高速な1TB SSDを搭載

raytrek VF-HEW ストレージ

ストレージとしては、1TB SSDが使われています。PCIe 3.0 X4接続タイプで、アクセス速度は非常に高速です。大容量のファイルをたっぷり溜め込める上に、ファイルのコピーや動画 / 画像の出力がスムーズに行なわれます。

起動時間は平均10~11秒程度

ウィンドウズの起動時間を計測したところ、平均で10.72秒でした。PCIe接続SSD搭載機の平均は15秒程度 (筆者調べ)ですので、かなり優秀です。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 10.8秒
2回目 10.7秒
3回目 10.9秒
4回目 10.6秒
5回目 10.6秒
平均 10.72秒

実駆動時間は7~9時間程度

バッテリー駆動時間は、公称値で約11.2時間とされています。ただしこれはパフォーマンスをグッと落とした状態での計測結果で、実際の駆動時間は公称値よりも短いのが一般的です。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、7時間42分でバッテリー切れとなりました。パフォーマンスをやや抑えた状態ので動画再生では9時間23分です。

raytrek VF-HEWはモバイルノートPCではありませんが、バッテリー性能はなかなか優秀です。自宅や職場内で場所を変えて利用する使い方にも向いています。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約11.2時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間42分
Video (動画視聴) 9時間23分
フル充電までにかかった時間 2時間23分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

お手頃なハイスペックノートPC

raytrek VF-HEW 感想

よかった点

標準で16GBメモリーと1TB SSDを搭載しながらも価格が12万円台と、ハイスペックタイプとしてはリーズナブルな点が魅力です。他社製品なら同スペックで15万円前後はするでしょう。国内大手ブランドの機種なら、それ以上かもしれません。また本体がコンパクトで軽い点もポイント。ハイスペックなノートPCをお手軽かつ軽やかに使いたい人におすすめします。

気になる点

CPUとGPUがひと世代前のものである点は残念です。ただパフォーマンスが劇的に変わるわけではなく、性能面はそこそこ優秀です。古いパーツを使うことで価格を抑えていると考えれば、仕方がないかもしれません。

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法で購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

raytrek VF-HEW

raytrek VF-HEW

税込12万3178円~

※2020年3月24日時点

【最安7万円台】16GBメモリー搭載ノートPCおすすめ機種を紹介! Core i7 / Core i5搭載でも安い
いまは8GBのメモリーを搭載したノートPCが人気ですが、仕事や学習などでガッツリ使うなら16GB以上のメモリーを搭載した機種がおすす……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました