ドスパラGALLERIA RL5C-R35Tレビュー:RTX 3050 Ti搭載のミドルレンジゲーミングノートPC

ドスパラGALLERIA RL5C-R35Tレビュー

ドスパラのGALLERIA RL5C-R35Tは、第11世代のCore i5-11400HとGeForce RTX 3050 Tiを搭載するエントリー(入門)クラスのゲーミングノートPCです。エントリー向けとは言え、前世代のミドルレンジクラスに迫る高いパフォーマンスが魅力。さらに144Hzの高リフレッシュレート対応で、ゲームをなめらかな動きで楽しめます。

GALLERIA RL5C-R35T

GALLERIA RL5C-R35T

GALLERIA RL5C-R35Tのスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i5-11400H (6コア12スレッド)
メモリー 16GB(8GB×2)
※スロット2基、PC4-25600
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス RTX 3050 Ti (4GB)
リフレッシュレート 144Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 ※表記なし
幅×奥行き 360×244mm
厚さ 20.0mm
重量 約2.0kg
バッテリー 約4.1時間

※2021年9月11日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー グレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー 3列
有線LAN 2.5Gbps
無線LAN Wi-Fi 6(最大2.4Gbps)
Bluetooth 5.1
USB3.1 2(Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1(3.1 Gen2、DP Alt対応/PD非対応)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1(2.1)
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD画質(92万画素)
顔認証カメラ 搭載
指紋センサー
付属品 120W ACアダプターなど
オフィス なし(オプションで追加可能)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

GALLERIA RL5C-R35T

GALLERIA RL5C-R35T

15万3280円

※2021年9月11日時点、価格は税込+送料込み

デザインと使いやすさ

外観について

GALLERIA RL5C-R35T 外観

GALLERIA RL5C-R35Tは高性能なCPUとGPUを搭載するゲーミングノートPCですが、本体サイズは一般的な15.6インチノートPCと変わりません。試しに筆者所有のThinkPad E15 Gen 3と大きさと比べたところ、ほぼ同じ大きさでした。薄型の▶Inspiron 15 5515よりは厚くて大きいものの、ゲーミングノートPCとしてはコンパクトかつスリムです。

ちなみに筆者は最近同じRTX 3050 Tiを搭載する▶HP Pavilion Gaming 15(AMD)を買ったのですが、サイズはGALLERIA RL5C-R35Tのほうがコンパクトです。

GALLERIA RL5C-R35T 外観

GALLERIA RL5C-R35Tの外観

GALLERIA RL5C-R35T 天板

本体カラーはメタリックなグレー。天板にはアルミ素材が使われています

GALLERIA RL5C-R35T パームレスト

パームレストも天板と同じ仕上がり

GALLERIA RL5C-R35T ベゼル

ベゼル幅は左右6.8mm、上部9.6mm、下部24.2mm。下は太いものの全体的には細く、画面周りがスッキリとしています

GALLERIA RL5C-R35T 排気口

排気口は左右の側面と背面に配置

GALLERIA RL5C-R35T 底面

底面はブラックで樹脂(プラスチック)製。大きな吸気口が配置されています

GALLERIA RL5C-R35T サイズ

設置面積は幅(横方向)360mm×奥行き(縦方向)244mm

GALLERIA RL5C-R35T 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもやや小さい程度

GALLERIA RL5C-R35T 厚さ

厚さは公称値で20.0mm、実測で20.5mm(突起物を除く)

GALLERIA RL5C-R35T 背面

本体背面。底面部のゴム足(突起物)を含めた高さは24.6mm。設置時はやや厚めに感じます

GALLERIA RL5C-R35T 前面

本体前面

GALLERIA RL5C-R35T 重さ

重さは実測で1.88kg。ゲーミングノートPCとしては軽量です

GALLERIA RL5C-R35T 電源アダプター

付属の電源アダプターは120Wの丸口タイプ。重さは564g

ディスプレイについて

GALLERIA RL5C-R35T ディスプレイ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCと一般的なスペックです。パネルの表面は光沢なしのノングレアで、眼精疲労や集中力低下の原因と言われる映り込みは生じません。

リフレッシュレート(画面の書き換え速度の目安)は144Hzで、ゲーム画面の動きは非常になめらか。最近は165Hzや240Hzなどより高いリフレッシュレートの機種もありますが、これからゲームを始めようとする人には十分でしょう。ゲーミングノートPCとしては、もっともスタンダードな仕様です。

GALLERIA RL5C-R35T デスクトップ

デスクトップの文字の大きさは2~2.8mm(スケーリングは125%)

GALLERIA RL5C-R35T リフレッシュレート

144Hzの高リフレッシュレート対応。一般的な60Hzよりも画面の動きがなめらかです

映像には違和感はありません。やや寒色系で赤みが弱い印象ですが、パッと見では普通の色合いに感じます。ただしスマホやタブレットなどと比べると、鮮やかさに欠けるように感じるかもしれません。ゲームには影響ありませんが、色味を重視するクリエイティブワークで利用するなら色域の広い外付けディスプレイの使用をおすすめします。

GALLERIA RL5C-R35T 映像品質

映像の色合いはやや寒色系

GALLERIA RL5C-R35T コントラスト

コントラストはやや低めですが、暗いシーンでも影が潰れることなくハッキリと映し出されます

GALLERIA XL7C-R36 カラー調整

標準収録ユーティリティ「Gaming Center」で、ディスプレイの色合いを調整可能

キーボードについて

GALLERIA RL5C-R35T キーボード

キーボードはバックライト対応の日本語配列です。数値入力に便利なテンキーが付いていますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。下から2行目の記号キーがやや小ぶりですが、ゲームや日本語入力にはあまり影響ないでしょう。しかしプログラミングなど記号キーを多用する作業では、違和感があるかもしれません。

GALLERIA RL5C-R35T バックライト

キーボードバックライトは1ゾーンのみの単色タイプ

GALLERIA XL7C-R36 バックライト設定

色や発光パターンは標準収録ユーティリティ「Gaming Center」で変更できます

GALLERIA RL5C-R35T 配列

Enterキー周辺の配列。テンキーがやや特殊な3列構成で、下から2行目の記号キーが小さめ

キーピッチは実測で18.7mmでした。一般的な19mmよりもわずかに狭く、実際に使うとほんのわずかに窮屈に感じます。キーストロークは実測で平均1.39mm。1.5mmの標準値よりも浅いのですが、クリック感が固いので手応えはしっかりと感じられます。

GALLERIA RL5C-R35T タイプ感

キーストロークは1.4mm前後。キーを押した瞬間のクリック感が固く、手応えはしっかりと感じられます

クリック感が固いぶん、弱い力でもタイプ音がカタカタと聞こえます。とは言え、うるさく感じるほどではありません。ゲームプレー時であれば、(タイプ音については)周囲への配慮も必要ないでしょう。ただし静かな場所では、少し気にしたほうがいいかもしれません。

GALLERIA RL5C-R35T タイプ音

タイプ音はカタカタと聞こえます。打ち下ろすようにして入力するとタンタンと響くので、文章入力時は軽めのタッチ推奨です

キーの同時押し認識数は英数字のみで最大5キー程度、組み合わせや押す順番によっては2~3キーしか認識されない場合もあります。WASDキー周りも認識数はキーの組み合わせしだいですが、ゲームでの必要最低限の基準はクリアーしていると言っていいでしょう。

GALLERIA RL5C-R35T 同時押し

キーの同時押しは認識数は概ね4~6キー程度

インターフェース/機能について

GALLERIA RL5C-R35T インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は十分な構成です。左右側面にUSB端子があるので取り回しの自由度が高く、繋ぎっぱなしで使う端子類は背面に配置されているのでケーブルがジャマになりません。

またSDカードサイズのメモリーカードスロットが用意されている点もポイント。デジカメで撮影した画像を、手軽に取り込めます。Type-Cは充電には非対応ですが、電源アダプターが180Wと高出力なので仕方がないでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力

GALLERIA RL5C-R35T スピーカー

スピーカーは底面配置。音に厚みはなく、ややこもって聞こえます。ゲーム中はヘッドセットの着用がおすすめ

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-11400H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050 Ti(4GB)
※最大グラフィックスパワーは95W

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Gaming Center」の「ターボモード」を有効化した最大パフォーマンス設定で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

GALLERIA XL7C-R36 Gaming Center

標準収録ソフト「Gaming Center」でパフォーマンス調整が可能。空冷ファンの強度も調整できます

CPU性能

CPUとしては、インテル第11世代のCore i5-11400Hが使われています。6コア12スレッドのCPUで、前世代のCore i5-10300H(4コア8スレッド)よりも性能が向上しました。ゲーミングノートPC向けCPUのなかでは下位クラスではあるものの、PCとしては非常に高性能。ゲームには十分なパフォーマンスです。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
5060
Ryzen 7 5800H
4732
Core i9-11900H
4210
Core i7-10875H
3551
Ryzen 5 4600H
3303
GALLERIA RL5C-R35T(Core i5-11400H)
2992
Core i7-10750H
2825
Core i5-10300H
2249

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、専用グラフィックスのGeForce RTX 3050 Tiが使われています。位置付け的にはエントリークラスですが、前世代のミドルレンジであるGTX 1660 Tiに迫るパフォーマンスです。

またGALLERIA RL5C-R35Tは最大グラフィックスパワーが95W(仕様上の上限80W + DYNAMIC BOOST 2.0の加算ぶん15W)に設定されており、ほかのRTX 3050 Ti搭載機(45~60W)より高いパフォーマンスを発揮できます。エントリー向けとしては優れた性能です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8262
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
GALLERIA RL5C-R35T(RTX 3050 Ti)
5350
RTX 3050 Ti
5166
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 2080
25078
RTX 3070
24153
RTX 3060
21620
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
GALLERIA RL5C-R35T(RTX 3050 Ti)
14039
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650 Ti
10123
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

RTX 3050 Tiはリアルタイムレイトレーシングに対応しています。しかしレイトレ性能は高くはありません。ゲームをよりリアルな映像で楽しむには厳しいでしょう。ただしフォトモードなどで一瞬だけレイトレ機能を有効化するぐらいなアリです。

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royal Graphicsスコア
RTX 3080
7351
RTX 2080
5675
RTX 3070
5242
RTX 3060
5006
RTX 2070
4498
RTX 2060
3330
GTX 1660 Ti
1487
GALLERIA RL5C-R35T(RTX 3050 Ti)
859
RTX 3050 Ti
604

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。注文時のパーツカスタマイズには対応していません。

アクセス速度を計測したところ、なかなか優秀な結果が出ました。しかし負荷の高い処理を連続で行なうとランダムアクセス速度が低下することがあります。サーマルスロットリングが影響しているのかもしれません。とは言え、ゲームではそれほど大きなの影響はないと思われます。

GALLERIA RL5C-R35T ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

本体の熱と騒音について

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUとGPU温度を計測したところ、CPUは平均57.3度でGPUは平均61.5度でした。数値としてはかなり低めで、計測中にエラーが生じたのかと思うほどです。ここまで低い状態は、なかなかありません。

ただしクロックは平均2.81Ghzとやや低めを推移しています。とは言え3Dベンチマークの結果を見る限りでは十分なパフォーマンスが出ているので問題ないでしょう。

GALLERIA RL5C-R35T CPU温度

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUクロックとCPU温度、GPU温度の推移

キーボード面の熱もそれほど高くはありません。WASDキーは38度前後で特に熱は感じませんでした。ほかの部分は最大でも43度前後で、やはり熱くは感じません。

GALLERIA RL5C-R35T 熱

キーボード面の熱も控えめ

ただし駆動音(排気音やファンの回転音)はかなり大きく聞こえます。特に重いゲームでPCに高い負荷がかかっていると、排気音がうるさく感じました。建物の作りによっては、部屋の外にまで聞こえる可能性があります。静かな環境では、周囲への配慮が必要かもしれません。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.1dBA
待機中 39.1dBA ほぼ無音
高負荷時 60.5dBA 排気音がかなり大きく聞こえる。ヘッドホンを着用してもハッキリと聞こえるほど

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストや実際のゲームでFPS(描画速度の目安)をチェックしたところ、フルHDであれば非常に重いゲームでも最高画質で問題なく楽しめそうです。人気の競技系シューターでは、画質を調整すれば144Hzの高リフレッシュレートを活かしたプレーが可能。GPUはミドルレンジクラスですが、相当高いパフォーマンスです。

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 13388 / 93 FPS
高品質 15693 / 112 FPS
標準品質 17067 / 121.2 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 21865 / すごく快適
標準品質 21976 / すごく快適
低品質 22773 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 13532
32139
最低 46970

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト
144Hzの高リフレッシュレートを活かすなら、DLSSをオンして画質をやや下げればOK。レイトレは厳しい。

フルHD

画質設定 平均FPS / 最小FPS
レイトレ:オフ/画質:最高/DLSS:オフ 81.4 FPS
レイトレ:オフ/画質:最高/DLSS:パフォーマンス 125.4 FPS
レイトレ:最高/画質:最高/DLSS:パフォーマンス 30.2 FPS
レイトレ:最低/画質:最高/DLSS:パフォーマンス 27.9 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077
レイトレ対応重量級タイトル。レイトレオフでDLSSを目一杯効かせれば、画質調整で快適にプレー可能。
画質設定 平均FPS
画質:ウルトラ/DLSS:ウルトラパフォーマンス 55 FPS
画質:中/DLSS:ウルトラパフォーマンス 71.5 FPS
画質:レイトレーシングウルトラ/DLSS:ウルトラパフォーマンス 40.9 FPS
画質:レイトレーシング中/DLSS:ウルトラパフォーマンス 40.5 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ
DLSS非対応の超重量級タイトル。画質を中程度に下げれば平均60FPSオーバーは可能です。さらになめらかな動きには画質を下げる必要あり。
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 35 FPS / 6 FPS
69 FPS / 39 FPS
83FPS / 50 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エントリー向けとしては優秀なパフォーマンス

GALLERIA RL5C-R35T 感想

よかった点

エントリークラスながら、高いゲーミング性能が魅力です。前世代のGTX 1650シリーズからパフォーマンスが大きく向上した上に、DLSSに対応したことでゲームをより快適にプレーできるようになりました。特にGTX 1650 / GTX 1650 Tiでは重量級のタイトルは厳しかったのですが、RTX 3050 Tiでは画質を調整すれば問題なく楽しめる程度にまで達しています。値段も手頃で、コスパの高い機種です。

気になる点

駆動音の大きさが気になります。ターボモードは使わず、なるべく音を抑えてプレーしたほうがいいでしょう。

また、第10世代Core i7-10875H + RTX 3060搭載のGALLERIA XL7C-R36(16万3280円)と、1万円しか変わらない点も気になります。この価格差であれば、1万円追加してスペックの高い機種を選んだほうがいいでしょう。

ドスパラGALLERIA XL7C-R36レビュー:RTX 3060はフルHDの144Hzにベストな組み合わせ
ドスパラのGALLERIA XL7C-R36は、GeForce RTX 3060を搭載する15.6インチタイプのゲーミングノートPC……
GALLERIA RL5C-R35T

GALLERIA RL5C-R35T

15万3280円

※2021年9月11日時点、価格は税込+送料込み

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ドスパラのPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!