アフィリエイト広告

ルンバ実機レビュー【その1】本体の外観と箱の中身をチェック

eyecatch01

 

アイロボット ファンプログラムの企画で、iRobotのお掃除ロボ「ルンバ980」をお借りしました。今回はルンバ980の本体と付属品について紹介します。

 

箱の外観について

IMG_0005

 

ルンバ980本体がそれなりに大きいので、箱もかなり大きめです。今回は3ヵ月間借りたのですが、箱の保管場所に少し困りました。購入した場合は破棄してもいいので問題ないでしょう。

 

付属品について

ルンバ980の付属品としては、デュアルバーチャルウォールとフィルター、エッジクリーニングブラシが付いてきます。デュアルバーチャルウォールとは、センサーを利用して見えない壁を作り出すためのもの。このデュアルバーチャルウォールを使うことで、ルンバの移動をコントロールすることができます。

 

ルンバ980に付属のデュアルバーチャルウォール

ルンバ980に付属のデュアルバーチャルウォール

 

電源には単3電池を2本利用します

電源には単3電池を2本利用します

 

切り替えスイッチ面とセンサー面

切り替えスイッチ面とセンサー面

 

サイズはとてもコンパクトです

サイズはとてもコンパクトです

 

エッジクリーニングブラシと交換用のフィルター。3ヵ月間の試用期間では交換しませんでした

エッジクリーニングブラシと交換用のフィルター。3ヵ月間の試用期間では交換しませんでした

 

充電を行なうホームベース

IMG_0019

 

付属品としてはもうひとつ、充電を行なうためのホームベースが付いています。ルンバのバッテリー容量が少なくなると、自動的にこのホームベースに帰ってきます。児童充電は非常に便利なのですが、ホームベースがルンバに押されて動かないように、壁際に設置する必要がありました。

 

ホームベースで充電している様子

ホームベースで充電している様子

 

ルンバ本体について

IMG_0021

 

ルンバ980の本体サイズは、幅353×高さ92mmです。ほぼ円形状なので、直径約35cmだと考えるといいでしょう。重さは約3.9kgで、おれほど重くは感じませんでした。

 

ルンバ980の底面部

ルンバ980の底面部

 

中央にある2本の筒状のようなものは「AeroForce エクストラクター」と呼ばれます。この部分が回転しながら、ゴミをかき集める仕組み

中央にある2本の筒状のようなものは「AeroForce エクストラクター」と呼ばれます。この部分が回転しながら、ゴミをかき集める仕組み

 

集められたゴミはダスト容器に回収されます。このときパワフルなモーターが真空状態を作り出し、スムーズかつ迅速にゴミが移動します

集められたゴミはダスト容器に回収されます。このときパワフルなモーターが真空状態を作り出し、スムーズかつ迅速にゴミが移動します

 

ダスト容器は取り外し可能で。ゴミ捨ても簡単。ただし水濡れは厳禁

ダスト容器は取り外し可能で。ゴミ捨ても簡単。ただし水濡れは厳禁

 

ルンバ885との外観面の違い

ルンバ980を借りる前に、同じアイロボット ファンプログラムの企画で「ルンバ885」を借りたことがありました。サイズはまったく同じで重量はルンバ980よりも100g軽い程度です。見た目の印象はあまり変わらないように感じました。

 

ルンバ885の外観。上面部のデザインは違っています

ルンバ885の外観。上面部のデザインは違っています

 

ボタン周りのインターフェース

ボタン周りのインターフェース

 

底面部はかなり似ています

底面部はかなり似ています

 

付属のバーチャルウォールは、ちょっとサイズが大きめ

付属のバーチャルウォールは、ちょっとサイズが大きめ

 

ということで、今回はルンバ980のはこの中身と外観面について紹介しました。次回は、ルンバのお掃除性能についての感想をまとめます。

 

 

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
レビュー家電
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました