サンワダイレクト iPad Pro専用 Type-Cドッキングハブ (400-HUBIP086)レビュー:HDMI&SDカード対応でPC的な使い方におすすめ【PR】

サンワダイレクト iPad Pro専用 Type-Cドッキングハブ (400-HUBIP086)レビュー

iPadユーザーなら、PCを使わずにすべての作業をiPadですませたいって思いますよね。メールやネットのチェック、ちょっとしたメモなら、いまはiPadだけでなんとかなります。高性能なiPad Proであれば、本格的な資料作りやそこそこ高度な画像/動画編集なども可能です。キーボード付きカバーを使えば、ノートPCのように外出先でも利用できます。

しかしテレワークなどで自宅でじっくり作業する場合、iPadよりも大きな画面で作業したいと思う人も少なくないはず。またPCのようにUSB機器を使ったり、SDカードから画像を取り込んだり、お気に入りのキーボードやマウスを使いたいと思うかもしれません。そんなときに便利なのが、iPadのType-C端子に挿して使えるドッキングステーションです。

USB Type-C ドッキングステーション iPad Pro専用(400-HUBIP086)

サンワダイレクトのUSB Type-C ドッキングステーション iPad Pro専用 (400-HUBIP086)

サンワダイレクトのドッキングステーションを使えばiPad Proを外部ディスプレイにつないだり、SDカードから写真を取り込んで資料に組み込んだりすることができます。あとはBluetooth接続のキーボードやマウスを用意すれば、iPad Proを利用したデスクトップ環境のできあがり。別モデルとしてSDカードスロットの代わりに、フルサイズのUSB端子を搭載したドッキングステーションも販売されています。

USB Type-C ドッキングステーション

USB Type-C ドッキングステーションを使って、iPad ProをデスクトップPC代わりに

今回はメーカーからご提供いただいた「USB Type-C ドッキングステーション iPad Pro専用(400-HUBIP086)」を使って、利用方法や使い勝手などについてレビューします。

この記事の目次

販売ページ

USB Type-C ドッキングステーション iPad Pro専用(サンワダイレクト)

外観について

ドッキングステーションは軽量コンパクトで、持ち歩いてもiPad Proに装着してもジャマになりません。ケースはアルマイト加工が施されたアルミ製で、iPad Proとの見た目の相性もバッチリです。

USB Type-C ドッキングステーション 大きさ

100円ライター程度の大きさ

USB Type-C ドッキングステーション 重さ

重量は実測で38g

USB Type-C ドッキングステーション iPad Pro

iPad Pro 11インチモデルに装着した様子

USB Type-C ドッキングステーション 12.9インチ

iPad Pro 12.9インチモデルに装着した状態

USB Type-C ドッキングステーション Surface Go 2

Surface Go 2など、iPad Pro以外のUSB Type-C端子搭載デバイスでも利用できます

USB Type-C ドッキングステーション type-Cに装着

iPad ProのType-C端子に装着するだけで利用可能

USB Type-C ドッキングステーション 12.9インチ

iPad Pro 12.9インチモデルならスピーカーはふさがりません。タブレット側が傾いているのは、カメラの出っ張りの影響

USB Type-C ドッキングステーション 11インチ

iPad Pro 11インチモデルだとスピーカーがわずかにふさがれてしまいますが、音質にはあまり影響しません

USB Type-C ドッキングステーション 端子

端子は左から3.5mmイヤホンジャック、USB PD (60W)対応 Type-C、microSdカードスロット、SDカードスロット、HDMI。カードスロットの代わりにフルサイズのUSB端子を搭載したモデルも用意されています

USB Type-C ドッキングステーション Type-C

iPad Pro接続用のUSB Type-C

USB Type-C ドッキングステーション 奥行き

奥行きと高さは短く、とてもコンパクトです

USB Type-C ドッキングステーション 天面

天面

使用感について

USB Type-C ドッキングステーションiPad Pro専用には、以下の4つの使い道があります。

HDMI対応機器への映像出力

Type-C対応ディスプレイならケーブル1本でiPad Proの映像を出力できますが、持っていない場合も多いですよね。しかしHDMIならほとんどのディスプレイが対応していますし、プロジェクターや大型テレビでも利用できます。ほとんどの映像機器を使えると考えていいでしょう。

USB Type-C ドッキングステーション HDMI

対応機器が多いHDMIなら、テレビやプロジェクターでも使えます

iPad Proの映像を外部ディスプレイに映し出す場合、iPad Pro側の映像がそのまま映し出されます (ミラー)。PCのように2画面ぶんのデスクトップを利用できるわけではないので注意してください。ただし一部の動画配信アプリでは、iPad Proとディスプレイ側で異なる映像が映し出されますが、iPad Pro側で別のアプリを表示することはできません。

USB Type-C ドッキングステーション

iPad Proの映像がディスプレイに複製表示 (ミラー表示)されます

また一般的なディスプレイはアスペクト比 (画面の縦横比率)が16:9ですが、iPad Proは4:3または4.3:3です。そのため、外部ディスプレイ側の領域になにも描かれない黒い帯が表示されます。

今回は試しに23.8インチのディスプレイを使ってみたのですが、11インチiPad Proの映像がおよそ2倍程度の大きさで映し出されました。非光沢ディスプレイなので写り込みがなく、眼への負担も控えめです。画面が大きいと、ストレスなく作業できます。

SDカードの利用

USB Type-C ドッキングステーションを使えば、microSDカードやSDカード内のファイルをiPad Proで操作可能です。たとえば写真や動画を取り込めば、SNSにアップしたり作成中の資料に挿入したりできます。

USB Type-C ドッキングステーション microSD

microSDカードに対応

USB Type-C ドッキングステーション SDカード

一般的なSDカードにも対応しています

USB Type-C ドッキングステーション ブラウズ

メモリーカード内のファイルは、「ブラウズ」アプリで移動やコピーして使います

クラウド経由でもファイルを転送できますが、たとえばPC内にある画像やデジカメの画像を取り込むならやはりSDカード経由が便利です。

iPad Proへの充電

USB Type-C ドッキングステーションのType-C端子は、iPad Proへの充電にも対応しています。意外に見落とされがちですが、この機能はけっこう重要です。

USB Type-C ドッキングステーション充電

意外に重要な充電機能

たとえば市販のType-C to HDMIケーブルならiPad Proとディスプレイをダイレクトに接続可能です。しかし接続中はiPad Proに充電できません (ワイヤレス充電を使えばなんとかなりますが……)。短時間なら問題ありませんが、長時間使っているうちにiPad Proのバッテリー残量がなくなってしまうなんて可能性があるのです。

しかしType-CケーブルでiPadと充電器をつないでおけば、バッテリー切れで困ることはありません。電源につなぎ続ける限り、いつまでも利用できます。ほかの機能を使いながら充電できる点がポイント。テレワークなどの長時間の作業には必須の機能と言っていいでしょう。

なお充電中は、ドッキングステーションの温度が高くなります。ちょっと触れただけならやけどの心配はありませんが、驚いてiPad Proやドッキングステーションを倒したり落としたりすることがないよう注意してください。

USB Type-C ドッキングステーション 温度

充電中は温度が上昇しますが、普通に使うぶんにはやけどの心配はありません

ヘッドホンやスピーカーへの音声出力

3.5mmオーディオジャックには、ヘッドホンやスピーカーを接続できます。最近はBluetooth接続のヘッドホンやスピーカーがあるので使う機会が少ないかもしれませんが、あったらあったで便利な機能です。

カバー装着時の利用について

USB Type-C ドッキングステーションは、iPad Pro全体をはめこむようなカバー装着時は端子が完全にささらないので利用できません。純正キーボードのようにType-C端子がむき出しの状態であれば利用できます。

USB Type-C ドッキングステーション キーボード

キーボード付きカバーなどでType-C端子がむき出しの状態なら装着可能

USB Type-C ドッキングステーション カバー

はめ込み型のカバーだとType-C端子がうまくささりませんでした

豊富な機能と安心感が魅力

ということで、今回はサンワダイレクトのUSB Type-C ドッキングステーションを紹介しました。今回は取り上げたのはSDカード対応モデルですが、直販サイトではフルサイズのUSB端子を備えるモデルや、4K60Hz出力が可能なモデルなどが用意されています。必要に応じて選んでください。

値段は税込4980円からと、それほど安くはありません。中国メーカーの製品であれば、もっと安く買えるでしょう。しかし国内ブランドによる万全のサポート体制と品質面で安心感があります。安いものを買ってトラブルが起きるくらいなら、しっかりした品質のものを選ぶという考え方もアリです。

Type-Cドッキングステーションはひとつ持っていると、なにかと便利です。iPad Proをフル活用したい人におすすめします。

USB Type-C ドッキングステーション 感想

USB Type-C ドッキングステーションがあればiPad Proをより便利に使えます

販売ページ

USB Type-C ドッキングステーション iPad Pro専用(サンワダイレクト)

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました