レノボIdeaPad Slim 560 Pro(16) レビュー:Zen3搭載&GTX1650対応の15.6インチスタンダードノートPC

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

レノボのIdeaPad Slim 560 Pro(16)は、Zen3世代のRyzen 5000シリーズを搭載する15.6インチタイプのスタンダードノートPCです。GTX 1650搭載モデルも用意されており、ゲームやクリエイティブワークにも利用可能。ゲーミングノートPC向けCPU / GPUが使われているとは思えないほどスリムな本体デザインも魅力です。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

ラインナップ

スペック 販売価格
Ryzen 5 5600H / 8GB / 512GB SSD 8万7296円
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / GTX 1650 12万4124円
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / Office H&B 10万8174円
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / GTX 1650 / Office H&B 品切れ
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD 10万7448円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / Office H&B 12万7501円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / GTX 1650 品切れ
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / GTX 1650 / Office H&B 14万4452円

※2021年10月3日時点

IdeaPad Slim 560 Pro(16)のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 16インチ
解像度 2560×1600
CPU ・Ryzen 5 5600H(6コア12スレッド)
・Ryzen 7 5800H(8コア16スレッド)
メモリー ・8GB
・16GB
※オンボード、DDR4 3200
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス ・Radeon
・GTX 1650 (4GB)
リフレッシュレート 60Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 100% sRGB / 350nit
幅×奥行き 356×251mm
厚さ 16.9mm(最薄部)
重量 約1.89kg
バッテリー 約14時間

※2021年10月3日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー クラウドグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー 4列
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 2(USB2.0×1、USB3.1 DP Alt/PD対応×1)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1(2.1)
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD 720p(92万画素)
顔認証カメラ 搭載
指紋センサー
付属品 135W ACアダプターなど
オフィス ・なし
・Office Home & Business 2019

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

8万7296円~

※2021年10月3日時点

デザインと使いやすさ

外観について

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)はゲーミングノートPC向けのCPU / GPUを搭載していますが、外観は普通のノートPCと変わりません。16インチタイプのためサイズはやや大きいものの、シャープなフォルムでスタイリッシュな印象を受けます。普段使いはもちろん、ビジネスシーンでも違和感なく使えるでしょう。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  外観

本体カラーはクラウドグレー。実際の色合いは明るいシルバーです

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  天板

ボディはアルミ製。表面はツヤ消しで、指紋の跡が目立ちません

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  パームレスト

パームレストはシルバーで、キーはダークグレー

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ディスプレイ角度

ディスプレイの最大角度

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ベゼル

ベゼルは左右5.7mm、上部12mm、下部12.2mm。かなり細めで見た目がスッキリとしています

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  排気口

排気口はヒンジの裏側。温風はディスプレイには直接当たりませんが、ヒンジでわずかにふさがれています

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  底面

底面部には吸気口

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  サイズ

設置面積は幅(横方向)356mm×奥行き(縦方向)251mm

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもやや小さい程度

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  厚さ

厚さは実測で18.2mm(突起部を除く)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  背面

本体背面。底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは22.5mm

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  前面

前面

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  重さ

重さは実測で1.972kg。16インチサイズですが、15.6インチクラス並みの軽さです

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  電源アダプター

付属の電源アダプターは135Wの角口タイプ。重さは482g

ディスプレイについて

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ディスプレイ

ディスプレイのサイズは16インチで、解像度は2560×1600ドットです。一般的なフルHD(1920×1080ドット)よりも解像度が高く、映像が高精細に映し出されます。画面のアスペクト比(縦横比率)はやや縦に長い16:10。縦方向に長いページを閲覧する際に、16:9よりも作業効率がアップするでしょう。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  デスクトップ

デスクトップの文字は1.7~2.2mm(スケーリング150%)。読めないほどではありませんが、小さく感じます

映像はコントラストが高く、色鮮やかです。色域は公称値が100% sRGBで、実際の計測結果はsRGBカバー率96.5%。色のバランスもよく、違和感はありません。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  映像品質

映像は自然な色合い

色域測定結果

sRGBカバー率 96.5%
Adobe RGBカバー率 74.3%
DCI-P3カバー率 73.9%

明るさは公称値で350nit、実測では320nitでした。まぶしすぎず暗すぎず、作業にはちょうどいい明るさです。 パネル表面は光沢を抑えたノングレア仕上げで目が疲れにくく、文字中心の作業にも向いています。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  明るさ

画面の輝度は320nit。作業にはちょうどいい明るさ

ディスプレイのリフレッシュレートは、一般的なノートPCと同じ60Hzです。IdeaPad Slim 560 Pro(16) ではGPU付きモデルが「ゲーミングエディション」とされていますが、ディスプレイについては動きの速いゲーム向きではありません。人気のFPS / TPS、シューター系を楽しみたいなら、高リフレッシュレートのモデルを選んだほうがいいでしょう。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  リフレッシュレート

リフレッシュレートは60Hzで、一般的なノートPCと同じ

キーボードについて

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  キーボード

キーボードはテンキー付きで、バックライト対応の日本語配列です。キーピッチは実測で18.2mm。一般的なキーボードの19mmと比べると、キーとキーの間隔がかなり狭く作られています。またテンキーもやや左よりで、キーを押し間違えることがたびたびありました。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  バックライト

バックライトはやや暗め

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。カーソルキーが大きくて使いやすい点は好印象

キーストロークは実測で平均1.13mm。ストロークはかなり浅めに作られています。キーを押した瞬間のクリック感は固め。手応えは感じられるものの、普段指を打ち下ろすようにして入力している人には、物足りなく感じるかもしれません。指をあまり上げ下ろしせずに、軽い力で入力する人向きです。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  タイプ感

ストロークが非常に浅く、タイプ感は軽め

タイプ音はタクタクと聞こえますが、うるさくはありません。しかしEnterキーとスペースキーについてはチャキッと響くので、あまり強く打たないほうがいいでしょう。指を打ち下ろすようにして入力するとトントンと響くので、軽めのタッチ推奨です。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  タイプ音

軽いタッチでもタイプ音が聞こえますが、うるさくは感じませんでした

インターフェース/機能について

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は多くはありませんが、一般的なノートPCとしては十分な構成です。ゲーム用として考えるとフルサイズのUSB端子は右側面だけでなく左側面にもあったほうが、ケーブルがゴチャつきにくいように思います。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  カメラ

ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラと、顔認識用のIRカメラ

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  スピーカー

スピーカーは底面配置。音の解像感は比較的高いものの、厚みがありません。また中音域がややこもって聞こえるものの、ビデオ会議等には問題ないでしょう

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5800H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス GTX 1650 (4GB)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で、標準収録ソフト「Lenovo Vantage」の「電源スマート設定」を「エクストリーム・パフォーマンス」に変更した最大パフォーマンス設定で実施しています

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは「APU」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、Zen3世代のRyzen 5 5600H / Ryzen 7 5800Hが使われています。Ryzen 7 5800H搭載の試用機では同じCPUの平均値をやや下回ったものの、ゲーミングノートPCとしては上位クラスのパフォーマンスです。Ryzen 5 5600Hについては未検証のため不明ですが、前世代を上回るパフォーマンスを期待していいでしょう。ゲームだけでなく、負荷の高い作業を行なうのにも適しています。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
5060
Ryzen 7 5800H
4681
IdeaPad Slim 560 Pro (Ryzen 7 5800H)
4629
Ryzen 7 4800H
4307
Core i9-11900H
4210
Ryzen 7 5800U
3829
Core i7-10870H
3679
Core i7-10875H
3551
Ryzen 5 4600H
3303
Core i5-11400H
2992
Core i7-10750H
2825
Core i5-10300H
2249

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、内蔵グラフィックスのRadeon Graphicsか専用グラフィックスのGeForce GTX 1650が使われます(モデルによって異なります)。GTX 1650は前世代のエントリー向けGPUで、性能はそれほど高くありません。しかしCPU内蔵のRadeon Graphicsよりははるかに高性能です。ゲームやクリエイター向けソフトでの効果を期待できます。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8262
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5166
GTX 1650 Ti
3686
IdeaPad Slim 560 Pro (GTX 1650)
3306
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 2080
25078
RTX 3070
24153
RTX 3060
21620
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650 Ti
10123
IdeaPad Slim 560 Pro (GTX 1650)
8792
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486
Radeon (Ryzen 7)
3384

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。アクセス速度を計測したところ、なかなか優秀な結果が出ました。しかし負荷の高い処理を連続で行なうとアクセス速度が低下することがあります。サーマルスロットリングが影響しているのかもしれません。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用に14インチモバイルノートPCのThinkPad X1 Carbon Gen9(Core i7-1165G7+16GBメモリー)と、クリエイター向けノートPCのraytrek R5-CA(Core i7-10875H+16GBメモリー+RTX 3060)の結果もまとめました。

Ryzen 7 + GTX 1650搭載の試用機では、非常に優秀な結果でした。コンテンツ制作ではクリエイター向けノートPCにはかないませんでしたが、GPUなしのノートPCを大きく上回る性能です。またCPU性能が影響するビジネス利用のテストでも、特に高いスコアが出ています。

GPUなしのRyzen 7モデルではコンテンツ制作のテストがやや下回る程度、Ryzen 5モデルでは全体的にスコアが下回るでしょう。とは言え、快適使える目安はクリアーできるはずです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
IdeaPad9925
X1 Carbon10193
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
IdeaPad9276
X1 Carbon7072
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
IdeaPad6814
X1 Carbon5203
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

クリエイティブ性能

UL Procyonは、アドビ製プロクリエイター向けソフトの快適さを計測するベンチマークテストです。「Photo Editing」ではPhotoshopとLightroom Classicを、「Video Editing」ではPremiere Proを利用します。テスト結果の比較用にミドルレンジクリエイター向けノートPCのraytrek R5-CA(Core i7-10875H+32GBメモリー+RTX 3060)と、ハイエンドゲーミングノートPCのROG Strix SCAR 15 G533QS(Ryzen 9 5900HX+ 32GBメモリー+RTX 3080 )の結果もまとめました。

Procyonベンチマーク結果

テスト スコア
Photo Editing
IdeaPad4695
raytrek R56579
Strix SCAR 156811
Image Retouching
IdeaPad4907
raytrek R56020
Strix SCAR 156896
Batch Processing
IdeaPad4494
raytrek R57190
Strix SCAR 156728
Video Editing
IdeaPad3268
raytrek R55821
Strix SCAR 155901

IdeaPad Slim 560 Pro(16) のRyzen 7 + GTX 1650搭載モデルではRTXシリーズ搭載のクリエイター向けノートPCにはかないませんでしたが、それでも健闘しているほうでしょう。ただ動画編集については弱いので、本格的な(4K以上の中規模作品)を作るつもりなら高性能なクリエイター向けノートPCを選ぶべきです。

本体の熱と騒音について

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUとGPU温度を計測したところ、CPUは平均70.2度でGPUは平均72.3度でした。数値としては低めで、高熱によるパーツへの影響は少ないと思われます。動作クロックの平均は3.7GHzですが、3.2~4GHzあたりを激しく推移していました。サーマルスロットリングは発生していなかったため、温度管理がキッチリ行なわれているのでしょう。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ベンチマーク

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUクロックとCPU温度、GPU温度の推移

しかし本体のキーボード上部は、かなり高温です。ゲームでよく使うWASDキー周りはそれほど熱くはないものの、排気口付近は触ると非常に熱く感じました。排気口付近がディスプレイのヒンジでふさがれているので、排気が十分でないのかもしれません。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ベンチマーク

キーボード面の温度

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストや実際のゲームでFPS(描画速度の目安)をチェックしたところ、中量級のタイトルであれば画質と解像度を調整すれば平均60 FPSでプレー可能です。重いゲームについては極端に画質を下げればなんとかといったところ。

ただし16:10のアスペクト比に対応していないゲームをフルスクリーンで起動すると、画面がやや縦長に歪んでしまいます。ボーダーレスウィンドウで表示すれば歪みは解消されますが、解像度が高いのでFPSが落ちることがありました。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 3274 / 普通
標準品質 4869 / やや快適
軽量品質 6100 / 快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 9154 / 63.2 FPS
高品質 12324 / 85.8 FPS
標準品質 15125 / 109.3 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 20623 / すごく快適
標準品質 20869 / すごく快適
低品質 21914 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 3339
10943
最低 30738

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト
1920×1200ドットフルスクリーンの結果。画質を調整すれば快適にプレー可能。

フルHD

画質設定 平均FPS / 最小FPS
最高 41.7 FPS
58.6 FPS
139.5 FPS
192.2 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077
1920×1080ドットの結果。16:10のアスペクト比でプレーするにはボータースクリーン化する必要があり、実際にはさらにFPSは下がります。
画質設定 平均FPS
ウルトラ 16.8 FPS
23.2 FPS
28.5 FPS
36 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ
1920×1200ドットの結果。画質を極端に落とせばプレー可能。
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 33 FPS / 17 FPS
60 FPS / 36 FPS
71FPS / 14 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU付きモデルはクリエイティブワーク向け

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  感想

よかった点

ゲーミングノートPC向けのCPU / GPUを搭載しながらも、本体がスリムである点が魅力です。価格もお手ごろなのに、高性能である点もポイント。

気になる点

GTX 1650搭載モデルは「ゲーミングエディション」とされていますが、特別ゲーム向けというほどではありません。確かにゲームはそこそこ動くものの、旧世代のエントリー向けGPUを使っているためパフォーマンスはいまひとつ。長期間ゲームをガッツリ楽しみたいのであれば、RTX 3050 Ti以上のGPU搭載機種を選んだほうがいいと思います。

またディスプレイのリフレッシュレートが、60Hzどまりである点も残念。対戦ゲームをプレーするのであれば、120~144Hz以上は欲しいところです。

個人的にIdeaPad Slim 560 Pro(16) は、写真や画像の加工に適していると思います。動画編集をガッツリ行なうためにはGPUパワーがやや物足りませんが、PhotoshopやLightroomなどを使うには問題ないでしょう。ゲームのためのPCではなく、作業のあいまにゲームも楽しめる程度に考えることをおすすめします。

なおこの機種を選ぶ際は、8GBメモリーモデルではなく16GBメモリーモデルを選んでください。メモリーはオンボードのため、あとから増設できないためです。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

8万7296円~

※2021年10月3日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ThinkPadセール情報まとめ
レノボのおすすめノートPC

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!