MSI Summit E13 Flip Evoレビュー:圧倒的な存在感の13.4インチモバイル2-in-1

MSI Summit E13 Flip Evoレビュー

MSIのSummit E13 Flip Evoは、13.4インチのディスプレイを搭載する2-in-1モバイルノートPCです。高級感抜群の本体デザインと高いパフォーマンスが魅力で、モノにこだわるビジネスエリート層に向いています。

Summit E13 Flip Evoのスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
画面サイズ 13.4インチ
解像度 1920×1200(アスペクト比 16:10)
CPU ・Core i5-1135G7
・Core i7-1185G7
メモリー ・16GB
・32GB
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス Iris Xe
リフレッシュレート 60Hz
モバイル通信
堅牢性テスト MIL-STD-810G適合
色域 / 輝度 sRGB相当
幅×奥行き 300.2×222.25mm
厚さ 14.9mm
重量 1.35kg
バッテリー 最大18時間

※2021年6月11日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー インクブラック
画面の表面 光沢
パネルの種類 非公開 ※IPS相当
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.2
USB3.1 1(Gen1)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 3(3.1 Gen2)
Thunderbolt 2 (USB兼用)
メモリーカード microSD
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD(92万画素)
顔認証カメラ 搭載
指紋センサー 搭載
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Summit E13 Flip Evo

Summit E13 Flip Evo

17万9800円~

※2021年6月15日時点

販売店リンク

MSI直販サイト
ビックカメラicon
ヨドバシカメラ
パソコンSHOPアーク

デザインと使いやすさ

外観について

Summit E13 Flip Evo 外観

Summit E13 Flip Evoの本体カラーは、ピュアホワイトとインクブラックの2色。今回試用したのはインクブラックのモデルで、実際の色合いは黒です。アクセントカラーとしてブロンズライクなゴールドが使われており、非常に高級感があります。ノートPCというよりも、高級文具を思わせる存在感です。

Summit E13 Flip Evo 本体カラー

インクブラックの本体カラー

Summit E13 Flip Evo 本体カラー

印象的な深みのある黒に、アクセント値sてブロンズライクなゴールドが使われています

Summit E13 Flip Evo 本体カラー

ピュアホワイトのモデルも用意されています

Summit E13 Flip Evo 素材

本体は質感と剛性に優れるアルミ製。指紋の跡が残るので、こまめに拭き取るといいでしょう

Summit E13 Flip Evo パームレスト

パームレストも天板と同じ仕上がり

Summit E13 Flip Evo タッチパッド

タッチパッド周辺はキラリと光るダイヤモンドカット加工

Summit E13 Flip Evo ベゼル

ベゼル幅は左右6.3mm、上部11.2mm、下部19.9mm

Summit E13 Flip Evo 排気口

排気口はディスプレイとキーボードのすき間あたり

Summit E13 Flip Evo 底面部

底面部には吸気口

Summit E13 Flip Evo サイズ

接地面積は幅300.2mm×奥行き222.25mm

Summit E13 Flip Evo 厚さ

厚さは実測で14.8mm、ゴム足を含めた設置時の高さは16.8mm

Summit E13 Flip Evo 前面

前面からの見た目はとてもスリム

Summit E13 Flip Evo 背面

背面もシャープな印象です

Summit E13 Flip Evo 重さ

重さは実測で1.309kg。モバイル2-in-1としては標準的な重さ

Summit E13 Flip Evo 電源アダプター

付属の電源アダプターは65WのType-Cタイプ。重さは314g

ディスプレイについて

Summit E13 Flip Evo 画面サイズ

ディスプレイのサイズは13.4インチで、解像度はアスペクト比16:10の1920×1200ドット。16:9のフルHDディスプレイに比べてわずかに縦長で、そのぶんより多くの情報が表示されます。感覚的には文書が2行多く表示される程度。情報量が劇的に増えるわけではありませんが、わずかな効率化でも積み重なると大きな時間短縮になるので無視できないところです。

Summit E13 Flip Evo デスクトップ

デスクトップの文字は2~2.6mm程度(スケーリング150%)

映像は非常に明るく、自然な色合いです。コントラストが高く、色にメリハリが感じられます。色域を計測したところ、sRGBカバー率は98.5%でした。ノートPCとしてはなかなか優秀な結果です。

Summit E13 Flip Evo 映像品質

映像は違和感のない自然な色合い

Summit E13 Flip Evo コントラスト

コントラストが高く、色にメリハリがあります

ちなみにメーカーは16:10(1.6)のアスペクト比を「Golden Ratio(黄金比)」と謳っていますが、正確な黄金比は1.618……です。ですが近似値としてなら、黄金比に近いと言っていいでしょう。

Summit E13 Flip Evo 壁紙

デスクトップの壁紙には、黄金長方形が描かれています

キーボードについて

Summit E13 Flip Evo キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト対応です。キーピッチは実測19mmで、標準的な大きさ。Enterキー周辺で一部のキーが隣接しているため、慣れないうちは押し間違いがあるかもしれません。

Summit E13 Flip Evo 配列

Enterキー周辺の配列

Summit E13 Flip Evo バックライト

キーボードバックライトに対応

キーストロークは実測で平均1.09mmでした。ノートPCの標準値は1.5mmで、薄型タイプは1.2~1.3mm程度であることが多いのですが、Summit E13 Flip Evoのキーボードはストロークがかなり浅く感じます。入力時にカクッとしたクリック感があるので手応えは感じられますが、どちらかと言うとなでるような軽い力で入力する人向きです。

Summit E13 Flip Evo ストローク

キーストロークは平均1.09mmでかなり浅め

Summit E13 Flip Evo タイプ音

軽い力でもタイプ音はカタカタと聞こえます。気になるほどではないのですが強く叩くと音が響くので、軽めのタッチ推奨です

Summit E13 Flip Evoには、手書き入力用の「MSI Pen」が付属します。筆圧感知は4096段階で、傾き検知にも対応。ディスプレイが光沢タイプのため、ペンはツルツルとした書き心地です。遅延はわずかに感じられるものの、気になるほどではありません。ペンのスペック的にはは本格的なイラスト制作にも利用できるほどです。

MSI Pen

付属のMSI Pen

MSI Pen

ペンはType-Cで充電します

MSI Pen

ツルツルとした書き心地。ちょっとしたメモには十分すぎるほどの仕上がりです

インターフェース/機能について

Summit E13 Flip Evo インターフェース

USB端子は合計4ポートのうち3ポートがType-Cで、さらにそのうち2ポートがThunderbolt 4対応です。メモリーカードスロットはmicroSDサイズでトレイ式のため、ピンなどで取り出す必要があります。種類は多くないので、さまざまな端子が必要な場合はType-C / Thunderboltドックを利用するといいでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 △ ※低速充電
USB PD 45W充電 △ ※低速充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Summit E13 Flip Evo カメラ

ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラと、顔認証用のIRカメラ。Webカメラは側面のスイッチで無効 / 有効を切り替え可能です

Summit E13 Flip Evo 指紋センサー

パームレストには指紋センサーも用意

Summit E13 Flip Evo スピーカー

スピーカーは底面配置。ノートPCとしては比較的高音質ですが、音に厚みがなく低音域がややこもって聞こえます

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-1135G7
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で、電源モードを「最も高いパフォーマンス」に設定。さらに「MSI Center for Business & Productivity」の「User Scenario」を「High Performance」に設定した上で、空冷ファンを最大出力で回転させる「Cooler Boost」に有効にしています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第11世代(Tiger Lake)のCore i5-1135G7またはCore i7-1185G7が使われています。Core i5-1135G7搭載の試用機でベンチマークテストを行なったところ同じCPUの平均値を上回り、ワンランク上のCore i7-1165G7に迫る結果が出ました。モバイルノートPCの性能としては十分過ぎるほどです。上位のCore i7-1185G7モデルであれば、さらに高いパフォーマンスを期待できます。

Summit E13 Flip Evo ベンチマーク

CPUベンチマーク(総合性能)の結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphicsが使われます。ベンチマークテストではやはり同じCPUの平均値を上回り、ワンランク上のCore i7よりも高い結果が出ました。CPU内蔵タイプとしては非常に優秀です。ゲームやクリエイター向けソフトである程度の効果を見込めるでしょう。

Summit E13 Flip Evo ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。Summit E13 Flip EvoのCore i5モデルでテストを実施したところ、すべてのテストで快適に使える目安の目標値を上回りました。なかなか優秀な結果です。

Summit E13 Flip Evo ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均11.02秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動は非常に高速です。実際、待たされている感はほぼありませんでした。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 11.3秒
2回目 10.7秒
3回目 11.0秒
4回目 10.9秒
5回目 11.2秒
平均 11.02秒

ラグジュアリー感あふれるモバイル2-in-1

Summit E13 Flip Evo 感想

よかった点

なんと言っても、高級感抜群の本体デザインが魅力です。モバイルノートPCとしては特別軽いわけでも小さいわけでもありませんが、これはディスプレイが一般的な13.3インチよりも大きい13.4インチであるため。むしろ画面が大きいにも関わらずモバイルノートPCとしては標準的な重さ / 大きさに仕上がっているのは、素晴らしい出来映えと言っていいでしょう。

またベンチマーク結果が優秀な点も魅力です。薄型のモバイルノートPCは本体内部の熱が上がりすぎないよう、あえてパフォーマンスを落としているものもあります。しかしSummit E13 Flip Evoではそのような兆候は見られません。むしろCore i5搭載モデルなのに、Core i7相当の結果が出ています。高品質で高性能なモバイルノートPCとしておすすめです。

気になる点

安いモデルでも16~17万円台と、価格が高い点がネックです。いいものが高いのは仕方がないのですが、気軽に手を出せる値段ではありません。価格が購入障壁でないなら、購入する価値はあります。

Summit E13 Flip Evo

Summit E13 Flip Evo

17万9800円~

※2021年6月15日時点

販売店リンク

MSI直販サイト
ビックカメラicon
ヨドバシカメラ
パソコンSHOPアーク

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

MSI関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!