Surface Go 2とSurface Goの違いは? デザインやパフォーマンス、使い勝手を実機で比較

Surface Go 2とSurface Goの違い

Surface Go 2は、2020年5月発売の10.5インチタブレットです。2018年に発売された前モデル・Surface Goに比べて、画面サイズやスペックなどがアップグレードされました。

Surface Go 2

Surface Go 2 (上)とSurface Go (下)

この記事では新モデルのSurface Go 2と旧モデルのSurface Goについて、外観やスペック、パフォーマンスの違いなどを解説します。

Surface Go 2

Surface Go 2

税込6万5780円~

※2020年6月17日時点の本体価格。キーボードやマウス / ペンは別売り

マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ&各モデルの比較
Surface(サーフェス)シリーズは、マイクロソフトが発売しているノートPC/デスクトップPCのブランドです。本体デザインや機能が……

Surface Go 2とSurface Goのスペックの違い

まずは、Surface Go 2とSurface Goのスペックの違いから。それぞれの主な仕様は、以下のとおりです。

Surface Go 2とSurface Goの違い

Surface Go 2
Surface Go 2
Surface Go
Surface Go
発売日 2020年5月 2018年8月
画面サイズ 10.5インチ 10インチ
解像度 1920×1280ドット 1800×1200ドット
大きさ
(本体のみ)
幅245mm
奥行き175mm
高さ8.3mm
重さ
(本体のみ)
・544g~ (Wi-Fi)
・553g~ (LTE)
・522g~ (Wi-Fi)
・532g~ (LTE)
CPU ・Pentium 4425Y
・Core m3-8100Y
Pentium 4415Y
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・64GB eMMC
・128GB SSD
グラフィックス UHD 615 HD 615
Wi-Fi Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax) Wi-Fi 5 (11a/b/g/n/ac)
Bluetooth 5.0 4.1
NFC 対応 非対応
LTE 対応モデルあり
インターフェース USB3.0(Type-C)×1
Surface Connect
microSDカードスロット
カメラ IRカメラ (赤外線カメラ)
フロント:500万画素
リア:800万画素
マイク 遠距離対応デュアルスタジオマイク シングルマイク
駆動時間 ・最大10時間 ・最大9時間 (Wi-Fi)
・最大8.5時間 (LTE)

Surface Go 2とSurface Goのデザインの違い

外観的な違いはほとんどありません。大きさもカラーも材質もまったく同じ。細かなディテールが微妙に異なりますが、パッと見ではどちらか判断しづらいでしょう。

Surface Go 2 比較 デザイン

利用スタイルはまったく同じ

Surface Go 2 比較 大きさ

サイズもまったく同じ。ただし重さはSurface Go 2のほうが21~22g重め

Surface Go 2 比較 厚さ

厚さも同じ8.3mm

Surface Go 2とSurface Goのディスプレイの違い

ディスプレイは前モデルが10インチの1800×1200ドットであったのに対して、Surface Go 2では画面サイズが10.5インチで解像度が1920×1280ドットにスペックアップしています。画面は大きくなっても本体サイズは変わらず、ベゼルがやや細くなりました。

画素密度は217 PPIから220 PPIとあまり変わっていないため、映像の精細さについてはほぼ同じ。しかし解像度が増えたぶん、より多くの情報を表示できます。文書作成などで作業効率が向上するでしょう。

Surface Go 2 比較 画面サイズ

画面サイズが10インチから10.5インチへ大型化

Surface Go 2 比較 画面

解像度が増えたぶん、Surface Go 2のほうがより多くの情報を表示できます

Surface Go 2 比較 映像

映像はわずかな差が見られるものの、パッと見た感じではあまり変わりません

Surface Go 2とSurface Goのインターフェースの違い

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)の構成も、まったく変わりません。ただし録音用のマイクがシングル構成からデュアル構成に変わったことで、音質が若干向上しています。前モデルではやや響いたり離れると音が小さくなったりしましたが、新モデルでは音がクリアーで離れていてもしっかり録音できています。

Surface Go 2 比較 インターフェース

インターフェース構成は同じ ※Surface Go 2はLTE対応モデルのためSIMスロットあり

Surface Go 2 比較 マイク

前面のマイクがシングル構成からデュアル構成に変わったことで、録音時の音質が向上

Surface Go 2とSurface Goのパフォーマンスの違い

前モデルのSurface Goでは、CPUとしてPentium 4415Yが使われていました。Surface Go 2ではその次の世代のPentium 4425Yと、さらに上位のCore m3-8100Yが使われています。

CPUの違い

Core m3-8100Y Pentium 4425Y Pentium 4415Y
使用モデル Surface Go 2 Surface Go
リリース 2018年 2019年 2017年
コア/スレッド 2/4
周波数 1.10GHz 1.70GHz 1.60GHz
最大周波数 3.40GHz
TDP 5W 6W 6W
内蔵グラフィックス UHD 615 HD 615

PentiumもCore m3も、基本的には計算性能より省電力性能を重視したCPUです。ノートPC向けCPU全体で見ると、パフォーマンスはあまり高くありません。Surface Pro 7やSurface Laptop 3などで使われているCore i5 / Core i7よりもグッと劣ります。

CPUの性能比較 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-10710U
2214
Core i7-1065G7
1619
Core i7-10510U
1486
Core i5-1035G4
1480
Core i5-1035G1
1456
Core i5-10210U
1435
Ryzen 5 3500U
1381
Core i3-10110U
918
Ryzen 3 3200U
643
Surface Go 2 (Core m3)
570
Surface Go 2 (Pentium)
378
Surface Go (Pentium)
339
Celeron N4000
301
Celeron 4205U
293

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Core m3とPentiumでは、Core m3のほうがベンチマークテストのスコアで1.5倍ほど上回ります。性能的にはだいたい40~60%程度パフォーマンスアップすると考えていいでしょう。少しでも軽い動作で使いたいのであれば、Core m3モデルをおすすめします。

Surface Go 2とSurface Goのそのほかの違い

Surface Goと同時発売のタイプカバーとSurface Go 2と同時発売のタイプカバーでは、色のほかにメディアキー (ホットキー)の並び順が若干異なります。使い勝手についてはほぼ変わりません。

Surface Go 2 比較 タイプカバー

2020年発売の「Surface Go Type Cover – QWERTY」 (上)と、2018年発売の「Surface Go Signature タイプカバー」 (下)

Surface Go 2 比較 タイプカバー

F1~F8に割り当てられたメディアキー (ホットキー)の並び順が異なります

Surface Go 2とSurface Goの価格について

すでに最新モデルのSurface Go 2が発売されているので、スペック面で劣る前モデルを購入する必要はありません。マイクロソフトの公式ストアでも、すでにSurface Goの販売は終了しています。

Surface Go 2の標準価格

CPU メモリー ストレージ 税込価格
Pentium 4425Y 4GB 64GB eMMC 6万5780円
Pentium 4425Y 8GB 128GB SSD 8万5580円
Core m3-8100Y
※LTE対応
8GB 128GB SSD 10万7580円

※2020年6月17日時点

Surface Goの標準価格

CPU メモリー ストレージ 税込価格
Pentium 4415Y 4GB 64GB eMMC 5万5000円
Pentium 4425Y 8GB 128GB SSD 7万1830円
Pentium 4425Y
※LTE対応
8GB 128GB SSD 8万4920円

※2020年6月17日時点

タイミングによってはセールが行なわれていることもあるので、まずは公式サイトをチェックしてみてください。タイプカバーやペンなどを同時購入するなら、まとめ買いキャンペーンがお得です。

Surface Go 2

Surface Go 2

税込6万5780円~

関連リンク

まとめ買いで純正アクセサリーが20%オフ
icon

通販サイトでは、まだ前モデルのSurface Goが販売されていることもあります。しかし前述のようにスペック面で劣るので、わざわざ選ばなくてもいいでしょう。ただしセールなどで驚くほど安く買えるならアリです。

見た目ほぼ同じでも中身はしっかりパワーアップ

前述したように、Surface Go 2の見た目はSurface Goとあまり変わりません。しかしディスプレイの解像度が向上しているほか、CPU性能もパワーアップしています。あえて旧機種を選ぶことで予算を抑えるという手もありますが、少しでも快適に使いたいなら新しいSurface Go 2を選ぶべきです。

Surface Go 2 比較 まとめ

パフォーマンスとディスプレイが改良されたSurface Go 2がおすすめ

Surface Go 2

Surface Go 2

税込6万5780円~

※2020年6月17日時点の本体価格。キーボードやマウス / ペンは別売り

マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ&各モデルの比較
Surface(サーフェス)シリーズは、マイクロソフトが発売しているノートPC/デスクトップPCのブランドです。本体デザインや機能が……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました