Surface Laptop 4 13.5インチモデルレビュー:あいかわらずの高品質だけどそろそろリニューアル希望

Surface Laptop 4 13.5インチモデルレビュー
マイクロソフトのSurface Laptop 4 13.5インチモデルは、2256×1504ドットのディスプレイを搭載するノートPCです。高品質な本体デザインと、高いパフォーマンスが魅力。全モデルに標準でOffice Home & Business 2019が付属します。

Surface Laptop 4 13.5インチモデルレビュー

Surface Laptop 4 13.5インチモデル(アイスブルー)

Surface Laptop 4 13.5インチモデル(個人向け)のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 13.5インチ
解像度 2256×1504
CPU ・Core i5-1135G7
・Core i7-1185G7
・Ryzen 5 4680U
メモリー 8 / 16 / 32GB
SSD 256GB~1TB
HDD なし
グラフィックス ・Iris Xe
・Radeon
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 ※表記なし
幅×奥行き 308×223mm
厚さ 14.5mm
重量 ・1265g(Alcantara)
・1288(メタル仕上げ)
バッテリー ・最大19時間(AMD)
・最大17時間(インテル)

※2021年5月22日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・プラチナ
・アイスブルー
・サンドストーン
・マットブラック
画面の表面 光沢
パネルの種類 PixelSense
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
USB3.1 1
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1
Thunderbolt
メモリーカード
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
その他 Surface Connect
Webカメラ 720p HD(92万画素)
顔認証カメラ 搭載
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス Office Home & Business 2019

この記事では日本マイクロソフトよりお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Surface Laotop 4 13.5インチモデル

Surface Laptop 4 13.5インチモデル

税込12万8480円~

※2021年5月22日時点

モデル構成について

15インチモデルとの違い

Surface Laotop 4 15インチ 感想
Surface Laptop 4には、大きさの異なる2種類のモデルが用意されています。今回取り上げるのは、13.5インチのモデルです。基本機能はどれもほぼ同じですが、それぞれ本体サイズやパーツ構成などが異なるので注意してください。

Surface Laptop 4 13.5インチモデルと15インチモデルの違い

13.5インチ 15インチ
ディスプレイ 13.5インチ
2256×1504
15インチ
2496×1664
CPU ・Core i5-1135G7
・Core i7-1185G7
・Ryzen 5 4680U
・Core i7-1185G7
・Ryzen 7 4980U
グラフィックス Iris Xe / Radeon
メモリー 8~32GB
ストレージ 256GB~1TB SSD
サイズ 幅308mm
奥行き223mm
高さ14.5mm
幅339.5mm
奥行き244mm
高さ14.7mm
重量 ・1265g(Alcantara)
・1288g(メタル仕上げ)
1542g
バッテリー駆動時間 ・最大19時間(AMD)
・最大17時間(インテル)
・最大17.5時間(AMD)
・最大16.5時間(インテル)

※2021年5月21日時点

Surface Laptop 4 15インチモデルの詳細については、レビュー記事でご確認ください。

Surface Laptop 4 15インチモデルレビュー:Ryzen搭載でパフォーマンスが大幅に向上したハイクオリティーノートPC
マイクロソフトのSurface Laptop 4 15インチモデルは、2496×1664ドットのディスプレイを搭載するノートPCです。高……

13.5インチモデルのラインナップ

Surface Laptop 4 13.5インチモデ
Surface Laptop 4 13.5インチモデルには、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。本体カラーは4色用意されていますが、パーツ構成によっては選べない色もあるので注意してください。

ラインナップ

構成 価格
Ryzen 5 4680U / 8GB / 256GB 12万8480円
Ryzen 5 4680U / 16GB / 256GB 15万0480円
Core i5-1135G7 / 8GB / 512GB 16万1480円
Core i5-1135G7 / 16GB / 512GB 18万3480円
Core i7-1185G7 / 16GB / 512GB 21万6480円
Core i7-1185G7 / 32GB / 1TB 29万3480円

※2021年5月22日時点

おすすめはRyzen 5 4680U / 16GB / 266GB構成です。ストレージ容量がやや少ないもののAPU(CPU)性能がもっとも高く、メモリー容量も十分だからです。BYODなどでCPUがvProに対応する必要がある場合は、Core i7-1185G7モデルを選ぶといいでしょう。

デザインと使いやすさ

外観について

Surface Laptop 4 13.5インチ 外観

Surface Laptop 4 13.5インチの本体は従来モデルから変わらない、あいかわらず高品質な仕上がりです。ぶっちゃけると2017年の初代モデルからず~~~~っと同じで、それぞれのレビューでも同じことを言っています。0.1ミリ単位でサイズが微妙に異なりますが、ほとんど変わりません。もうそろそろ、デザインを一新しませんか、マイクロソフトさん。

Surface Laptop

4年前に発売された初代Surface Laptop

それはともかく、本体はアルミ製で本体カラーとしてはプラチナ、マットブラック、アイスブルー、サンドストーンの4色が用意されています。今回試用したのはアイスブルーのモデルですが、見た目は暗めのシルバーでカラフルな印象はありません。シーンを選ばす、普通に使える外観です。

Surface Laptop 4 13.5インチ 本体カラー

試用したアイスブルーのカラー

Surface Laptop 4 13.5インチ 天板

天板はアルミ製。サラサラとした心地よい手触りで、指紋の跡が目立ちません

パームレストはメタル仕上げまたはファブリック仕上げで、カラーによって異なります。サンドストーンとマットブラックはアルミ製、プラチナとアイスブルーはAlcantara(アルカンターラ)と呼ばれる布地素材です。

ファブリック素材のパームレストはしっとりとしながらも柔らかな手触りで、高級感は抜群。ただし長期間使うことで、汚れが染み付いてしまう場合があります。防汚処理が施されているものの、お手入れしだいでは目立つかもしれません。個人的にはアルミのパームレストが好みなのですが、おすすめのRyzen 5 4680UモデルはプラチナのAlcantara仕様のみなんですよね……。この組み合わせに、恣意的なものはありませんかね?

関連リンク

「Surface Laptop 汚れ」で画像検索

Alcantara素材のお手入れ(マイクロソフト公式サポート)

Surface Laptop 4 13.5インチ パームレスト

アイスブルーのパームレスト

Surface Laptop 4 13.5インチ パームレスト

キーボード周りには「Alcantara(アルカンターラ)」と呼ばれる高級ファブリック素材が使われています

Surface Laptop 4 13.5インチ ディスプレイ

ディスプレイは指1本で軽く開きます。これは本体の重さとヒンジのトルクが絶妙のバランスで調整されているため。本来は非常に難しい仕上がりです

Surface Laptop 4 13.5インチ ベゼル

ベゼル幅は左右11.2mmで上部11.5mm、下部14.2mm(フレームと非表示領域を含む)。最近の機種としてはやや太め

Surface Laptop 4 13.5インチ 排気口

排気口はヒンジの裏あたり

Surface Laptop 4 13.5インチ 底面

底面部には通気口

サイズは13インチクラスとしてはやや大きめです。一般的なモバイルノートPCは13.3インチが標準ですがSurface Laptop 4は13.5インチなので、筐体がやや大きいのは仕方がありません。

しかしモバイルノートPCは年々小型化されているのに対し、Surface Laptop 4は2017年の発売からほぼ同じ。それだけデザインの完成度が高いとも言えますが、そろそろ時流に合わなくなってきています。

Surface Laptop 4 13.5インチ サイズ

接地面積は幅308mmで奥行きは223mm

Surface Laptop 4 13.5インチ 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較

また2020年には12.4インチのSurface Laptop Goが発売されました。スペックはSurface Laptop 4よりも控えめですがよりコンパクトで軽く、その上リーズナブルです。Surface Laptop 4が最安でも12万円台からであるのに対し、Surface Laptop Goは最安7~8万円台から。高いパフォーマンスが必要ないからSurface Laptop Goでいい、という人は一定数いるでしょう。

Surface Laptop Go 重さ

12.4インチでコンパクト&リーズナブルなSurface Laptop Go

Surface Laptop Go レビュー・本体デザイン&サイズ重量編:手頃な値段でもコンパクト&高品質なSurfaceクオリティーのボディ
Surface Laptop Goは、12.4インチのディスプレイを搭載するコンパクトなノートPCです。Office Home &Bus……

高いパフォーマンスが必要なら、Ryzen 7 4980U搭載のSurface Laptop 4 15インチモデルのほうが優れています。13.5インチモデルはパワフルでもなくコンパクトでもなく、やや中途半端な位置付けのような気がしてなりません。

Surface Laptop 4 13.5インチ 厚さ

厚さは実測で14.5mm、ゴム足を含めた設置時の高さは16.3mm

Surface Laptop 4 13.5インチ 前面

前面

Surface Laptop 4 13.5インチ 背面

背面

Surface Laptop 4 13.5インチ 重さ

重さは実測で1.287kg

Surface Laptop 4 13.5インチ 電源アダプター

付属の電源アダプターは独自仕様のSurface Connectタイプ。重さは247g

Surface Laptop 4 13.5インチ 電源アダプター

電源アダプターには充電用のUSB端子が付いています

ディスプレイについて

Surface Laptop 4 13.5インチ 画面サイズ

ディスプレイのサイズは13.5インチで、解像度は2256×1504ドットです。画面のアスペクト比(横と縦の比率)は3:2で、一般的な16:9に比べてやや縦長。そのぶん縦方向の文書やWebページでは多くの情報を表示できます。またタッチ操作に対応しているほか、Microsoft Pen Protocol(MPP)対応機器によるペン入力も可能です。

Surface Laptop 4 13.5インチ デスクトップ

デスクトップの文字は1.6~2.2mmと小さめ(スケーリング150%)。標準の背景だと文字は影の影響で、やや読みづらく感じます

Surface Laptop 4 13.5インチ ペン入力

Surfaceペンによる手書き入力が可能ですが、ディスプレイを押さえないとうまく描けません

Surface Laptop 4 13.5インチ ペンホルダー

ペンは天板にくっつけるとなくさずにすみます

ディスプレイの映像はとても明るく鮮やかです。画面の明るさを最大にすると、少しまぶしく感じるかもしれません。映像は自然な色合いで、違和感はありませんでした。解像度が高いので、写真は細部までクッキリと映し出されます。また文字のギザギザ感も感じられません。映像が非常に美しいディスプレイです。

Surface Laptop 4 13.5インチ 映像品質

映像は明るく鮮やか ※写真はカラープロファイル「エンハンス」選択時(DCI-P3相当)

Surface Laptop 4 13.5インチ 映像

フルHDよりも解像度が高く、写真はとても精細に映し出されます

キーボードについて

Surface Laptop 4 13.5インチ キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト対応です。「¥」キーがやや小さいものの特殊な部分はなく、全体的に標準的な配列と言っていいでしょう。ただしDelキーの左側に電源ボタンがあり間違って打つとスリープ状態へ移行するので注意してください。あらかじめ電源オプションで電源ボタン押下時のアクションを設定しておくことをおすすめします。

Surface Laptop 4 13.5インチ バックライト

バックライトはやや暗め

Surface Laptop 4 13.5インチ 配列

「¥」キーが小さいのですが、そのほかのキーは標準的な配列です

キートップはサラサラとした心地よい手触りです。天面がわずかにくぼんだシリンドリカル形状で、指にフィットしやすく作られています。キーピッチは実測19mmで、一般的なキーボードの標準値と同じ。使い始めから違和感なく入力できます。

キーストロークは実測で平均1.37mm。入力時にカクッとしたクリック感があり、手応えはしっかり感じられます。ただし入力時にスイッチのグラつきとたわみが感じられました。また指を押し戻す力が弱く、指を持ち上げるようにして戻す感覚があります。15インチモデルを試用した際はそのようなことはなかったので、もしかすると個体差なのかもしれません。

Surface Laptop 4 13.5インチ タイプ感

ストロークは平均1.37mmとやや浅め。ストロークの深いキーボードに慣れている人には、ちょっと違和感があるかもしれません。浅く打つ人向き

Surface Laptop 4 13.5インチ タイプ音

タイプ音は軽い力でもカタカタとわずかに聞こえます、強く叩くとタンタンと響くので、軽いタッチ推奨です

インターフェース/機能について

Surface Laptop 4 13.5インチ インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は、フルサイズのUSB端子とUSB Type-C端子、ヘッドホン端子、充電兼用のSurface Connectのみです。13.5インチクラスとしては非常に少ないと言っていいでしょう。特にメモリーカードスロットがないのは残念です。

アクセサリーとして用意されているSurfaceドックを使えば端子類を増やせますが、値段が3万円台とやや高価です。一応Type-Cでの映像出力は確認しましたが、公式にはサポート外とされているかもしれません。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Surface Laptop 4 13.5インチ USB端子

側面が斜めに傾いているので、端子類が見えづらく抜き挿しに手間がかかります

Surface Laptop 4 13.5インチ Webカメラ

ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラと顔認証用のIRカメラ

Surface Laptop 4 13.5インチ スピーカー

スピーカーは本体内部に配置されており、キーボード部分から音が聞こえます。音はクリアーで解像感が高く、ノートPCとしてはとても高音質

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-1135G7
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で電源モードを「最も高いパフォーマンス」に設定しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、Core i5-1135G7 / Core i7-1185G7またはRyzen 5 4680Uが使われています。試用機でCPU性能を計測したところ、同じCore i5-1135G7を上回る結果が出ました。上位のCore i7-1185G7では、より高いパフォーマンスを期待していいでしょう。普段使いやビジネスはもちろん、そこそこ重い処理でもこなせる性能です。

Ryzen 5 4650UはSurface Laptop 4向けのカスタムAPU(CPU)のため、筆者の手元にベンチマークデータがありません。しかしRyzen 5 4500Uをベースにしているだろうと考えれば、それよりもわずかに高性能ではないかと予想できます。もしかすると、Core i7-1185G7相当かもしれません。Ryzenモデルのほうが値段が安いことを考えれば、高コスパだと思います。

Surface Laptop 4 13.5インチ ベンチマーク

CPUの性能比較 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵グラフィックスが使われます。Core i5 / Core i7ではIris Xe Graphics、Ryzen 5ではRadeon Graphicsです。

グラフィックス性能は第11世代Coreプロセッサ内蔵のIris Xe Graphicsのほうが上。ゲームやクリエイター向けソフトで多少の効果を期待できます。ただしゲーミングノートPC / クリエイター向けノートPCほどではない点に注意してください。

Surface Laptop 4 13.5インチ ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。Core i5-1135G7搭載の試用機ではすべてのテストで目標値を上回りました。一般利用やビジネス利用では、ハイエンド向けノートPCと快適さは大きく変わりません。しかしコンテンツ制作のテストでは大きく差がついています。趣味レベルの小規模作品であればなんとかなるものの、プロクオリティーレベルとなると厳しいと思われます。

Surface Laptop 4 13.5インチ ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは256GB~1TB SSDです。256GB SSD搭載のテスト機ではPCIe 3.0 x4接続の超高速タイプが使われおり、アクセス速度はそこそこ高速でした。負荷の高いテストを連続して行なってもアクセス速度は大きく変わらなかったので、サーマルスロットリングによる影響は小さいかもしれません。

Surface Laptop 4 13.5インチ ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が通常計測時で、右が高負荷時

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均13.94秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動はやや速めです。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.2秒
2回目 14.7秒
3回目 13.8秒
4回目 13.4秒
5回目 13.6秒
平均 13.94秒

バッテリー駆動時間

※メーカーからお借りした試用機で長時間の駆動時に不具合が生じたため、バッテリー駆動時間は計測できませんでした。別の機会があれば、計測しなおします。

ゲーム系ベンチマーク結果

Core i5-1135G7搭載モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、ごくごく軽めのドラクエ10ではフルHDの最高画質で快適との評価でした。同様に軽めのゲームであれば、多少の画質調整でそこそこ楽しめるでしょう。と言ってもeスポーツレベルの高FPSでプレーできるわけではなく、平均60FPSをクリアーできる程度だと思います。

FF14などちょっと重めのゲームでは、解像度や画質を大幅に下げないと厳しそうです。そこまでするほどプレーしたいのであれば、GTX / RTXシリーズを搭載したゲーミングノートPCをおすすめします。あくまでも軽めのゲームを息抜き程度に楽しむ用です。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 1153 / 動作困難
標準品質 2142 / 重い
軽量品質 2744 / やや重い

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 3911 / 26.4 FPS
高品質 5401 / 37.3 FPS
標準品質 6910 / 49.2 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 12263 / とても快適
標準品質 13761 / すごく快適
低品質 15055 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

順当なパワーアップには違いないけど……

Surface Laptop 4 13.5インチ 感想

よかった点

前モデルに比べて、総合的な性能が大きく向上しました。特に第11世代Coreプロセッサにより、グラフィックス機能がパワーアップしている点が大きな魅力です。CPU性能が高く値段が安いRyzenモデルが用意されている点もポイント。順当にパフォーマンスアップしています。

さらに標準でOffice Home & Business 2019が付属している点も見逃せません。Windows 10開発元による、手堅いノートPCとしておすすめします。

気になる点

レビュー中に何度も述べていますが、そろそろ外観を変えていただきたいです。4年前からこれだけ薄くてコンパクトな機種を作ったのは大変すばらしいとは思いますが、そろそろ時代の流れから外れてきているように感じます。

特に安くてコンパクトなSurface Laptop Goが登場したいまとなっては、13.5インチモデルの立ち位置が微妙になってきているのではないでしょうか。個人的には来年もしくは再来年に登場する次モデルに期待しています。

Surface Laotop 4 13.5インチモデル

Surface Laptop 4 13.5インチモデル

税込12万8480円~

※2021年5月22日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

👉 マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ

※当サイトは製品を紹介することで紹介料を獲得するマイクロソフトのアフィリエイトプログラムを利用しています

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました