Surface Pro 8レビュー:モデルチェンジで使い勝手とパフォーマンスが大きく向上した定番タブレットPC

Surface Pro 8レビュー

マイクロソフトのSurface Pro 8は、大人気タブレットの最新モデルです(2021年12月時点)。前モデルからデザインが変わってスタイリッシュさが増した上に、画面が大型化され使い勝手が向上しました。さらに全モデルにOffice Home & Business 2021が付属しています。

Surface Pro 8レビュー

Surface Pro 8 ※写真はタイプカバー付き

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 13インチ 2880×1920 光沢 タッチ対応 120Hz
CPU Core i5-1135G7 / Core i7-1185G7
メモリー 8 / 16 / 32GB LPDDR4x
ストレージ 128GB ~ 1TB
グラフィックス Iris Xe(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
インターフェース USB4 / Thunderbolt 4×2、Surface Cinnect、ヘッドフォン出力
生体認証 顔認証用IRカメラ
サイズ / 重量 幅287×奥行き208×高さ9.3mm / 891g
バッテリー 最大16時間

※2021年12月27日時点

パッケージ

Surface Pro 8 パッケージ

Surface Pro 8のパッケージ

Surface Pro 8 中身

箱のなかには本体と電源アダプター、Officeのプロダクトカード、スターターガイドなど

Surface Pro 8 オフィス

全モデルに最新版のOffice Home & Business 2021が付属しています

本体デザイン

Surface Pro 8 外観

Surface Pro 8の外観。壁紙の影響も大いにありますが、以前よりもスタイリッシュな見た目に変更されました

Surface Pro 8 違い

Surface Pro 8(左)とSurface Pro 7(右)。ディスプレイのベゼル(枠)がかなり細く、いまどきのデザインが採用されています

Surface Pro 8 外観

Surface Pro X(右)にかなり似ています

Surface Pro 8 外観

13インチはタブレットしては大型ですが、PCとしてはコンパクトです

Surface Pro 8 背面

背面はアルミ製

Surface Pro 8 エッジ

従来はエッジが角ばっていましたが、Surface Pro 8では丸みを帯びています

Surface Pro 8 ベゼル

ベゼルは左右6.6mmで上下12.1mm

Surface Pro 8 キックスタンド

背面のキックスタンドは角度を無段階で調整可能

Surface Pro 8 タイプカバー

別売りのタイプカバーを装着した状態

Surface Pro 8 インターフェース

インターフェースはUSB4 / Thunderbolt 4×2とSurface Connect、ヘッドホン端子

Surface Pro 8 カメラ

背面には1000万画素のカメラ、前面には500万画素のカメラと顔認証用のIRカメラ

Surface Pro 8 ストレージ

128 / 256GBのSSDは取り外しが可能

Surface Pro 8 スピーカー

スピーカーはディスプレイ上部の両脇に配置されていますが、まったく目立ちません。低音域に厚みがあり、中~高音域はとてもクリアーに聞こえます。タブレットとしては最高クラスの音質

サイズと重量

Surface Pro 8 サイズ

大きさは幅(横方向)287mm、奥行き(縦方向)208mm

Surface Pro 8 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもわずかに小さい程度

Surface Pro 8 大きさ

PCとしては非常にコンパクトですが、タブレットとしては大きく感じます

Surface Pro 8 厚さ

厚さは実測で9.3mm

Surface Pro 8 重さ

タブレットのみの重さは実測で893g

Surface Pro 8 重さ

タイプカバー装着時は1.185kg

Surface Pro 8 重さ

ノートPCとしては軽量ですが、タイプカバー装着時は特別軽量というほどでもありません

ディスプレイについて

Surface Pro 8 ディスプレイ

画面サイズは13インチで、解像度は2880×1920ドット

Surface Pro 8 デスクトップ

デスクトップの文字は1.5~2.1mm程度(スケーリングは200%)

Surface Pro 8 映像品質

映像は非常に鮮やか。明るく自然な色合いです

Surface Pro 8 映像品質

カラープロファイルとしては「vivid」(P3相当)と「srgb」(sRGB相当))を用意。「vivid」なら、スマホ並みに鮮やかです

色域測定結果

vivid srgb
sRGBカバー率 88.6% 98.4%
Adobe RGBカバー率 79.7% 73%
DCI-P3カバー率 83.2% 73%

Surface Pro 8 明るさ

計測輝度は439nit。明るさを最大にするとまぶしいので、状況に合わせて調整するといいでしょう

Surface Pro 8 画質

映像は非常に高精細で、文字もなめらかに映し出されます

Surface Pro 8 120Hz

リフレッシュレートは最大で120Hz。高いFPSが出る軽めのゲームなら、動きがなめらかです

キーボードとペンについて

Surface Pro 8 タイプカバー

Surface Pro 8用に新たに用意されたSurface Pro Signature キーボード

Surface Pro 8 タイプカバー

Surface Pro Signature キーボードにはSurface スリムペン2が付属、キーボード上部で充電と収納が可能です

Surface Pro 8 キーボード

キーピッチは19mmで、キーストロークは1.5mm。タイプ感は従来と変わらず、入力時に確かな手応えが感じられます

Surface Pro 8 キーボード

キーボードを傾けると入力時にややたわみ、タイプ音が大きく聞こえます。若干のベコベコ感あり。軽めのタッチで入力する人向きです

Surface Pro 8 キーボード

Surface Pro Xキーボードも利用可能

Surface Pro 8 タイプカバー

従来のSurface Pro用タイプカバーとはサイズとコネクターの形状が異なるため利用できません

Surface Pro 8 ペン

ペンは4096段階の筆圧感知と、77度までの傾き検知に対応

Surface Pro 8 ペン

上から順にSurfaceペン、Surfaceスリムペン(Pro X向け)、Surfaceスリムペン2(Pro 8向け)

Surface Pro 8 ペン

従来のSurfaceペンでも利用できるはずですが、試用機と筆者所有のペンではうまく描画できませんでした

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-1185G7
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Iris Xe(CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしてはインテル第11世代のCore i5-1135G7またはCore i7-1185G7が使われています。性能としてはAMDのRyzenシリーズに劣るものの、普段使いやビジネス作業には十分なパフォーマンスです。そしてなにより第11世代Coreプロセッサは、Thunderbolt 4の機能を内蔵している点が大きなメリット。機能面を含めたCPUの総合力が高い点が魅力です。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 5800U
19202
Ryzen 7 5700U
18089
Surface Pro 8(Core i7-1185G7)
13307
Core i7-1185G7
13135
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Core i3-1115G4
6750
Ryzen 3 3250U
4441
Athlon Silver 3050U
3351
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵グラフィックスのIris Xe Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストでは、内蔵タイプとしては最高クラスの結果が出ました。GTXシリーズまどのゲーム向けGPUほどではないものの、ゲームやグラフィックス系ソフトでの効果を期待できます。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
Surface Pro 8(Core i7-1185G7)
1658
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
MX350
1382
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Surface Pro 8(Core i7-1185G7)
5527
MX450
4900
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
MX350
3931
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージのアクセス速度

試用機で使われていたのは256GB SSDで、接続規格はPCIe 3.0 x4。アクセス速度は高速ではあるものの、個人的には中位クラス程度の印象です。値段が高いわりに、あまりいいSSDが使われていないのでしょうか。512GB以上であれば、もう少し高速なのかもしれません。

Surface Pro 8 SSD

256GB SSDのアクセス速度

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。

快適に使える目安の目標値は大きく上回っていますが、第11世代Core i7搭載機としては標準的です。ただコンテンツ制作のテスト結果が、内蔵GPUタイプとしてはけっこう高め。本格的な創作活動にはやや厳しい感はありますが、比較的軽めの画像処理 / 動画編集ならある程度は行なえるでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Pro 89477
DX-T79784
IdeaPad9925
Ins16p9667
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Pro 86534
DX-T76630
IdeaPad9276
Ins16p8530
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Pro 85363
DX-T74840
IdeaPad6814
Ins16p8109
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

THIRDWAVE DX-T7 Core i7-1165G7 / 16GB
IdeaPad Slim 560 Pro Ryzen 7 5800H / 16GB / GTX 1650
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

クリエイティブ性能

UL Procyonは、アドビ製プロクリエイター向けソフトの快適さを計測するベンチマークテストです。「Photo Editing」ではPhotoshopとLightroom Classicを、「Video Editing」ではPremiere Proを利用します。

Surface Pro 8では、PhotoshopとLightroomのテストで高めの結果が出ています。GTX 1650よりもスコアが高いのは、アドビ製ソフトとAMD製CPU/インテル製CPUの相性によるものかもしれません。本格的なクリエイター向けノートPCほどではないものの、Core i7と16GBメモリーの組み合わせであればそれなりに活用できるでしょう。本体が軽量コンパクトであることを考えれば、十分検討するに値します。

Procyonベンチマーク結果

テスト スコア
Photo Editing
※写真加工全般
Pro 85677
GTX 16504695
RTX 30506358
RTX 3050 Ti6860
RTX 30607406
Image Retouching
※Photoshop中心
Pro 86180
GTX 16504907
RTX 30506765
RTX 3050 Ti5833
RTX 30606708
Batch Processing
※Lightroom中心
Pro 85215
GTX 16504494
RTX 30505976
RTX 3050 Ti8069
RTX 30608178
Video Editing
※Premirer
Pro 82495
GTX 16503268
RTX 30504578
RTX 3050 Ti5186
RTX 30605351

比較機のスペック

IdeaPad Slim 560 Pro Ryzen 7 5800H / 16GB / GTX 1650
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
GF76 11U Core i7-11800H / 16GB /RTX 3050 Ti
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

ゲーム性能

Core i7+16GBメモリーモデルであれば、中量級のタイトルなら画質をグッと落とせば快適に遊べる目安の平均60FPSはクリアーできそうです。競技系の軽いFPS / TPSなら60 FPS以上のなめらかな動きを堪能できるでしょう。ただゲーム用のPCではないので、あくまで息抜き程度のプレーをおすすめします。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 1720 / 動作困難
標準品質 2556 / やや重い
軽量品質 3136 / 普通

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 4535 / 31.5 FPS
高品質 6220 / 43.3 FPS
標準品質 7814 / 55.7 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 14400 / すごく快適
標準品質 16063 / すごく快適
低品質 17381 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 1434
4482
最低 11497

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト

画質 平均FPS / 最小FPS
最高 23.3 FPS / 5.4 FPS
30.3 FPS / 19.4 FPS
50.1 FPS / 31.9 FPS
84.1 FPS / 46.2 FPS
パフォーマンスモード 114.5 FPS / 62 FPS

使い勝手とパフォーマンスがアップ

Surface Pro 8 感想

外観が大きく改善され、ようやくいまどきのタブレットっぽくなった点がポイントです。従来の本体デザインは4世代も継続されており、正直なところ野暮ったく感じていました。画面も大型化された上に、USB4 / Thunderbolt 4×2搭載で拡張性もバッチリ。さらに第11世代Coreプロセッサにより、パフォーマンスもアップしました。全体的な使い勝手は、かなり向上していると思います。

本体の大型化によって、従来のタイプカバーが使えなくなったのはちょっと残念です。とは言え古い世代のSurface Proを使っているユーザーは、これを機に本体と一緒に買い換えるといいでしょう。

個人的に残念なのは毎度のことではありますが、価格が高い点です。Core i5 / 8GBメモリー / 128GB SSDの本体だけで14万8280円もします(2021年12月27日時点)。事実上必須アイテムのタイプカバーを加えれば、合計17万円程度。高品質でありなおかつオフィスが付いているとは言え、ポンと出せる値段ではないですよね。予算がないならSurface Laptop Goを選ぶべきなんでしょうけれども、Surface Proシリーズはもう少し値段を下げてもいいんじゃないかと思います。売れすぎると、ほかのメーカーににらまれるのかもしれませんけど。

Surface Pro 8 感想

個人的には、値段の高さがネック

ただし年に何回か行なわれるセールを活用すれば、お得に入手できます。マイクロソフト公式ストアのセールやアマゾンのセールなら、大幅値引きやタイプカバープレゼントなどがあるかもしれません。楽天やYahoo!ショッピング、大手量販店のセールなら、ポイント還元が付くのでお得です。

マイクロソフト公式ストアでは60日間の返品保証や90日間の無償テクニカルサポート、また購入後60日以内に値下がりした場合にその差額を受け取れるなどのメリットが用意されているので、その点を考慮するのもアリです。ショップそれぞれの特典を考慮した上で、お得に入手してください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Surface関連記事一覧

※当記事は日本マイクロソフトによる貸出機および当サイト管理人が購入した機材を使って作成しています。また当サイトは製品を紹介することで紹介料を獲得するマイクロソフトのアフィリエイトプログラムを利用しています

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!