Surface Pro X 本音レビュー:機能とデザインの完成度は抜群のLTE対応13インチタブレット

Surface Pro Xレビュー

マイクロソフトのSurface Pro Xは、13インチのタブレットPCです。標準でSIMフリーのLTE通信に対応しているほか、極薄軽量で質感の高いボディが魅力。4096段階の筆圧感知対応のペン入力も利用できます (要別売りのペン)。
Surface Pro X

ポイント

  • 完成度の高いボディ
  • LTE対応 & eSIM内蔵
  • 高精細で美しい映像

Surface Pro Xのスペック

画面サイズ 13インチ
解像度 2880×1920
CPU Microsoft SQ1
メモリー ・8GB
・16GB
SSD ・128GB
・256GB
・512GB
グラフィックス Microsoft SQ1 Adreno 685 GPU
LTE 対応
幅×奥行き 287×208mm
厚さ 7.3mm
重量 774kg~
バッテリー 最大 13時間

※2020年5月10日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 光沢
パネルの種類 PixelSenseディスプレイ
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac/
Bluetooth 5.0
USB3.1
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 2 (USB3.2 Gen2×2)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ フロント:500万画素
リア:1000万画素
顔認証カメラ 標準搭載
指紋センサー
付属品
オフィス Office Home & Business 2019

この記事では筆者が購入した実機およびメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Surface Pro X

Surface Pro X

税込14万2780円~

※2020年5月10日時点

マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ&各モデルの比較
Surface(サーフェス)シリーズは、マイクロソフトが発売しているノートPC/デスクトップPCのブランドです。本体デザインや機能が……

価格について

Surface Pro X 価格まず最初に触れておきたいのが、Surface Pro Xの価格について。ラインナップとしてはメモリー / SSD容量の異なる以下の4種類が用意されています。

ラインナップ

CPU メモリー SSD 税込価格
Microsoft SQ1 8GB 128GB 14万2780円
8GB 256GB 16万4780円
16GB 256GB 20万4380円
16GB 512GB SSD 24万1780円

またSurface Pro X自体はタブレットですので、ノートPCのように使うにはキーボードが必要です。一般的なBluetoothキーボードでも利用できますが、ほとんどの人が専用に作られた純正タイプカバーを選ぶでしょう。

Surface Pro X Signature キーボード

純正のSurface Pro X Signature キーボード

スリムペン

Surface Pro X Signature キーボードに付属するSurfaceスリムペン

スリム ペン付き Surface Pro X Signature キーボードの価格は税込3万2560円。従って、本体との合計価格は以下のとおりです。

本体+キーボード+ペンの合計価格

メモリー SSD 合計価格
8GB 128GB 17万5340円
8GB 256GB 19万7340円
16GB 256GB 23万6940円
16GB 512GB SSD 27万4340円

ちなみに第4世代iPad Pro 12.9インチのCellular(LTE)モデルの値段は以下のとおり。Appleストアの価格で、購入するアクセサリーの種類やショップによって価格は変わります。

iPad Pro

iPad Pro 12.9インチモデル一式の合計価格

ストレージ 本体価格 Smart Keyboard FolioとApple Pencilとの合計
128GB 13万3980円 17万2810円
256GB 14万6080円 18万4910円
512GB 17万0280円 20万9110円
1TB 19万4480円 23万3310円

またSurface Pro 7一式の値段も参考にまとめました。公式サイトの本体価格にSurface Pro タイプ カバーとSurfaceペンの価格 (アクセサリー類20%オフのバンドル価格)を加えています。

Surface Pro 7 一式

Surface Pro 7一式の価格

CPU メモリー SSD 合計価格
Core i3 4GB 128GB 13万4596円
Core i5 8GB 128GB 15万6596円
Core i5 16GB 256GB 21万8196円
Core i7 16GB 256GB SSD 22万9196円
Core i7 16GB 512GB SSD 27万2096円
Core i7 16GB 1TB SSD 32万0496円

以上のようにSurface Pro XはPCとしては非常に高価で、パーツ / アクセサリーの構成によってはSurface Pro 7やiPad Pro 12.9インチモデルを価格で上回ることがある点を覚えておいてください。

デザインと使いやすさ

質感の高いボディ

Surface Pro X 外観

Surface Pro Xの本体カラーはマットブラック。若干メタリックながらもつや消しの落ち着いた色合いで、Surface Pro 7のブラックモデルに似ています。ボディの素材はアルミニウム製。カーボンコンポジット素材も使われているとのことですが、具体的にどの部分で使われているかはわかりませんでした。表面は非常に質感が高く、かつ頑丈に作られています。

Surface Pro X 背面

Surface Pro Xの背面。カラーはマットブラック

Surface Pro X キックスタンド

キックスタンドで自立させられます

Surface Pro X 表面

つや消しのボディは質感がとても高いのですが、指紋がやや目立ちます

Surface Pro X キックスタンド

キックスタンドの最大角度

Surface Pro X ベゼル

ディスプレイ周囲の非表示領域は左右6.7mm、上部13mm、下部12.8mm

PCとしてはコンパクト、タブレットとしては大きめ

Surface Pro X 大きさ

接地面積は幅287×奥行き208mmで、A4サイズ (幅297×奥行き210)よりもひと回り小さい程度。PCとしては非常にコンパクトですが、タブレットとしてはやや大きく感じます。厚さは実測で7.2~7.3mmと非常にスリム。iPad Pro 12.9インチモデルのほうがわずかに薄いのですが、キックスタンドがあるぶん厚く作られているように感じました。ただしカバーを付けてしまえば、どちらもそんなに変わりません。

Surface Pro X iPad サイズ比較

Surface Pro XとiPad Pro 12.9インチモデルのサイズ比較。Surface Pro Xのほうが面積比で1%小さい程度で、大きさはほとんど変わりません

Surface Pro X Surface Pro 7 サイズ比較

Surface Pro XとSurface Pro 7のサイズ比較。Surface Pro Xのほうが約1.7%大きい程度で、どちらもほぼ同じ大きさ

Surface Pro X サイズ比較

左からiPad Pro 12.9インチモデル、Surface Pro X、Surface Pro 7。ディスプレイサイズは異なりますが、本体の大きさはどれもほぼ同じです

Surface Pro X 天面

天面。厚さは7.3mmとスリムなのですが、エッジが最近のiPhoneのように丸みを帯びているのでシャープさは感じられません

Surface Pro X 底面

底面

Surface Pro X 重さ

Surface Pro X、Surface Pro 7、iPad Pro 12.9インチモデルの重さ

Surface Pro X 重さ

Surface Pro X、Surface Pro 7、iPad Pro 12.9インチモデルの重さ (キーボードカバー+ペン)

Surface Pro X 重さ

軽量ではあるものの、タブレットとしてはちょっと重いかなという印象

高精細な13インチディスプレイ

Surface Pro X 画面サイズ

ディスプレイの大きさは13インチです。モバイルノートPCの標準である13.3インチよりもわずかに小さいのですが、タブレットとしては若干大きめ。解像度は2880×1920ドットで、ピクセル比では1920×1080ドットのフルHDのおよそ2.67倍。そのぶん映像はとてもきめ細やかです。

ただ文字が少し小さく感じました。デスクトップの文字は1.5~2mm程度 (スケーリング200%)なので、読みづらく感じるなら拡大率を変更するといいでしょう。

色鮮やかな映像

Surface Pro X 映像品質

ディスプレイにはPixelSenseと呼ばれるパネルが使われていますが、これは色鮮やかで高精細な映像を実現するパネルという意味。マイクロソフトが使っているだけで、パネルの種類を表わすものではありません。視野角や色合い的にはIPSパネル相当です。

映像は自然な発色で、非常に色鮮やか。プロファイルとして「エンハンス」(DCI-P3相当)と「sRGB」が用意されており、標準では「エンハンス」に設定されています。Surface Pro 7でも同じ仕様だったので、同じようなパネルが使われていると考えていいでしょう。実際に色を見比べたところ、どちらもほぼ同じ色合いでした。

Surface Pro X コントラスト

コントラストが高く色鮮やか

Surface Pro X 明るさ

明るさは公称値で450nit。非常に明るく感じます

タイプカバーは必須

Surface Pro X Signature キーボード

Surfacfe Pro Xは基本的にはタブレットで、キーボードは付いていません。。ノートPCのように利用するなら、キーボードを用意したほうがいいでしょう。

Bluetooth接続のキーボードも利用できますが、おそらくほとんどの人が純正の「スリム ペン付きSurface Pro X Signatureキーボード」を購入するはずです。カバーとしても使える上に、サイズもピッタリ。手書き入力用のスリムペンも付いている上に、カバーのなかにペンを収納することもできます。

Surface Pro X タイプカバー

スリム ペン付き Surface Pro X Signature キーボード

Surface Pro X タイプカバー

使わないときはカバーとして利用できます

Surface Pro X 重さ

重さはキーボードとペンを合わせても実測1.067kg。非常に軽量です

Surface Pro X バックライト

キーボードはバックライトに対応

Surface Pro X ペンの収納

キーボード上部にペンを収納可能

Surface Pro X ペンの充電

ペンを収納ベースに置くと自動的に充電が行なわれます

Surface Pro X タイプカバー

ペンの収納部分を本体側にくっつけることで、キーボード全体を傾けられます

Surface Pro X ペンの収納

キーボードを傾けると、ペンの収納ベースを隠せます

Surface Pro X タイプカバー比較

キー配列はSurface Pro用のタイプカバーと同じですが、接続端子が異なるためほかの機種では利用できません

浅いながらもハッキリとしたタイプ感

Surface Pro X タイプ感

キーピッチは実測で19mm。一部やや狭いキーもありますが、基本的には十分な広さです。キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.29mmでやや浅めでしたが、入力時にカクッとした手応えが感じられます。打ち切るようにタイプする人には物足りないかもしれませんが、軽いタッチで入力する人なら違和感なく使えるでしょう。

タイプ音はカタカタと聞こえますが、うるさく感じるほどではありません。しかしキーボードを傾けると接地面とのあいだにスキマが生じるため、タイプ音が反響してやや大きく聞こえます。また入力時にキーボード全体が若干たわんでいるようにも感じました。打ち下ろすようにしてタイプすると音がかなり響くので、軽いタッチを意識して使ってください。

Surface Pro X タイプ音

タイプ音は控えめですが、キーボードを傾けるとけっこう響きます

ペンの書き味はなめらか

Surface Pro X 書き味

ペンの描画はとてもなめらかです。動作の軽い「ホワイトボード」アプリでも処理の重い「Photoshop」でも描画の遅延はわずかにあるものの、特に気になるほどではありませんでした。

ペンは、4096段階の筆圧感知と傾き検知に対応しています。ほかのSurfaceシリーズでも利用可能ですが、古い機種だと筆圧感知が1024段階までだったり傾き検知に対応していない場合があるので注意してください。

Surfaceスリムペン

Surfaceスリムペン

Surfaceスリムペン 互換性

Surfaceスリムペンの対応機器 ※クリックで拡大

Surfaceスリムペン ペン尻

ペン尻は消しゴムとして使えるほか、ボタンを押すとアプリ (標準では「ホワイトボード」)が起動します

Surface Dial

Surfaceダイアルを利用できますが、Surface Bookのようなリングメニューには対応していませんでした (アプリケーションによって異なる場合があります)

インターフェースは最低限

Surface Pro X インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)はUSB 3.2 Gen2 Type-C×2とSurface Connectのみです。映像出力やメモリーカードスロット、ヘッドホン端子などは用意されていないので注意してください。基本的に周辺機器はワイヤレスで使うことを前提とされているので、必要に応じてアダプターやドックなどを用意するといいでしょう。

Surface Dock

Surface DockがあればフルサイズのUSB端子や有線LANを利用可能。サードパーティ製のType-Cドックなどを利用するのもアリ

Type-Cは映像出力と充電に対応

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力

USB Type-C端子は2ポート用意されており、どちらも映像出力とUSB PDによる充電に対応しています。ワット数の低い充電器でも充電は可能でした。ただしType-Cによる充電には公式には対応していない可能性があります。自己責任の上でご利用ください。

Surface Pro X Type-C

Type-Cによる映像出力が可能。モバイルディスプレイへの給電と映像出力を同時に行なったり、据え置きディスプレイからの充電と映像出力が可能です

eSIMとSIMカードによるLTE通信に対応

Surface Pro X LTE

Surface Pro XはSIMフリーのLTE通信を利用可能です。ナノSIMカードを使った従来の方法と、内蔵のeSIMを使った接続の2種類に対応しています。

Surface Pro X eSIM

内蔵のeSIM機能を使えば、SIMカードを抜き差しする必要がないので便利

SIMカード / eSIMによるLTEの利用については、後日詳しくまとめる予定です。

Surface Pro X SSD

ちなみにSIMカードスロットと同じ場所に、取り外し可能なモジュール型のSSDがセットされています。ストレージを交換できるかについてはいまのところ不明です

スピーカーは高音質

Surface Pro X スピーカー

スピーカーは前面部の左右に配置されています。音をさえぎるものがないので、サウンドは驚くほどクリアーでした。またサラウンド感も上々です。厚みはやや物足りなさを感じるものの解像感は高く、音楽鑑賞にも向いています。ただ、なぜか低音域のドラムセットが電子音っぽく聞こえることがあったのですが原因は不明です。

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成やユーザーの環境、タイミング、個体差などさまざまな要因で大きく変わることがあります。

動かないソフトがある

Surface Pro XではWindows PCでよく使われるインテルのCoreプロセッサーではなく、主にスマホやタブレットで使われるARM系プロセッサーをベースにした「Microsoft SQ1」が使われています。そのため、基本的にはARM系プロセッサー向けに作られた64ビットアプリケーション (ARM64)を利用します

しかしWindows 10ではARM系プロセッサー上でWindows向けの32ビットアプリケーション (x86)を動作させることが可能です。そのため32ビットアプリケーションであればSurface Pro Xで利用できますが、64ビットアプリケーション (x64)は利用できません。

Surface Pro X x64 利用できない

x64アプリを実行しようとしたときに表示されるメッセージ

Surface Pro X x64 利用できない

アプリによってはこのように表示されることも

昔のソフトや軽いソフトであればx86ベースで作られていることもあるので、Surface Pro Xで利用できる可能性はあります。しかし最近のソフトや高度なソフトはx64ベースであることが多く、Surface Pro Xでは利用できません。具体的には動画編集や画像加工、3D制作などのプロクリエイター向けのソフトはムリと考えたほうがいいでしょう。一部のゲームについても、動作しない場合があります。

またx86ベースのアプリケーションが動くとは言え、エミュレーションによって擬似的に動作させているぶんパフォーマンスが低下します。値段はハイエンドモデル並みですが、x86動作時のパフォーマンスはエントリークラスです。将来的にx64アプリケーションも動作する可能性があるそうなのですが、エミュレーションによる動作であればやはりパフォーマンスは期待できません。

Surface Pro X x86アプリ

オフィスやUWPアプリなど、マイクロソフト製アプリは概ね利用できました。アドビ製ソフトで使えるのはPhotoshop 2018程度

Surface Pro X x86

Photoshop 2018 (x86版)でも一応は動きましたが、ちょくちょくエラーが出たりします

ARMベースの64ビットアプリケーションであれば、Surface Pro X本来のパフォーマンスを発揮できます。しかし現在はARM64ベースのアプリケーションが非常に少なく、Surface Pro X本体を存分に活用できる状況ではありません。今後動作の軽いWindows 10Xなどが登場すればアプリの対応状況は変わるかもしれませんが、いまのところ使い道は多くないというのが正直な見解です。

CPU性能はイマイチ

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13685
Core i7-1065G7
11946
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i5-1035G1
9667
Core i5-10210U
9584
Ryzen 5 3500U
8373
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3200U
4609
Surface Pro X (Microsoft SQ1)
4418
Core m3-8100Y
4172
Core i3-7020U
3769
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron N4000
1550

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

当サイトでよく利用する「PassMark PerformanceTest」はx86アプリケーションで、Surface Pro Xで動かすことができました。ただしx86エミュレーションの結果なので、Surface Pro X搭載プロセッサー本来の性能ではありません。

それでもあえてほかのCPUと比べるなら、性能的にはCore i3以下Core m3以上といったところでしょう。CPU性能的にはエントリー機レベルです。ちなみに自分で購入した実機とメーカーからお借りした実機でテストを行ないましたが、どちらもほぼ同じ結果でした。

CPU性能を計測する「Geekbench 5」では、ARM64 (AArch64)で動作しました。エミュレーションなしでの動作なので、こちらのほうが本来のパフォーマンスに近いはずです。当サイトの計測結果が少ないので大ざっぱにしか判断できませんが、Ryzen 5よりもやや劣る程度であればCore i3以上のパフォーマンスは実現できるでしょう。エミューレションなしであればミドルレンジ機レベルと言っていいかと思います。

GPU Geekbench 5 マルチコアスコア
Core i7-1065G7
4799
iPad Pro 12.9 (第4世代)
4668
Surface Pro 7 (Core i5-1035G4)
4460
Core i5-1035G1
4005
Core i7-8565U
3088
Ryzen 5 3500U
3052
Surface Pro X (Microsoft SQ1)
2832
Celeron N4120
1508
Celeron 3867U
859

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ただ同カテゴリのiPad Pro 12.9インチモデルやSurface Pro 7に比べると、CPU性能は大きく劣ります。値段はハイエンドなのに性能はミドルレンジなのは、スペック重視派の筆者にとって納得したくないというのが本音です。

PCIe 3.0 x4接続の高速SSDを搭載

Surface Pro X ストレージ

ストレージにはPCIe 3.0 x4接続の高速SSDが使われています。128GBモデル (上記画像右)と256GBモデル (同左)でアクセス速度を計測したところ、思ったほど速度は伸びませんでした。PCIe 3.0 x2程度の結果です。それでもHDDやeMMCに比べると十分高速ではあります。

ウィンドウズの起動は33秒程度

ウィンドウズの起動時間を計測したところ、平均32.9秒でした。最近はSSD搭載ノートPCで15秒前後が平均 (筆者調べ)です。ARM系プロセッサー搭載などの理由もあるのでしょうが、起動時間の計測結果は値段に見合うものではありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 31.5秒
2回目 33.2秒
3回目 32.9秒
4回目 33.4秒
5回目 33.5秒
平均 32.9秒

動画再生で14時間以上駆動

バッテリー駆動時間は、公称値で最大13時間とされています。実際の駆動時間を計測したところ、バッテリー消費がやや大きい状態での動画再生では14時間42分でした。実利用での駆動時間はどれほどかはわかりませんが、動画再生時の結果を見る限りでは優秀なバッテリー性能だと判断できます。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大13時間
Modern Office (ビジネス作業) ※計測できず
Video (動画視聴) 14時間42分
フル充電までにかかった時間 1時間45分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストはドラクエ10ベンチのみ利用できました。もしかするとほかに動作するゲームがあるかもしれませんが、いつも試しているなかで動いたのはこれだけです。

結果は解像度を落とした状態で「普通」の評価ですが、快適にプレーするにはパワー不足です。x86エミュレーションでの結果なので仕方がないのですが、Core i3の内蔵グラフィックスよりも低い結果でした。

※テストはすべて1280×720ドットで実施

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 3039 / 普通
標準品質 3170 / 普通
低品質 3451 / 普通

オフィスとウィンドウズだけなら快適

Surface Pro X 感想

よかった点

本体の完成度の高さはさすがといったところ。個人的には従来のSurface Proのようなエッジの立ったソリッドなデザインのほうが好みですが、スリムさ重視でエッジが丸みを帯びたデザインのほうが好きという人も多いでしょう。

映像の美しさやサウンドのクオリティーも上々で、ペンやキーボードの使い勝手も問題ありません。ペンを収納するギミックのようなガジェット好きを刺激する仕掛けもバッチリはまっています。LTE対応でeSIMを利用できる先進性もマル。「ガワだけ」なら最上クラスのできばえです。

気になる点

本体とキーボード一式に最低でも17万円は支払うのに、オフィスくらいしか使い道がありません。UWPアプリやx86アプリを探せばいろいろできるのでしょうけれども、それって高級機の使い方ではないですよね? 正直なところ、アプリケーションの互換性とパフォーマンスには不満しかありません。ぶっちゃけタブレットが欲しいのであればiPad Proでいいですし、ノートPCが欲しいならSurface Pro 7を買うべきだと思います。メーカーから実機を借りたにも関わらずこんなことを言うのもなんですが、自分でも購入しているのでせめて言わせてください。

最後にフォローするわけではないですけど、ガワの完成度と先進性 / ギミック感は素晴らしいと思います。オフィス中心のビジネス利用なら便利に使えるでしょう。LTE対応でバッテリー駆動時間も長いので、モバイル利用にはピッタリです。

ただPC好きな人があれこれ使い回す機種ではありません。

Surface Pro X

Surface Pro X

税込14万2780円~

※2020年5月10日時点

マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ&各モデルの比較
Surface(サーフェス)シリーズは、マイクロソフトが発売しているノートPC/デスクトップPCのブランドです。本体デザインや機能が……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました