レノボLegion T550レビュー:2022年9月に激安販売中の高性能ゲーミングPC

レノボLegion T550レビュー
レノボのLegion T550は、Zen3世代のRyzen5000シリーズを搭載するゲーミングPCです。2022年9月中旬時点ではかなりお買い得な価格(公式サイト)でありながら、パフォーマンスも冷却性能もしっかりとしています。2022年秋には新CPU / GPUが登場する予定ですが、ゲーミングPCを安く入手したい人におすすめです。

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 5 5600G / Ryzen 7 5700G / Ryzen 7 5800G / Ryzen 9 5900X
チップセット AMD B550
グラフィックス GTX 1650 SPUER / RTX 3060 / 3060 Ti / 3070 / RX 6800 XT
メモリー 16GB(8GB×2) / 32GB(16GB×2) ※DDR4-3200、最大128GB、スロット×4
ストレージ SSD + HDD
拡張スロット PCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、M.2×3
ドライブベイ 3.5インチ×2
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth5.1、有線LAN
サイズ / 重量 幅205×奥行き411×高さ396mm / 約14kg
電源 650W / 850W

本体デザイン

本体の外観

Legion T550

Legion T550はデスクトップPCのなかでも、”ミニタワー型”に分類されます。分類的には一般サイズですが、ゲーミングPCであるためやや大きめです

Legion T550 サイズ感

Legion T550のサイズ感 ※ディスプレイは24.5インチ

Legion T550 前面と背面

前面と背面。幅は205mmで、高さは396mm

Legion T550 側面

左右側面。奥行きは411mm

Legion T550 パネル

左側面には強化ガラスによるパネル

Legion T550 天面

天面は通気性の高いメッシュパネル

Legion T550 フロント

フロント部分にもメッシュパネルが使われています。各部にスリットが配置されており、エアフローに配慮した作りです

Legion T550 底面

底面部の通気口にはダストフィルターが付いていました

LEDイルミネーション

Legion T550 LED

LEDはフロントのエンブレムと空冷ファン、CPUクーラー、背面ファン、内部のLEDバーに仕込まれています

Legion T550 LED

フロントのエンブレムと空冷ファン×2

Legion T550 LED

CPUクーラーと背面ファン、および内側上部のLEDバー

Legion T550 LED

ライティングボードは右側面のカバーを外すと出てきます

インターフェースについて

Legion T550 インターフェース

天面手前側にUSB端子×2とヘッドホン/マイク端子、電源ボタン

Legion T550 インターフェース

背面のI/Oパネルはシンプルな構成。USB端子は上部がUSB3.0で下部がUSB2.0。Type-CはUSB3.1。映像出力はグラボの種類によって異なります

分解方法とパーツ交換について

右側面(裏配線)

Legion T550 右側面

右側面のパネルを外した状態

Legion T550 本体内部

ここはCPUの裏側。その下には2.5インチ用のドライブベイ

Legion T550 電源

電源は650Wまたは850W。試用機では650W 80PLUS GOLDが使われていました

Legion T550 ドライブベイ

3.5インチドライブベイはふたつ。ドライバーなしでも取り付けられます

左側面

Legion T550 本体内部

左側面のパネルを外した状態

Legion T550 グラボ

今回はケーブル類が結束バンドでグラボに固定されていたため、グラボの取り外しは断念しました。これはグラボのサポートステイ代わりなのでしょうか……

Legion T550 マザーボード

マザーボード全体。レノボ製ですが、パッと見た感じでは一般的なマザーボードと同じ規格で作られているように見えます

Legion T550 CPUクーラー

CPUクーラーは空冷式

Legion T550 SSD

M.2スロットはこの部分。かなり取り付けずらそうの箇所にあります

Legion T550 スロット

拡張スロットはx16×1、x4×1、x1×1の構成ですが、グラボや拡張ボードの構成によっては複数のスロットを使うのは厳しいかもしれません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5700G
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス RTX 3070(8GB)

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Lenovo Vantage」の「サーマル・モード」を「パフォーマンス・モード」に設定して実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしてはAMDのZen 3世代Ryzen 5000シリーズが使われています。試用機で使われていたのはRyzen 7 5700Gで、ゲーミングPC向けとしてはそこそこ優秀です。ただしシングルコア性能については、第12世代Coreプロセッサのほうが勝ります。

Ryzen 7 5800については、Ryzen 7 5700Gよりわずかに上程度と考えていいでしょう。ゲームをプレーするには十分な性能で、中上級者に向いています。

CPUの性能(マルチコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i9-12900K
25869
Core i7-12700K
20452
Core i7-12700KF
20276
Core i7-12700
15938
Legion T550(Ryzen 7 5700G)
14319
Core i7-11700K
13568
Ryzen 7 PRO 5750G
13134
Core i9-11900KF
12917
Core i5-12400F
12381
Ryzen 7 PRO 5750GE
11278
Ryzen 5 5600G
10414
Core i5-11400
7831

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能(シングルコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i7-12700K
1931
Core i7-12700
1893
Core i9-12900K
1850
Core i7-12700KF
1786
Core i5-12400F
1710
Core i9-11900KF
1598
Core i7-11700K
1572
Ryzen 7 PRO 5750GE
1499
Legion T550(Ryzen 7 5700G)
1497
Ryzen 7 PRO 5750G
1488
Ryzen 5 5600G
1431
Core i5-11400
1404

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、GeForce GTX / RTXシリーズまたはRadeon RXシリーズが使われています。テストに使った試用機はRTX 3070搭載のミドルハイクラスです。RTX 3060 TiについてはRTX 3070とRTX 3060の中間くらい、RX 6800 XTについてはRTX 3090に迫るレベルと考えてください。

ベンチマークスコアを見る限りでは、RTX 3070としては妥当な結果が出ています。特にパフォーマンスが抑えられているような症状は見受けられません。ただ自作やBTOなどで冷却性能を高めた機種よりは、スコアが多少劣るかもしれません。とは言え、組み立て済みモデルとしては一般的な範囲だと思います。

GPU性能(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア(DX12,WQHD)
RTX 3090
18521
RTX 3080
16540
Legion T550(RTX3070)
13252
RTX 3070
13072
RTX 3060
8870
GTX 1660
5303
GTX 1650
3383

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPU性能(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア(DX11,FHD)
RTX 3090
44130
RTX 3080
39977
Legion T550(RTX3070)
32718
RTX 3070
32448
RTX 3060
22471
GTX 1660
13004
GTX 1650
9005

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPU性能(レイトレーシング性能)

GPU 3DMark Port Royalスコア
RTX 3090
12485
RTX 3080
10813
Legion T550(RTX3070)
8141
RTX 3070
8109
RTX 3060
5265
GTX 1660
1405

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム性能

Ryzen 7 + RTX 3070搭載の試用機でゲーム系ベンチマークを試したところ、重いゲームでもWQHDまでなら快適に遊べる(平均60 FPS超え)と判断できる結果でした。レイトレーシングについてはフルHDが限界、FPSなら人気タイトルで165~240Hz、競技系なら240Hz以上の狙えるパフォーマンスです。RTX 3070であれば、ガッツリ遊びたい人も満足できるでしょう。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

解像度 スコア / 平均FPS
フルHD 19998 / 149.9
WQHD 16740 / 120.5
4K 10804 / 73.6

※画質は「最高品質」

ファークライ6(そこそこ重い / DX12)

ファークライ6

レイトレ無効

解像度 平均FPS / 最小FPS
フルHD 90 / 66
WQHD 87 / 70
4K 56 / 48

※画質は「最高」

レイトレ有効

解像度 平均FPS / 最小FPS
フルHD 74 / 62
WQHD 70 / 59
4K 15 / 13

※画質は「最高」

サイバーパンク2077 (激重 / DX12)

サイバーパンク2077

レイトレ無効(ウルトラ)

解像度 平均FPS / 最低FPS
フルHD 112.7 / 45.4
WQHD 88.5 / 40.3
4K 45.1 / 37.26

レイトレ有効(レイトレーシング:ウルトラ)

解像度 平均FPS / 最低FPS
フルHD 70.9 / 37.9
WQHD 88.5 / 40.3
4K 45.1 / 37.26

アサシン クリード ヴァルハラ (激重)

アサシン クリード ヴァルハラ

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 102 / 68
WQHD 86 / 62
4K 59 / 42

※画質は「最高」

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 207.6 / 138.2
4K 157.5 / 108.7
4K 98.5 / 76.3

※画質は最高設定。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

レインボーシックス シージ(軽い) ※DirectX

レインボーシックス シージ

解像度 平均FPS / 最低FPS
フルHD 325 / 225
WQHD 287 / 220
4K 194 / 168

※画質は最高設定。ゲーム内ベンチマークの結果

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

解像度 平均FPS
フルHD 463
WQHD 378.9
4K 278.8

※ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用、画質は最高設定

ヴァロラント 屋外射撃場(軽い)

ヴァロラント

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 258 / 120.9
WQHD 285.3 / 120.9
4K 233 / 118.5

※画質は最高設定、屋外射撃場で武器を使用しながら走り回った結果。実際のプレーではこの結果よりもFPSが10%程度低下します

発熱について

CPU温度

ベンチマーク時におけるCPUの温度や消費電力を計測したところ、テスト開始から3分でクロックと消費電力の低下が見られました。しかしクロックの下げ幅はわずかで、パフォーマンスに大きな影響はないと思われます。

CPU温度については、平均で74度です。テストの序盤では78度まで上昇しましたが、パーツに悪影響を与えるほどではありません。CPUについては十分な冷却性能を備えていると考えていいでしょう。

Legion T550 CPU温度

CINEBENCH R23を10分間実行し続けた際のCPU/GPUの状態

GPU温度

GPUに高い負荷がかかるストレステストを行なったところ、GPU全体の温度を表わすGPU温度では最終的に78度あたりを推移していました。GPUの部分的な最大温度であるGPUホットスポット温度は90度前後です。なんとか許容範囲内とも言えなくもないのですが、熱による劣化を少しでも防ぎたいならなんらかの熱対策を行なったほうがいいでしょう。「MSI Afterburner」などのソフトで、GPUのクロックやファン速度を調整するのがおすすめです。

Legion T550 GPU温度

3DMark Time Spyのストレステストを10分間実行し続けた際のGPUの温度とクロック

いまなら大特価販売中!

2022年9月中旬時点で、Legion T550のRyzen 7 5800 + RTX3060 / 3070シリーズがレノボ公式サイトにて激安価格で販売されています。同構成のBTO / 組み立て済みモデルの一般相場から6~8万円は安く、非常にお買い得です。

おすすめモデル(公式サイト)

スペック 価格
Ryzen 7 5800 / 16GB / RTX 3060 13万9700円
Ryzen 7 5800 / 16GB / RTX 3070 16万9400円

※2022年9月16日時点

自作向けパーツに比べて自由度は抑えられていますが、パフォーマンスや冷却性能には目立った欠点は見受けられません。2022年秋には新しいCPUやGPUが登場する予定ですが、最新パーツにこだわりがないなら非常にお買い得です。コスパの高いゲーミングPCとしておすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングPC関連記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!