ThinkBook 15 レビュー:堅牢性とコスパに優れる15インチビジネスノートPC

ThinkBook 15 レビュー

レノボのThinkBook 15は、15.6インチディスプレイ搭載のスタンダードなノートPCです。軽量コンパクトながら、MILスタンダードクリアーの高い堅牢性がポイント。柔軟なパーツカスタマイズにも対応しています。
ThinkBook 15

ポイント

  • MIL規格準拠の高い堅牢性
  • SSD+HDDのデュアル構成対応
  • 約9秒の高速起動

ThinkBook 15のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-1005G1
・Core i5-1035G1
・Core i7-1065G7
メモリー ・4GB
・8GB
SSD ・なし
・128GB
・256GB
・512GB
・1TB
HDD ・なし
・500GB
・1TB
・2TB
グラフィックス ・UHD (Core i3 / i5)
・Iris Plus (Core i7)
LTE 非対応
幅×奥行き 365×245mm
厚さ 18.9mm
重量 1.84kg~
バッテリー 最大 約11.3時間

※2020年4月27日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ミネラルグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ・TN
・IPS
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり (4列)
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac/
Bluetooth 5.0
USB3.1 2 (Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 2 (USB3.1 Gen1×1、Gen2×1)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー 標準搭載
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

ThinkBook 15

ThinkBook 15

税込4万8675円~

※2020年4月27日時点

レノボのおすすめノートPC【2020年】:業界最安クラスのお買い得ノートPCを一挙紹介!
抜群のコスパで人気の高いレノボ製ノートPCのおすすめ機種を紹介します。 レノボのノートPCの魅力は、なんといっても価格……

デザインと使いやすさ

スタイリッシュな外観

ThinkBook 15 外観

ThinkBook 15の本体カラーはミネラルグレー。やや暗いシルバー風のメタリックな色合いで、安っぽさは感じられません。天板はアルミニウム製で、パームレストと底面部には樹脂 (プラスチック)素材が使われています。

ThinkBook 15 天板

本体カラーのミネラルグレーは、ダークシルバー風。天板には質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

ThinkBook 15 ロゴ

角のロゴはやや目立ち気味

ThinkBook 15 パームレスト

パームレスト (キーボード面)は樹脂製で、つるつるとした手触り

ThinkBook 15 ディスプレイ角度

ディスプレイは180度近くまで開きます

ThinkBook 15 ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右9.3mm、上部15mm、下部20.5mm。それほど細くはありませんが、画面周りはスッキリとしています

ThinkBook 15 底面

底面部は濃いグレーで、いかにも樹脂的な質感

頑丈なボディ

ThinkBook 15 頑丈なボディ

日本の公式サイトには明記されていませんが、海外の公式スペックによると「MIL-STD-810G (MILスタンダード)」と呼ばれる米国国防総省の耐久テストクリアーしているとのこと。さらにキーボードは耐水仕様 (spill-resistant)。頑丈で壊れにくいのは大きな魅力です。

15インチとしてはコンパクト

ThinkBook 15 サイズ

接地面積は幅365×奥行き245mm。B4サイズ (幅364×奥行き257)よりもひと回り小さいと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。15インチタイプとしてはコンパクトです。高さは公称値で18.9mmですがゴム足が高く、底面部が持ち上がっているので厚みを感じます。

ThinkBook 15 大きさ

B4サイズ (オレンジの部分)よりもひと回り小さめ

ThinkBook 15 高さ

厚さは実測で19.5mm、ゴム足を含めると23.8mm。ゴム足が高いので、設置時はそこそこの厚みを感じます

ThinkBook 15 前面

前面からの見た目はスリム

ThinkBook 15 背面

背面。本体部分そのものは薄いのですが、底面部のゴム足の影響で厚みがあるように見えます

ThinkBook 15 重さ

重量は実測で1.845kg。15インチとしては軽め

スタンダードな15インチのフルHD

ThinkBook 15 画面サイズ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ノートPCとしてはもっとも標準的な仕様です。デスクトップの文字の大きさは2~2.7mm程度 (スケーリング125%)。新聞 (3.3~3.7mm)よりも若干小さいのですが、読みづらさは感じませんでした。

見やすいIPSパネルがおすすめ

ThinkBook 15 映像品質

ディスプレイには、TNパネルとIPSパネルの2種類が用意されています (“IPS”と明記されていない場合はTNパネル)。TNパネルのほうが価格は安いものの、色がやや青みがかっている上に映像がぼんやり気味です。自然な発色で色にメリハリがあるIPSパネルをおすすめします。

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種

IPSパネルが使われた試用機では、写真や動画が自然な色合いで映し出されました。ただ映像が若干暗い上にコントラストが低く、鮮やかさについてはいまひとつです。と言っても普段の利用には気にならないレベルと言っていいでしょう。

ThinkBook 15 明るさ

やや暗い上にコントラストが低いので、それほど鮮やかには感じません

ThinkBook 15 明るさ

文書作成には問題なく利用できます

目に優しいノングレア

ThinkBook 15 ノングレア

ディスプレイの表面は非光沢のノングレアタイプです。光沢ありのグレアタイプに比べて、映り込みが抑えられています。画面への映り込みは集中力の低下や眼精疲労の原因と言われており、その点においては目に優しい仕様です。

ややクセのあるキーボード

ThinkBook 15 キーボード

キーボードはテンキーありの日本語配列です。英数字キーのキーピッチ (キーとキーの間隔)は実測で19mmと十分な広さでしたが、Enterキー周りでかなり小さいキーが存在します。プログラミングなどで記号キーをよく使う人だと使いづらいかもしれません。

ThinkBook 15 配列

Enterキー周りの配列。特に「¥」キーが小さすぎて押しづらく感じました

バックライト対応

ThinkBook 15 バックライト

キーボードはバックライト対応です。Fnキー + スペースキーで明るさを2段階に調整できます。

浅いながらもハッキリとしたタイプ感

ThinkBook 15 タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.3mmでした。一般的なノートPCの標準値 (1.5mm)よりもやや浅く作られています。押した瞬間にカクッとした固めのクリック感はあるものの、全体的なタイプ感はかなり軽め。キーの深く押し込むようにして打つ人には物足りないかもしれませんが、軽いタッチで入力する人なら違和感はないでしょう。

やや固めのクリック感があるぶんタイプ音も静かというわけではなく、カタカタと聞こえます。と言ってもうるさく感じるほどではありません。とは言えEnterキーは強めに叩くと「チャキッ」と音がするので、軽めのタッチで入力することをおすすめします。

ThinkBook 15 タイプ音

タイプ音は基本的には控えめですが、強く叩くとタンタンと響きます

インターフェースは十分な構成

ThinkBook 15 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は十分な構成です。光学ドライブやVGA (D-sub15ピン)には非対応ですが、最近は使う機会が少ないので特に困る場面も少ないでしょう。USB端子は全部で5ポートで、そのうち2ポートはType-Cです。これだけあれば据え置き利用では十分なはずです。

Type-Cは映像出力と充電に対応

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 △ ※低速充電
USB PD 45W充電 △ ※低速充電
USB PD 65W充電
映像出力

USB Type-C端子は2ポート用意されていますが、そのうちの1ポート (右側)のみ映像出力とUSB PDによる充電に対応しています。ワット数が低い充電器やモバイルバッテリーでは充電に時間がかかることがあるので、高いワット数の製品が必要です。

指紋センサー標準搭載

ThinkBook 15 指紋センサー

キーボード右上の電源ボタンには指紋センサーが内蔵されています。あらかじめ指紋を登録しておけば、センサーに触れるだけでサインインできるので便利です。

液晶ディスプレイ上部のWebカメラはシャッター付きで、カメラ経由ののぞき見を防ぐことができます。なお顔認証には対応していません。

ThinkBook 15 Webカメラ

のぞき見を防ぐシャッター付きのWebカメラ

スピーカーはビデオチャット向き

ThinkBook 15 スピーカー

スピーカーは底面配置です。音の出る部分が接地面でふさがれているため、音はややこもった印象を受けました。全体的に音の厚みに欠けますが、中音域は比較的クリアーに聞こえます。音楽鑑賞には向きませんが、ビデオチャットや動画視聴、音声通話などには問題なく使えるでしょう。

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 20RW000BJP
CPU Core i5-10210U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD Graphics (CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やユーザーの環境、タイミング、個体差などさまざまな要因で大きく変わることがあります。

高性能な第10世代Core iプロセッサを搭載

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13685
Core i7-1065G7
11946
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i7-8565U
9814
Core i5-1035G1
9667
Core i5-10210U
9584
ThinkBook 15 (Core i5-10210U)
8562
Ryzen 5 3500U
8373
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3200U
4609
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron N4000
1550

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ThinkBook 15ではCPUとして、第10世代 (Ice Lake)世代のCore i3-1005G1 / Core i5-1035G1 / Core i7-1065G7が使われています。試用機では同じ第10世代でもComet LakeのCore i5-10210Uが使われていましたが、これは2019年秋ごろまで短期間発売されていたモデルであるため。性能は若干変わるものの、使い勝手そのものはほぼ同じです。

CPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、同じCPUの平均値をわずかに下回る結果が出ました。もしかすると、ほかのCPUでも同様の結果となるかもしれません。ただCore i5-1035G1やCore i7-1065G7であれば、十分快適に利用できるはずです。Core i3-1005G1については詳細は不明ですが、同じ第10世代Core i3-10110Uの結果を見る限りでは軽めの作業なら問題ないと思われます。

Core i7なら内蔵グラフィックスは高性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
GTX 1050
5912
MX250
3400
Iris Plus(Core i7)
2846
UHD (Ice Lake Core i5)
1396
UHD (Comet Lake Core i7)
1335
UHD (Comet Lake Core i5)
1273
ThinkBook 15 (UHD Core i5)
1051
UHD (Comet Lake Core i3)
860

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ThinkBook 15のCore i3 / i5モデルでは、グラフィックス機能としてCPU内蔵のUHD graphicsが使われます。性能はいまひとつで、ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は見込めません。

しかしCore i7モデルでは同じCPU内蔵グラフィックス機能でもワンランク上のIris Plusが使われており、高いパフォーマンスを期待できます。外付けGPUほど高性能ではありませんが、ゲームやクリエイター向けソフトで多少の効果を感じられるでしょう。

普段使いやビジネスには快適

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
82436
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
6315
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
3153

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、一般利用とビジネス利用では快適に使えるとの評価が出ています。Core i5モデルとCore i7モデルであれば、普段使いには問題なく利用できるでしょう。Core i3モデルでも、おそらくなんとかクリアーできると思われます。

ただしコンテンツ制作のテストでは、目標値に届きませんでした。Core i7モデルであれば多少は改善されると思われますが、本格的な作業には向いていません。あくまでもちょっとした写真加工や動画編集であればなんとかなるレベルです。

超高速SSDを搭載

ThinkBook 15 ストレージ

試用機で使われていた256GB SSDはPCIe 3.0 x4の超高速タイプでした。ファイルアクセスはもちろんウィンドウズやアプリの起動も速く、快適に利用できます。ただしモデルによっては、異なるSSDが使われているかもしれません。

ストレージの基本構成はSSDのみ、またはSSD + HDDです。SSDのみのモデルでも、購入時のパーツカスタマイズでHDDを追加できます。動画や写真などの容量の大きいファイルを扱うとストレージの空き容量がスグに減るので、SSD容量のアップグレードやHDDの追加をおすすめします。

ウィンドウズの起動は9秒程度

ウィンドウズの起動時間を計測したところ、平均8.94秒でした。10万円を超える高級機でも15秒前後のことが多いので (筆者調べ)、かなり優秀な結果です。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 9.3秒
2回目 8.9秒
3回目 8.8秒
4回目 8.9秒
5回目 8.8秒
平均 8.94秒

実駆動時間は10~11時間程度

バッテリー駆動時間は、公称値で約11.3時間とされています。当サイトの駆動時間計測テストでは、10~11時間程度でした。これはバッテリー消費の大きい高パフォーマンス状態での結果ですので、実駆動時間にかなり近いはずです。ThinkBook 15は本来据え置き用ですが、バッテリー性能はモバイルノートPCにも匹敵します。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約11.3時間
Modern Office (ビジネス作業) 10時間25分
Video (動画視聴) 11時間23分
フル充電までにかかった時間 2時間23分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

ThinkBook 15には複数のモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の5機種です。あとはそれぞれにWindows 10 Pro搭載モデルやオフィス付きモデルなどが用意されています。

主なラインナップ

CPU メモリー ストレージ 税込価格
Core i3-1005G1 4GB 500GB HDD 4万8675円
※カスタマイズ対応
Core i3-1005G1 8GB 256GB SSD 5万5990円
Core i5-1035G1 8GB 500GB HDD 5万8806円
Core i5-1035G1 8GB 256GB SSD 6万8200円
Core i7-1065G7 8GB 256GB SSD + 1TB HDD 9万8340円
※カスタマイズ対応

手堅いビジネス向けPC

ThinkBook 15 感想

よかった点

15インチタイプしては軽量コンパクトでスタイリッシュな外観であるにも関わらず、MILスタンダードをクリアーする高い堅牢性が魅力です。またパーツカスタマイズ対応で、とことん高性能なモデルに仕上げられる点もポイント。値段は比較的リーズナブルですが、中身は高級ビジネス向けモデルのThinkPad相当だと言っていいでしょう。手堅いビジネス向けPCとしておすすめします。

気になる点

標準時のメモリー容量が最大8GBで、16GB以上のモデルが用意されていない点が残念です。自分で増設はできますが、できれば16GBメモリー搭載モデルがあればよかったと思います。あとは天板のロゴの大きさと、一部キーの小ささが気になりました。

ThinkBook 15

ThinkBook 15

税込4万8675円~

※2020年4月27日時点

レノボのおすすめノートPC【2020年】:業界最安クラスのお買い得ノートPCを一挙紹介!
抜群のコスパで人気の高いレノボ製ノートPCのおすすめ機種を紹介します。 レノボのノートPCの魅力は、なんといっても価格……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました