アフィリエイト広告

ThinkCentre M90t Tower Gen 3(第12世代 インテル)レビュー:柔軟なカスタマイズに対応するビジネスグレードの高性能PC

ThinkCentre M90t Tower Gen 3(第12世代 インテル)レビュー
レノボのThinkCentre M90t Tower Gen 3は、インテル第12世代Coreプロセッサを搭載するタワー型のデスクトップPCです。特徴は、豊富なカスタマイズオプションに対応している点。CPUはCore i5からCore i9まで、グラフィックス機能は内蔵タイプ(グラボなし)からミドルハイのRTX 3070 Tiまで用意されています。メモリーは最大128GBまで搭載可能です。

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

ThinkCentre M90t Tower Gen 3の本体内部

 

本体がコンパクトなので、冷却性能はそれほど高くはありません。ゲームのように、高負荷の状態を長時間続けるような使い方には不向きです。しかしクリエイティブワークのように、一時的に最大パフォーマンスを利用するような使い方には向いています。

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

Core i5-12400搭載機で使われていたCPUクーラー

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

スペック

CPU 第12世代Core i5 / Core i7 / Core i9
チップセット Intel Q670
メモリー 8~128GB ※スロット4基、最大128GB、DDR5-4800
ストレージ SSD 最大2TB ※デュアル構成対応 / HDD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス / GTX 1660 / RTX 3060 / RTX 3070 Ti
フォームファクター 独自形式
M.2スロット 3(PCIe 4.0×4 Type-2280×2、PCIe 3.0×4 Type-2280×1、Wi-Fiカード用×1)
光学ドライブ なし / DVD-ROMドライブ / DVDスーパーマルチドライブ
ドライブベイ 光学ドライブ用スリムベイ、2.5/3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16 ×2、PCI Express x1×1
通信 1000BASE-T対応有線LAN ※WI-Fi / Bluetoothはオプション
インターフェース(標準時) USB3.2 Gen2×2(前面)、USB3.2 Gen1 ×6(前面×2+背面×4)、HDMI、DisplayPort、有線LAN、ヘッドホン端子
電源 300W / 500W / 750W
サイズ / 重量 幅170×奥行き297.9×高さ376mm / 約6.5kg
付属品 USBマウス、USBキーボード、電源ケーブルなど ※オプションで変更可能
オフィス ※オプションで追加可能

本体デザイン

外観について

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

ThinkCentre M90t Tower Gen 3の外観。デスクトップPCとしての区分は一般的な”ミニタワー型”ですが、通常のミニタワー型よりもだいぶコンパクトです

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 設置イメージ

設置イメージ ※ディスプレイは23.5インチ

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 前面と背面

前面と背面。本体の幅は17cm

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 側面

左右側面。奥行きは29.79cmで、高さは37.6cm。側面側に通気口はなく、吸気はフロントパネル側からのみです

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 横向き

基本は縦向きの設置ですが、横向きにも特に問題なく使えるでしょう

インターフェースについて

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 前面

前面のインターフェース。オプションで光学ドライブを追加すると、左側に搭載されます

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 背面

背面のインターフェース類。基本はUSB端子と有線LAN、映像出力の構成ですが、注文時のパーツカスタマイズでVGA(D-sub15ピン)やシリアルポートなどを追加できます

分解方法とパーツ交換について

分解とグラボの取り外し

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

パーツ交換やメンテナンスを行なうには、まず左側面のパネルを外します

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 分解

次に前面ベゼル(フロントパネル)を取り外します。光学ドライブを搭載している場合は、先に取り外してください

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 分解

レバーを上げてドライブケージを外します

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 分解

グラボを支えるパーツ(グラフィック・カード・ホルダー)をひねりながら外します。場合によっては、グラボ冷却用のファンが取り付けられているかもしれません

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 分解

横方向に支えるフレームを外します。ただしこの部分は必ずしも取り除く必要はありません

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 分解

グラボ固定用のカバーを開きます

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 グラボ

これでグラボを取り外せます。写真は試用機で使われていたRTX 3060

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 本体内部

これで本体内部にアクセスできるようになりました

各部パーツ類

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 マザーボード

ThinkCentre M90t Tower Gen 3のマザーボード。独自仕様のため、ほかの機種との互換性はありません

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 CPU

Core i5-12400モデルでは、トップフロー型のコンパクトなCPUクーラーが使われていました。Core i5レベルならこれでも問題ないかもしれませんが、Core i7以上のCPUではやや不安があります。もしかすると上位CPUではCPUクーラーがもっと大きいかもしれません

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 拡張スロット

拡張スロットはPCIe 4.0 x16×2とPCIe 3.0 x1 ×1。仕様上はフルハイト対応で、試用機では幅134mmのグラボが使われていました。長さは1基が268.5mm以内で、もう1基が205mm以内とのこと。ただし詰まれていた長さ226mmのグラボで、けっこうギリギリでした

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 メモリースロット

メモリースロットは全部で4基。モジュールの規格はPC5-38400(DDR5-4800)ですが、実機ではクロックがやや低いメモリーが使われている場合があります

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 電源

電源ユニット(PSU)は、一般的なATX電源と同じサイズです。Core i5 + RTX 3060搭載の試用機では500Wの80PLUS PLATINUMタイプ(型番:HK600-11PP)が使われていました。電源容量は搭載するグラフィックス機能によって変わります

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 ドライブベイ

3.5インチドライブベイ

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 ドライブベイ

分解時に取り外したドライブケージにも、3.5インチストレージを設置可能です

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 M.2スロット

M.2スロットは合計3基。Wi-Fiカード用はマザーボード上に設置(写真左上あたり)されていますが、ストレージ用のM.2スロットはマザーボードの端に設置されており、SSDを追加するには専用のブラケットが必要です

 

ThinkCentre M.2 2280 SSDキット

別売りのThinkCentre M.2 2280 SSDキット。おそらくこれを利用できるとは思うのですが、M90tで対応できるかどうかは公表されていません

ThinkCentre M75s / M75tのSSD増設用パーツ「ThinkCentre M.2 2280 SSDキット」を試す
ThinkCenter M75s Small Gen2(以下、M75s Gen2)やThinkCenter M75t Mini-Tower Gen2(以下、M75t Gen2)をSSDなし構成で購入すると、M.2 SSD取り付け用のパーツが...
ThinkCentre M90t Tower Gen 3 スピーカー

前面部分にはスピーカーが配置されています。音質はよくありませんが、Windowsのシステム音などが聞こえるのは便利です

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-12400
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス RTX 3060(12GB)

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては第12世代のCore i5-12400が使われています。最新CPUと比較する性能的にはやや控えめですが、それでもまだまだ十分活用できるレベルの性能です。

CPU性能

CPU 3DMark Time Spy CPU Score
Core i9-13900K
19981
Core i7-13700K
18868
Core i9-12900K
18180
Core i5-13600K
16311
Core i7-12700KF
16098
Ryzen 9 7950X
15453
Core i7-12700F
15085
Ryzen 9 7900X
14853
Ryzen 7 7700X
13520
Ryzen 9 5900X
13090
Core i5-13400
12294
Ryzen 7 5800X
11366
Ryzen 5 7600X
9867
ThinkCentre M90t(Core i5-12400)
15124
Core i5-12400F
9289
Ryzen 5 5600X
8111
Ryzen 5 5600G
7492
Core i3-12100F
6541

※そのほかのスコアは3DMark公式サイトによる平均値

グラフィックス性能

GPUとしては、RTX 3060(12GB)が使われています。3Dベンチマークテストではパフォーマンスが大きく低下している様子も見られず、同GPUとしては標準的な結果です。ゲーミングPCと同程度の性能と考えていいでしょう。フルHD解像度なら、重いゲームでも快適に楽しめます。

 

GPU性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
35782
RTX 4080
27985
RTX 4070 Ti
22670
RTX 3090 Ti
21724
RTX 3090
20531
RTX 3080 Ti
19907
RTX 3080
17658
RTX 3070 Ti
14821
RTX 3070
13680
RTX 3060 Ti
11769
RTX 3060
8744
ThinkCentre M90t(Core i5-12400)
8533
RTX 3050
6202
GTX 1650
3548

※そのほかのスコアはUL Solutionsによる平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

ベンチマークテストの結果は、全体的に非常に優秀です。コンテンツ制作のテストでスコアがあまり伸びませんでしたが、おそらくCPUがCore i5-12400である影響が出ているのでしょう。とは言え、一般的な作業であれば快適に利用できます。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
M90t10683
M75q10256
Neo 50t11430
XPS11660
AW Aurora10840
T770i11134
OMEN45L11414
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
M90t9099
M75q9930
Neo 50t7865
XPS10561
AW Aurora10397
T770i10762
OMEN45L10614
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
M90t10109
M75q5707
Neo 50t6313
XPS10484
AW Aurora13307
T770i15076
OMEN45L15410

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

▶ThinkCentre M75q Gen2 Ryzen 7 PRO 5750GE / 32GB / Radeon
▶ThinkCentre Neo 50t Core i7-12700 / 16GB / UHD 770
▶XPS 8950 Core i7-12700 / 16GB / GTX 1650S
▶Alienware Aurora R13 Core i7-12700KF / 16GB / RTX 3070
Legion T770i Core i7-12700K / 32GB / RTX 3080
OMEN 45L Core i9-12900K / 32GB / RTX 3090

ゲーム性能

RTX 3060はフルHDターゲットのミドルレンジGPUで、今回は解像度をフルHDに限定してテストを行ないました。さまざまな結果を総合的に見て、フルHDであれば重いゲームでも100 fps前後で快適に楽しめるでしょう。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

 

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 94.2 / 67
最低画質 244.5 / 149.6

※解像度はフルHD。実際のプレーではこの結果よりもFPSがわずかに低下します

FF15ベンチ (重い)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 8312 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」、解像度はフルHD

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 19170 / 135.1 FPS

※解像度はフルHD

ワンランク上のパーツカスタマイズとサポートが必要な人に

ThinkCentre M90t Tower Gen 3 

本体内部を確認したところ、エアフローやCPUクーラーに関してやや貧弱な印象を受けました。しかしCore i5-12400であれば発熱も小さいので、特に問題はないでしょう。実際にベンチマーク結果を見ても、熱が原因で性能が低下しているようには見えません。

 

それでもCore i5 + RTX 3060の組み合わせとしては、やや割高な印象です。ゲーミングPCであれば、もう少し安く入手できます。

 

しかしThinkCentre M90t Tower Gen 3は、豊富なパーツカスタマイズに対応している点がポイントです。CPUを7~8種類のなかから選べるほか、シリアルポートやVGA(D-sub15ピン)、PS/2ポートなども追加できます。機材や環境などの理由により、レガシーなポートがどうしても必要な場合もあるでしょう。また法人レベルのサポートが必要なケースにもおすすめです。

 

使い道としては、GPUを使った高度な処理――クリエイティブワークやGPGPUなどに向いています。グラボ搭載ならゲームもプレー可能ですが、排熱性能やメンテナンスしやすさなどの面で、ゲームをするならゲーミングPCのほうがおすすめです。
https://little-beans.net/review/t550/

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
デスクトップパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました