ThinkPad E595 レビュー:安くてもスタイリッシュでキーボードが使いやすい高コスパ15インチノートPC

ThinkPad E595 レビュー

ThinkPad E595は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。価格は最安モデルで5万7629円 (2019年8月時点)と安いにも関わらず、ボディはスリムでスタイリッシュ。キーボードも使いやすく、ビジネスから普段使いまで幅広いシーンで活用できます。

ThinkPad E595

ThinkPad E595

今回はメーカーからお借りしたThinkPad E595の実機を使って、デザインや性能などをレビューします。

ThinkPad E595

ThinkPad E595

税込5万7629円~

※2019年8月9日時点

関連記事

ThinkPad E595のスペック

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれていますが、この記事ではわかりやすさを優先して「CPU」と表記します

画面サイズ 15.6インチ
解像度 ・1366×768
・1920×1080
CPU ・Ryzen 3 3200U
・Ryzen 5 3500U
・Ryzen 7 3700U
メモリー 4~32GB
ストレージ ・HDD
・SSD
・SSD + HDD
グラフィックス ・Radeon Vega 3 (Ryzen 3内蔵)
・Radeon Vega 8 (Ryzen 5内蔵)
・Radeon RX Vega 10 (Ryzen 7内蔵)
幅×奥行き 369×252mm
厚さ 19.95mm
重量 約2.1kg~
バッテリー 最大 約10.8時間

※2019年8月9日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ・TNパネル (1366×768)
・IPS (1920×1080)
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1 2 (Gen1 )
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort ※Type-C
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
オフィス なし ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

シャープでスタイリッシュなデザイン

ThinkPadのEシリーズは、高級志向のThinkPadシリーズのなかでもリーズナブルな価格帯のモデルです。安いからと言って、作りが貧相なわけではありません。MILスタンダードなどの耐久テストは実施されていませんが、手に取ってみると非常に頑丈に作られていることがわかります。

全体のフォルムはエッジの立ったデザインで、とてもスタイリッシュ。15インチタイプでよく見られる野暮ったさは感じません。さらに深みのあるブラックの本体カラーによって、重厚感のある外観に仕上がっています。

ThinkPad E595 外観

ThinkPad E595の外観

ThinkPad E595 天板

本体カラーはブラック。天板の左上にはThinkPadのロゴが配置されており、電源オンの状態では赤い丸の部分が光ります

ThinkPad E595 天板

天板部分には質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

ThinkPad E595

キーボード面もアルミ製

ThinkPad E595 ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右10mmで上部13mm。比較的細めです

ThinkPad E595 底面部

底面部は樹脂製。パーツ交換用のカバーがないため、メモリーやSSDを交換するには底面カバー全体を外す必要があります

ThinkPad E595 サイズ

15インチタイプとしては比較的コンパクトでスリム。標準的なバッグであれば、問題なく収納できるでしょう

色鮮やかなフルHDディスプレイがおすすめ

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1366×768ドットのHDと1920×1080ドットのフルHDの2種類が用意されています (購入時のカスタマイズで選択可能)。

おすすめは断然フルHD。なぜならフルHDの液晶ディスプレイでは発色に優れるIPSが使われており、写真や動画を自然な色合いで楽しめるからです。またフルHDのほうがデスクトップを広く使えるので、作業効率が大きく向上します。値段は若干高いのですが、快適に使いたいならフルHDがおすすめです。

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種によるもの

フルHDとHDの違い

フルHD (拡大率100%)とHDの情報量の違い ※写真は別の機種によるもの

ThinkPad E595 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチ。今回はフルHDのモデルを使用しました

ThinkPad E595 映像品質

フルHDディスプレイは発色に優れるIPSパネルが使われているだけあって、写真や動画が違和感のない色合いで映し出されます

ThinkPad E595 明るさ

画面の明るさは公称値で250nit、計測値で262nit (明るさ最大時)でした。若干暗く感じますが、作業には問題ないレベルです

ThinkPad E595 スケーリング

デスクトップのスケーリング (拡大率)は125%で、文字の大きさは1.5~2.5mm程度。やや小さめですが文字がクッキリと表示されるので、読みづらくは感じませんでした

使いやすいキーボード & トラックポイント

キーボードは数値入力に便利なテンキー付きです。標準は日本語配列ですが、購入時のカスタマイズ画面で英字配列のキーボードを選択できます (追加料金は実質2000円程度)。

ThinkPad E595 キーボード

ThinkPad E595のキーボード。海外の公式スペックでは耐水仕様 (spill-resistant)とされていますが、日本向けの情報ではその点については明記されていません

キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmで、十分なサイズです。Enterキー周辺で一部小さいキーがありますが、違和感はありませんでした。

タイプ感は非常に良く、心地よい使い心地です。キーストロークは平均1.7mmで、標準よりもやや深め。キーを押し込んだ際に底打ち感がなく、スイッチのブレも感じられません。指先の力がダイレクトにキーに伝わるような感覚で、無駄な力が必要ないように思えました。入力時のクリック感は固めで、メカニカルスイッチほどではないものの、カクカクとした確かな手応えです。

ThinkPad E595 配列

Enterキー周辺で一部のキーが小さいものの違和感はなし。タイプ感は上々の仕上がりです

またThinkPadシリーズならではの魅力が、トラックポイントを用意している点です。普通のマウスパッドに比べて手を動かす必要がなく、キーボード使用中でもスグにカーソルを操作できます。

ThinkPad E595 トラックポイント

ThinkPadシリーズの象徴とも言える、キーボード中央のトラックポイント。タッチパッドのボタンが上部にあるのも、キーボードから手を動かさずに使えるようにするための配慮です

タイプ音は軽めのタッチだと「タクタク」という感じで気になりません。強めに叩くとトントンと聞こえますが、うるさくは感じませんでした。基本的には静音性の高いキーボードです。

15インチでも光学ドライブなし

通常の15インチノートPCには光学ドライブが付いていますが、ThinkPad E595には搭載されていません。DVDの再生やファイルのバックアップ、DVDビデオの作成には、別途外付けの光学ドライブが必要です。

USB端子は合計4ポート (うち1ポートはType-C)です。メモリーカードや有線LANも利用可能で、最近のモデルとしては十分な構成と言えるでしょう。

ThinkPad E595 左側面

左側面にはUSB Type-C、HDMI、USB3.1、ヘッドセット端子

ThinkPad E595 右側面

右側面にはmicroSDカードスロット、USB2.0、有線LAN、セキュリティースロット

電源の供給は、Type-C端子から行ないます。USB PD対応のアダプターやモバイルバッテリーを利用できますが、手持ちの機器で試したところ45W以上でないと通常の通電 / 充電状態にはなりませんでした。

ThinkPad E595 Type-C充電

45W以上のモバイルバッテリーであれば、本体への充電が可能です

USB PDからの充電

18W ×
24W ×
30W △ (低速充電)
45W

ちなみに指紋センサーや赤外線カメラを使った生体認証には対応していません。指紋センサーが必要な場合は、同じ15インチのThinkPad E590をおすすめします。

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 パフォーマンス・FHD搭載
OS Windows 10 Home
CPU Ryzen 5 3500U
メモリー 8GB
ストレージ 512GB SSD (PCIe)
グラフィックス Radeon Vega 8 (CPU内蔵)

CPU性能

ThinkPad E595では、AMDのRyzenシリーズが使われています。CPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、試用機のRyzen 5 3500UはインテルのCore i5-8265Uよりも若干劣るもののCore i5相当と言っていい結果となりました。

他サイトのベンチマーク結果を見る限りでは、Ryzen 3も同様にCore i3相当と考えて良さそうです。ただし上位CPUであるはずのRyzen 7についてはベンチマーク結果があまりよくありません。なんらかの原因があるのかもしれませんが、性能と価格のバランスで考えるならRyzen 5を選んだほうが良さそうです。

CPUベンチマーク結果

名称 PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9672
Core i5-8265U
8595
ThinkPad E595 (Ryzen 5 3500U)
8308
Ryzen 7 3700U ※2
8107
Core i7-7500U
5564
Core i3-8145U
5549
Core i5-7200U
4948
Ryzen 3 3200U ※2
4915
Celeron N4000
1554

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2はPassMark CPU Benchmarksのデータを参考にしました

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Ryzen 3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Ryzen 5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成

ストレージ性能

試用機では512GBのSSDが使われていました。接続方式はPCIe 3.0 x4の爆速タイプです。ただしシーケンシャルリードは874.3MB/秒と、爆速タイプとしてはそれほど速くはありません。とは言え、HDDよりも十分高速です。

ThinkPad E595 SSDアクセス速度

512GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

起動時間

試用機でのウィンドウズの起動時間は平均19.22秒でした。平均としてはあまり速くはありませんが (SSD搭載機なら17秒程度)、これは一度起動に時間がかかった結果があるためです。通常は17秒程度と考えていいでしょう。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 17.4秒
2回目 28.2秒
3回目 16.8秒
4回目 16.8秒
5回目 16.9秒
平均 19.22秒

3Dグラフィックス性能

ThinkPad E595ではグラフィックス処理に、CPU内蔵のRyzen Vega / RX Vegaを利用します。3Dベンチマークテストでは、インテル製CPU内蔵のIntel UHD 620 Graphicsよりも優れた結果となりました。Ryzen 5とCore i5で比較するなら、Ryzen 5のほうが34%程度高いスコアが出ています。Ryzen 3やRyzen 7についても、同様に高い結果が出ると考えていいかもしれません。

GPUの性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeスコア
MX250
3261
MX150
3091
MX130
1952
Radeon 530
1605
Radeon 520
1456
ThinkPad E595 (Radeon Vega 8)
1418
UHD 620 (Core i7-8565U)
1162
UHD 620 (Core i5-8265U)
1061

※そのほかのスコアは2019年8月時点での当サイトの平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

CPU内蔵のグラフィックス機能の性能が高いとは言え、3Dゲームを快適に楽しめるほどではありません。ドラクエ10などのごく軽めのゲームを画質や解像度を調整してなんとかというレベルです。高い処理性能を必要とする中量級以上のゲームについては考えないほうが無難です。

FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
フルHD 最高品質 1201(設定変更が必要) ※7.632708 FPS
高品質 1637(設定変更を推奨) ※10.93048 FPS
標準品質 2293(普通) ※15.07754 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 最高品質 4613(普通)
標準品質 6207(快適)
低品質 7198(とても快適)

リーグ・オブ・レジェンド

動作の軽いリーグ・オブ・レジェンド (LoL)でプレー中のFPSを計測したところ、プリセットの最高画質でなんとか、3番めに高画質な「やや高い」で平均60FPS前後となりました。画質を落とせば、ごく軽いゲームでもなんとかなりそうです。

ThinkPad E595 LoL FPS計測結果

リーグ・オブ・レジェンド計測結果 (フルHD)

画質 平均FPS 最低FPS
非常に高い (最高画質) 56 FPS 37 FPS
高い 61 FPS 49 FPS
やや高い 70.23 FPS 59 FPS

チームファイト タクティクス (TFT)

リーグ・オブ・レジェンドの新モードであるチームファイト タクティクスでは、プリセットの上から3つの画質ではちょっと厳しい結果となりました。「中」画質以下に調整すれば、カクつきが気にならないでしょう。

そもそもこのゲームは反射神経や素早い操作はそれほど求められないので、高いFPSが出なくても問題ないとも考えられます。ただドラフト (ピック)の際にカクついてしまい、目的のチャンピオンとは別のものをゲットしまうことがありました。画質はプレーに影響しないので、できれば解像度を落としたほうがいいかもしれません。

ThinkPad E595 TFT FPS計測結果

チームファイト タクティクス計測結果 (フルHD)

画質 平均FPS 最低FPS
非常に高い (最高画質) 43 FPS 33 FPS
高い 44.66 FPS 36 FPS
やや高い 49.38 FPS 35 FPS

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は公称値で10.8時間とされています。当サイトの計測方法で実際の駆動時間を計測したところ、9時間37分という結果でした。公称値には及ばなかったものの、メーカーのテスト (MobileMark 2014)とは検証方法が異なるため、ある程度の差が出るのは仕方がないでしょう。

ちなみにBBenchのテストで9時間37分というのは、あまりいい結果ではありません。なぜならこのテストはバッテリー消費量が非常時に少ないからです。普通に使っていれば、数時間程度というところでしょうか。感覚的には短いものの、そもそも持ち歩き用の機種ではないため問題ないと考えることもできます。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 10.8時間
BBenchによる計測 9時間37分
フル充電までにかかった時間 1時間49分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

ThinkPad E595には複数のモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の3種類です。それぞれCPUの種類やメモリー容量、ストレージ構成などが異なります。

ラインナップ

スタンダード パフォーマンス・FHD搭載 プレミアム・FHD搭載
Ryzen 3 3200U Ryzen 5 3500U Ryzen 7 3700U
4GB 8GB 16GB
128GB SSD 256GB SSD 256GB SSD + 1TB HDD
1366×768 (TN) 1920×1080 (IPS)
税込5万7629円 税込8万0924円 税込10万4036円

※2019年8月9日時点

もっとも安いのはRyzen 3搭載のスタンダードモデルですが、解像度が低くメモリー容量が少ないため少し物足りません。格安モデルとして割り切って使うならアリですが、ノートPCとしてガッツリ使うのあればRyzen 5搭載のパフォーマンスモデルを選んだほうがいいでしょう。

Ryzen 7搭載のプレミアムモデルはメモリー容量が16GBの上にSSD + HDDのデュアル構成でも10万円台と非常に安いのですが、前述のとおりなぜかRyzen 7はベンチマークスコアが伸びないらしくやや不安が残ります。Ryzen 5のメモリーやストレージを増設するか、インテル製CPUを使ったThinkPad E590に変更するのもアリかもしれません。

高い品質のモデルをできるだけ安く買いたい人に

レノボからは同じThinkPadのEシリーズとして、15インチのThinkPad E590が発売されています。見た目はどちらもほぼ同じで、CPUの種類といくつかの機能が異なる程度です。

ThinkPad E595とThinkPad E590の違い

ThinkPad E595 ThinkPad E590
・Ryzen 3 3200U
・Ryzen 5 3500U
・Ryzen 7 3700U
・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
SSD:最大512GB
HDD:最大2TB
SSD:最大1TB
HDD:最大2TB
Optane対応
・Radeon Vega 3 (Ryzen 3内蔵)
・Radeon Vega 8 (Ryzen 5内蔵)
・Radeon RX Vega 10 (Ryzen 7内蔵)
・UHD 620
・Radeon RX 550X
ブラック ・ブラック
・シルバー
キーボードバックライトなし キーボードバックライト対応
指紋センサー非対応 指紋センサー対応
最大 約10.8時間 最大 約14.3時間
約2.1kg 約2.1kg
5万7629円~ 5万8968円~

インテル製CPUを搭載したThinkPad E590のほうが多くの機能に対応 (追加オプションで利用可能)しているぶん、値段が若干高めです。またCPU性能についても同クラスモデルなら、ThinkPad E590のほうが上回ります。 ただThinkPad E595のほうは、値段を少しでも抑えられる点が魅力です。機能や性能はそこそこでいいからとにかく安い買いたい人に向いています。

また他社メーカーの同価格帯製品よりも、本体デザインやキーボードの使い勝手は優れています。総合的な完成度で見れば、トップクラスの出来栄えと言えるでしょう。安くて高品質な15インチノートPCを探しているなら、ThinkPad E595 / E590を検討してみてはいかがでしょうか。

ThinkPad E595 感想

リーズナブルでもビジネスから普段使いまでしっかり使える仕上がり

ThinkPad E595

ThinkPad E595

税込5万7629円~

※2019年8月9日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました