VAIO FL15レビュー(生産終了):Ryzen 3 4300U搭載のエントリーノートPC

VAIO FL15レビュー

VAIO FL15は、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。Ryzen 3 4300U / 8GBメモリー / 256GB SSDの構成で価格は9万9800円と、VAIO製品のなかではエントリー(入門)クラスに位置づけられています。

※この製品はすでに販売が終了しています

VAIO FL15

VAIO FL15

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 非光沢 タッチ非対応
CPU Ryzen 3 4300U(4コア4スレッド)
メモリー 8GB LPDDR4x ※オンボード
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
インターフェース USB3.0 Type-C(充電 / 映像出力対応)×1、USB3.0×2、HDMI、microSDカードスロット、ヘッドホン端子
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅358.7×奥行き239.2×高さ20.5mm / 約1.85kg
バッテリー 約7.5時間

本体デザイン

VAIO FL15 本体カラー

ホワイトの本体カラー。天板中央のロゴは鏡面仕上げのシルバー

VAIO FL15 カラー

ベゼルと底面部はブラック。横から見ると、白と黒のしま模様のように見えます

VAIO FL15 デザイン

ボディは樹脂(プラスチック)製。表面はややザラつきのあるツヤ消し加工で、指紋の跡はまったく目立ちません

VAIO FL15 キーボード面

キーボード面はホワイトで、キートップの文字はグレー

VAIO FL15 ベゼル

15.6インチタイプとしてはベゼルが細く、ディスプレイ周りがスッキリとしています

VAIO FL15 インターフェース

インターフェースは多くはないものの、十分な構成です。有線LANには非対応なので注意

VAIO FL15 電源アダプター

電源アダプターは丸口タイプ。重さは241g

VAIO FL15 スピーカー

スピーカーは底面左右に配置。音はかなりこもっており、チープに聞こえます。人の声が含まれる中音域は比較的クリアーで、ビデオ会議や音声通話には問題なく使えるでしょう

VAIO FL15 排気口

排気口はこの部分。排気が直接ディスプレイに当たります

VAIO FL15 底面

底面部には通気口

サイズと重量

VAIO FL15 サイズ

本体サイズは幅358.7mm、奥行き239.2mm

VAIO FL15 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもやや大きい程度で、15.6インチタイプとしては標準的な大きさです

VAIO FL15 厚さ

厚さは実測で20.3mm(突起部を除く)。数値としては標準的ですが、実際に手で持つとわりとスリムな印象を受けます

VAIO FL15 背面

本体背面。底面部のゴム足(突起部)を含めた設置時の高さは21.9mm。設置時でも特に厚くは感じません

VAIO FL15 重さ

重さは実測で1.759kg。15.6インチとしては軽量で、実際に手で持っても軽く感じます

ディスプレイについて

VAIO FL15 画面サイズ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット(フルHD)。ノートPCとしてはもっともスタンダードな組み合わせです

VAIO FL15 映像品質

映像は自然な色合いですが、画面がやや暗いため寒色系の色合いに見えます。スマホやタブレットほどの鮮やかさはありませんが、文字中心の作業には問題なく使えるでしょう

VAIO FL15 明るさ

画面はやや暗く感じましたが、作業には問題ないレベルです

キーボードについて

VAIO FL15 キーボード

VAIO FL15のキーボード。日本語配列でバックライトには対応していません

VAIO FL15 テンキー

テンキーが一般的な4列構成ではなく、ややクセのある3列構成です

VAIO FL15 タイプ感

キーピッチは19.05mmで、キーストロークは1.0mm。キー同士の広さは十分ですが、ストロークがかなり浅め。クリック感が固いので手応えはしっかりと感じられますが、指を打ち抜くようにして打つ人には不向きです。軽いタッチで入力する人向き

VAIO FL15 タイプ音

タイプ音は軽い力でもカクカクと聞こえます。静かな場所では周囲への配慮が必要かもしれません

VAIO FL15 リフトアップ

ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がるリフトアップ機構

VAIO FL15 タッチパッド

タッチパッドは誤クリックしにくいボタン分離型

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 3 4300U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「VAIO推奨設定」に設定した上で、電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、旧世代のRyzen 3 4300Uが使われています。すでに2世代前ということもあって、現行世代のCPUよりも性能はかなり控えめです。とは言え、ネットの調べ物や動画視聴、ちょっとした文書作成には問題なく使えるでしょう。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9728
Core i7-1260P
8447
Ryzen 5 5625U
7580
Core i7-1250U
7552
Core i5-1235U
5989
Core i3-1215U
5715
Ryzen 3 5400U
5693
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
VAIO FL15(Ryzen 3 4300U)
4009
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
1733
Core i7-1250U
1726
Core i3-1215U
1661
Core i7-1260P
1648
Core i5-1235U
1648
Core i7-1185G7
1484
Ryzen 7 6800U
1471
Ryzen 7 5825U
1433
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1404
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329
Ryzen 3 5300U
1125
VAIO FL15(Ryzen 3 4300U)
1103

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。性能はかなり低めです。ゲームやグラフィックスソフトで効果は見込めません。あくまでも軽めの作業用です。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Radeon (Ryzen 5)
784
VAIO FL15(Ryzen 3 4300U)
737
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
VAIO FL15(Ryzen 3 4300U)
2403
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではマルチコア性能とストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は悪くありません。旧世代のRyzen 3 4300Uでも、軽めの作業なら問題なくこなせることがわかります。ただ、やはり高性能なPCには及ばないようです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
VAIO8605
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
VAIO7269
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
VAIO4158
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で、約7.5時間とされています。一般的にバッテリー駆動時間の公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

しかしVAIO FL15を使って最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から7時間40分で休止状態へ移行しました。約7.67時間と、ほぼ公称値どおりの結果です。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約7.5時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間40分
50%充電までにかかった時間 27分
フル充電までにかかった時間 2時間17分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

安くて手が届くVAIO

VAIO FL15

※本製品はすでに販売が終了しています

VAIOと言えば、品質は高いけれども値段も高いというイメージがあるかもしれません。確かにモバイル向けはそれなりに値段の高い高級PCですが、VAIO FL15はあくまでも一般家庭や一般ユーザー向け。普通に手が届く値段です。

ただそれでも、CPUがRyzen 3 4300Uで9万9800円(販売当時の価格)は安くはありません。海外メーカーであれば、6~8万円あたりが相場でしょう。この機種については国内組み立ての「安曇野FINISH」というわけでもないので、VAIOの持つブランドやサポートを重視する人向けです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCのレビュー一覧
お買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!