VAIO SX12 展示機レビュー:897gでフルピッチキーボード採用の12インチモバイルPC

VAIO SX12

詳細な実機レビューを公開中

VAIO SX12の特別バージョン「VAIO SX12 | ALL BLACK EDITION」の詳細なレビューを公開しています。使い勝手や性能はほぼ変わらないので、以下のリンクから記事をご確認ください。

VAIO SX12 | ALL BLACK EDITION レビュー

VAIO株式会社は2019年7月9日、12インチタイプのモバイルノートPC「VAIO SX12」を発表しました。発売日は7月19日で、直販サイト「VAIOストア」および「ソニーストア」では本日より予約販売が開始されています。

VAIO SX12

VAIO SX12

リンク

👉VAIOストアicon
👉ソニーストア – VAIOicon

最大の特徴は12.5インチのコンパクトなモバイルノートPCでありながら、メインマシンとして十二分に通用する使いやすさとパフォーマンスを備えている点です。なかでも注目したいのは、キーピッチ19mmのキーボードを採用している点。本体が小さいにも関わらず、理想的なサイズと配列を実現しています。

VAIO SX12 キーボード

VAIO SX12のキーボード。キーピッチは理想とされる19mmで、配列に変則的な箇所はありません

VAIOシリーズの最小モデルであるVAIO S11も本体が小さいのですが、キーピッチが16.95mmと狭く、決して使いやすいわけではありませんでした。しかしフルピッチ (キーピッチ19mm)のVAIO SX12ならタイプ時に窮屈さを感じることなく、軽快に利用できます。

VAIO S11のキーボード

VAIO S11のキーボード。キーピッチは16.95mmで、タイプ時にやや狭く感じます

本体重量は最大約897gと1kg切り。バッテリー駆動時間は最長14.5時間でスタミナも十分な上に、SIMフリーのLTE通信にも対応しています。軽さと駆動時間の長さではVAIO S11よりもやや劣りますが、キーボードの使い勝手が飛躍的に向上していることを考えれば総合的な完成度の高さではVAIO SX12に軍配が上がると言ってもいいでしょう。

VAIO SX12 重量

重さは”最大”で897g。しかもその上、バッテリー駆動時間は14.5時間!

VAIO SX12とVAIO S11の比較

VAIO SX12 VAIO S11
画面サイズ 12.5インチ 11.6インチ
重さ 最大897g 860~870g
バッテリー駆動時間 14.5時間 14~16時間
キーピッチ 19mm 16.95mm
LTE 対応 対応

コンパクトでも、インターフェース類は充実しています。なかでも注目したいのは、VGA (D-sub15ピン)と有線LANに対応している点。プライベート利用ではVGA端子を使う機会はあまりないかもしれませんが、ビジネスシーンにおいては現役で使われているところも少なくありません。たとえば打ち合わせ先のプロジェクターがVGA端子にしか対応していないときでも、変換アダプターなしで利用できるのは便利です。

VAIO SX12 インターフェース

右側面にはSDカードスロット、USB3.0、USB3.1 Type-C、HDMI、有線LAN、VGA (D-sub15ピン)

VAIO SX12 左側面

左側面には電源コネクター、セキュリティースロット、USB3.0×2、ヘッドセット端子

VAIO SX12 SIMカードスロット

底面部にはSIMカードスロット (LTE対応モデルのみ)。SIMカードはマイクロSIM

VAIO SX12 指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

本体カラーはブラックとシルバー、ピンク、ブラウンの4色です。従来のシリーズで一番人気だったのはブラックで、その次がブラウンとのこと。カラバリが多いのはうれしいですね。

VAIO SX12 カラバリ

本体カラーはシルバー、ピンク、ブラック、ブラウンの4色

VAIO SX12 ブラック

従来シリーズでは一番人気のブラック

VAIO SX12 ブラウン

意外にも人気なブラウン

従来モデルと同様に、VAIO SX12でもすべてブラックで統一されたALL BLACK EDITIONが用意されています。通常のブラックモデルでは天板のロゴやキーボード面、オーナメント (ヒンジ部分のパーツ)がシルバーなのですが、ALL BLACK EDITIONではすべてが真っ黒。非常に重厚感のあるデザインです。

VAIO SX12 ALL BLACK EDITION

VAIO SX12 | ALL BLACK EDITION

VAIO SX12 ALL BLACK EDITION

天板のロゴやオーナメントもブラック

VAIO SX12 ブラック

通常のブラックモデル (左)とALL BLACK EDITION (右)

またALL BLACK EDITIONでは有料オプションとして、無刻印の英字 / 日本語配列のキーボードが用意されています。キートップのプリントがなく、見た目は超スッキリ。「オレは上級者だゼ」という有無を言わせぬオーラがプンプンと漂ってきそうです。

VAIO SX12 無刻印キーボード

無刻印の日本語キーボード。無刻印の英字配列キーボードはソニーストアのみで取り扱われています

VAIO SX12 無刻印キーボード

タッチタイピングをマスターした者のみが使える上級者向けのキーボード

さらにVAIO設立5周年を記念して、限定カラーのVAIO SX12 | 勝色特別仕様モデルも発売されます。「勝色 (かちいろ)」とは日本古来より使われている伝統色で、黒に近い藍色のこと。VAIO株式会社のコーポレートカラーとして使われているこの色が、特殊な技法で実現されています。

VAIO SX12 勝色

勝色特別仕様モデルの天板。4層のUDカーボンに勝色の塗料を重ね、さらにその上にクリアコーティングが施されています

VAIO SX12 オーナメント

オーナメントは黄金色

VAIO SX12 パームレスト

アルミ製のパームレストは、アルマイト加工による自然藍の染色を実現。アルミを藍色に染めるのは最近編み出された技術とのこと

VAIO SX12 勝色

ブラックよりも鮮やかで明るく上品な深みのある色合い

VAIO SX12 クロス

勝色特別仕様モデルは、付属のクロスも勝色仕様

VAIO SX12 ボックス

外箱も勝色

ここからは、VAIO SX12に触れた感想を。

まず感じたのは、本体がとても小さいのにキーボードが使いやすい点です。タイピングの機会が多い人、あるいは入力する文章量が多い人ほどキーボードにこだわると思うのですが、VAIO SX12のキーボードは配列に窮屈さも違和感もありません。いい意味で標準的に使えます。

VAIO SX12 キーボード

個人的に一番のお気に入りはフルピッチのキーボード

ただしキーストロークは約1.2mmで、個人的にはやや浅く感じました。とは言え、タイプ感は人によって好みがわかれるところですので、むしろ浅いほうがいい人も多いでしょう。キーをなでるように軽いタッチで入力する人向きです。開発担当の方もキーストロークは1.2mmがベストという認識でした。

VAIO SX12 タイプ感

キーストロークは1.2mm。手応えをしっかり感じながらタイプシュルよりも、軽いタッチでサクサク入力する人向き

重量が最大897gと非常に軽い点も大きなメリットです。実際に手で持ってみると、非常に軽く感じました。なんだかんだ言っても、モバイルPCは軽さが命です。最近は1kg切りのモバイルPCが増えてきているので、やはりこのあたりの超軽量タイプを選びたいところではあります。

VAIO SX12 軽さ

最大897gと超軽量。ハイエンドモバイルではもはや1kg切りが前提条件と言えるかも

なにげに薄いのもいいですよね。VGA (D-sub15ピン)を搭載するとどうしても厚みが出るはずなのですが、その点はいろんな工夫によって最薄部15.7mmの薄さを実現しているらしいです。

VAIO SX12 薄さ

VGA端子搭載なのにスリム!

バッテリー駆動時間はBBenchのテストで14.5時間とのことなので、ガッツリ使うともうちょっと短くなるかもしれません。詳しくは実際に計測してみないとわからないのですが、筆者の経験からすると8~9時間程度という感じでしょうか。モバイルPCとしてはかなり優秀だと思います。700g切りで実働5~6時間という他社製品に比べれば、実用度の高さでは上でしょう。

また堅牢性の高さもモバイル利用では重要です。VAIO SX12はVAIO S11と同様に天板には頑丈なUDカーボン、底面部にはガラス繊維入りの高剛性樹脂が使われています。従来シリーズと同様、高い堅牢性を実現していると見ていいでしょう。実際に手で持ってみると、非常に作りが頑丈に感じました。

VAIO SX12 天板

天板には軽くて強度の高いUDカーボンを使用。周囲には高剛性樹脂が使われています

あとはベゼル幅が左右4.97mmと細く、画面周りがとてもスッキリしています。最近のハイエンドモバイルは狭額縁デザインが主流になりつつあるので、この点は押さえておきたいポイント。

VAIO SX12 ベゼル

ベゼル幅は左右4.97mm、上部16.11mmの狭額縁デザイン

あえて残念なところを挙げるとすれば、VAIO S11、VAIO S13、VAIO SX14でデザインがほぼ同じてある点です。パッと見た感じ「ああ、いつものVAIOね」という感じで、個人的にはそれぞれに個性が欲しいところ。とは言え逆に、変わらないのは無駄を排し機能美を追求したデザインであるためとも言えるかもしれません。

VAIOのデザイン

VAIO SX14 (左)とVAIO SX12 (右)の勝色特別仕様モデル。大きさ以外の見た目はほぼ同じなんですよね

モバイルPCの主流である13インチよりもコンパクトで軽く、その上キーボードが使いやすいという点で、個人的には大注目のモデルです。買うならやっぱり、ALL BLACK EDITIONでLTE付きですかね。

ちなみにVAIOストアのモデルはすべてLTE対応で、しかも32GB / 1年間のデータ通信が可能なSIMカードをもらえるので大変オトクです。また勝色特別仕様モデルなら、限定レザーケース付き!

VAIO SX12 専用ケース

VAIOストアで勝色特別仕様モデルを購入すると、同じ勝色に染め上げた本革の特別ケースをもらえる!

さらに当サイト限定の2万円引きクーポン (VAIOストアでのみ利用可能)を使えば、VAIO SX12をお得購入できます。VAIOストアでユーザー登録するともらえるクーポンは1万円引きなので、1万円以上の差はかなりお得。ぜひご利用ください。

当サイト限定2万円オフクーポン

  • ・komame2019

ということで、今回は新発売のVAIO SX12のファーストインプレッションをお届けしました。実機を検証する機会があれば、より詳細なレビューを公開するつもりです。

リンク

👉VAIOストアicon
👉ソニーストア – VAIOicon

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました