VAIO SX14 | RED EDITION レビュー:デザインも性能も激ヤバ級の超軽量モバイルノートPC

VAIO SX14 2020年モデル レビュー

VAIO SX14は、超軽量タイプの14インチモバイルノートPCです。その特別モデルであるVAIO SX14 | RED EDITIONは、デザインもパフォーマンスも最強クラス。妥協のないモバイルノートPCとしておすすめします。
VAIO SX14

ポイント

  • カッコよすぎるレッドのボディ
  • 高性能すぎる6コアCPU
  • 充実しすぎのインターフェース&機能

VAIO SX14 | RED EDITIONのスペック

画面サイズ 14インチ
解像度 ・1920×1080
・3840×2160
CPU Core i7-10710U
メモリー ・8GB
・16GB
ストレージ ・256GB SSD
・512GB SSD
・1TB SSD
・2TB SSD
グラフィックス ・UHD
LTE ・対応
・なし
幅×奥行き 320.4×222.7mm
厚さ 15~17.9mm
重量 ・1017~1027g (フルHD)
・1037~1047g (4K)
バッテリー ・19~20.5時間 (フルHD)
・8~8.5時間 (4K)

※2020年1月23日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー レッド
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1 1 (Gen1)
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 207万画素
顔認証カメラ 対応
指紋センサー 対応
付属品 電源アダプターなど
オフィス ※オプション

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

当サイト限定キャンペーン実施中

本体購入時に当サイト限定のキャンペーンコードコードを入力すると、のぞき見防止フィルターを無料でもらえます。カスタマイズ画面で「SX14対応のぞき見防止フィルター」を追加してから、キャンペーンコードをご利用ください。ほかのクーポンコードとも併用可能です。

キャンペーンコードコード

KOMAME5000

※2020年5月まで有効

Inspiron 13 7000 (7391)

VAIO SX14 | RED EDITION

税込28万円台~

※2020年1月23日時点

軽量・薄型・高性能!モバイルノートPCおすすめモデル【2020年版】
年間100台以上のPCを検証している筆者が、外出先でも快適に持ち運び&作業できるモバイルノートPCのおすすめのモデルを紹介します。 ……

デザインと使いやすさ

インパクト大の赤いボディ

VAIO SX14

VAIO SX14 | RED EDITIONのデザインは、驚くほど鮮やかな色合いです。天板はツヤツヤとした光沢ありのグロス仕上げ。スポーツカーのように鮮烈な外観で、確実に自慢できるでしょう。会議室やカフェなどで注目を集めることを間違いなしです。

VAIO SX14 化粧箱

専用化粧箱もVAIO SX14 | RED EDITIONをイメージしたデザイン

VAIO SX14 天板

天板は目のさめるようなレッド

VAIO SX14 光沢

表面は光沢仕上げなので、映り込みや指紋が少し目立ちます

VAIO SX14 塗装

カーボン素材に下地のメタリックピンクを塗った上で赤の塗料を載せ、さらにクリアコートを塗ることで鮮烈な赤を実現しています

パームレスト (キーボード面)もレッドです。この部分には強度に優れるアルミ素材が使われています。アルミは”アルマイト加工”と呼ばれる技法で染色されるのですが、VAIO SX14 | RED EDITIONでは通常よりも多くの工程を経ることで鮮やかな赤を実現したとのこと。ここまで深く鮮やかな色を出しているノートPCはなかなかありません。

VAIO SX14 パームレスト

パームレスト (キーボード面)もレッド

VAIO SX14 パームレスト

特殊な溶剤を使って化学研磨を施した上でアルマイト染色に通常の倍の時間をかけることで、アルミとは思えないほど鮮やかな赤を実現しています

ディスプレイのベゼルやキーボードのキー、そして底面部はブラックです。レッドとブラックのツートンカラーで構成することで、よりスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

VAIO SX14 ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右5.8mmで上部15.9mm。上部にカメラやアンテナを収納しているのでやや太めですが、ボトムベゼルはほとんど目立ちません

VAIO SX14 底面部

底面部には高剛性樹脂を使用

VAIO SX14 カラー

側面は上部がレッドで下部がブラックのツートンカラー

ほぼ1kgの超軽量14インチ

VAIO SX14 本体サイズ

本体サイズは幅320.4×奥行き222.7mm。A4サイズ (幅297×奥行き210mm)よりもひと回り弱大きい程度です。13インチのモバイルノートPCなら標準的な大きさですが、VAIO SX14 | RED EDITIONは14インチで13インチ並みの小ささを実現しています。

また重量はフルHDモデルで1.02kg前後、4Kモデルで1.04kg前後と非常に軽量。片手でも楽々と持ち上げられます。通常モデルは最軽量構成で999gですが、それよりも若干重いのはVAIO SX14 | RED EDITIONで使われている塗料の重さと考えていいでしょう。20g前後しか変わらないので、実際に手にとって持ち比べてみてもわかりにくいはずです。

VAIO SX14 重さ

重量は公称値で1.02kg前後。実測では1.015kgでした。14インチとしては超軽い!

VAIO SX14 厚さ

本体の厚みは実測で18.1mm。ディスプレイを開くと底面部が持ち上がるので、設置時の高さはもうちょっとあります

VAIO SX14 前面

本体前面

VAIO SX14 フォルム

鋭角的で先進性を感じさせるスタイリッシュなフォルム

モバイルとしては大きめの14インチ

VAIO SX14 画面サイズ

画面サイズは14インチです。モバイルノートPCで人気の13.3インチよりも、画面がちょっとだけ大きめ。そのぶん文字が大きく表示されるので、読みやすく感じる人も多いかもしれません。デスクトップの文字の大きさは2~2.8mmで新聞よりも小さいのですが、特に読みづらくは感じませんでした。

解像度は1920×1080ドットのフルHDと、3840×1920ドットの4Kの2種類が用意されています。映像は4Kのほうが高精細ですが、フルHDはバッテリー駆動時間が長い点がメリット。文字中心の作業が多いなら、フルHDのほうがおすすめです。

映像は自然な発色で十分な明るさ

VAIO SX14 映像品質

映像はやや暖色系ながらも、違和感のない自然な色合いです。コントラストも高く、文字はクッキリと写真や動画は鮮やかに映し出されます。明るさは十分で、暗すぎることもなければまぶしすぎると感じるほどでもありません。作業にはちょうどいい明るさです。

VAIO SX14 明るさ

作業にはちょうどいい明るさ。文字もクッキリと表示されます

VAIO SX14 コントラスト

コントラストが高く、写真や動画が鮮やか

色域測定結果

sRGBカバー率 98.0%
sRGB比 101.5%
Adobe RGBカバー率 74%
Adobe RGB比 75.3%

違和感のない自然な配列のキーボード

VAIO SX14 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトに対応しています。英字配列にも変更可能ですが、追加料金が必要です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は理想とされる19mmで、キー配列にも特殊な部分はありません。最近では珍しい、いい意味での標準的なキーボードです。ただ強いて言うなら、カーソルキーの上下がやや小さいかなと感じます。

文字が目立たない隠し刻印

VAIO SX14 隠し刻印

キートップの文字は通常は白ですが、購入時のオプションで「隠し刻印」キーボードを選ぶと、文字の色がグレー (正確には明度の高い黒)に変わります。通常のキーボードに比べてキートップの文字が目立たないので、キーボード面がスッキリとして見える点がメリット。無料で隠し刻印に変えられるので、見た目にこだわりたい方は選んでみてはいかがでしょうか。

VAIO SX14 隠し刻印

隠し刻印のキーボード。少し離れて見ると、キートップの文字が目立たないことがわかります

VAIO SX14 隠し刻印 比較

通常刻印のキーと隠し刻印キーの違い

VAIO SX14 隠し刻印 比較

通常刻印 (英字配列)と隠し刻印 (日本語配列)。隠し刻印のほうがキートップの文字が目立ちません

手首に優しい傾斜キーボード

VAIO SX14 無限パームレスト

ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がるチルトアップ機構を採用。キーボード全体を見渡しやすい上に、パームレストと接地面の段差が低くなることで手首を自然な角度にキープしたまま作業できます。

VAIO SX14 チルトアップ

ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がるチルトアップ機構

軽いタッチで入力する人向き

VAIO SX14 タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は1.2mmで、ノートPCの標準である1.5mmよりも浅く作られています。筆者は普段デスクトップPC向けのストロークの深いキーボードを使っているのですが、VAIO SX14 | RED EDITIONでは物足りなさを感じました。ただ、普段から軽い力で入力する人なら違和感なく使えるはずです。押した瞬間のクリック感は軽く押し込む力も弱いので、疲れにくいと言えるかもしれません。

タイプ音は軽いタッチでもわずかに聞こえるものの、気になるほどではありませんでした。しかし強めに打つと接地面と底面部とのすき間によってタイプ音が反響し、低い音が響きます。ストロークも浅いので、軽いタッチでの入力を意識するといいでしょう。

インターフェースは充実

VAIO SX14 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は、とても充実しています。有線LANやSDカードスロットはもちろん、最近では対応機種が少なくなったVGA (D-sub15ピン)端子も搭載。これだけあれば端子不足で困ることはないですし、外出先の機器で端子が合わなくて困る場面も少ないはずです。

Type-Cは充電と映像出力に対応

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力

USB Type-C端子は、充電と映像出力 (DisplayPort)に対応しています。充電についてはUSB PD対応なら低いワット数の機器でも、ひととおり充電できました。また充電時間は長くなるものの、スマホなどに付属する5V / 1.5Aの充電器でも充電可能です。

ただしケーブルやアダプターによっては充電できない場合があるので注意してください。microUSBケーブルにType-Cを付けた状態では充電できませんでした。

指紋と顔のダブル生体認証

VAIO SX14 生体認証

キーボード右下には、指紋認証用のセンサーが配置されています。さらにディスプレイ上部には顔認証用の赤外線カメラを配置。あらかじめ指紋や顔を登録しておけば、パスワードやPINを入力することなくサインインできるので便利です。指紋と顔の両方を登録する必要はなく、どちらか片方だけでもOK。

音質は動画やビデオチャット向き

VAIO SX14 スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置されています。音量は十分大きく感じたものの、音が接地面に向かって出るのでややこもりがちに聞こえました。音に厚みはなく、特に低音域が迫力不足に感じます。ただ人の声が含まれる中音域については比較的ハッキリと聞こえるので、ビデオチャットや動画視聴には問題ないでしょう。音楽を高音質で楽しむなら、ヘッドホンや外部スピーカーの利用をおすすめします。

SIMフリーのLTEに対応

VAIO SX14 SIMスロット

VAIO SX14 | RED EDITIONは、SIMフリーのLTE通信に対応しています。大手キャリアやMVNOの格安SIMを利用すれば、どこででもネットの利用が可能です。SIMカードのサイズはマイクロSIMで、対応バンドも多め。現地のSIMカードを利用すれば、海外でも利用できます。

対応バンド

3G 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66

なおLTE対応モデルは、VAIO公式ストアでの購入がおすすめです。32GB / 1年間のデータ通信SIMを無料でもらえるほか、割引クーポンやキャンペーンなどで通常よりもお得に購入できます。

リンク

👉VAIOストアicon

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-10710U
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD (CPU内蔵)

6コアCPUは驚異のパフォーマンス

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-9750H
14833
VAIO SX14 (Core i7-10710U)
13244
Core i7-8750H
13244
Core i7-1065G7
11872
Core i5-1035G4
11379
Core i7-10510U
10863
Core i5-10210U
9988
Core i7-8565U
9814
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

VAIO SX14 | RED EDITIONではCPUとしては第10世代のCore i7-10710Uが使われています。特筆すべきは、Core i7-10710Uは6コア / 12スレッドで動作する点。ベンチマークテストでは現行世代の4コア / 8スレッドCPUを上回るスコアが出ています。高いパフォーマンスを期待していいでしょう。

高度な処理で要求されるマルチコア性能についても、ベンチマークテストで優れた結果が出ています。ゲーミングノートPC / クリエイター向けノートPCで使われるHシリーズのCore i7には若干及ばなかったものの、スタンダードノートPC  / モバイルノートPC向けCPUとしては最高クラスです。高度なデータ処理やRAW画像の現像など、負荷の高い処理に向いています。モバイルノートPCとしてはトップクラスのパフォーマンスと言っていいでしょう。

CPUの性能比較 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-9750H
2714
Core i7-8750H
2625
VAIO SX14 (Core i7-10710U)
2137
Core i5-9300H
1922
Core i7-1065G7
1603
Core i7-10510U
1537
Core i7-8565U
1383
Core i5-10210U
1338

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ちなみにこれだけ小さなボディでゲーミングノートPC / デスクトップPC並みのパフォーマンスを発揮できるのは、VAIO独自のチューニング技術「VAIO TruePerformance」や、長年に渡って培われた高度な熱設計技術によるものです。

VAIO SX14 放熱フィン

放熱フィンを熱伝導率の高い銅 (右)に変えることで冷却性能を強化

VAIO SX14 CPUファン

さらに空冷ファンの構造を見直したり立ち壁で熱を遮断したりなど、さまざな工夫によってCPUのパフォーマンスを最大限に発揮できるよう設計されています

グラフィックス性能は標準的

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8689
GTX 1050
6008
MX250
3606
Iris Plus(Core i7)
2846
Radeon Vega 8 (Ryzen 5)
2344
Iris Plus(Core i5)
2136
UHD (Ice Lake Core i5)
1396
VAIO SX14 (UHD)
1350
UHD (Comet Lake Core i7)
1335
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD (Comet Lake Core i5)
1263
UHD 620 (Core i5)
1186

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPU性能は非常に高いものの、グラフィックス性能は一般的なノートPCと同レベルです。これはCPU内蔵のIntel UHD Graphicsを利用しているため。GeForce GTXシリーズのエントリー向けGPUに比べると、パフォーマンスは格段に劣ります。ただしゲームや3D CG制作、動画編集などを行なわないのであれば、特に問題はありません。

ただ個人的には、Core i7-10710Uと外部GPUを組み合わせれば最強のクリエイター向けVAIOになるのではないかと思います。VAIO Zが発売されてからもう4年もたつのでGTX 1650 with Max-Qデザインあたりと組み合わせてそろそろ……、なんて思ったりもするのですが、いつごろVAIO Zの新モデルが発売されるのかはまったくわかりません。ここ2~3年、毎年VAIOの人に聞いているんですけどね……。

SSDも超高速

VAIO SX14 アクセス速度

試用機で使われていた256GB SSDはPCIe 3.0 x4接続の超高速タイプでした。ファイルのやり取りを高速に行なえるにはもちろん、ウィンドウズやソフトの起動も高速です。テキスト主体のファイルであれば容量的には問題ありませんが、画像や動画などを扱うのなら512GB以上のSSDを選ぶといいでしょう。VAIO SX14 | RED EDITIONは最大2TBのSSDに対応しています。

ウィンドウズの起動も高速

ウィンドウズの起動時間は平均14.34秒でした。最近は10秒を切る機種が増えてきていることを考えると最速ではありませんが、それでも十分に高速です。なおスリープ時のネット接続&高速復帰のモダンスタンバイ (コネクテッドスタンバイ)には対応していません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.7秒
2回目 14.2秒
3回目 14.3秒
4回目 14.1秒
5回目 14.4秒
平均 14.34秒

最大パフォーマンスで8時間以上駆動

バッテリー駆動時間はフルHDモデルで19~20.5時間とされていますが、これはパフォーマンスをグッと落とした状態での目安です。実際の作業で使っていると、駆動時間はもっと短くなるでしょう。

そこで実作業に即した状態での駆動時間を計測したところ、バッテリー消費の大きい状態でのテストで8時間12分、パフォーマンスを少し落とした状態の動画再生時で8時間33分でした。作業内容やパフォーマンス設定によっては、駆動時間はもっと伸びるかもしれません。最大パフォーマンスでガッツリ使って連続8時間であれば、モバイル用としては十分です。

バッテリー駆動時間の計測結果 ※フルHDモデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 19~20.5時間
Modern Office (ビジネス作業) 8時間12分
Video (動画視聴) 8時間33分
フル充電までにかかった時間 2時間22分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

カッコよくて超軽量&超高性能!

VAIO SX14 感想

よかった点

最大の魅力はなんと言っても、かっこよすぎる本体デザインでしょう。このデザインのためだけに購入したとしても、後悔はないほどの仕上がりです。しかもほぼ1kgと超軽量でボディは頑丈、その上LTE対応 & ゲーミングPC並みのパフォーマンスを実現しています。最強クラスのモバイルノートPCと言っても過言ではありません。

気になる点

個人的にはキーストロークの浅さが気になるのですが、この点については意見がわかれるところだと思います。軽めのタッチで入力する人であれば問題ないどころか、むしろ快適に使えるはずです。あと欠点らしい欠点は思いつかないのですが、あえて言うなら外部GPUを追加してクリエイティブ性能をアップしたモデルが欲しい、といったところでしょうか。

値段が高いという点もありますが、これだけのクオリティーであれば仕方がないですよね。VAIOというブランドを含めて、価値を見いだせる人のためのモデルです。

当サイト限定キャンペーン実施中

本体購入時に当サイト限定のキャンペーンコードコードを入力すると、のぞき見防止フィルターを無料でもらえます。カスタマイズ画面で「SX14対応のぞき見防止フィルター」を追加してから、キャンペーンコードをご利用ください。ほかのクーポンコードとも併用可能です。

キャンペーンコードコード

KOMAME5000

※2020年5月まで有効

Inspiron 13 7000 (7391)

VAIO SX14 | RED EDITION

税込28万円台~

※2020年1月23日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました