Victus 16(AMD)レビュー:入門用には十分な性能だけど作りがちょっとチープ

Victus 16(AMD)レビュー

HPの『Victus 16(AMD)』(以下、”Victus 16″)は、エントリー(入門向け)クラスのゲーミングノートPCです。CPUはZen3+世代のモバイルRyzen 6000シリーズで、GPUはGeForce RTX 3050 / 3050 Ti。144Hzの高リフレッシュレートで、人気ゲームをなめらかな動きで楽しめます。

Victus 16 

16.1インチフルHDディスプレイ搭載の『Victus 16』

人気ゲームをフルHDの144Hzで楽しむには十分な性能ですが、本体の品質部分でややチープな印象を受けます。画面は少し暗く、本体は大きくてゴツい外観。キーボードは一般用途向けのスタンダードノートPCと変わりません。セールなどで安く買えるのならアリですが、高級機ほどの仕上がりではなく、ある程度の割り切りが必要です。とは言え、これ以下の価格で販売されているゲーミングノートPCについては、どれも似たような仕様と考えていいでしょう。

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 16.1インチ 1920×1080 IPS 非光沢 タッチ非対応 250nit 144Hz
CPU Ryzen 5 6600H / Ryzen 7 6800H
メモリー 16GB(8GB×2) ※DDR5-4800、最大32GB、スロット×2
ストレージ 512GB PCIe Gen4 x4 NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050(4GB) / RTX 3050 Ti(4GB)
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2、有線LAN(1Gbps)
インターフェース USB Type-C(映像出力対応)×1、USB Type-A×3、HDMI2.1、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドセット端子
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅370×奥行き260×高さ23.5mm / 約2.48kg
バッテリー 約8~9時間

本体デザイン

Victus 16の見た目は、一般用途向けのスタンダードノートPCと変わりません。RGBイルミネーションでハデに光ることはなく、筐体にも奇をてらったようなデザインは見られませんでした。多少大きくてゴツい点を除けば、よくある普通のノートPCのように見えます。

Victus 16 外観

Victus 16の外観。本体カラーはセラミックホワイト。透明感のあるさわやかな白です

Victus 16 デザイン

CPUやGPUの熱を効果的に排出する必要があるため、筐体はやや大きくてゴツい印象

Victus 16 天板

ボディは樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられません。ホワイトのカラーには、キズや指紋が目立たない効果があります。エンブレムはダークグレーの鏡面仕上げ

Victus 16 ディスプレイ

ディスプレイを開いた状態

Victus 16 ベゼル

左右と上部のベゼルは標準的ですが、下部がかなり太めです。余計な部分がちょっと気になりますが、これは内部の熱がこもらないようベース部分が大きく作られているためでしょう

Victus 16 カメラ

ディスプレイ上部のカメラは92万画素。写真は1280×720ドットで、動画撮影は720p 30Hz

Victus 16 キーボード面

キーボード面はホワイト

Victus 16 インターフェース

インターフェース類は多くはありませんが、十分な構成です。USB端子が左右にあるので、取り回しも比較的楽に行なえるでしょう。ただし本体の両脇は、ケーブルでゴチャつきがちです。ワイヤレスタイプのゲーミングデバイスを使うといいでしょう

Victus 16 電源アダプター

電源アダプターは200Wの丸口タイプ。重さは603gで、かなり大きめです

Victus 16 スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置。左右の聞き分けはなんとか可能ですが、前後や上下の聞き分けはかなり厳しいでしょう。音質もほどほどレベルで、ゲームにはヘッドセットの着用をおすすめします

Victus 16 排気口

排気口はヒンジ裏のこの部分だけ。メーカー的には問題ないとの判断だと思いますが、内部の熱が不安です。個人的には、ノートPC冷却台の使用をおすすめします

Victus 16 底面

底面部の吸気口

サイズと重量

前述のとおり、本体はやや大きくてゴツい印象です。ディスプレイが一般的な15.6インチよりもわずかに大きいので、それなりの存在感があります。内部に熱がこもるのを防ぐために筐体を大きくしているのだと思いますが、排気口を左右側面にも配置すればここまで大きくしなくてもすんだのではないかという気もします。

Victus 16 サイズ

本体サイズは幅370mm、奥行き260mm

Victus 16 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもわずかに大きく、最近の16インチタイプとしては大きめです

Victus 16 高さ

高さは実測で23.7mm(突起部を除く)

Victus 16 厚さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは28.9mm。設置時にはそれなりの厚みを感じます

Victus 16 重さ

重さは実測で2.409kg。本体が大きいため、重量もけっこう重めです

ディスプレイについて

ディスプレイは、ちょっと大きめの16.1インチです。画面が大きいぶん映像の迫力が増すほか、小さなターゲットが多少認識しやすくなるメリットがあります。品質的にはエントリー(入門)クラスで、eスポーツレベルの高度なプレー向きではありません。

Victus 16 画面サイズ

画面サイズは16.1インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

Victus 16 リフレッシュレート

リフレッシュレートは144Hz。最近はエントリー向けでも165Hzが多く144Hzはスペック的にはやや下ですが、それほど大きな差を感じるほどではないでしょう

Victus 16 残像

シャッタースピード1/1600で撮影したディスプレイの映像。グレーの部分で、残像が3フレーム目まで確認できます。最近のゲーミングノートPCでは2フレーム目までが一般的

Victus 16 映像品質

映像は自然な色合い。輝度は250nit(公称値)でわずかに暗く感じますが、ゲームに大きな影響はありませんでした

Victus 16 16インチ

16.1インチの映像は一般的な15.6インチよりも、わずかに迫力があるように感じられます

キーボードについて

キーボードはゲーム中の操作に直結する大事な部分ですが、Victus 16はゲーム向けのキーボードではありませんでした。一般用途のノートPCと変わらない仕様です。とは言えエントリー向けであることを考えれば、妥当なスペックなのかもしれません。より快適に操作したい場合は、外付けのゲーミングデバイス(キーボードやコントローラー)の利用をおすすめします。

Victus 16 キーボード

Victus 16のキーボードは、テンキー付きの日本語配列

Victus 16 バックライト

キーボードはバックライト対応ですが、明るい場所ではキートップの文字が見づらいので注意

Victus 16 配列

キーの間隔がやや狭いものの、配列に特殊な部分はありません

Victus 16 配列

ただし一部のキーがかなり小さく作られています。特にゲームで使うことが多いCtrlキーやAltキーはかなり小さく、打ち間違いが生じやすいかもしれません

Victus 16 タイプ感

キーストロークは約1.5mm。押した瞬間のクリック感は軽く、タイプ感は総合的には軽めです。文章入力向けのスタンダードノートPCのような使用感です

Victus 16 タイプ音

タイプ音は軽い力でもタクタクと聞こえますが、うるさく感じるほどではありません

Victus 16 同時押し

キーの同時押し認識数を検証している様子。最大認識数は9キー程度で、組み合わせによっては数キー程度の場合があります。WASDキー周りはリーン操作(W+E+Dキー)が効きませんでした。スタンダードノートPCと変わらないキーボードです

Legion 570i キーボード

ゲーム向けに配慮されたキーボードだと、このように大量のキーを同時に認識できます ※画像はほかの機種

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 6600H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050(4GB)
最大グラフィックスパワー 75W

※ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「OMEN Gaming Hub」の「パフォーマンスコントロール」を「パフォーマンス」に、「ファン速度」を「自動」に設定。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMD Zen3+世代のRyzen 7 6800HまたはRyzen 5 6600Hが使われています。

Ryzen 5 6600H搭載の試用機で行なったCPUベンチマーク結果は、以下のグラフのとおり。ゲーミングノートPC向けCPU(末尾が”H”または”HX”)のなかではやや低めの性能ではあるものの、ノートPC全体で見れば「中の上」あたりでなかなか優秀です。Ryzen 7搭載の上位モデルなら、より高いパフォーマンスを期待できるでしょう。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
21119
Core i7-12700H
16039
Ryzen 7 6800H
13673
Ryzen 9 5900HX
12654
Ryzen 7 5800H
11346
Core i7-11800H
11123
Victus 16(Ryzen 5 6600H)
10237
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9740
Core i7-1260P
9254
Ryzen 5 5600H
8901
Core i5-1240P
8928
Ryzen 5 5625U
8267
Core i7-1250U
7552
Core i5-11400H
7529
Core i5-1235U
7104
Core i3-1215U
6086

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
1906
Core i7-12700H
1804
Core i7-1255U
1743
Core i7-1250U
1726
Core i7-1260P
1680
Core i5-1235U
1616
Core i3-1215U
1622
Core i5-1240P
1606
Ryzen 7 6800H
1532
Core i7-11800H
1502
Victus 16(Ryzen 5 6600H)
1477
Ryzen 7 6800U
1471
Core i5-11400H
1461
Ryzen 9 5900HX
1459
Ryzen 7 5825U
1437
Ryzen 5 5625U
1394
Ryzen 7 5800H
1375

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ちなみにベンチマーク中の駆動音については、多少は聞こえるものの気になるほどではありませんでした。しかし設定しだいでは、排気音がかなり大きくなるので注意してください。

Victus 16 設定

標準収録の『OMEN Gaming Hub』でパフォーマンスを調整可能。今回は「ファン速度」を「自動」にしていますが、「最大」に変えるとファンの音がかなり大きく聞こえます

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはエントリー(入門)向けのRTX 3050またはRTX 3050 Tiが使われています。今回試用したのは、RTX 3050搭載の下位モデルです。3Dベンチマークテストを行なったところ、同じGPUの平均値を大きく上回りました。

おそらく高いCPU性能が影響しているのと、最大グラフィックスパワーが75Wに設定されているためだと思われます。RTX 3050の仕様上の上限は80W。DYNAMIC BOOST 2.0は使われていないものの、GPU性能を十分引き出していると考えていいでしょう。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080 Ti
13493
RTX 3080
11612
RTX 3070 Ti
10357
RTX 3070
9707
RTX 3060
8297
RTX 3050 Ti
5207
Victus 16(RTX 3050)
5080
RTX 3050
4426
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

RTX 3050 / 3050 Tiはレイトレーシングに対応していますが、パフォーマンスはかなり低めです。事実上の非対応と考えてください。

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royal Graphicsスコア
RTX 3080 Ti
8527
RTX 3080
7148
RTX 3070
5957
RTX 3060
4909
Victus 16(RTX 3050)
635
RTX 3050 Ti
585
RTX 3050
537

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム性能

Ryzen 5 + RTX 3050の下位モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、重いゲームでも普通に楽しめそうな結果が出ました。ただしグラボの機能としてはレイトレーシングに対応しているものの、実際のゲームではFPSがかなり低下するので、事実上の非対応と考えたほうがいいでしょう。そこそこ重めの人気FPSでも、画質を調整すれば高リフレッシュレートでプレー可能です。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF15ベンチ (重い)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 4956 / やや快適
標準品質 7296 / 快適
軽量品質 9451 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 13143 / 91.5 FPS
高品質 15774 / 113.4 FPS
標準品質 18362 / 136.4 FPS

ファークライ6(そこそこ重い / DX12)

ファークライ6

画質 平均FPS / 最小FPS
最高画質 61 / 53
最低画質 93 / 82

アサシン クリード ヴァルハラ (激重)

アサシン クリード ヴァルハラ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 36 / 21
最低画質 49 / 38

※画質は「最高」

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 58.3 / 47.1
最低画質 187.5 / 127.1

※解像度はフルHD。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

レインボーシックス シージ(軽い) ※Vulkan

レインボーシックス シージ

画質 平均FPS / 最低FPS
最高画質 274 / 233
最低画質 326 / 282

※画質は最高設定。ゲーム内ベンチマークの結果

ヴァロラント 屋外射撃場(軽い)

ヴァロラント

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 140.6 / 98
最低画質 296.7 / 161.8

※画質は最高設定、屋外射撃場で武器を使用しながら走り回った結果。実際のプレーではこの結果よりもFPSが10%程度低下します

性能は十分でも本体の仕様が微妙

Victus 16 

エントリー(入門)向けとしては、十分なゲーム性能です。PCならではの、高いフレームレートで人気タイトルを楽しめます。性能面ではRyzen 7 + RTX 3050 Tiの上位モデルのほうが有利ですが、下位モデルから劇的に変わるわけではありません。予算を抑えるなら下位モデル、ゲーム以外にも使うなら上位モデルを選ぶといいでしょう。

冒頭でも述べましたが、各部の微妙な安っぽさが気になります。メーカーとしては、エントリー向けなのでこれで十分という判断なのかもしれません。しかし最近はエントリー向けでも165Hzが主流ですし、筐体も小さくてスタイリッシュなものが増えています。キーボードはメーカーによってまちまちですが、もうワンランク上のものを使ってほしいところです。

Victus 16 キーボード面

個人的にはキーボードの操作感がゲーム向けでない点が気になります

とは言え、はじめからハイグレードモデルを選んでも十分に使いこなせるとは限りません。その意味では、はじめはこれくらいにしておいて後々に機材を買い足したり、丸ごと買い換えたりというのもアリです。もちろん、はじめからいいもの(HP製品だとOMENシリーズ)を使う考えあります。そのあたりは自分の好みと予算に応じて選んでください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!