ASUS VivoBook 15 (X512FA) レビュー:超コンパクトな15インチノートPC

ASUS VivoBook 15 (X512FA) レビュー

ASUSのVivoBook 15 X512FAは、15インチサイズでスタンダードタイプのノートPCです。特徴は本体サイズがとても小さい点。一般的な15インチノートPCに比べて、ふた周り以上コンパクトです。さらに個性的な本体カラーも魅力。見た目と使い勝手を重視したい人におすすめします。

ASUS VivoBook 15 X512FA

ASUS VivoBook 15 (X512FA)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、VivoBook 15 X512FAのデザインや性能などをレビューします。

VivoBook 15 (X512FA)

VivoBook 15 X512FA

税込6万5556円~

※2019年9月25日時点

VivoBook 15 X512FAのスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー 4 / 8 / 12GB
ストレージ ・128 / 256GB SSD (SATA)
・512GB SSD (PCIe)
グラフィックス UHD 620
LTE
幅×奥行き 357.2×230.4mm
厚さ 19.9mm
重量 約1.7kg
バッテリー 9.1~10.5時間

※2019年9月25日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・トランスペアレントシルバー
・ピーコックブルー
・コーラルクラッシュ
画面の表面 非光沢
パネルの種類 TN
タッチ / ペン 非対応
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1
USB3.0 1
USB2.0 2
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー あり
その他
オフィス ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

15インチとしては極小クラス!

VivoBook 15 X512FAにはパーツ構成の異なる複数のモデルが用意されており、それぞれ本体カラーも異なります。

ASUS VivoBook 15 X512FA

本体カラーはトランスペアレントシルバー、ピーコックブルー、コーラルクラッシュの3色

スペックと本体カラーの組み合わせ

Core i3モデル Core i5モデル Core i7モデル
※直販サイト限定
トランスペアレントシルバー トランスペアレントシルバー
ピーコックブルー
コーラルクラッシュ

※2019年9月25日時点

今回試用したのは、直販サイト限定のCore i7モデル (X512FA-EJ839T)です。コーラルクラッシュは赤みの強いオレンジで非常に鮮やか。派手すぎるというほどではありませんが、かなり目立ちます。

VivoBook 15 X512FA

コーラルクラッシュの本体カラー

VivoBook 15 X512FA ボディ

ボディの素材は樹脂 (プラスチック)。天板には鏡面仕上げのロゴが配置されています

VivoBook 15 X512FA キーボード面

キーボード面もコーラルクラッシュですが、キーはブラックでした。ほかの本体カラーではキーの色が異なります

VivoBook 15 X512FA バックライト

キーボードはバックライト対応

VivoBook 15 X512FA ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右6mmで上部9.5mm。いわゆる狭額縁デザインで見た目がスッキリとしています

VivoBook 15 X512FA 底面

底面部はブラック

実機を目の前にして驚いたのは、本体が非常に小さい点です。一般的な15インチノートPCと比べると、VivoBook 15 X512FAはふた周りほど小さめ。さらにやや横長のフォルムなので、比較的スリムに見えます。15インチタイプとしては最小クラスと言っていいでしょう。

VivoBook 15 X512FA サイズ比較

ほかの15インチノートPCとのサイズ比較

VivoBook 15 X512FA 大きさ

一般的な15インチタイプと比べてふた周りほど小さめ

VivoBook 15 X512FA 高さ

高さは公称値で19.9mm。数値としてはそれほど薄いわけではありませんが、見た目は非常にスリムです

VivoBook 15 X512FA 重さ

重量は約1.7kg。気軽に持ち運べる重さではないのですが、15インチタイプとしては軽量です

作業がはかどるフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイの大きさは、ノートPCのなかではもっとも人気の高い15.6インチです。解像度は1920×1080ドットのフルHD。1366×768ドットのHD解像度よりも映像が高精細で、写真や動画は細部までクッキリと映し出されます。また1画面あたりの情報量 (文章や画像など)が多いので、作業がはかどるのも大きなメリットです。

VivoBook 15 X512FA ディスプレイ

画面の大きさは15.6インチで解像度は1920×1080ドットのフルHD

液晶ディスプレイにはTNパネルが使われています。格安モデルで使われている青みがかったタイプではなく、比較的自然な色合いの高品質タイプです。しかしスマホやノートPCの高級機で使われているIPSパネルと比べると、コントラスト (色のメリハリ)が低く感じました。

VivoBook 15 X512FA 映像品質

画面はTNパネルですが自然な色合いです

VivoBook 15 X512FA ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。赤青緑の3本の線がひとつにまとまっている状態が理想ですが、バランスが大きく崩れているわけでもありません

クリエイティブな作業で重要となるディスプレイの色域はそれほど良くありませんでした。とは言え内容は普通に確認できるので、色にこだわるプロレベルの作品でなければ問題ないでしょう。

色域測定結果

sRGBカバー率 63.3%
sRGB比 63.8%
Adobe RGBカバー率 47.3%
Adobe RGB比 47.3%

画面の輝度は測定値で239nitでした。それほど明るくはありませんが、作業には十分です。

VivoBook 15 X512FA 明るさ

画面は明るすぎず、暗すぎずといったところ。問題なく作業できる明るさです

ただ視野角が若干狭い点が気になります。画面の角度を変えると色や明るさが大きく変わってしまうので、利用時には見やすい角度に調整してください。

VivoBook 15 X512FA 視野角

視野角が狭く、画面の角度を変えると色や明るさが変わってしまいます

ややクセのあるキーボード

キーボードはバックライト対応で、数値入力に便利なテンキー付きです。ただしテンキーは標準的な4列構成ではなく、配置がちょっと特殊な3列構成である点に注意してください。

VivoBook 15 X512FA キーボード

VivoBook 15 X512FAのキーボード

VivoBook 15 X512FA キー

キーはやや丸みを帯びているぶん、少し小さめに感じました

VivoBook 15 X512FA 配列

テンキーは3列構成で、電卓風の4列構成とは配置が異なります

キーはプチプチとしたタイプ感です。キーストロークは平均1.47mmでほぼ標準的。押した瞬間に固めのクリック感があり、手応えはしっかり感じられます。

タイプ音は軽めのタッチだととても静かでした。強く叩けばトントンとそれなりに響きますが、普通に使っているぶんにはあまり気にならないでしょう。とは言えタイプ感も軽いので、軽いタッチで入力する人向けのキーボードです。

VivoBook 15 X512FA タイプ感

タイプ感は軽く、音は控えめ。軽いタッチで入力する人に向いています

インターフェースは必要十分

周辺機器接続用のインターフェース類は多くはありませんが、必要十分な構成です。有線LANや光学ドライブには非対応である点に注意してください。

VivoBook 15 X512FA 左側面

左側面にはUSB2.0×2

VivoBook 15 X512FA 右側面

右側面にはmicroSDカードスロット、ヘッドセット端子、USB 3.1 Type-C、HDMI、USB3.0、電源コネクター

VivoBook 15 X512FA Webカメラ

Webカメラは液晶ディスプレイ上部。ベゼルが10mmを切っているのに、ちゃんとここに収まっているのはスゴイ!

スピーカーは底面部に配置されています。このタイプは接地面に向かって音が出るのでややこもりがちなのですが、VivoBook 15 X512FAでは非常にクリアーに聞こえました。一般的なノートPCよりも音の解像感が高く、特に低音域の音は低音らしく聞こえます。高音域もムダに目立つことがなく違和感は感じられません。ノートPCとしては高音質です。

この音質は標準収録のサウンドユーティリティー「AudioWizard」によるもの。試しに効果をオフにしたところ、迫力のないいかにもノートPC的なサウンドでした。AudioWizardによって、ノートPCとしては強めのドンシャリ感が出ていると思います。

VivoBook 15 X512FA サウンド

標準収録のサウンドユーティリティー「AudioWizard」

Type-C端子はUSB3.1 Gen1ですが、充電やDisplayPort出力には対応していません。データ通信のみに利用できます。

USB Type-Cからの充電

18W ×
24W ×
30W ×
45W ×
65W ×

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 X512FA-EJ839T
OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8565U
メモリー 12GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 (CPU内蔵)

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークテストを実施したところ、スタンダードタイプのノートPCとしては非常に優れた結果となりました。ゲーム用の高性能なモデルを除けば、ほぼ最高クラスのパフォーマンスです。同じCore i7-8565Uの平均値を大きく下回ることもなく、熱による性能低下の症状は見られません。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9693
VivoBook 15 X512FA (Core i7-8565U)
9601
Core i5-8265U
8851
Core i3-8145U
5549
Celeron 4205U
2026
Celeron N4000
1553

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ちなみにほかのモデルで使われているCore i5-8265Uも、ノートPCとしては高性能な部類に入ります。Core i3-8265Uは、ノートPC全体では中位クラスといったところ。PCの利用目的に応じて、自分にあったモデルを選ぶといいでしょう。

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

ストレージはモデルによって異なります。試用機で使われていた512GB SSDはPCIe 3.0 x2の高速タイプで、アクセス速度はかなり優秀です。ほかのモデルで使われている128GB / 256GBのSSDはSATA接続の標準タイプですので、アクセス速度はガクッと落ちるでしょう。とは言え、HDDよりははるかに高速です。

VivoBook 15 X512FA アクセス速度

512GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均8.06秒でした。一般的なノートPCではSSD搭載機種が17秒程度、HDD搭載機種が30秒~1分程度 (筆者調べ)ですので、VivoBook 15 X512FAの起動はメチャメチャ高速です。ただしCore i3 / i5搭載のモデルでは、多少起動時間が長くなるかもしれません。

なおスリープ時のネット接続&高速復帰のモダンスタンバイ (コネクテッドスタンバイ)には対応していませんでした。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 8.3秒
2回目 7.8秒
3回目 8.2秒
4回目 8.0秒
5回目 8.0秒
平均 8.06秒

3Dグラフィックス性能

ゲームの快適さに強く影響する3Dグラフィックス性能はごく控えめです。エントリークラスのゲーム用GPUであるGTX 1650と比べると、パフォーマンスは大きく劣ります。CPU内蔵のグラフィックス機能であることを考えれば仕方がありません。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
9039
GeForce MX250
3595
UHD 620 (Core i7)
1270
UHD 620 (Core i5)
1186
VivoBook 15 X512FA (UHD620)
1183
UHD 620 (Core i3)
860
UHD 600
394

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマークを試したところ、動作が軽いゲームであれば画質を落とすことで快適に遊べそうです。ただしこれはCore i7と12GBメモリーを搭載した試用機だからで、ほかのモデルだと少し厳しいかもしれません。

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 959 / 動作困難 /5.6 FPS
高品質 1339 / 設定変更が必要 / 8.3 FPS
標準品質 1634 / 設定変更を推奨 / 10 FPS

※フルHD。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 4020 / 普通
標準品質 5520 / 快適
低品質 6444 / 快適

※フルHD

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 402
3 2306
1 (最低) 18618

※フルHD。スコア5000以上が快適に遊べる目安

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間の公称値はモデルによって異なります。Core i7搭載の試用機では、公称値で9.1時間とのこと。当サイトでも似たような条件でテストを行なったところ、9時間4分という結果でした。ほぼ公称値どおりの結果です。

しかしメーカーのテストはバッテリー消費量が少なく、実際の利用ではこれより短くなる可能性があります。そこでバッテリー消費量を大きくした状態で実利用に近いテストを行なったところ、7時間16分という結果でした。

バッテリー駆動時間のテスト結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※試用機の公称値 9.1時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間16分
Video (動画視聴) 7時間23分
Idle (待機) 10時間45分
VideoとIdleの平均値 9時間4分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ガッツリ使って7時間は、それほど長いわけではありません。しかしVivoBook 15 X512FAは据え置き利用向けのモデルですので、特に問題はないでしょう。むしろ15インチでもある程度のモバイル利用ができる優秀なモデルと言えます。

価格について

VivoBook 15 X512FAには複数のモデルが用意されていますが、基本となるのは以下の3種類です。あとはそれぞれにOffice Home & Business 2019付属モデル (256GB SSD)や本体カラーの色違いモデルなどが用意されています。

ラインナップ

X512FA-8145 X512FA-826G512 X512FA-EJ839T
Windows 10 Home (Sモード) Windows 10 Home
Core i3-8145U Core i5-8265U Core i7-8565U
4GB 8GB 12GB
128GB SSD 512GB SSD
1920×1080
UHD 620
税込7万5816円 税込12万9816円 税込14万0555円

※2019年8月29日時点

Core i3モデルはOSがWindows 10 Home (Sモード)ですが、これはUWPアプリ (ストアアプリ)のみ利用できる簡易モードです。セキュリティー性能と動作の軽さが魅力ですが、一般的なデスクトップ版のアプリ / ソフトは利用できない点に注意してください。なおSモードは無料で解除可能で、解除後は通常のWindows 10 Homeとして使えます。

快適に使える15インチ

ということで、今回はVivoBook 15 X512FAのレビューをお届けしました。

テンキー配列と液晶ディスプレイの視野角についてはちょっと残念ですが、全体的な仕上がりは良好です。とくに起動が超速い点や本体がとてもコンパクトである点など、直接体感できる部分については群を抜く完成度と言っていいでしょう。パフォーマンス面も申し分なく、インパクトのある本体カラーも魅力です。

VivoBook 15 X512FA 感想

外観や使い勝手の良さが魅力のスタンダードノートPC

VivoBook 15 (X512FA)

VivoBook 15 X512FA

税込6万5556円~

※2019年9月25日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました