デル Vostro 15 5515 レビュー:Ryzen 5 5500U搭載の15.6インチビジネススタンダードノートPC

デル Vostro 15 5515 レビュー

デルのVostro 15 5515(Vostro 5515)は、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載するビジネス向けのスタンダードノートPCです。APU(CPU)として使われているRyzen 5 5500Uは非常に高性能で、インテルのCore i5やCore i7を大きく上回るほど。値段は中級機クラスですが、性能は10万円オーバーのハイエンド機にも劣りません。

Vostro 15 5515

Vostro 15 5515

ラインナップ

プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載)
8GBメモリー 256GB SSD 7万8384円

※2021年6月23日時点、20%オフクーポン適用時

Vostro 15 5515のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Ryzen 5 5500U
メモリー 8GB (8GB×1)
※スロット2基、DDR4-3200、最大32GB
SSD 256GB
HDD なし
グラフィックス Radeon Graphics
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 NTSC 45% / 250nit
幅×奥行き 356.06×228.9mm
厚さ 17.99mm
重量 最小1.632kg
バッテリー 4セル 54WHr ※駆動時間は非公開

※2021年6月23日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー タイタングレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 WVA(広視野角) ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり(4列)
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 5
Bluetooth 5
USB3.2 2(Gen1)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1(3.2 Gen1、DP/PD対応)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー オプション
付属品 65W ACアダプターなど
オフィス ・なし(オプションで追加可能)
・付属モデルあり

この記事では筆者が購入した実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

クーポン利用で20%オフ

下記リンクから、Vostroシリーズで使える20%オフクーポンを入手できます。クーポンコードをコピーしたあと、購入ページで入力してください。
デル法人モデル限定クーポン

※デルの法人向けモデルは、自営業やフリーランスの方でも購入できます。注文時の所在確認などはありません。

Vostro 15 5515

Vostro 15 5515

7万8384円

※2021年6月23日時点、20%オフクーポン適用時

Inspiron 15 5515との違い

Inspiron 15 5000(5515)

Inspiron 15 5000(5515)

デルからは同じRyzenモバイル5000シリーズを搭載した個人向けモデルの「Inspiron 15 5515」が発売されています。外観やスペックは今回取り上げる「Vostro 15 5515」かなり似ていますが、機能やスペックが微妙に異なるので注意してください。

Inspiron 15 5515との違い

Inspiron 15 5515 Vostro 15 5515
APU Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
Ryzen 5 5500U
メモリー容量 8(8GB×1)
16GB(8GB×2)
8GB(8GB×1)
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
256GB SSD
画面サイズ 15.6インチ
液晶パネル 1920×1080、広視野角パネル、非光沢、タッチ非対応、NTSC 45%、250nit
有線LANサイズ ×
ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 + Bluetooth 5 Wi-Fi 5 + Bluetooth 5
サイズ 幅356.06×奥行き228.9×高さ17.99mm
重量 最小1.643kg 最小1.632kg
Inspiron 15 5000(5515)レビュー・Vostro 5515との違い編:判断ポイントは有線LANとAPUの種類
デルの「Inspiron 15 5515」は、Ryzenモバイル5000シリーズを搭載する15.6インチのスタンダードノートPCです。ま……

デザインと使いやすさ

外観について

Vostro 15 5515 外観

Vostro 15 5515の外観は、ビジネス向け15.6インチノートPCとしてはスタイリッシュです。本体は軽量スリムな上にベゼルが細く、いまどきのデザインを取り入れています。デルのノートPCはここ2~3年で大きく改善され、以前の機種で見られた野暮ったさはすっかりなくなりました。

Vostro 15 5515 デザイン

細身でスッキリとしたいまどきのデザイン

Vostro 15 5581

2年半前に発売されたVostro 15 5581。本体は厚く、ベゼルも太め

本体カラーはタイタングレー。実際の色合いはやや暗めのシルバーです。天板と底面は樹脂(プラスチック)製ですが、塗装の影響により安っぽさは感じられません。シュッとしたフォルムでシャープな印象に感じます。

Vostro 15 5515 本体カラー

本体カラーはタイタングレー

Vostro 15 5515 天板

天板は樹脂製。安っぽくは感じませんが、キズが付きやすいので注意

Vostro 15 5515 ヒンジ

ヒンジ付近が角ばったシャープなデザイン

Vostro 15 5515 パームレスト

パームレストの色は”カーボン”とのことですが、素材を表わすものではありません。実際にはガンメタリック風の色合い

Vostro 15 5515 カラー

上部と下部とで色の異なるツートンカラー構成

Vostro 15 5515 パームレスト

質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

Vostro 15 5515 タッチパッド

タッチパッド周辺にはキラリと光るダイヤモンドカット加工

Vostro 15 5515 ベゼル

ベゼル幅(フレームと非表示領域を含む)は左右5.6mm、上部11mm、下部10.4mm。かなり細く作られています

Vostro 15 5515 排気口

排気口はこのあたり。温風がディスプレイに直接当たります

Vostro 15 5515 底面部

底面部は樹脂製

Vostro 15 5515 サイズ

設置面積は幅356.06mm×奥行き228.9mm

Vostro 15 5515 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較

Vostro 15 5515 カラー

厚さは実測で18.8mm、ゴム足を含めた設置時の高さは22mm

Vostro 15 5515 前面

前面

Vostro 15 5515 背面

背面

Vostro 15 5515 重さ

重さは実測で1.657kg。15.6インチとしては軽量です

Vostro 15 5515 電源アダプター

付属の電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは329g

ディスプレイについて

Vostro 15 5515 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ノートPCとしては、もっともスタンダードなスペックです。ディスプレイの表面は、光沢を抑えたノングレア。映り込みが抑えられているので、目が疲れにくく長時間の作業に向いています。デスクトップの文字はやや小さめですが、読みづらい場合はスケーリング(デスクトップの拡大率)を変更するといいでしょう。

Vostro 15 5515 デスクトップ

デスクトップの文字は2~2.5mm程度(スケーリングは125%)

映像は比較的自然な色合いです。公称値では色域はNTSC 45%(sRGB 62.5%相当)とのこと。パネルのクオリティーは高くはなくどちらかと言えば並クラスですが、普段の作業には違和感なく使えます。ただ画面がわずかに暗いので、環境や人によってはちょっと見えづらく感じるかもしれません。

Vostro 15 5515 映像品質

映像は比較的自然な色合い

Prestige 15 映像品質

クリエイター向けノートPCの映像(sRGB 100%)※別機種

Vostro 15 5515 明るさ

輝度は公称値で250nit。実際にはやや暗め。暗い環境では少し見づらく感じます

キーボードについて

Vostro 15 5515 キーボード

キーボードはテンキーありの日本語配列です。バックライトは購入時のオプションであり / なしを選択できます。配列は標準的な日本語配列ではあるものの、Enterキー周辺がやや窮屈。一部小さいキーもあるので、使い始めのうちは押し間違いがあるかもしれません。

Vostro 15 5515 配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しており、やや窮屈に感じます。Enterキーも小さめ

キーピッチは横18.7mmで、縦18mm。標準値の19mmにはわずかに足りない上に若干横長ですが、実際に使って違和感はありませんでした。ただしキーストロークが実測で平均1.24mmと浅めです。ノートPCでは1.5mmあたりが中心なので、人によってはキーが途中で止まってしまうように感じるかもしれません。とは言え最近の薄型ノートPCでは1.2mmあたりも場合も多いので、その意味では”普通”の範囲内です。

Vostro 15 5515 キーストローク

キーストロークは約1.24mmと浅めです

ただしタイプ感はいまいちに感じます。まずストロークが浅いため底打ち感が強く、さらにホームポジションあたりでわずかなたわみも感じられました。スイッチ部分にはわずかなグラつきもあります。普通に使えはするものの、タイプ感を重視したい人向けではありません。

タイプ音は軽い力で入力しても聞こえます。特に低音が響くように感じました。これは底面と接地面のすき間でタイプ音が反響しているためでしょう。打ち下ろすようにしてタイプするとパチパチと響くので軽めのタッチ推奨です。

Vostro 15 5515 タイプ感

タイプ感はいまひとつの仕上がり。タイプ音は軽いタッチでも音が響きます

Vostro 15 5515 タイプ音

タイプ音が響くのは、画面を開くとキーボードが持ち上がるリフトアップ機構を採用しているため

インターフェース/機能について

Vostro 15 5515 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類はUSB端子が合計3ポートでうち1ポートがType-C、あとは映像出力用のHDMIと有線LAN、SDメモリーカードスロットなど。多くはありませんが、十分な構成と言っていいでしょう。とくに本体がこれだけ薄いのに有線LAN端子が付いている点がポイント。安定した有線通信で、快適にネットを利用できます。ただし無線LANはWi-Fi 5で、最新のWi-Fi 6には対応していない点に注意してください。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Inspiron 14 5415 USB PD

Type-C端子は低出力の充電器でも充電できるものの、純正品以外ではもれなく上記のメッセージが表示されます

Vostro 15 5515 カメラ

カメラはプライバシーシャッター付き

Vostro 15 5515 スピーカー

スピーカーは底面配置で、音はややこもり気味。音を大きくすると振動がパームレストに伝わります。音楽再生よりも、ビデオ会議や音声通話向き

分解とメモリー増設

Inspiron 15 5515は、底面部のカバーを外すことで、パーツ交換や本体内部のメンテナンスが可能です。分解はネジを外してカバーをこじあければOK。途中で傷をつけたりツメを折ったりしないよう注意してください。専用の道具があると便利です。なお自分でパーツを交換するとメーカー保証のサポート外となるので、自己責任の上でお願いします。

Vostro 15 5515 本体内部

Vostro 15 5515の本体内部

Vostro 15 5515 メモリースロット

メモリースロットは2基

Vostro 15 5515 メモリー増設

自分で買ったメモリーを挿すだけで増設できます

Vostro 15 5515 SSD

角にType-2230用のM.2スロット

Vostro 15 5515 M.2スロット

CPUクーラー付近にWi-FiカードとSSD

Vostro 15 5515 SSD換装

Type-2230のSSDを固定したパーツを取り外し……

Vostro 15 5515 SSD

左側の溝に金具をはめ込みます

Vostro 15 5515 SSD

これでType-2280のSSDが利用可能に

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載)
CPU Ryzen 5 5500U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で電源モードを「最も高いパフォーマンス」に設定しています

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは「APU」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMDのRyzenモバイル5000シリーズが使われています。アーキテクチャは、前世代のRyzenモバイル4000シリーズと同じZen2ベース。しかしスレッド数が倍増しているほかGPUコアにも改良が加えられており、従来よりも高いパフォーマンスを期待できます。ただしVostro 15 5515ではRyzen 7 5700U搭載モデルが発売されていません。Ryzen 5 5500Uのみです。

Ryzenモバイル

新旧Ryzenモバイルの比較

CPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、前世代のRyzen 7 4700Uを上回るスコアが出ました。さすがにRyzen 7 5700Uには及びませんが、インテルのCore i5 / i7を大きく上回る素晴らしい結果です。

実際のところこれだけの性能であれば、一般的なビジネス用途には十分すぎるでしょう。高度な動画編集や大規模なデータ処理などを行なうのであれば、よりパワーのあるCPUやGPUを搭載した大型ノートPCをおすすめします。

Vostro 15 5515 ベンチマーク

CPUベンチマーク(コア性能)の結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

CPUの総合性能を計測するPassMark Performance TestのCPU Markでは、メモリー構成によって異なる結果が出ています。その差はおよそ32%程度。この違いはかなり大きいので、より快適に使いたいのであればメモリーの増設がおすすめです。

Vostro 15 5515 ベンチマーク

CPUの性能比較(総合性能) ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストを試したところ、標準構成の8GBメモリー×1ではやや低めの結果が出ました。しかしメモリーを8GB×2のデュアルチャネル構成にすると、内蔵グラフィックスとしては優秀な結果が出ています。インテル第11世代Coreプロセッサに内蔵のIris Xe Graphicsには及びませんが、ゲームやクリエイター向けソフトでの効果を見込めるでしょう。Ryzenシリーズの性能を十分に活かすには、メモリーは16GB以上のデュアルチャネル構成が必須です。

Vostro 15 5515 ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。Ryzen 5 5500U搭載機で実施したところ、すべてのテストで快適に使える目安の目標値を上回りました。標準のメモリー8GB×1構成でも、他機種のCore i7-1165G7+16GBメモリーと同等レベルの結果です。8GB×2構成なら、さらに快適に利用できます。本格的なクリエイター向けPCには及びませんが、趣味レベルのちょっしたコンテンツ制作にも利用できるでしょう。

Vostro 15 5515 ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは256GBのSSDです。テスト機ではPCIe 3.0 x4接続の高速タイプが使われていました。通常のアクセス速度計測ではそこそこ高速な結果が出ていますが、負荷の高い処理を連続で行なうと、アクセス速度が低下します。サーマルスロットリングの影響が出ているのかもしれません。

Vostro 15 5515 ベンチマーク

256GB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均11.38秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動はとても高速です。待たされている感はほとんどありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.0秒
2回目 10.2秒
3回目 10.7秒
4回目 10.8秒
5回目 11.2秒
平均 11.38秒

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は、公開されていません。そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、11時間43分で休止状態へ移行しました。バッテリー消費の少ない電源プランや電源モードを選べばさらに伸びる可能性がありますが、これでも十分な結果です。

バッテリー駆動時間の計測結果(Ryzen 5モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 11時間43分
50%充電までにかかった時間 58分
フル充電までにかかった時間 2時間23分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ミドルレンジでも十分過ぎる性能

Vostro 15 5515 感想

よかった点

Ryzen 5 5500Uによる、高いパフォーマンスが魅力です。販売価格は7万円台でミドルレンジ相当ですが、性能面はハイエンドクラス。本体の仕上がりも高級機ほどではないにせよ、悪くありません。価格と性能面のコスパが非常に高い機種です。

Ryzen 7 5700U搭載モデルがないのは残念ですが、一般的なビジネス作業であればRyzen 5 5500Uでも十分すぎるでしょう。むしろRyzen 7では、オーバースペックなのかもしれません。今後発売されるかもしれませんが、Ryzen 5モデルを選んでおけば間違いはないはずです。

気になる点

メモリーが8GB×1構成で、シングルチャネルで動作する点が気になります。すべての人に必要というわけではありませんが、8GB×2のオプションがあってもいいのではないかと思います。あとはキーボードの作りが少し安っぽいのが残念です。

クーポン利用で20%オフ

下記リンクから、Vostroシリーズで使える20%オフクーポンを入手できます。クーポンコードをコピーしたあと、購入ページで入力してください。
デル法人モデル限定クーポン

※デルの法人向けモデルは、自営業やフリーランスの方でも購入できます。注文時の所在確認などはありません。

Vostro 15 5515

Vostro 15 5515

7万8384円

※2021年6月23日時点、20%オフクーポン適用時

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

「Inspiron」シリーズおすすめ機種&セール情報まとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!