デル XPSタワー (8930)レビュー:スタイリッシュでパワフルなデスクトップPC

デル New XPSタワー(8930)レビュー

デルのXPSタワー (8930)は、スタイリッシュな外観とパワフルな性能が特徴のデスクトップPCです。拡張性の高いミニタワー型でありながら、本体の幅が小さくてコンパクト。光沢のあるピアノブラック風のフロントパネルのデザインも印象的です。

CPUには6コア12スレッドのパワフルなCore i7-9700を採用。専用グラフィックスとしてGeForce GTX シリーズにも対応しているので、PCゲームや3D制作などの作業に向いています。

XPSタワーの概要

XPSタワー (8930)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、XPSタワー (8930)の本体デザインや性能などをレビューします。

※2019年10月9日時点

XPSタワー (8930)のスペック

CPU Core i7-9700
メモリー ・8GB
・16GB
ストレージ ・1TB HDD
・1TB HDD + Optane
・256GB SSD + 1TB HDD
・256GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス ・UHD 630
・GeForce 1030
・GeForce GTX 1050 Ti
・GeForce GTX 1650
・GeForce GTX 1660 Ti
チップセット Z370
電源 最大225W

※2019年10月9日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ミニタワー
SATAポート 4
M.2スロット 2
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
ドライブベイ 3.5インチ×3
拡張スロット PCIe x16 ×1
PCIe x4 ×1
PCIe x1 ×2
有線LAN 1000Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1 Gen2×1 (背面)
Gen1×6 (前面×3、背面×3)
USB3.0
USB2.0 2 (背面)
USB Type-C USB3.1 Gen2×1 (背面)
USB3.1 Gen1×1 (前面)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1
DVI
サイズ 幅180mm
奥行き356mm
高さ386.5mm
重量 約10kg

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス

本体の外観と内部

スタイリッシュなデザイン

XPSタワー (8930)は、デスクトップPCのなかでも「ミニタワー型」に分類されるモデルです。本体の幅は18cmで、同カテゴリーのモデルとしてはコンパクト。スリム型やコンパクト型よりも拡張性に優れ、ミドルタワー型よりも場所を取らない点が特徴です。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

23.8型ディスプレイと組み合わせた設置例

21.5型ディスプレイと組み合わせた設置例

XPSタワー (8930) 設置イメージ

23.8型ディスプレイを使ったときの設置イメージ

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)。フロントパネルはブラックの光沢仕上げ

前面

前面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② SDメモリーカードスロット
  • ③ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ④ USB3.1 Gen1(Type-C)
  • ⑤ USB3.1 Gen1(フルサイズ)
  • ⑥ 光学ドライブ

I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① USB2.0
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ DisplayPort(非使用)
  • ④ HDMI(非使用)
  • ⑤ USB3.1 Gen2(Type-C)
  • ⑥ USB3.1 Gen2+ USB3.1 Gen1×3
  • ⑦ オーディオポート

映像出力端子は、グラフィックボードの種類によって変わります。

XPSタワー (8930) 背面

GTX 1050 Ti / 1060の映像出力

  • ⑧ DVI-D
  • ⑨ HDMI 2.0
  • ⑩ DisplayPort

光学ドライブ

光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイディスクドライブ

側面

左側面(左)と右側面(右)

XPSタワー (8930) 天面

天面には排気用の通気口

XPSタワー (8930) 底面部

底面部には通気口はありません

ツールレスでメンテナンス可能

XPSタワー (8930)はドライバーなしでパーツを交換できる「ツールレス」仕様です(ストレージなどのパーツではドライバーが必要)。内部はパーツがギッチリ詰まった感がありますが、意外にもメンテナンスは簡単でした。

XPSタワー (8930) メンテナンス

背面の取っ手を引っ張ると、側面のカバーが外れます

XPSタワー (8930) 本体内部

サイドカバーを取り外した状態

スライドスイッチ

背面にあるふたつのスライドスイッチを上方向に動かすと……

XPSタワー (8930) 電源

電源ユニットを動かせます

XPSタワー (8930) 本体内部

電源部分を開いた状態

XPSタワー (8930) マザーボード

XPSタワー (8930)のマザーボード。サイズ的にはマイクロATX相当ですが、デル製品では独自仕様を取り入れている場合があるため、他社製のマザーボードが使えるかは不明です

XPSタワー (8930) CPU周り

CPUとメモリー周り。メモリースロットは4基

XPSタワー (8930) 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① M.2スロット (PCIe対応)
  • ② PCIExpress x16
  • ③ PCIExpress x1
  • ④ PCIExpress x4

XPSタワー (8930) ドライブベイ

本体下部に3.5インチドライブベイがふたつ

XPSタワー (8930)ドライブベイ

フロントパネル裏側にも3.5インチドライブベイがひとつ

XPSタワー (8930) グラボ

試用機で使われていたGTX 1660 Tiのグラフィックボード。本体内部に余裕があるので、大型のグラボでも利用可能です (1枚のみ)

XPSタワー (8930)のベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プラチナ(SSD+HDD・GTX1660Ti搭載)
CPU Core i7-9700
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GTX 1660 Ti (6GB)

ストレージ性能

試用機では256GBのPCIe 3.0 x4接続SSDと、2TB HDDが使われていました。SSDは非常に高速でファイルのやり取りが速いのはもちろん、ウィンドウズもキビキビと動きます。ただ256GBの容量はゲームをインストールするにはあまり多くはないため、容量の大きいゲームはHDDにインストールするほうがいいでしょう。

XPSタワー (8930) アクセス速度

256GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPUとして使われているCore i7-9700は非常に高性能です。CPU性能を計測するベンチマークテストではオーバークロック対応のCore i7-9700Kには若干劣るものの、パフォーマンスは十分。ゲームや動画編集など高い処理能力が必要とされる場面でも、ストレスなく利用できるでしょう。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-9700K
3326
XPSタワー 8930 (Core i7-9700)
3091
Core i7-8700
3009
Core i5-9400F
2334

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUに高い負荷をかけ続けるストレステストを行なったところ、開始直後にクロックが一瞬だけ跳ね上がったものの、その後はずっと4GHz前後を推移していました。温度が上がりすぎない調整が行なわれており、その影響でCPUの平均温度は82.7℃とわりと低く抑えられています。

XPSタワー (8930) クロック

ストレステスト時におけるCPUクロックとCPU温度の推移

FF15ベンチでは平均温度がやや上がったものの、平均クロックも向上しています。CPUに極端な負荷がかからない限り、パフォーマンスが低下することはなさそうです。

XPSタワー (8930) クロック

FF15ベンチ中のCPUクロックとCPU温度

CPU温度は低めに抑えられているものの、空冷ファンの音は大きめでした。ヘッドセットを使えば気になりませんが、静かな場所だと周囲に駆動音が聞こえるかもしれません。また電源のオン / オフ時にビックリするほどファンの音が大きくなることがあります。一瞬だけなのですが、大きな音が出ることを意識しておいたほうがよさそうです。

駆動音の計測結果

電源オフ 34.7dBA
待機中 41.8dBA ファンの音が少し聞こえるが気にならない
CPUストレス時 56.8dBA ファンの音がけっこう大きい

※駆動音の計測方法はコチラ

3D性能

3D性能を計測するベンチマークテストを実施したところ、GTX 1660 Tiを搭載した試用機ではなかなか優れた結果となりました。ハイエンド向けのRTX 2070 / 2080には及びませんが、ゲームやクリエイティブな作業には十分な結果です。

なおほかのモデルに搭載されているGPUだと、パフォーマンスは大きく下がります。GTX 1650だとスコアが8000台程度、GTX 1050 Tiなら7000台程度となるでしょう。ゲームでは中量級のタイトルぐらいなら、画質や解像度を調整すれば快適に楽しめます。1030はゲーム向けではなく、CPU内蔵のUHD 630よりも少しいい程度です。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
25484
RTX 2070
22856
GTX 1660 Ti
15952
XPSタワー8930 (GTX 1660 Ti)
15010
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
UHD 630 (Core i5)
1051

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークや実際のプレーにおけるFPS (画面の滑らかさを表わす目安)計測結果は以下のとおりです。処理の重い重量級のゲームでも、フルHDのそこそこ高画質で快適に楽しめます。

FPS / TPSやバトロワ系シューターについては、最高画質で90~100 FPS前後といったところです。高リフレッシュレートを使えば、ゲームを非常になめらかな動きで楽しめます。120Hzなら画質を1段階、140Hzなら2段階程度下げるといいでしょう。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 6362 / 快適
標準品質 8576 / 快適
軽量品質 11158 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 14298 / 非常に快適  / 99.3FPS
高品質 14983 / 非常に快適 / 106.9FPS
標準品質 18309 / 非常に快適 / 153.6FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 22100 / すごく快適
標準品質 22275 / すごく快適
低品質 23239 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 72036
3 143345
1 (最低) 230063

※スコア5000以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 97.1 FPS / 84 FPS
125.7 FPS / 112 FPS
213 FPS / 161 FPS
311.5 FPS / 247 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 91.4 FPS / 79 FPS
117.7 FPS / 104 FPS
122.1 FPS / 90 FPS
140 FPS / 102 FPS
非常に低い 140.9 FPS / 105 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 88.6 FPS / 78 FPS
ウルトラ 123 FPS / 103 FPS
148.4 FPS / 131 FPS
NORMAL 184.1 FPS / 156 FPS
243.5 FPS / 194 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 107.1 FPS / 92 FPS
最低設定 142.1 FPS / 123 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 45 FPS / 20 FPS
79 FPS / 20 FPS
89 FPS / 26 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 63 FPS
73 FPS
最低 101 FPS

※DLSSオン、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ワイルドランズ (重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 46.39 FPS / 41 FPS
86.93 FPS / 76.54 FPS
120.88 FPS / 104.27 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 85 FPS / 67 FPS
98 FPS / 82 FPS
108 FPS / 90 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

クリエイティブ性能について

ここからは、写真加工や動画編集時の快適さについて解説します。比較検討用にXPSタワー (8930)スペシャルエディション (RTX2060)とCore i7-9750H搭載ノートPC(UHD630)の結果もまとめました。

Photoshopベンチ

MX250 Photoshopベンチ

Photoshopでの画像加工処理や画像結合などの快適さを計測する「Puget Systems Photoshop Benchmark」では、フィルター処理およびGPU性能が大きく関わるブラー処理などの高度な処理でGPU搭載モデルのほうが有利という結果が出ました。ただしGTX 1660 TiとRTX 2060で大きな性能差はないようです。

Photoshopベンチの結果

GTX 1660 Ti RTX 2060 UHD 630
Overall Basic Score 801.2 854.2 638
General Score 68.3 79.1 60.9
Filter Score 85.8 88.5 57.9
GPU Score 74 84.2 39.5
Photomerge Score 92.4 91.9 81.4

PCMark 10 Digital Contents Creation

MX250 PCMark 10 Digital Contents Creation

コンテンツ制作時の快適さを計測するPCMark 10のDigital Contents Creationですが、RTX 2060で計測し忘れてしまいました……。それはともかくCPUやGPUの性能が高いほど有利で割ることがわかります。

PCMark 10 Digital Contents Creationの結果

GTX 1660 Ti RTX 2060 UHD 630
Digital Contents Creation 8238 ※未計測 2227
Photo Editing Score 9304 ※未計測 2495
Rendering and Visualization Score 9833 ※未計測 1610
Video Editing Score 6113 ※未計測 2753

Lightroom ClassicによるRAW現像

m-Book W890 RAW現像

Lightroom Classicを使ってRAW画像からJPEG画像への変換 (現像)を行なったところ、GTX 1660 TiとRTX 2060では違いがありませんでした。同じCPUが使われているので、純粋にCPUパフォーマンスが影響すると思われます。

Lightroom ClassicによるRAW現像の結果

GTX 1660Ti RTX 2060 UHD 630
59秒 59秒 1分12秒

Premiereによる動画書き出し

Premiere 動画書き出し

Premiere Proを使って動画の編集データからフルHDのMP4ファイルに出力したところ、GTX 1660 TiとRTX 2060でほとんど変わりませんでした。RTX 2070 / 2080ならもう少し差が出るかもしれませんが、同じミドルレンジでは同等レベルのようです。

Premiere Proによる動画書き出しの結果

GTX 1660Ti RTX 2060 UHD 630
ソフトウェア処理 3分14秒 3分14秒 7分40秒
CUDA 3分2秒 3分5秒

仕事にもゲームにも使えるスタイリッシュなモデル

ゲーミングデスクトップPCはLEDが光ったりデザインが特徴的だったりなどハデなモデルが多く、ちょっと使いづらいと感じている人は多いのではないでしょうか。

しかしXPSタワー (8930)ならゲーミングPC並みの性能を持ちながらも、本体デザインがとてもスタイリッシュです。自宅はもちろん、職場に設置しても違和感はありません。

また高性能なdGPUはゲームが快適というだけでなく、動画変換が速い、3Dソフトがサクサク動く、グラフィックス処理にメインメモリーを使わないなどのメリットがあります。特に動画/3D系のクリエイティブな作業では大きな力を発揮するでしょう。

XPSタワー (8930)はスタイリッシュなデザインで高い3D性能を持つPCが欲しい、あるいは仕事もゲームも両方楽しみたいという方におすすめのモデルです。

XPSタワーの感想

ゲームだけでなく3Dや動画関連の作業にもおすすめ

XPSタワー (8930)のまとめ

  • スタイリッシュなデザイン
  • 豊富なインターフェース
  • 高い3D性能(GTX搭載時)

※2019年10月9日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました