デル XPS 15 2-in-1 登場!極薄&高性能で先進的な15.6型2-in1ノートPC

デル XPS 15 2-in-1

デルは6月15日、15.6インチ2-in-1ノートPCの新モデル「XPS 15 2-in-1」を発表しました。発売日は7月13日で、価格は未定。ただし非公式ながらデル内部の方の情報によると、Core i7搭載の標準モデルで20万円程度とのことです。

XPS 15 2-in-1

新モデル「XPS 15 2-in-1」

Kaby Lake-G搭載

XPS 15 2-in-1の大きな特徴は、CPUにKaby Lake-GのCore iプロセッサーに対応している点です。このCPUはグラフィックス機能としてAMDのRadeon RX Vega Mを内蔵しており、通常の内蔵グラフィックス機能(iGPU)に比べて高いパフォーマンスを期待できます。

デバイスマネージャー

展示機のデバイスマネージャーを確認したところ、「ディスプレイアダプター」にRadeon RX Vega MとIntel HD Graphics 620のふたつが表示されました

公式リリースではCPUにCore i7-8705Gが搭載されるとのことですが、展示機にはCore i5-8305Gが使われていました。国内向けにCore i5-8305G搭載モデルが発売されるかは不明です。

展示機のCPU

展示機ではCore i5-8305Gが搭載されていました

Adobe RGBカバー率100%&400nitのディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDか3480×2160ドットの4Kです。Adobe RGBカバー率 100%の広色域パネルを採用(フルHDで対応しているか不明)し、輝度は400nit(またはcd/m2)と非常に明るくて鮮やかな映像を実現しています。

液晶ディスプレイ

色鮮やかで高精細な4Kディスプレイ

輝度が高い

通常はこの位置から画面を撮影すると色が沈んでしまうのですが、輝度が400nitと非常に明るいので本来の色でハッキリと映し出されています

光の映り込み

液晶ディスプレイの表面には低反射処理が施されていますが、映り込みがまったくないわけではありません

磁気浮遊式のMagLevキーボード

XPS 15 2-in-1の本体は16mmと非常に薄いのですが、この薄さは「MagLevキーボード」と呼ばれる新技術によるものです。従来のキースイッチを廃し新たに磁気浮遊式のスイッチを利用することで、クラムシェル型のXPS 15に比べて24%の薄型化を実現しています。

MagLevキーボード

磁気浮遊式のMagLevキーボードを採用することで、24%の薄型化を実現

XPS 15 2-in-1のキーボード

XPS 15 2-in-1のキーボード

実際にキーボードを触ってみましたが、タイプ感は好みが分かれるかもしれません。以下に筆者の感想を箇条書きでまとめましたので、参考にしてください。

XPS 15 2-in-1のタイプ感

  • ・プチプチとしたタイプ感
  • ・クリック感はあるがストローク感がない不思議な感覚
  • ・MacBookよりも入力時の手応えがある
  • ・スペースキーのクリック感がほとんどない
  • ・Shift、Ctrlキーがやや固め

磁気浮遊式キーボード

磁気浮遊式キーボードは不思議な感触でした

なおXPSシリーズでは、日本語配列のキーボードと英字配列のキーボードのどちらかを選択可能です。従来モデルでは追加料金なしで変更できるので、おそらくXPS 15 2-in-1でも無料で変更できるものと思われます。

4096段階の筆圧感知に対応

プレミアムアクティブペンを使えば、ペン入力が可能です。筆圧感知は4096段階、傾き検知に対応しているかどうかは不明です。

ペン入力に対応

ペン入力に対応

プレミアムアクティブペン

ペン入力用のプレミアムアクティブペン(別売り/標準付属のどちらかは未定)。外観とスペックから察するに、おそらくPN579Xではないかと思われます

本体側面に装着可能

内蔵のマグネットにより、本体側面に装着可能

ペン入力を試してみたところ遅延は感じられませんでしたが、筆圧の精細さまでは確認できませんでした(展示機ではWindows Inkのみしか試せなかったため)。

ペン入力

遅延は感じられず、描き味はなめらかでした。ただし筆圧感知については未検証です

ハイエンド2-in-1としては極薄&コンパクト

本体サイズは幅354×奥行き235mmで、15.6インチタイプとしては非常にコンパクト。14インチタイプのノートPCと同レベルの大きさです。

本体の大きさ

画面は15.6インチでも、本体サイズは14インチ相当。ボディの素材にはアルミが使われています

極細ベゼル

本体の小ささは、幅4.7mmの極細ベゼルによるもの

高さは公称値では16mmとされていますが、最薄部なのか最厚部なのかはわかりません(XPS 15の最薄部が11mmなので、おそらく最厚部)。ただ実物を見てみると、15.6インチとしては非常にスリムであると感じました。

最厚部

最厚部となる背面は、ちょっと厚みがあります

前面

前面側から見ると、非常にスリムです

重量は2.0kgとやや重めです。日常的に持ち歩くにはちょっとツライ重さですが、自宅や会社施設内で移動するには問題ないでしょう。

USBはType-Cのみ

XPS 15 2-in-1にはUSB端子が4ポート用意されていますが、すべてType-C端子です。そのうち2ポートがThunderbolt 3に対応しています。

左側面

左側面のインターフェース

  • ① USB3.1 Gen2 / Thunderbolt 3 兼用 Type-C端子(充電兼用)
  • ② USB3.1 Gen2 / Thunderbolt 3 兼用 Type-C端子
  • ③ microSDメモリーカードスロット
  • ④ バッテリー残量確認ボタン

右側面

右側面のインターフェース

  • ① USB3.1 Gen1(Type-C)※DisplayPortとしても利用可能
  • ② ヘッドホン出力
  • ③ セキュリティスロット ※盗難防止用

XPS 15 2-in-1(9575)のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代Core i5 / i7
メモリー 8 / 16GB
ストレージ SSD(SATA/PCIe、最大1TB)
グラフィックス Radeon RX Vega M および Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080 / 3840×2160ドット、光沢
タッチ/ペン入力 対応 ※ペンは別売り
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.1 Gen 2/Thunderbolt 3兼用Type-C端子×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×2、microSDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
カメラ 92万画素、顔認証用赤外線カメラ
サイズ 幅354×奥行き235×高さ16mm
重量 2kg
バッテリー駆動時間 ※未公開

※2018年6月18日時点。構成は変更される場合があります

New XPS 15との違い

デルからは同じXPS 15シリーズとして、クラムシェル型のNew XPS 15というモデルが発売されています。XPS 15 2-in-1とは利用スタイルが異なるだけでなく、CPUやグラフィックス機能、インターフェース構成などが異なります。

New XPS 15とXPS 15 2-in-1の比較

New XPS 15(9570)New XPS 15 XPS 15 2-in-1(9575)
スタイル クラムシェル 2-in-1(コンバーチブル)
CPU Core i5-8300H
Core i7-8750H
Core i5-8305G
Core i7-8705G
dGPU GeForce GTX 1050 Ti Radeon RX Vega M
ペン入力 非対応 対応
大きさ 幅357mm
奥行き235mm
高さ11~17mm
幅354mm
奥行き235mm
高さ16mm
重さ 1.8kg(フルHD)
2kg(4K)
2kg
USB USB3.1 Gen 1(フルサイズ)×2
USB3.1 Gen 2/Thunderbolt 3兼用Type-C端子×1
USB3.1 Gen 2/Thunderbolt 3兼用Type-C端子×2
USB3.1 Gen1(Type-C)×2
映像出力 HDMI
DisplayPort(USB3.1)
DisplayPort(USB3.1)
メモリーカード SD microSD

実際にどちらのほうがパフォーマンスが高いかは、ベンチマークテストなどで検証しないとわかりません。しかし筆者としてはNew XPS 15のほうが総合的なパフォーマンスに優れているのではないかと考えています。

スペック以外の部分では、キーボードのタイプ感が異なります。筆者としては従来方式を採用したNew XPS 15のほうが好みです。

New XPS 15(9570)展示機レポート:ハイパフォーマンスなクリエイター向けノートPC
デルは2018年5月に、15.6インチタイプのハイエンド向けノートPCとして「New XPS 15(9570)」を発表しました。通常……

機能とデザインに優れる先進的な15インチ2-in-1

デルのなかの人によると、米国では15インクラスでハイエンドな2-in-1モデルの需要が高まってきているとのこと。日本ではまだ2-in-1モデルは需要が少ないものの、クラムシェル型と同等の性能/値段であれば、2-in-1モデルを選択する人が増えてくるかもしれません。

特にXPS 15 2-in-1はクラムシェルのXPS 15よりも薄くてコンパクトですので、こちらを選ぶ理由は十分にあります。あとはパフォーマンス面の違いですが、XPS 15 2-in-1の性能がXPS 15よりも大きく下回らないのであれば、あえて2-in-1を選ぶのもアリです(※)。

※XPS 15はCPUがCore i5-8300H/i7-8750H、dGPUがGeForce GTX 1050 Tiです。どちらも未検証ですが、筆者としてはXPS 15が性能面でXPS 15 2-in-1を上回ると予想しています。

またどちらが「先進的」か、つまりどっちのほうがカッコよくて心惹かれるかと言えば、薄い上に新技術を搭載したXPS 15 2-in-1のほうですよね。PCとしてのパフォーマンスはXPS 15のほうが優れているとは思いますが、PCを使う楽しさではXPS 15 2-in-1のほうが勝っているはずです。

XPS 15 2-in-1(9575)

PCを楽しみたい人におすすめなXPS 15 2-in-1(9575)

Dell XPS 15 2-in-1

XPS 15 2-in-1

価格未定

※7/13より発売開始

デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
デルのおすすめノートPCとお買い得情報をお届け!

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!