レノボYoga Slim 750i Carbonレビュー:966gで超スリム&頑丈な13.3インチモバイルノートPC

レノボ Yoga Slim 750i Carbon レビュー
レノボのYoga Slim 750i Carbonは、13.3インチで2560×1600ドットの2Kディスプレイを搭載するモバイルノートPCです。重さは966gで超軽量。しかも薄型であるにも関わらず、頑丈に作られています。グラフィックス機能が強化されたインテル第11世代Coreプロセッサー搭載で、パフォーマンス面も文句なしの出来栄え。ビジネスや学生生活などさまざまなシーンで活用できます。

レノボ Yoga Slim 750i Carbon レビュー

Yoga Slim 750i Carbon

主なラインナップ

Core i5モデル
Core i5 8GBメモリー 512GB SSD 11万4059円
Core i5モデル オフィス付き
Core i5 8GBメモリー 512GB SSD Office Home and Business 13万5945円
Core i7モデル
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 14万5515円
Core i7モデル オフィス付き
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD Office Home and Business 16万8500円

※2021年3月25日時点、5500円オフクーポン適用時

 Yoga Slim 750i Carbonのスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 13.3インチ
解像度 2560×1600
CPU ・Core i5-1135G7
・Core i7-1165G7
メモリー ・8GB
・16GB
※LPDDR4x-4266、オンボードのため増設不可
SSD ・512GB
・1TB
HDD なし
グラフィックス Iris Xe
LTE
堅牢性テスト MiL-STD-810G 準拠
色域 100% sRGB
幅×奥行き 295.9×208.9mm
厚さ 14.25mm
重量 966g
バッテリー 約14時間

※2021年3月25日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ムーンホワイト
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
USB3.2
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 3(USB3.1、うち2ポートがThunderbolt 4対応)
Thunderbolt 4 2
メモリーカード
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素)
顔認証カメラ 対応
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス ・なし
・付属モデルあり

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

限定クーポンで5500円オフ

購入時に新生活応援キャンペーンクーポン「NEWLIFE0509」を使用すると、Yoga Slim 750i Carbonを5500円オフで購入できます。

※クーポンの有効期限は5/9まで

Yoga Slim 750i Carbon

Yoga Slim 750i Carbon

税込11万4059円~

※2021年3月25日時点、5500円オフクーポン適用時

デザインと使いやすさ

外観について

Yoga Slim 750i Carbon

Yoga Slim 750i Carbonを手にとってまず驚くのが、その薄さと軽さです。厚さは公称値で14.25mm、実測では15.3mm、ゴム足を含めた設置時の高さは18.1mmありました。設置時にはやや厚みを感じるものの、手で持つと非常にスリムに感じます。

Yoga Slim 750i Carbon 厚さ

Yoga Slim 750i Carbonの側面

Yoga Slim 750i Carbon 厚さ

厚さは最厚部で実測15.3mm

Yoga Slim 750i Carbon 前面

前面の見た目はとてもスリム

重さは公称値で966g、実測では964gでした。片手で楽々と持ち上げられる軽さで、持ち歩きにも向いています。

Yoga Slim 750i Carbon 重さ

重さは実測で964g。非常に軽い!

Yoga Slim 750i Carbon 電源アダプター

付属の電源アダプターは178g。本体と合わせても1.1kg程度しかありません

これだけ薄くて軽いと、堅牢性(壊れにくさ)が気になります。手で持つと曲がったりしないかと不安になるほど薄いのですが、実際にはたわみはまったく感じられませんでした。両端を持って軽くねじるように力を入れても、頑丈に作られている印象を受けます。

Yoga Slim 750i Carbon 堅牢性

薄くて軽くても、かなり頑丈に作られています

Yoga Slim 750i Carbonが頑丈なのは、筐体の素材に軽くて強度が高いカーボンファイバーとマグネシウム-アルミニウム合金が使われているためです。また米工国防省が定める耐久基準「MiL-STD-810G」もクリアー。振動や圧力を受ける機会の多いモバイルノートPCですが、これだけ頑丈であれば安心して持ち歩けます。

Yoga Slim 750i Carbon 天板

天板部分はカーボンファイバーを使用

Yoga Slim 750i Carbon 底面

底面部分にはマグネシウムアルミニウム合金が使われています

また上品で高級感のある外観も特徴的です。本体カラーはムーンホワイト。実際の色合いは目のさめるような透きとおった美しい白でした。サイズはA4用紙程度で扱いやすく、一般的なバッグにも難なく収まります。

Yoga Slim 750i Carbon カラー

ムーンホワイトの本体カラー

Yoga Slim 750i Carbon サイズ

接地面積は幅295.9×奥行き208.9mm

Yoga Slim 750i Carbon 大きさ

A4サイズ(オレンジの部分)よりもわずかに小さい程度

Yoga Slim 750i Carbon パームレスト

パームレストもホワイト

Yoga Slim 750i Carbon 最大角度

ディスプレイは最大で180度程度開きます

Yoga Slim 750i Carbon ベゼル

ベゼル幅は左右5mm、上部8.6mm、下部10.5mmで極細。個人的には黒ではなく白のほうが、全体的な統一感があるように感じます

Yoga Slim 750i Carbon 排気口

排気口はヒンジ裏のあたり

ディスプレイについて

Yoga Slim 750i Carbon 画面サイズ

ディスプレイのサイズは13.3インチ。モバイルノートPCとしては一般的な大きさです。解像度は2560×1600ドットのWQXGA(2K)で、一般的なフルHDに比べてピクセル比では1.97倍。標準ではスケーリング(デスクトップの拡大率)が200%と高めに調整されているため、フルHDの約2倍の文字が表示されるわけではありません。しかし文字はドット感がなくて非常に見やすく、写真も細かなディティールがしっかり映し出されています。とても高精細な映像です。

Yoga Slim 750i Carbon 解像度

解像度はフルHDのおよそ2倍。非常に高精細で、細部まではっきりと映し出されます

Yoga Slim 750i Carbon ディスプレイ

デスクトップの文字の大きさは1.8~2.6mm。ちょっと小さいのですが、文字のギザギザ感がほとんど感じられません

映像は明るく自然ない色合いです。表面が光沢なしのノングレアのためとても鮮やかというほどではありませんが、一般的なノートPCよりも映像品質は優れています。色合いはやや暖色系でちょっと黄色っぽく感じられるものの、特に気にならないでしょう。色域はsRGB 100%とのことですが、プロのクリエイティブワーク向けではなく、あくまでも一般用途向けです。

Yoga Slim 750i Carbon 映像品質

映像はやや暖色系で黄色が強い印象

Prestige 15 映像品質

sRGB 100%のクリエイター向けノートPC(別機種)の映像

Yoga Slim 750i Carbon コントラスト

表面はノングレアですが、コントラストは比較的高め。明るさは公称値で300nitと十分

キーボードについて

Yoga Slim 750i Carbon キーボード

キーボードはバックライト対応で、テンキーなしの日本語配列です。配列は一見すると普通ですが、Enterキー周りがやや窮屈でした。使い始めは違和感があるかもしれませんが、そのうち慣れるでしょう。

Yoga Slim 750i Carbon バックライト

キーボードはバックライト対応

Yoga Slim 750i Carbon 配列

Enterキー周辺がやや窮屈

キーピッチは19mmで標準的。キーストロークは実測で0.91mmでした。ノートPCのストロークは1.5mm前後であることが多く、浅いものでも1.2mmあたりです。それらと比べるとキーを押している途中で止まってしまうような感覚を受けます。クリック感が固いので手応えは感じられるものの、文章を素早く入力すると手応えがほとんど感じられません。しっかりと押し込む人向けではなく、なでるような軽い力で入力する人向きです。

Yoga Slim 750i Carbon タイプ感

ストロークはかなり浅く、軽い力で入力する人向き

Yoga Slim 750i Carbon タイプ音

タイプ音はごく軽い力ならほとんど気になりません。少し力を入れて打つと、わずかにタクタクと聞こえます。軽いタッチ推奨です

Yoga Slim 750i Carbon タッチパッド

タッチパッドのボタンストロークも浅め。軽い力だと認識されないことがあるので、グッと押し込むようにして使うといいでしょう

インターフェース/機能について

Yoga Slim 750i Carbon インターフェース

USB端子は合計3ポートで、すべてType-Cです。フルサイズのUSB端子とメモリーカードスロットはありません。ちょっと不便な気もしますが、最近はワイヤレスデバイスが普通に使われますし、いざといなったらType-Cドックを使えばすむので問題ないでしょう。端子のバリエーションよりも薄さを優先した結果だと思えば納得できます。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 △(低速充電)
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Yoga Slim 750i Carbon スピーカー

スピーカーの音質は、薄型ノートPCとしては思っていたよりも厚みがありました。ただしわずかにこもった感があり、サラウンド感もいまひとつです

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プラチナ
CPU Core i7-1165G7
メモリー 8GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で電源モードを「最も高いパフォーマンス」に設定しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第11世代のCore i5-1135G7またはCore i7-1165G7が使われています。CPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、スタンダードノートPC/モバイルノートPC向けとしては優秀な結果が出ました。Core i5だと多少パフォーマンスは落ちるものの、それでも十分高性能です。

CPUの性能差

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 4700U
15264
Ryzen 5 4500U
12939
Yoga Slim 750i Carbon(Core i7-1165G7)
12539
Core i7-1165G7
12421
Core i7-1065G7
12016
Core i5-1135G7
11332
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i5-1035G1
9667
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3250U
4968
Athlon Silver 3050U
3851
Celeron N4120
2771
Celeron N4020
1658

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphicsが使われます。第11世代ではグラフィックス機能が強化されており、3Dベンチマークテストでは確かに前世代のIris Plusを大きく上回る結果が出ました。現行世代のGTX 1650には及ばないものの、旧世代のGTX 1050迫るほど。内蔵タイプとしては非常に優れた結果です。ゲームやちょっとしたクリエイティブワークでの効果を期待できるでしょう。

GPUの性能差

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
GTX 1050
5858
Yoga Slim 750i Carbon(Iris Xe)
5488
Iris Xe (Core i7)
4486
MX350
3931
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Radeon (Ryzen 3)
2324
Iris Plus(Core i5)
2236
UHD (Core i7)
1335
UHD (Core i5)
1273

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア10025
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア6847
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア4918

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、すべてのテストで快適に使える目安をクリアーしました。前世代のCore i7-1065G7ではコンテンツ制作のテストをギリギリクリアーできる程度だったので、第11世代になって総合的なパフォーマンスは大きく向上しています。Core i5モデルでも、そこそこ優秀な結果が得られるでしょう。

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBまたは1TBのSSDです。接続規格はPCIe 3.0 x4の超高速タイプで、シーケンシャルリードでは3556MB/秒と非常に高速でした。ただし高負荷なテストを連続して行なうと、シーケンシャルライトの速度が低下しています。どうやらサーマルスロットリングが発生しているようですが、極端に重い作業でなければ大きな影響はないでしょう。

Yoga Slim 750i Carbon ストレージ

1TB SSDのアクセス速度。左は標準テスト時で右は高負荷テスト時

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均12.06秒でした。SSD搭載のノートPCは15秒前後が平均的ですので、起動はやや速いといったところです。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 12.4秒
2回目 12.2秒
3回目 11.7秒
4回目 11.7秒
5回目 12.3秒
平均 12.06秒

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は、公開されていません。そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、10時間55分で休止状態へ移行しました。

公称値よりもやや短い結果でしたが、モバイル用途としては十分です。電源モードを変更して消費電力量を抑えれば、もう少し長くもつでしょう。

バッテリー駆動時間の計測結果(Core i7モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 14時間
Modern Office (ビジネス作業) 10時間55分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークを試したところ、ごくごく軽いドラクエ10ではフルHDの最高画質でも快適との評価でした。しかしやや重いFF14や重量級のFF15だと、フルHDでは満足にプレーできるほどの結果ではありません。画質や解像度を大きく下げることで、なんとかプレーできる程度といったところです。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 ※計測不能
標準品質 2083 / 重い
軽量品質 2525 / やや重い

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 3799 / 26.1 FPS
高品質 5214 / 36.7 FPS
標準品質 6535 / 46.6 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 11598 / すごく快適
標準品質 14084 / すごく快適
低品質 15534 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

超軽量&薄型で魅力的なノートPC

Yoga Slim 750i Carbon 感想

よかった点

かなりの軽量薄型デザインであるにも関わらず、堅牢性が高い点が魅力です。頑丈なモバイルノートPCは無骨なデザインになりがちですが、Yoga Slim 750i Carbonは野暮ったさがまったく感じられません。どこにでも気軽に持ち歩ける上、人に自慢できる外観です。

Yoga Slim 750i Carbon 外観

自慢したくなるスタイリッシュなデザイン

加えて、パフォーマンスが高い点もポイント。同じ第11世代Coreプロセッサを搭載した他機種よりもベンチマークテストで優れた結果が出ており、より快適に使えます。これだけの薄さで非常に高い性能を実現できているのは驚きです。

今回の試用機はレノボが実施した「学習用パソコン体験モニター募集キャンペーン」によるものですが、高校生から大学生であれば非常に有用な機種だと思います。特に外出が多い大学生であれば、持ち歩きに最適です。性能も高いので、4年以上学習用にフルに使えるでしょう。

ただし小中学生用には、ちょっと不安な印象を受けました。いくら堅牢性が高いとは言え、PCの扱いに慣れていない子供には筐体が薄すぎる気がします。それに10万円オーバーのPCをポンと買い与えるのには、かなりの勇気が必要です。そのくらいの年齢層には、IdeaPad Duet Chromebookなどのリーズナブルな機種がいいかもしれません。

気になる点

キーボードのストロークが浅すぎる点が気になりました。とは言え、これは筆者が普段からストロークの深いデスクトップPC用キーボードを使っているためでしょう。もともと軽いタッチで入力する人なら、あまり気にならないかもしれません。

最近は本体の薄型化に伴い、キーストロークもだいぶ浅くなっています。そもそも若い世代にはキーボードに触れたことがない人もいるわけですから、気にならない人も多いはず。その意味で、若い人向けのノートPCとも言えます。

限定クーポンで5500円オフ

購入時に新生活応援キャンペーンクーポン「NEWLIFE0509」を使用すると、Yoga Slim 750i Carbonを5500円オフで購入できます。

※クーポンの有効期限は5/9まで

Yoga Slim 750i Carbon

Yoga Slim 750i Carbon

税込11万4059円~

※2021年3月25日時点、5500円オフクーポン適用時

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

レノボのおすすめノートPCまとめ
ThinkPadセール情報まとめ

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました