レノボYoga 650 (AMD)レビュー:Ryzen搭載で7万円台からの高性能13.3インチモバイル2-in-1

レノボYOGA 650レビュー
レノボのYoga 650 (AMD)(以下、「Yoga 650」)は、液晶ディスプレイが回転するタイプの13.3インチモバイルノートPCです。高性能なRyzen 5 4500U / Ryzen 7 4700U搭載で、最安モデルは7万円台からと手頃なkakakuが魅力。手書き入力用のデジタルペンも付いています。

YOGA 650

Yoga 650

ラインナップと価格

スペック 税込価格
Ryzen 5 4500U / 8GB / 256GB SSD 7万4059円
Ryzen 5 4500U / 8GB / 256GB SSD +Office H&B 8万6504円
Ryzen 7 4700U / 16GB / 512GB SSD 9万0998円
Ryzen 7 4700U / 16GB / 512GB SSD+Office H&B 10万8574円
Ryzen 5 PRO 4650U / 8GB / 256GB SSD 7万8863円
Ryzen 5 PRO 4650U / 8GB / 256GB SSD +Office H&B 9万8547円

※2021年3月1日時点、5500円クーポン適用時

Yoga 650のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 13.3インチ
解像度 1920×1080
APU ・Ryzen 5 4500U(6C/6T)
・Ryzen 7 4700U(8C/8T)
・Ryzen 5 PRO 4650U(6C/12T)
メモリー ・8GB
・16GB
※オンボード
SSD ・256GB
・512GB
HDD なし
グラフィックス Radeon
LTE
堅牢性テスト
色域 72% NTSC
幅×奥行き 308×206.5mm
厚さ 17mm
重量 約1.32kg
バッテリー 約19.6~19.8時間

※2021年3月1日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー アビスブルー
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
USB3.2
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 2(USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー 搭載
付属品 Lenovo Digital Pen、ACアダプターなど
オフィス ・なし
・Office Home & Business 2019

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

限定クーポンで5500円オフ

購入時に新生活応援キャンペーンクーポン「NEWLIFE0509」を使用すると、Yoga 650を5500円オフで購入できます(Ryzen 5 PROモデルを除く)

※クーポンの有効期限は5/9まで

※2021年3月1日時点

デザインと使いやすさ

クルッと回る2-in-1

Yoga 650 2in1

Yoga 650は、画面が回転するタイプの2-in-1ノートPCです。キーボード面をスタンド代わりに使ったり、全体をたたんでタブレットのようにも利用できます。タッチ操作対応なので、キーボードやマウスがなくてもPCを操作可能です。

外観について

Yoga 650 外観

Yoga 650の外観は、とても個性的です。頑丈なアルミ製の天板に、アビスブルーのファブリックカバーを装着。デニム生地のような色合いと質感で、PCというよりもA4サイズのシステム手帳のような雰囲気に感じます。見た目はカジュアルですが、気になるのは経年劣化で汚れが目立つのではという点。防汚処理が施されているとのことですが、かつてSurface Laptopがファブリック素材を使った際にやはり汚れが目立つケースがありました。Yoga 650ではどのように変化するかは不明ですが、キレイに使うよう心がけたいものです。

Yoga 650 外観

本体カラーはアビスブルー

Yoga 650 天板

アルミ製の天板には、ファブリック素材が貼り付けられています

Yoga 650 ファブリック

ファブリック素材はデニム生地のような手触り。カジュアルな外観です

Yoga 650 パームレスト

パームレストはアルミ製。しっとりとした手触りですが、わずかに指紋が目立ちます

Yoga 650 ベゼル

ベゼルは左右7.1mm、上部8.6mm、下部12.5mm。数値的には細いのですが、13.3インチとしてはやや太めに感じます

Yoga 650 排気口

排気口はヒンジの裏部分

Yoga 650 底面

底面は樹脂(PC/ABS)製。吸気口が設けられています

Yoga 650 サイズ

接地面積は幅308×奥行き206.5mm

Yoga 650 大きさ

A4サイズ(オレンジの部分)よりもほんのわずかに大きめ

Yoga 650 厚さ

厚さは実測で18.3mm、ゴム足を含めた設置時の高さは20.5mm。13.3インチのモバイルノートPCとしてはやや厚めです

Yoga 650 前面

前面

Yoga 650 背面

背面

Yoga 650 重さ

重さは実測で1.321kg。特別軽いわけではありませんが、モバイル利用には十分な軽さです

Yoga 650 アダプター

電源アダプターは45WのType-Cタイプ。重さは296g

ディスプレイについて

Yoga 650 画面

ディスプレイのサイズは、モバイル向けでは人気の高い13.3インチ。据え置き用の14~15.6インチよりも画面が小さいのですが、そのぶん本体がコンパクトです。解像度は1920×1080ドットのフルHDで、一般的なスペック。多くのタッチ対応機種と同じく、ディスプレイ表面は光沢ありのグレアタイプで、映り込みが生じます。

Yoga 650 グレア

画面は光沢ありで映り込みが目立ちますが、映像が鮮やかな点がメリット

ディスプレイの映像は自然な発色ではあるものの、やや暖色系で黄色っぽく感じられます。スマホやクリエイター向けノートPCに比べて、赤みが弱く感じるかもしれません。色域はNTSCカバー率72%(sRGB換算で99~100%)で、パネルの品質としては中の上クラス。本格的なイラスト制作などには向きませんが、一般的な利用には問題ないでしょう。画面の輝度は300nitとのことですが、ディスプレイの明るさを最大にしてもそれほど明るくは感じませんでした。とは言え暗いわけでもなく、普通に使える明るさです。

Yoga 650 映像品質

ディスプレイの映像はやや黄色ががっています

Yoga 650 明るさ

300nitも出ているかなと感じる明るさでしたが、作業は問題なく行なえました

キーボードについて

Yoga 650 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト対応です。パッと見る限りでは配列に違和感はありませんが、Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。また右Ctrlキーの基地もやや微妙です。とは言え、普通に利用するぶんには問題ないでしょう。

Yoga 650 バックライト

キーボードバックライト対応

Yoga 650 配列

Enterキー周辺の配列がやや窮屈です

キーピッチは実測で横19mm、縦18.5mm。若干横長なので、使い始めのうちはわずかに違和感があるかもしれません。キーストロークは平均1.18mmで、非常に浅く作られています。クリック感が固く入力時にカクッとした手応えがありますが、ストロークが浅いので軽い力で入力する人向きです。タイプ音はクリック感が固いぶん、弱い力でもカタカタと聞こえました。強く叩くとパチパチと響くので、軽いタッチ推奨です。

Yoga 650 キーピッチ

キーピッチは横19mm、縦18.5mmでやや横長

Yoga 650 タイプ感

ストロークが浅く、タイプ感は軽め。弱い力でキーを打ってもカタカタと聞こえます

ペン入力について

Yoga 650 ペン入力

Yoga 650には、手書き入力用のデジタルペンが付属します。ペンの筆圧感知は4096段階で、傾き検知には対応していません。今回はRyzen 5モデルで試用したところ、遅延は気になるほどではありませんでした。ちょっとしたイラスト制作や打ち合わせのメモなどには問題なく使えます。

Yoga 650 デジタルペン

付属のレノボデジタルペン。筆圧感知は4096段階まで対応

インターフェース/機能について

Yoga 650 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース類は、あまり多くありません。USB端子は合計4ポート(うち2ポートはType-C)と十分ですが、映像出力用のHDMIやメモリーカードスロットがない点に注意してください。ただType-C端子が映像出力や充電(左側面のみ)にも対応しているので、機能が少ないわけではありません。Type-Cドックを追加すれば、さまざまな端子を利用可能です。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 △(低速充電)
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Yoga 650 指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

Yoga 650 Webカメラ

ディスプレイ上部のWebカメラはシャッター付き

Yoga 650 スピーカー

スピーカーはキーボード左右に配置

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。またグラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します

CPU性能

Yoga 650では、第3世代のRyzenモバイル4000シリーズが使われています。Ryzen 5 4500U搭載の試用機でCPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、インテルのCore i7を上回る非常に優秀な結果が出ました。CPU性能に依存する処理であれば、快適にこなせるでしょう。

上位CPUが使われているそのほかのモデルであれば、さらに高いパフォーマンスを期待できます。Ryzen 7 4700UはゲーミングノートPC並みのパフォーマンスで、フルHDクラスの動画編集や高度なデータ処理にも利用可能です。Ryzen 5 PRO 4650Uはビジネス機能を内蔵した6コア12スレッドのCPUで、通常のRyzen 5 4500Uよりも性能は高め。しかしRyzen 5モデルはメモリー容量が8GBなので、大容量のデータを扱う作業にはやや不向きかもしれません(メモリーはオンボードのため増設不可)。

CPUの性能差

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 4700U
15264
Ryzen 5 PRO 4650U
13536
Ryzen 5 4500U
12939
Yoga 650(Ryzen 5 4500U)
12734
Core i7-1165G7
12566
Core i7-1065G7
12016
Core i5-1135G7
11332
Core i7-10510U
10257
Core i5-1035G1
9667
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3250U
4968
Athlon Silver 3050U
3851
Celeron N4120
2771
Celeron N4020
1658

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。3Dベンチマークスコアは内蔵タイプとしては高めですが、GeForceシリーズなど専用GPUほどではありません。インテル第11世代のIris Xeについてはパーツ構成によって大きく異るのですが、概ねRyzen 7 4700UのRadeonと同等以上と考えていいでしょう。ゲームやクリエイター向けソフトで多少の効果は期待できますが、作業にガッツリ使えるほどではないので注意してください。

GPUの性能差

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Iris Xe (Core i7)
4534
MX350
3931
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
Yoga 650(Ryzen 5 4500U)
2841
Radeon (Ryzen 5)
2652
Radeon (Ryzen 3)
2324
Iris Plus(Core i5)
2236
UHD (Core i7)
1335
UHD (Core i5)
1273

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア8566
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア7312
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア4581

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、すべてのテストで快適に使える目安をクリアーしました。Ryzen 7モデルであれば、さらに快適に利用できるでしょう。汎用性の高い機種です。

ストレージのアクセス速度

ストレージは256GB SSDまたは512GB SSDです。試用機ではPCIe 3.0 x4接続のSSDが使われていました。アクセス速度はそれほど速くないものの、普通に使える品質です。ただし高負荷なテストを繰り返すとアクセス速度が低下しており、サーマルスロットリング(高温による性能低下)が発生していると思われます。

Yoga 650 SSD

256GB SSDのアクセス速度。左は標準テスト時で右は高負荷テスト時

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は、公称値で19.8時間とされています。ただしこれは電力消費量を抑えた状態での結果。普通は実際の駆動時間はもっと短くなります。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、16時間58分でバッテリー残量が3%に達し休止状態へ移行しました。これだけもてば十分でしょう。ただしバッテリー駆動時はパフォーマンスが3~4割ほど低下するので、重い処理を行なう場合は電源アダプターの利用をおすすめします。

バッテリー駆動時間の計測結果(Ryzen 5モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 19.8時間
Modern Office (ビジネス作業) 16時間58分
50%充電までにかかった時間 48分
フル充電までにかかった時間 2時間6分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

モバイル利用も可能な高品質14インチ

Yoga 650 感想

よかった点

Ryzenモバイル4000シリーズ搭載のモバイル2-in-1と言えば、これまでHPのENVY x360 13-ayシリーズが人気でした。Yoga 650はHP ENVY x360 13-ayシリーズよりもわずかに重くて厚いものの、価格が安い点が大きな魅力です。さらに手書き入力用のペンが付く点もポイント。海外の工場から発送されるため納期は10日前後(2021年3月1日時点)ですが、十分待てる範囲と言っていいでしょう。高性能なモバイル2-in-1を入手したい人におすすめします。

気になる点

個人的には、キーボードのタイプ感の軽さが気になりました。またディスプレイの映像品質もそれほどよくないので、色味を調整する必要があるかもしれません。あとはファブリック素材が経年劣化でどうなるのかという点。こればかりは実際に長期間使ってみないとわからなそうです。

限定クーポンで5500円オフ

購入時に新生活応援キャンペーンクーポン「NEWLIFE0509」を使用すると、Yoga 650を5500円オフで購入できます(Ryzen 5 PROモデルを除く)

※クーポンの有効期限は5/9まで

※2021年3月1日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

レノボのおすすめノートPC

スポンサーリンク

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
スポンサーリンク