アフィリエイト広告

レノボ Yoga 770iレビュー:2.8K OLEDディスプレイ搭載のプレミアムな2-in-1ノートPC

レノボ Yoga 770iレビュー

レノボの「 Yoga 770i(14型 第12世代インテル)」は、画面が回転する2-in-1タイプのノートPCです。14インチの高精細なディスプレイを搭載しており、特に2.8K OLEDパネルの上位モデルでは非常に美しい映像が映し出されます。プレミアムな2-in-1ノートPCとしておすすめ。

 

レノボ Yoga 770iレビュー

Yoga 770i(14型 第12世代インテル)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14インチ 光沢 タッチ対応
パネル ・2880×1800 OLED 90Hz 400nit DisplayHDR 500対応 DCI-P3 100%
・2240×1400 IPS 60Hz 300nit sRGB 100%
CPU Core i5-1235U / Core i5-1240P / Core i7-1255U / Core i7-1260P
メモリー 8~16GB LPDDR5-4800 ※オンボード
ストレージ 512GB / 1TB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース Thunderbolt 4×2(USB PD / 映像出力対応)、USB3.2 Gen1×1、HDMI、microSDカードスロット、ヘッドセット端子
生体認証 顔認証用IRカメラ
サイズ / 重量 幅316.66mm、奥行き220.25mm、高さ17.35mm / 約1.42kg
バッテリー 4セル 71Wh 約12時間駆動

本体デザイン

Yoga 770i 2-in-1

画面を回転させることで、さまざまなスタイルで利用可能

 

Yoga 770i デザイン

スリムながらもやや丸みを帯びた柔らかなシルエット。ノートPCにありがちなシャープな印象は薄く、iPad系に通じるものがあります。最近はこんなタイプが流行りなのかもしれません

 

Yoga 770i カラー

本体カラーはストームグレー。メタリックなダークグレーですが、光の当たり方によっては明るく見えることもあります。ボディの素材は合成と質感に優れるアルミニウム

 

Yoga 770i ディスプレイ

ディスプレイは指1本で開閉可能。ヒンジのトルクとベース部分の重さのバランスが調整されているからこそなせる技です

 

Yoga 770i パームレスト

キーボード面も天板と同じ仕上がりですが、こちらは手の力が加わるぶんより頑丈に作られています

 

Yoga 770i バックライト

キーボードはバックライト対応

 

Yoga 770i ベゼル

2-in-1タイプにしてはベゼルが細く(画面回転タイプは通常は太め)、画面周りがスッキリとしています

 

Yoga 770i インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース類は多くはありませんが、モバイル利用も可能な薄型タイプとしては十分です

 

Yoga 770i 電源アダプター

付属の電源アダプターはType-C。重さは179gで、65Wタイプとしてはかなりコンパクトです。ただし使用中は熱くなるので注意

 

Yoga 770i スピーカー

スピーカーは4基構成。底面部は2W×2のウーファーで、低音域に解像感と厚みが感じられます。ただし中音域がややこもったように聞こえました

 

Yoga 770i スピーカー

キーボードの両サイドには高音域向け2W×2のツイーターを配置。高音域はかなりクリアーではあるものの、シャカシャカとした感じが強く出ています

 

Yoga 770i 排気口

排気口はヒンジ脇に配置。ノートPCスタイルだと、熱を帯びた排気がディスプレイに直接当たります

 

Yoga 770i 底面

底面部。吸気はこの部分の通気口から行なわれます

サイズと重量

Yoga 770i サイズ

本体サイズは横31.666cm、縦22.025mm

 

Yoga 770i 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもひと回り大きい程度で、14インチクラスとしてはコンパクトです

 

Yoga 770i 厚さ

厚さは実測で16.9mm(突起部含まず)

 

Yoga 770i 背面

本体背面。底面のゴム足(突起部)を含めた設置時の高さは18.2mm。そこそこスリムです

 

Yoga 770i 重さ

重さは実測で1.434kg。14インチ2-in-1としてはやや軽い部類です

 

Yoga 770i 重さ

手で持つとそれなりのズッシリ感がありますが、持ち運べない重さでもありません

ディスプレイについて

Yoga 770i ディスプレイ

ディスプレイの大きさは14インチ。解像度は2280×1800ドットの2.8K OLEDと、2240×1400ドットの2.2K IPSが用意されています

 

Yoga 770i パネル

今回試用したのは2.8KのOLEDモデル。画素密度が高く映像は非常に高精細な上に、発色が素晴らしくとても色鮮やかです

 

Yoga 770i 映像品質

特に”黒”が美しく出ています。OLEDはバックライトがないため、IPSパネルやTNパネルのように黒が白っぽく映し出されることがありません。コントラストが高く、映像は非常に鮮やかです

 

Yoga 770i 色域

色域はOLEDモデルがDCI-P3 100%、IPSモデルがsRGB 100%。クリエイティブワーク用なら、HDR500にも対応のOLEDモデルがおすすめです

 

Yoga 770i リフレッシュレート

画面のリフレッシュレートは90Hz。カーソルやウィンドウの動き、ページのスクロールが一般的な60Hzのディスプレイよりもなめらかに映し出されます。ペン入力時の遅延を抑える効果もあり

キーボードについて

Yoga 770i キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列。タッチパッドは比較的大きな使いやすいサイズです

 

Yoga 770i 配列

キーピッチは実測で19mm。ノートPC向けとしてはもっともスタンダードなサイズです。ただしEnterキー周辺で一部のキーが隣接しているので注意

 

Yoga 770i タイプ感

タイプ感は非常に軽めです。キーを押した瞬間のクリック感は、指先に引っかかる程度の感触。キーストロークは実測で平均1.2mmでした。軽いタッチで入力する人には問題ありませんが、押し込むようにして打つ人には物足りないかもしれません

 

Yoga 770i タイプ音

軽い力で入力してもタイプ音はカタカタと聞こえますが、うるさく感じるほどではありません。ただし強い力で打つとパチパチと響くので、軽めのタッチ推奨です

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-1260P
メモリー 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「Lenovo Vantage」で「電源およびパフォーマンス」をもっとも高性能な「エクストリーム・パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第12世代のCore i5またはCore i7が使われています。試用機で使われていたCore i7-1260Pは12コア(Pコア4+Eコア8)の16スレッドで、第11世代のCore i7からマルチコア性能が大きく向上しました。最高クラスではありませんが、非常に優秀な結果です。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 6800U
9214
Ryzen 7 5800U
9195
Yoga 770i(Core i7-1260P)
8447
Ryzen 5 5600U
8411
Ryzen 7 5700U
8304
Ryzen 5 5500U
6779
Ryzen 3 5400U
5693
Ryzen 3 5300U
5140
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378
Celeron N4500
1120
Celeron 6305
1081

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

シングルコア性能を含めたCPUの総合性能では、モバイルRyzen 7 6800Uと同等レベルの結果でした。普段使いなど軽めの作業に影響するシングルコア性能を別のテストで行なったところ、モバイルRyzenシリーズよりも優れた結果が出ています。特に事務処理や文書作業などでは、大いに活躍するでしょう。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Core i7-1280P
23954
Ryzen 7 6800U
20679
Yoga 770i(Core i7-1260P)
20238
Ryzen 7 5800U
19213
Ryzen 7 5700U
18089
Ryzen 5 5600U
17530
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Ryzen 3 5400U
11695
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Core i3-1115G4
6750
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphicsが使われています。第12世代CoreプロセッサはCPU性能は大きく向上したものの、グラフィックス性能はあまり変わっていません。メモリーの高速化によって、多少影響が出ている程度だと思われます。

 

それでも従来のCPU内蔵グラフィックスよりは高性能ですが、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではない点に注意してください。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2014
MX450
1996
Yoga 770i(Core i7)
1632
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

ベンチマークテストの結果は非常に優秀で、従来のGPU非搭載ノートPCのスコアを全体的に大きく上回っています。GPU非搭載ながら、GPU搭載機よりもコンテンツ制作では有利な場面もあるでしょう。小規模な作品作りであれば、ある程度は問題なく作れるはずです。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Yoga10743
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
UL7C10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Yoga6474
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
UL7C8766
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Yoga6389
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486
UL7C10284

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060
GALLERIA UL7C-R37 Core i7-11800H / 16GB / RTX 3070

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は約12時間とされています。ただし公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

 

そこでCore i7搭載のOLEDモデルを使ってビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から5時間51分で休止状態へ移行しました。公称値よりもかなり短い結果でしたが、パフォーマンス設定を最大にしているからかもしれません。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

 

バッテリー駆動時間の計測結果 ※OLED Core i7モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大12時間
Modern Office (ビジネス作業) 5時間51分
50%充電までにかかった時間 58分
フル充電までにかかった時間 2時間17分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

ゲーム系ベンチマークを試したところ、ごくごく軽いドラクエ10ベンチなら快適との評価が出ました。同程度のタイトルとしては競技系のヴァロラントや、UWPアプリの小規模タイトルなどが挙げられます。中規模クラスのタイトルは画質と解像度をかなり下げれば、快適に遊べる目安の平均60FPSをクリアーできるかもしれません。ただあくまでも息抜き程度と考えたほうがいいでしょう。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 4155 / 29.1 FPS
高品質 5565 / 38.8 FPS
標準品質 7089 / 50.6 FPS

※1920×1080ドットの結果

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 9549 / とても快適
標準品質 11149 / すごく快適
低品質 11588 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

プレミアムな2-in-1ノートPC

Yoga 770i 

 

全体的な完成度の高い2-in-1です。パフォーマンスは優秀でディスプレイの映像も美しく、外観もスタイリッシュ。これからの2-in-1の主流となりそうな予感があります。プレミアムクラスの2-in-1を必要とする人にはピッタリでしょう。そのぶん値段もプレミアムですが、最上位のCore i7+OLEDモデルで15万円台(2022年8月時点)なら十分アリだと思います。

 

個人的に気になるのは、もう8GBメモリー搭載モデルはいらないのでは? という点です。販売する側として少しでも安く見せたい気持ちはわかりますが、プレミアムクラスの機種なのに8GBメモリーはアンバランスな気がします。メモリー増設に対応していないので、購入の際は16GBメモリーのモデルを選ぶよう注意してください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧

タイトルとURLをコピーしました