【高コスパ】Core i5 + 8GBメモリー + SSDで安いノートPCおすすめモデルを紹介:最安5万円台の鉄板構成が狙い目!

Core i5搭載ノートPCのおすすめモデル

いまどきのノートPCは、CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージは256GB SSDの組み合わせが一番人気です。「とりあえずこの構成なら確実に快適」と評価されていることから、この組み合わせことを”鉄板構成“とも呼びます。

鉄板構成のノートPCは仕事でPCをバリバリ使う人だけでなく、PC初心者にもおすすめです。高性能なだけに値段も高いかと思うかもしれませんが、実は最近はそこまで高くはありません。以前は10万円近くでしたが近ごろは7~8万円台あたりも多く、なかには5万円台の安い機種もあります。

そこで今回はCore i5 + 8GBメモリー + 256GB SSDを搭載した機種のなかから、手ごろな値段で使いやすいおすすめのノートPCを紹介します。

なぜ鉄板構成がおすすめなのか?

なぜ鉄板構成がおすすめなのか?

初心者に高性能な”鉄板構成”が必要な理由

先ほど「鉄板構成のノートPCは初心者にもおすすめ」と言いましたが、厳密に言えばこれは正しくありません。正しくは「初心者こそ鉄板構成のノートPCを使うべき」です。

PCに慣れた人ならともかく、なぜ初心者に高性能なノートPCが必要なのでしょうか。それは、性能が低いことが原因のトラブルやストレスを未然に防ぐためです。

PCの低価格モデルは「エントリーモデル」と呼ばれていますが、この「エントリー (entry)」とは「入り口」のこと。つまりこれからPCを始める初心者のための入門用モデル、という意味があります。スポーツや趣味の世界でも安い道具は入門用とされていますが、それと同じです。

エントリーモデルのPC

PCでよく使われる「エントリー」とは「入門用」のこと

安い道具だと壊れやすいことがありますが、最近のノートPCはとても頑丈に作られているので、普通に使っていれば簡単に壊れることはありません。その代わりに遅い、つまり処理の待ち時間が長いのです。

どれくらいの時間を長いと感じるかは人それぞれですが、いま売られているノートPCのなかで性能が低いものだと起動に1分くらいかかり、そのあと3~5分くらいは反応が鈍くて操作できません。しかもこの待ち時間は、使い続けるほどどんどん長くなるのです。

Inspiron 15 3000 (3580) ディスク使用率

PCの状態を確認している様子。性能の低いPCでは処理時に時間がかかり、そのぶん待ち時間が長くなります

また初心者だと気が付かないうちに重い (高負荷で時間がかかる)処理を実行してしまうことがあります。待ち時間がとんでもなく長くなる上に、場合によってはパソコンが反応しなくなることも。

こんなときに電源を落としたりすると作業中の内容が失われてしまったり、タイミングが悪いと故障の原因になりかねません。よく知らないまま低スペックのパソコンを使うとトラブルが起こりやすいのです。

性能の低いパソコンはトラブルが起こりやすい

しかしCore i5 + 8GBメモリー + 256GB SSDの鉄板構成であれば、そんな心配は必要ありません。トラブルの可能性はゼロではありませんが、安い入門用のパソコンよりもグッと下がります。これはCPUとメモリー、ストレージの品質が、パソコン全体の性能に強く影響するため。ここをしっかり押さえておけば、不具合で困る場面は少ないでしょう。

安くて性能の低いパソコンはエントリー向け (入門用)とされていますが、しっかり使いこなすには相当な知識やテクニックが必要です。トラブルで余計な時間をかけたりストレスでイライラするのがイヤなら、高性能な鉄板構成のパソコンを選んでください。

Core i5はどのくらいの性能なの?

ここからは少し技術的なことについて解説します。パソコン初心者の方は読み飛ばしていただいても構いません。

インテル製CPUにはさまざまな種類がありますが、そのなかでCore i5は中位クラスに相当します。と言っても性能も中くらいというわけではなく、どちらかと言えば上位より。一般用途向けのノートPCではCore i9はほとんど使われないため、実質Core i7に次ぐナンバー2という位置付けです。

インテル製CPUの分類

Core i7、i9 (上位) とにかく性能重視
Core i5 (中位) 性能と価格のバランスを重視
Core i3 (下位) 計算性能よりも価格の安さを重視
Celeron、Pentium (最下位) とにかく安さ重視

2019年10月時点でよく使われているCore i5は以下の5種類です。それぞれ微妙に性能が異なりますが、上から順位に性能が高いと考えていいでしょう。なおCore i5-8250Uより前のCPUは性能がガクッと落ちるのでおすすめしません。具体的には2017年8月以前のモデルはやめておいたほうが無難です。

現在の主流なCore i5

Core i5-1035G4 第10世代 Ice Lake。Iris Plusを内蔵したグラフィックス強化版。Surface Pro 7で使用されている
Core i5-1035G1 第10世代 Ice Lake。グラフィックス性能がやや高い
Core i5-10210U 第10世代 Comet Lake。今後の主流となる可能性が高い
Core i5-8265U 第8世代Whisky Lake。現時点ではもっとも使われている
Core i5-8250U 第8世代Kaby Lake-R。2017~2018年の主流だった

CPU性能を計測するベンチマークテストでは、Core i5はCore i7に迫る結果が出ています。一部ではCore i7を上回る結果も。ベンチマークテストはPC本体の冷却性能やチューニングよって大きく変わるため一概には言えませんが、Core i5とCore i7で性能はそれほど大きく変わらないと考えていいでしょう。

CPUの性能差

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i5-10210U
9754
Core i7-8565U
9693
Core i5-1035G1
9164
Core i7-8550U
9009
Core i5-8265U
8851
Core i5-8250U
8385
Core i3-8145U
5549
Celeron 4205U
2026
Celeron N4000
1553

※スコアは当サイト計測値の平均。値が大きいほど高性能であることを表わします

ゲーム用の超高性能なCPUを除けば、Core i7は一般用途向けノートPC用としてはほぼ最高クラスの性能です。そのCore i7に迫る実力のCore i5も、非常に高性能であると言えます。

なぜ8GBメモリーが必要なのか?

10年前のノートPCでは4GBメモリーで大容量でしたが、いまは必要最低限の容量でしかありません。ウィンドウズだけを快適に使うなら少なくとも8GBは必要で、高度な処理を行なうなら16GB以上の容量が求められます。これは、扱うデータ (文章や画像、動画など)や処理が昔よりも高度化 / 大規模化しているためです。

たとえば写真がきめ細かくキレイであるほどデータは大きくなり、そのデータを一時的に保管するメモリーの容量を圧迫します。データ量がメモリーに収まりきらないほど巨大になると、ウィンドウズはオーバーしたぶんを一時的にストレージに記録。しかしストレージはメモリーよりもはるかに遅く、データの読み書きに時間がかかります。この時間が待ち時間となるのです。

写真の加工

昔に比べて写真のデータ量が大きくなり、そのぶん多くのメモリーが使われるようになりました

10年前は扱うデータや処理が小規模でしたので、2~4GBのメモリーでも十分でした。しかしいまでは扱うデータも使うソフトも、そしてウィンドウズそのものも大幅に高度化しています。その大量のデータを効率的にさばき切るために、いまは8GB以上のメモリーが必要なのです。

なぜHDDではなくSSDなのか?

SSDはHDDよりもアクセスが速い点が特徴です。SSDにもいくつか種類はありますが、最近は概ねPCIe接続のSSDがよく使われています。

ストレージのアクセス速度

ストレージ別のアクセス速度の違い

アクセスが速いとファイルのやりとりが高速化されるだけでなく、ウィンドウズの体感速度が大きく変わります。具体的な効果は以下のとおりです。

SSD使ったときの効果

  • ・ウィンドウズの起動時間が大幅に短縮
  • ・Windows Updateが早く終わる
  • ・ソフト / アプリの起動が速い
  • ・ウイルススキャンにかかる時間が短縮

ウィンドウズの起動時間についてはHDDだと40秒から1分以上かかることがありますが、SSDだと平均16~17秒程度です。速いものだと10秒かからないこともあります。またWindows Updateやセキュリティースキャンなどファイルの読み書きが発生する処理も、SSDなら素早く終わります。

いまやSSDは、パソコンを快適に使うための必須パーツです。CPUをCore i5からCore i7にアップグレードするよりも、HDDをSSDに変更するほうが大きな効果を感じられるでしょう。

15インチスタンダードPC (光学ドライブ搭載)

まずはもっとも人気の高い、15インチ & 光学ドライブ付きのモデルから。DVDスーパーマルチドライブ (DVDライター)が付いていると、DVD / CDの再生や書き込みが可能です。市販DVDの視聴や音楽CDの再生、DVD版ソフトのインストールやDVDビデオの作成などに使えます。

Inspiron 15 5000 (5583) 光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Inspiron 15 5000 プレミアム (SSD搭載)

Inspiron 15 5000 (5583)

  • 2.17kg
  • 15.6型
  • 非光沢
  • DVD
Inspiron 15 5000
  • メーカー:デル
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

詳細スペック

15インチの光学ドライブ付きとしては最安のモデル。液晶ディスプレイにはTNパネルが使われているため映像がやや青みがかって見えるのですが、文章主体の作業であれば問題ありません。デザインや質感はいかにもなノートPCですが、値段が安いことを考えれば納得できる範囲です。

Inspiron 15 5000 (5583)

Inspiron 15 5000 (5583)

税込7万1976円

※2019年10月3日時点

HP Pavilion 15-cu1000 スタンダードモデル

HP Pavilion 15-cu1000

  • 2.07kg
  • 15.6型
  • 光沢
  • DVD
HP Pavilion 15-cu0000
  • メーカー:日本HP
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:128GB SSD + 1TB HDD
  • 解像度:1920×1080ドット

詳細スペック

IPSパネルが使われた映像が美しいモデル。動画や写真を楽しむなら、こちらが向いています。ただし光沢ありのグレアタイプなので、映り込みが生じやすい点に注意してください。SSDは256GBではなく128GBですが、その代わりに1TBの大容量HDDも付いています。使える容量が大きい点が魅力です。

HP Pavilion 15-cu0000

HP Pavilion 15-cu0000 スタンダードプラスモデル

税込7万5900円

※2019年10月3日時点

dynabook AZ35/M

  • 2.4kg
  • 15.6型
  • 非光沢
  • DVD
dynabook AZ35/M
  • メーカー:Dynabook
  • CPU:Core i5-8250U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

国内大手ブランドとしては最安のモデルです。厳しい評価基準をクリアーした高い堅牢性 (壊れにくさ)が魅力。光学ドライブや有線LAN、VGA (D-sub15ピン)など豊富なインターフェースにも対応しています。安心感を重視したい人におすすめ。

※2019年10月3日時点

15インチスタンダードPC (光学ドライブなし)

光学ドライブのない15インチタイプはスリムかつコンパクトで、デザインがいい点が魅力です。DVDを使う機会がない人は、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

IdeaPad S540 (15) 薄さ

光学ドライブがないぶん、スリムなモデルが多く見られます

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)

  • 1.8kg
  • 15.6型
  • 非光沢
IdeaPad S540 (15)
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

詳細スペック

テンキー付きの15インチタイプとしては最安のモデル。税込み6万円台半ばと非常にリーズナブルでありながら、アルミ素材を使った極薄で質感の高いボディが魅力です。フルHDの液晶ディスプレイにはIPSパネルが使われており、動画や写真もキレイ。非常にコスパの高いモデルです。

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)

税込6万1446円~

※2019年10月3日時点

レノボ最大1万円ぶんのVプリカキャシュバック! キャンペーン適用で実質金額がヤバイことに!!
レノボの公式サイトにて、対象のノートPC / デスクトップPCを購入すると最大1万円ぶんのVプリカギフトがもらえるキャンペーンが実施……

HP Pavilion 15-cs0000スタンダードモデル

HP Pavilion 15-cs0000

  • 1.82kg
  • 15.6型
  • 光沢
HP Pavilion 15-cs0000スタンダードモデル
  • メーカー:日本HP
  • CPU:Core i5-8250U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD + 1TB HDD
  • 解像度:1920×1080ドット

詳細スペック

ホワイトとゴールドのエレガントなカラーが特徴のモデル。セラミック風の天板は質感が非常に高く、パソコンっぽさを感じさせません。液晶ディスプレイは光沢ありのグレアタイプですが、コントラストが高く写真や動画がとても色鮮やかに映し出されます。256GB SSDに加えて、大容量の1TB HDDが内蔵されている点もポイント。

HP Pavilion 15-cs0000

HP Pavilion 15-cs0000

税込7万4800円

※2019年10月3日時点

14インチのコンパクトタイプ

14インチタイプのノートPCは15インチよりも画面がひとまわり小さいぶん、本体がコンパクトである点が特徴です。数値入力用のテンキーもありませんが、普段使わない人なら問題ないでしょう。最近はとてもコンパクトになり、モバイル用途で使う人も増えてきています。

14インチタイプのキーボード

15インチとの大きな違いはキーボードにテンキーがない点

IdeaPad S540 (14)

IdeaPad S540 (14)

  • 1.5kg
  • 14型
  • 非光沢
IdeaPad S540 (14)
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

IPSパネルによる美しい映像と、アルミ素材を使った高品質なボディが特徴のモデル。前述のIdeaPad S540 (15)の14インチ版です。キーボードのタイプ感は軽いものの、総合的な仕上がりは上々。高品質モデルとしてはとてもリーズナブルです。

IdeaPad S540 (14)

IdeaPad S540 (14)

税込5万7552円~

※2019年10月3日時点

レノボ最大1万円ぶんのVプリカキャシュバック! キャンペーン適用で実質金額がヤバイことに!!
レノボの公式サイトにて、対象のノートPC / デスクトップPCを購入すると最大1万円ぶんのVプリカギフトがもらえるキャンペーンが実施……

IdeaPad S340 (14)

IdeaPad S340 (14)

  • 1.55kg
  • 14型
  • 非光沢
IdeaPad S340 (14)
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

鉄板構成で税込6万円切りは驚きの安さです。本体はプラスチック製で質感はそれなりの上に、液晶ディスプレイの映像はやや青みがかっていますが、なにより安いのは魅力。使い勝手では前述のIdeaPad S540 (14)のほうが上ですが、少しでも安く入手したいならアリです。

IdeaPad S340 (14)

IdeaPad S340 (14)

税込5万8212円

※2019年10月3日時点

レノボ最大1万円ぶんのVプリカキャシュバック! キャンペーン適用で実質金額がヤバイことに!!
レノボの公式サイトにて、対象のノートPC / デスクトップPCを購入すると最大1万円ぶんのVプリカギフトがもらえるキャンペーンが実施……

ThinkPad E490

ThinkPadの E490

  • 1.75kg
  • 14型
  • 非光沢
ThinkPad E490
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

使いやすく堅牢性に優れるThinkPadシリーズは、特にビジネスシーンで人気です。ThinkPad E490はコストパフォーマンスの高さを重視した14インチタイプで、特にキーボードの打ち心地に優れています。購入時に追加料金を支払うことで、パーツをアップグレードできる点もポイント。安いなかでもワンランク上のモデルを使いたい人におすすめです。

ThinkPad E490

ThinkPad E490

税込6万9498円

※2019年10月21日時点

便利に使える2-in-1タイプ

2-in-1タイプは、ノートPCとしてもタブレットPCとしても使えるモデルです。最近は液晶ディスプレイを360度回転させる”コンバーチブル型”の2-in-1が主流。動画視聴やお絵かきなどに最適ですが、プレゼン用としてビジネスシーンでも人気です。

IdeaPad C340 (15) ペン操作

液晶ディスプレイを回転させることで、さまざまなスタイルで利用できます

IdeaPad C340 (15)

IdeaPad C340 (15)

  • 2.0kg
  • 15.6型
  • 非光沢
  • 2in1
IdeaPad C340 (15)
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-1035G1
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:1920×1080ドット

詳細スペック

第10世代のCore i5-1035G1を搭載したモデル。なぜか第8世代のCore i5-8265Uよりも安く販売されています。2-in-1の鉄板構成としては非常に安い上、さらに手書き入力用のアクティブペンも付属! 総合的なコスパの高さは尋常じゃないレベルです。

IdeaPad C340 (15)

IdeaPad C340 (15)

税込6万1732円

※2019年10月3日時点

レノボ最大1万円ぶんのVプリカキャシュバック! キャンペーン適用で実質金額がヤバイことに!!
レノボの公式サイトにて、対象のノートPC / デスクトップPCを購入すると最大1万円ぶんのVプリカギフトがもらえるキャンペーンが実施……

13インチのモバイルノートPC

13インチタイプのノートPCは14インチよりもさらに軽量コンパクトで、持ち運び用のモバイルPCに向いています。鉄板構成のモデルなら、外出先でも快適に作業をこなせるでしょう。

13インチ

コンパクトな13インチタイプは外出時の持ち歩き向き

ThinkBook 13s (20R9004YJP)

おすすめモバイルノートPC ThinkBook 13s

  • 1.34kg
  • 13.3型
  • 13.1時間
  • 非光沢
ThinkBook 13s 特徴
  • メーカー:レノボ
  • CPU:Core i5-8265U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD

アルミ素材を使ったシャープなデザインが特徴。機能も豊富で、指紋センサーやUSB 3.1 Type-C (Gen2)などを標準で搭載しています。落ち着いたデザインなので、ビジネスシーンにもピッタリです。

ThinkBook 13s

ThinkBook 13s

税込7万3700円

HP Pavilion 13-an0000 スタンダードモデル

おすすめモバイルノートPC HP Pavilion 13-an0000

  • 1.26kg
  • 13.3型
  • 10.5時間
  • 光沢
HP Pavilion 13-an0000 ベンチマーク
  • メーカー:日本HP
  • CPU:第8世代Core i5
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD

詳細スペック

プライベートで利用するなら、エレガントなデザインで映像の色が鮮やかなコチラがおすすめ。指紋センサーやSDカードスロットを搭載するなど、モバイル向けとしては機能とインターフェースが充実しています。

HP Pavilion 13

HP Pavilion 13-an0000

税込7万4800円

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました