iPhoneで写真を削除しても容量が減らない場合の対処方法

IMG_0015

写真を消したはずなのに、iPhoneの空き容量が増えなくて困ったことはありませんか? 実はiPhoneでは写真を消しただけでは空き容量は減らず、もうひと手間が必要なのです。今回は初心者向けに「空き容量を復活させる写真の削除方法」を紹介します。

スポンサーリンク




iPhoneのカメラロールから写真を削除する方法

まずはカメラロールから写真を削除してみましょう。写真アプリを開きカメラロール(写真の一覧表示)が表示されたら、右上にある「選択」をタップしてください。写真を選べるようになるので、不要な写真をタップして選択します。選び終わったら、画面右下にあるゴミ箱をタップしてください。

カメラロールの「選択」から、いらない写真をタップして選ぶ

カメラロールの「選択」から、いらない写真をタップして選ぶ

確認画面が表示されたら「写真を削除」を選ぶと、選んだ写真がカメラロールから削除されます。

選択が終わったら画面右

「写真を削除」をタップする

なお写真をパソコンやiCloudにコピーしていないとデータが全て失われ、写真は二度と元に戻りません。削除する前に、かならずコピーしておきましょう。

iPhoneの写真をパソコンへ移動またはバックアップする方法
iPhoneを使っていると、いつの間にか容量が足りなくなることがあります。そんなときは、撮影した写真や動画をパソコンへ移動して空き容量を増やしましょう。大切なデータをバックアップすることもできます。

「削除」しただけでは、まだ削除されていない

これで写真の削除は完了と思いきや、実はまだiPhoneのなかに先ほどの写真が残ったままです。このあと、iPhoneに残った写真を完全に削除する必要があります。

写真を削除したあとに「アルバム」を見ると、「最近削除した項目」に先ほど削除したはずの写真が残っていることがわかります。

アルバムの「最近削除した項目」に写真が残っている

アルバムの「最近削除した項目」に写真が残っている

写真を完全に消すために「最近削除した項目」を開き、「すべて削除」をタップします。

画面左下にある「すべて削除」をタップ

画面左下にある「すべて削除」をタップ

確認画面で「~項目を削除」をタップすると、「最近削除した項目」のなかにあった写真がすべてなくなります。

「(数字)項目を削除」をタップ

「(数字)項目を削除」をタップ

残っていた写真や動画がすべて削除された

残っていた写真や動画がすべて削除された

これで、不要な写真や動画がiPhoneから削除されました。「設定」アプリの「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」を確認すると、空き容量が大きく増えていることがわかります。

写真削除前の容量

写真削除前の容量

写真削除後の容量

写真削除後の容量

空き容量をさらに増やすなら不要なアプリを削除

写真や動画を削除しても容量が足りない場合は、使っていないアプリを削除しましょう。アプリ単体ではそれほど容量はなくても、アプリが使ってるデータが大きい場合があります。また音楽についても、あまり聞かないものは削除することをおすすめします。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました