デル Inspiron 15 3000 (3580 / 3581) レビュー:光学ドライブ対応の格安15インチノートPC

デル Inspiron 15 3000 (3580 / 3581) レビュー

デルのInspiron 15 3000 (3580 / 3581)は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。DVDの再生と書き込みが可能な光学ドライブ対応の”普通のノートPC”で、価格は税込+送料込みで3万円台から。特にCore i3搭載モデルは税込3万8697円と、格安モデルとしては破格のコスパです。

※厳密にはCore i3-7020U搭載モデルはInspiron 15 3000 (3581)、そのほかのモデルはInspiron 15 3000 (3580)に分類されています。しかしCPU以外の仕様はほぼ同じなので、この記事ではすべてInspiron 15 3000 (3580)として扱っています。

Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)

Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)

今回は筆者が購入した実機を使って、Inspiron 15 3000 (3580) のデザインや性能などをレビューします。

Inspiron 15 3000 (3580)

Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)

税込3万6915円~

※2019年9月4日時点

関連記事

Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 ・1366×768
・1920×1080
CPU ・Celeron 4205U
・Core i3-7020U
・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・1TB HDD
・1TB HDD + Optane
・256GB PCIe SSD
グラフィックス ・UHD 620
・Radeon 520
LTE
幅×奥行き 380×258mm
厚さ 22.7mm
重量 約2.18kg / 2.20kg
バッテリー ※非公開

※2019年9月4日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・ブラック
・プラチナシルバー
・スパークリングホワイト
・カッパー
※タッチ対応モデルはブラックとプラチナシルバーのみ
画面の表面 ・非光沢
・光沢 (タッチ対応モデル)
パネルの種類 TNパネル
タッチ / ペン ・非対応
・対応 (一部モデル)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
テンキー あり
有線LAN 100Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1 2 (Gen1 )
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
オフィス なし ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

スリムさを感じさせる外観

Inspiron 15 3000 (3580)の本体カラーはブラックとホワイト、プラチナシルバー、カッパーの4色。標準カラーはホワイトで、あとの3色は有料 (税別1000円)オプションです。本体は樹脂 (プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられません。

Inspiron 15 3000 (3580) 本体カラー

Inspiron 15 3000 (3580)の本体カラー

Inspiron 15 3000 (3580)

今回検証したのは、ホワイトのモデル

Inspiron 15 3000 (3580) 天板

色はパール系のホワイトで、ややメタリックな輝きがあります。指紋や油脂の汚れがまったく目立ちません

Inspiron 15 3000 (3580) パームレスト

キーボード面 (パームレスト)はブラック

Inspiron 15 3000 (3580) パームレスト

キーボード面の表面には格子状のテクスチャー加工が施されています

Inspiron 15 3000 (3580) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右17mmで上部22./5mm。最近のノートPCとしては太めです

nspiron 15 3000 (3580) 底面

底面部はホワイト

大きさはB4サイズよりもひと回り大きい程度です。一般的なB5サイズの大学ノートを開いた大きさよりも少し大きいと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。15インチタイプとしては標準的な大きさですが、実物を前にするとそれなりに大きく感じます。

Inspiron 15 3000 (3580) フットプリント

接地面積は幅380×奥行き258mm。B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもひと回り大きめ

高さ (薄さ)は22.7mmです。最近の傾向としてはそれほど薄くないのですが、エッジにかけて徐々に薄くなるデザインの影響か、比較的スリムに見えます。

Inspiron 15 3000 (3580) 高さ

高さは22.7mm。底面部のゴム足を含めると実測26.7mm

Inspiron 15 3000 (3580) スリム

フォルムや色の影響もあって、数値以上に薄く見えます

映像品質は格安モデル相当

液晶ディスプレイの大きさは、ノートPCとしては一般的な15.6インチ。解像度はCeleron搭載のエントリーモデルのみ1366×768ドットのHDで、そのほかのモデルは1920×1080ドットのフルHDです。

今回はHD解像度のモデルを検証しましたが、購入するならフルHD解像度のモデルをおすすめします。フルHDのほうが1画面に表示される文章が多いため作業がはかどるのと、写真や動画がより高精細に映し出されるからです。

Inspiron 15 3000 (3580) 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチ。今回のレビューではHD解像度のモデルを使っていますが、フルHDのほうが1画面あたりの情報量が多いのでおすすめです

フルHDとHDの違い

フルHD (左、スケーリング100%)とHD (右)の違い ※写真はほかの機種

映像品質はあまり良くありません。色はやや青みがかっており、さらにコントラスト (色のメリハリ)に欠けます。格安ノートPCではよく見られる映像品質です。とは言え内容は普通に確認できますから、色にこだわらないなら問題なく使えます。

Inspiron 15 3000 (3580) 映像品質

やや青みの強いTNパネルが使われています

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い。IPSパネルは高級モデルやスマホなどで使われています ※写真は別の機種によるもの

ただしTNパネルは視野角が狭く、画面の角度を変えると色や明るさが大きく変わってしまいます。作業の際はディスプレイを見やすい角度に調整してください。

nspiron 15 3000 (3580) 視野角

視野角が狭いTNパネルの画面では、角度によって色や明るさが変わってしまいます

画面はそれほど明るくはありません。と言っても、作業には問題なく使えるレベルです。

nspiron 15 3000 (3580) 明るさ

画面の明るさはほどほど。作業には支障がない程度です

基本的にはタッチ非対応ですが、一部のモデルではタッチ操作が可能です。タッチ対応モデルは光沢ありのグレアパネルで、非対応モデルでは非光沢のノングレアパネルが使われています。

タイプ感が軽いキーボード

キーボードは数値入力に便利なテンキー付きです。キーピッチは縦19mm / 横18mmと若干縦長ですが、違和感はありません。ただEnterキー周辺で一部のキーが隣接しているのと、テンキーが少し小さい点がちょっと気になりました。

nspiron 15 3000 (3580) キーボード

キーボードはテンキー付きでバックライト非対応

nspiron 15 3000 (3580) 配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。テンキーのサイズもやや小さめ

タイプ感はかなり軽めです。キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均12.2mm。ストローク感がとても浅い上に押した瞬間のクリック感が軽いので、板を叩いているような感覚でした。ゆっくりと軽めに打つと、プチプチとしたタイプ感が得られます。高速タイピングでガツガツ入力する人向けではなく、なでるように軽いタッチでタイプする人向きです。

nspiron 15 3000 (3580) タイプ感

ストロークが浅く、タイプ感は軽め

nspiron 15 3000 (3580) タイプ音

軽いタッチではカタカタと、強いタッチだとタンタンと聞こえます。タイプ音の大きさは標準的

インターフェースは十分な構成

USB端子は全部で3ポート、映像出力はHDMIに対応しています。VGA (D-sub15ピン)には非対応ですが、個人利用であれば特に問題はないでしょう。有線LANも利用可能ですが、通信速度が100Mbpsと遅い点に注意してください。環境によっては、無線LANのほうが速い場合があります。

nspiron 15 3000 (3580) 左側面

左側面には電源コネクター、HDMI、有線LAN、USB3.1 Gen1、ヘッドセット端子

nspiron 15 3000 (3580) 右側面

右側面にはSDカードスロット、USB2.0、光学ドライブ、セキュリティースロット

nspiron 15 3000 (3580) 光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブを搭載

スピーカーは底面部に配置されています。接地面に向かって音が出るのでややこもった感がありますが、そのぶん反響によって音の厚みが増しているように感じました。サウンドは標準的なノートPCよりもやや高音質で、特に低音域が厚く出ているように感じます。とは言え、外部スピーカーほどの厚みはありません。ビデオチャットや動画視聴には問題のないレベルです。

ちょっと気になったのは、音楽再生時にパームレストに振動が伝わる点です。気になるようなら、外部スピーカーやヘッドホンを使うといいでしょう。

nspiron 15 3000 (3580) スピーカー

スピーカーは底面に配置されています

底面部のカバーを外したところ、2基のメモリースロットと2.5インチストレージ用のスペース、M.2スロットを確認できました。自分でメモリーを増設したり、ストレージを追加・換装するのもいいでしょう。

nspiron 15 3000 (3580) 本体内部

底面カバーを外した状態

nspiron 15 3000 (3580) メモリースロット

メモリースロットは2基

nspiron 15 3000 (3580) HDD

2.5インチストレージを利用可能

nspiron 15 3000 (3580) HDD

M.2 SSDスロット


Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)の分解方法:メモリー増設やSSD換装に
デルのInspiron 15 3000 (3580 / 3581)は、底面カバー (Dケース)を取り外すことで本体内部にアクセスでき……

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 エントリー
OS Windows 10 Home
CPU Celeron 4205U
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 610 (CPU内蔵)

CPU性能

テスト機で使われているCeleron 4205Uの性能は、かなり控えめです。同価格帯の格安モデルでよく使われるCeleron N4000よりは優れているものの、ノートPC全体としては下の上といったところ。とは言え、軽めの作業であればなんとか使えます。

本格的に作業を行なうのであれば、Core i3以上のCPUがおすすめです。狙い目はCore i3-7020UもしくはCore i3-8145Uあたり。メモリーを8GBに増設したり、ストレージをHDD増設からSSDに変更すればより快適に使えます。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9699
Core i5-8265U
8891
Core i3-8145U
5549
Core i3-7020U
3769
Inspiron 15 3580 (Celeron 4205U)
2026
Celeron N4000
1562

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

テスト機のストレージは1TB HDDです。アクセス速度を計測したところ、標準的なHDDよりもやや遅い結果となりました。ファイルの読み書きやアプリの起動に時間がかかり、またWindows Updateやセキュリティースキャンにもだいぶ時間がかかります。快適に使うなら、SSDがおすすめです。

nspiron 15 3000 (3580) ストレージのアクセス速度

1TB HDDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

nspiron 15 3000 (3580) ディスク使用率

起動直後に行なわれるWindows Updateやセキュリティースキャンなどでだいぶ時間がかかり、全体的な処理がとても遅くなります。起動から数分以上経過すれば、問題なく利用可能です

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均32.56秒でした。HDD搭載ノートPCとしてはけっこう速いのですが、長期間使い続けると1分以上かかるようになる可能性があります。SSDなら17~20秒ぐらいですので、立ち上がりが遅くてイライラすることはありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 28.3秒
2回目 35.6秒
3回目 28.6秒
4回目 35.5秒
5回目 34.8秒
平均 32.56秒

3Dグラフィックス性能

ゲームの快適さに影響する3Dグラフィックス性能はごく控えめです。エントリークラスのゲーム用GPUであるGTX 1650と比べると、パフォーマンスは大きく劣ります。CPUがCore i5 / i7であればごく軽めの3Dゲームを低画質でなんとか遊べますが、Core i3以下のCPUでは厳しいでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
9039
GeForce MX250
3595
UHD 620 (Core i7)
1270
UHD 620 (Core i5)
1186
UHD 620 (Core i3)
860
Inspiron 15 3580 (UHD 610)
573
UHD 600
394

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2は一般用途向けノートPC用

Celeron 4205U搭載のテスト機でドラクエ10ベンチマークを試したところ、1280×720ドットの低画質でなら「快適」という評価でした。グラフィックス性能が低いとは言え、ごく軽いゲームならなんとかなりそうです。

ゲーム系ベンチマークの結果

ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1280×720 最高品質 3608(普通)
標準品質 4451(普通)
低品質 5203(快適)

サポートについて

Inspiron 15 3000 (3580)には、標準で1年間の標準サポートが付いています。主なサポート内容は以下のとおりです。

サポートサービスの内容

標準サポート
無償修理期間 購入日から1年間
電話受付 月~日の9~21時まで
テクニカルサポート 購入日から1年間
対応 通常スタッフ (サポートセンターは海外、日本語対応可)
修理対応 修理センターに発送
期間延長 追加料金を支払うことで3年間または4年間に延長可能

よりサービス内容が充実した有料オプションとして、「Premium Support」や「Premium Support Plus」が用意されています。Inspiron 15 3000 (3580)を仕事で利用する、あるいは長期間安心して使いたい場合に利用するといいでしょう。

有料サポートサービスの内容

Premium Support Premium Support Plus
電話受付 24時間365日、海外対応可
テクニカルサポート 問い合わせ無制限
ウイルス駆除やPCの最適化、データバックアップなど ×
対応 専門スタッフ (サポートセンターは国内)
修理対応 修理センターに発送 訪問修理
落下、液体こぼれなど不測の事故に対する修理 / 交換 ×
期間延長 追加料金を支払うことで2~4年間に延長可能

標準サポートで無償修理対象となるのは自然故障のみですが、有料の「アクシデンタルダメージサービス」に加入すると、落下や液体こぼれ盗難などにも対応してもらえます。通常サポートやPremium Supportでは不測の事故に対応できないので、安心して使いたい人におすすめです。

そのほかの有料サポートサービス

アクシデンタルダメージサービス 通常のサポートでは保証されない落下や水濡れによる故障、盗難などにも対応可能

リンク

👉アクシデンタルダメージサービス(まさかの時の安心保証)

価格について

Inspiron 15 3000 (3580)には全部で24種類のモデルが用意されています。非常に数が多いのですが、ほとんどがオフィス付きモデルや納期の早い”即納モデル”などのバリエーションで、基本となるのは以下の9種類です (2019年9月4日時点)。

主なラインナップ

エントリー
Celeron 4GBメモリー 1TB HDD 1366×768ドット 税込3万6915円
スタンダード ※Core i3-7020U
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 1920x1080ドット 税込3万8697円
スタンダード ※Core i3-8145U
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 1920x1080ドット 税込5万4357円
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 1920x1080ドット  税込7万0797円
プレミアム(Optane搭載)
Core i5 4GBメモリー 1TB HDD  1920x1080ドット 税込6万7211円
プレミアム(SSD搭載)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 1920x1080ドット  税込7万1693円
プレミアム(タッチ・Optane搭載)
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD  1920x1080ドット 税込7万1693円
プラチナ(SSD搭載)
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD 1920x1080ドット  税込7万6175円
プラチナ(タッチ・Optane搭載)
Core i7 8GBメモリー 1TB HDD  1920x1080ドット 税込8万6036円

※2019年9月4日時点

もっとも安いのはCleron搭載のエントリーモデルですが、Core i3-7020U搭載のスタンダードモデルのほうがCPU性能が高いのでおすすめです。価格差もわずかでしかありません。しかも液晶ディスプレイは高精細なフルHDです。

Core i5以上のモデルを利用するなら、上位機種のInspiron 15 5000がおすすめです。2019年9月時点では、同スペックでもこちらのほうが安く販売されています。

関連記事

👉Inspiron 15 5000の価格情報

メーカーにこだわらないなら、レノボのモデルもおすすめです。ただし値段は安いものの光学ドライブ非対応のモデルが多いので注意してください。

関連記事

👉レノボのおすすめノートPC

Core i3&光学ドライブ搭載で最安

ということで、今回はInspiron 15 3000 (3580)のレビューをお届けしました。

Inspiron 15 3000 (3580)の最大のポイントは「DVD対応で安い」という点です。他社メーカーにも安い15インチノートPCはありますが、Core i3相当のモデルだと最安はInspiron 15 3000 (3580)。3万円台の格安モデルとしては非常に高コスパです。

格安15インチノートPCの違い

Inspiron 15 3000 (3580) Ideapad 330(15) HP 15-db0000
Core i3-7020U A4-9125
4GB
1TB HDD
1920×1080
DVDスーパーマルチドライブ搭載
税込3万8697円 税込4万2941円 税込4万2120円

メモリー容量が4GBでストレージが1TB HDDなので、普段の処理には多少時間がかかります。それでも安さを優先したいなら選ぶのはアリです。

もしくは自分でメモリーを増設したり、SSDを追加するのもいいでしょう。安いパーツを利用すれば、9000円程度で8GBメモリー + 256GB SSDにスペックアップできます。

Inspiron 15 3000 (3580) 感想

光学ドライブ付きで3万円台の15インチという点がポイント

Inspiron 15 3000 (3580)

Inspiron 15 3000 (3580 / 3581)

税込3万6915円~

※2019年9月4日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました