レノボ Legion T530 (2019年モデル) レビュー:冷却性能が高く手頃な値段のゲーミングデスクトップPC

レノボ Legion T530 レビュー

レノボのLegion T530は、コスパの高いリーズナブルなゲーミングデスクトップPCです。GPUはGeForce GTX 1650 / 1660 Tiで、Core i5モデルなら値段は税込8~10万円台。税込6万3767円のグラボ(GPU)なしモデルを購入して、別途購入したグラボを追加することもできます。

Legion T530

Legion T530

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

Legion T530

Legion T530

税込6万3767円~

※2019年11月1日時点

Legion T530のスペック

CPU ・Core i5-8400
・Core i7-8700
・Core i5-9400F
・Core i7-9700
メモリー ・8GB
・16GB
ストレージ ・SSD
・SSD + HDD
・HDD + Optane
グラフィックス ・UHD 630
・GTX 1060
・GTX 1650
・GTX 1660 Ti
チップセット B360
電源 ・450W (80PLUS BRONZE)
・500W (80PLUS BRONZE)

※2019年11月1日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用 + ストレージ用)
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16 ×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1 Gen2×2 (背面)
USB3.0 4 (前面2 + 背面2)
USB2.0 2 (背面)
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort ・1 (GTX1660Ti)
・2 (GTX1650)
DVI ・1 (GTX1660Ti)
・0 (GTX1650)
サイズ 幅185mm
奥行き456mm
高さ440mm
重量 約12kg

スペック上の注意点

  • キーボード/マウスなし
  • メモリーカードスロット非搭載
  • パーツカスタマイズ非対応

本体の外観と内部

個性的な形のPCケース

Legion T530はデスクトップPCのなかでは中サイズのミニタワー型に分類されます。天面部に取っ手のついたデザインが特徴的で、設置の際には楽に持ち運べる点がメリットです。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

Legion T530

Legion T530の外観

Legion T530 設置イメージ

設置イメージ ※液晶ディスプレイは24.5インチ

Legion T530 LED

電源を入れるとフロントパネルが光ります

Legion T530 天面

天面に取っ手が付いています

Legion T530 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。幅は185mmで高さは440mm

Legion T530 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは456mm

Legion T530 光学ドライブ

上部のスライドカバーの下に光学ドライブ

Legion T530 背面

背面にはケーブルをまとめるバンド付き

Legion T530 フロントパネル

フロンパネルには通気性の高いメッシュ素材

端子類は十分な構成

USB端子の数は合計8ポート。Type-C端子には対応していないものの、10Gbpsの高速なUSB3.1 Gen2に対応するなど十分な構成です。なおメモリーカードスロットには対応していない点に注意してください。

Legion T530 前面

前面のインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② ヘッドホン出力/マイク入力
  • ③ 電源ボタン

Legion T530 背面

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② USB3.1 Gen2
  • ③ USB2.0
  • ④ 1000BASE-T対応有線LAN
  • ⑤ DisplayPort
  • ⑥ HDMI

※映像出力端子はグラフィックボードによって変わります

Legion T530 光学ドライブ

光学ドライブはDVDスーパーマルチ

拡張性はイマイチ

Legion T530では独自の規格のマザーボードやPCケースが使われており、余計な部分はとことん省かれています。その代わりスロットやドライブベイの数は少なく、拡張性はあまり高くはありません。自分でパーツを交換することもできますが、あとからどんどん買い足していくような使い方には不向きです。

Legion T530 本体内部

右側面のパネルを外した状態

Legion T530 本体内部

左側面のパネルを外した状態

Legion T530 マザーボード

Legion T530 のマザーボード。サイズはMicro ATX相当ですが、独自仕様のため一般的なマザーボードとは配置が異なります

Legion T530 グラボ

試用機で使われていたGTX 1650搭載のグラフィックボード

Legion T530 電源

電源は450Wまたは500Wで80PLUS BRONZE

Legion T530 ドライブベイ

3.5インチドライブベイ

Legion T530のベンチマーク結果

今回のテストでは、Core i7 + GTX1650搭載モデルを使いました。主なスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

型番 90L3008CJM
CPU Core i7-9700
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1650(4GB)

ストレージ性能

試用機では1TB SSDと1TB HDDが使われていました。SSDはPCIe 3.0 x4接続の超高速タイプで、アクセス速度は十分です。また合計2TBの容量があれば、ゲームを複数インストールしても空き容量不足で困る場面はありません。

Legion T530 アクセス速度

1TB SSD (左)と1TB HDD (右)のアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

試用機では使われているCore i7-9700のベンチマークテストを行なったところ、同じCore i7-9700のスコアをわずかに上回りました。熱などでパフォーマンスが低下している様子は見られません。非常に高性能なCPUです。

下位モデルで使われているCore i5-9400FはCore i7-9700よりもパフォーマンスが劣るものの、PCとしては十分高性能です。ゲームで利用するには問題ないでしょう。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Legion T530 (Core i7-9700)
3336
Core i7-9700
3211
Core i7-8700
3009
Core i5-9400F
2334

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

FF15ベンチを30分間実施してCPUのクロックと温度を計測したところ、クロックは平均4.45GHzと高めで推移していました。温度は平均69.8℃とかなり低めに抑えられています。CPUの発熱によるパフォーマンスの低下や不具合、熱によるパーツの劣化は心配なさそうです。

Legion T530 クロック

FF15ベンチを30分間実行し続けた際のCPUのクロックと温度

静音性もなかなか優秀です。FF15ベンチ実行中の負荷の高い状態でも、駆動音は特に気になりませんでした。しかしウィンドウズの起動直後やなにかしら処理で高い負荷がかかると、一瞬だけ駆動音がとても大きくなります。基本的には静かなのですが、なんらかのタイミングで音が大きくなることを意識しておいてください。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.4dBA
待機中 41.7dBA 低い回転音が少し聞こえるが気にならない
FF15ベンチ時 46.4dBA 同上

※駆動音の計測方法はコチラ

3D性能

GPUとしてはエントリー (入門)クラスのGeForce GTX 1650と、ミドルレンジ (中級)クラスのGeForce GTX 1660 Tiが用意されています。3D性能を計測するベンチマークテストではGTX 1650の平均値を上回る優れた結果となりましたが、性能的にはGTX 1660 Tiのほうが上です。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
25484
RTX 2070
22856
GTX 1660 Ti
15952
GTX 1060
12415
Legion T530 (GTX 1650)
8893
GTX 1650
8059
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
UHD 630 (Core i5)
1051

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークや実際のプレーにおけるFPS (画面の滑らかさを表わす目安)計測結果は以下のとおりです。なお今回は比較用に、Legion C530 (Core i7-9700 + GTX 1660 Ti)の結果もまとめました。厳密には違う機種なのですが、Legion T530でGTX 1660 Tiを選ぶ際の参考にしてください。

レノボ Legion C530 レビュー:コンパクトで斬新デザインのゲーミングPC
レノボのLegion C530は、本体サイズがコンパクトなゲーミングデスクトップPCです。接地面積が小さいので置き場所に困ることがな……

結果からザックリ言うと、エントリークラスのGTX 1650でもやや重めの中量級タイトルまでなら快適に楽しめます。ただし高画質で100FPS以上はなかなか難しく、高リフレッシュレート対応ディスプレイでなめらかな動きを堪能するには向いていません。120Hz以上でプレーしたり重い重量級ゲームを楽しむなら、GTX 1660 Tiをおすすめします。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ

GTX 1660 Ti (C530)

画質 スコア / 評価
高品質 6110 / 快適
標準品質 8694 / 快適
軽量品質 11376 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価
高品質 3467 / 普通
標準品質 4888 / やや快適
軽量品質 6445 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ

GTX 1660 Ti (C530)

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 15004 / 非常に快適  / 104FPS
高品質 15768 / 非常に快適 / 112.6FPS
標準品質 19270 / 非常に快適 / 162.0FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 9185 / 非常に快適  / 61.7FPS
高品質 10433 / 非常に快適 / 69.9FPS
標準品質 16154 / 非常に快適 / 115.8FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド

GTX 1660 Ti (C530)

モード 平均FPS / 最低FPS
通常 286.3 FPS / 230 FPS
TFT 117.6 FPS / 98 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

モード 平均FPS / 最低FPS
通常 283.3 FPS / 217 FPS
TFT 104.5 FPS / 67 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ

GTX 1660 Ti (C530)

画質 スコア / 評価
最高品質 22540 / すごく快適
標準品質 22662 / すごく快適
低品質 23551 / すごく快適

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価
最高品質 22073 / すごく快適
標準品質 22284 / すごく快適
低品質 23342 / すごく快適

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 105.4 FPS / 92 FPS
143.6 FPS / 124 FPS
242.3 FPS / 196 FPS
351.8 FPS / 281 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 63.9 FPS / 56 FPS
86.6 FPS / 79 FPS
246.4 FPS / 215 FPS
441.1 FPS / 332 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 95.6 FPS / 88 FPS
125.4 FPS / 99 FPS
127 FPS / 88 FPS
146.9 FPS / 127 FPS
非常に低い 153.5 FPS / 124 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 47.8 FPS / 48 FPS
69.6 FPS / 60 FPS
77.4 FPS / 69 FPS
92.9 FPS / 81 FPS
非常に低い 112.6 FPS / 96 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 90.3 FPS / 78 FPS
ウルトラ 125 FPS / 113 FPS
153.3 FPS / 133 FPS
NORMAL 189.2 FPS / 165 FPS
240.5 FPS / 209 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 84.5 FPS / 75 FPS
ウルトラ 118.2 FPS / 110 FPS
139.1 FPS / 122 FPS
NORMAL 181.9 FPS / 152 FPS
245.4 FPS / 213 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 121.7 FPS / 108 FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 67.7 FPS / 60 FPS
最低設定 135.9 FPS / 111 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 53 FPS / 31 FPS
92 FPS / 26 FPS
103 FPS / 52 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 31 FPS / 21 FPS
62 FPS / 41 FPS
73 FPS / 47 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS
最高 78 FPS
92 FPS
最低 135 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS
最高 46 FPS
55 FPS
最低 71 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン

GTX 1660 Ti (C530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 88 FPS / 71 FPS
102 FPS / 88 FPS
111 FPS / 94 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 54 FPS / 43 FPS
63 FPS / 53 FPS
82 FPS / 34 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

価格について

Legion T530は2019年に新モデルが発売されていますが、まだ旧世代のCPU / GPUを搭載した2018年モデルが販売されています。購入の際は十分注意してください。

2019年モデルは以下の3機種です。Core i7搭載モデルはGTX 1650のみで、GTX 1660 Tiは用意されていません。パーツカスタマイズには対応していないので、Core i7 + GTX 1660 Tiの構成を希望する方は、コンパクトなキューブ型のLegion C530を検討してみてください。

ラインナップ (2019年モデル)

90L3008AJM 90L3008BJM 90L3008CJM
Core i5-9400F Core i7-9700
8GBメモリー 16GBメモリー
GTX 1650 GTX 1660 Ti GTX 1650
512GB SSD 512GB SSD + 1TB HDD 1TB SSD + 1TB HDD
8万8209円 10万5754円 13万2363円

※2019年11月1日時点

レノボ Legion C530 レビュー:コンパクトで斬新デザインのゲーミングPC
レノボのLegion C530は、本体サイズがコンパクトなゲーミングデスクトップPCです。接地面積が小さいので置き場所に困ることがな……

2018年モデルは以下の2種類です。GPUが「UHD 630」のモデルはグラフィックボードがなく、CPU内蔵のグラフィックス機能を利用します。GTX 1660やRTX 2060 SUPER、あるいはAMDのRadeonシリーズなどのグラフィックボードを自分で購入する場合に、このモデルを選ぶといいでしょう。

ラインナップ (2018年モデル)

90JL002WJM 90JL00F0JM
Core i5-8400 Core i7-8700
8GBメモリー 16GBメモリー
UHD 630 GTX 1060
256GB SSD 1TB HDD + Optane
6万3767円 11万9750円

※2019年11月1日時点

ゲーミングPCを安く買いたい人に

ということで、今回はLegion T530のレビューをお届けしました。

最大の魅力は、なんと言っても価格が安い点です。他社製の同クラス製品と比べると価格は1~2万円程度安く、あるいは価格は同程度でもメモリーやストレージの容量が大きいのでお得です。パーツカスタマイズには非対応ですが、パーツを選ぶのがよくわからない人にとっては逆にありがたいでしょう。それほどPCゲームをカジュアルに楽しみたい人にピッタリです。

Legion T530 まとめ

安く手軽に入手したいならコレ

Legion T530

Legion T530

税込6万3767円~

※2019年11月1日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!