CHUWI RZBox Ryzen 7 5800Hモデルレビュー:短納期で高性能なミニPC【PR】

CHUWI RZBox Ryzen 7 5800Hモデルレビュー
CHUWI(ツーウェイ)のRZBoxは、コンパクトタイプのデスクトップPCです。CPUはノートPC向けのRyzen 7 5800Hですが、パフォーマンスは非常に優秀。16GBメモリーと512GB SSD搭載で、普段の作業を快適にこなせるでしょう。場所を取らない省スペース設計なのに、パワフルな点が魅力です。

CHUWI RZBox

CHUWI RZBox

この記事ではメーカーから提供された実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

公式ストアで$70オフ!

公式サイトで購入時に以下のクーポンコードを利用すると、代金から70ドルぶん割引されます(先着40台限り)。ぜひご利用ください。

RZX70JPBEAN

スペック

CPU Ryzen 7 5800H
メモリー 16GB×1 ※スロット2基、DDR4-2666
ストレージ SSD / HDD / SSD + HDD
グラフィックス Radeon(CPU内蔵)
M.2スロット 2 (ストレージ用 2280×2、空き1)
光学ドライブ なし
通信 Wi-Fi 6 + BT 5.2 + 有線LAN×2
インターフェース USB3.0×2(背面)、USB2.0×3(前面1+背面2)、USB2.0 Type-C×1(前面、データ通信のみ)、HDMI、DisplayPort、VGA(D-Sub15ピン)、オーディオ端子、有線LAN×2
電源 90W アダプター
サイズ / 重量 幅177.5mm、奥行き188mm、高さ61.5mm / 約1.35kg
付属品 電源ケーブルなど
オフィス なし

本体デザイン

外観について

RZBox 外観

RZBoxの外観。コンパクトタイプのデスクトップPCです。設置場所が小さくてすむのが魅力

RZBox 縦置き

縦向きにも配置可能

RZBox 大きさ

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

RZBox 大きさ

厚さは実測で60mm。手で持つとやや厚みを感じますが、デスクトップPCとしては非常にスリム

RZBox 重さ

重さは実測で1.258kg

RZBox 電源アダプター

電源アダプターは90Wの丸口タイプ。重さは419gで、本体との合計重量は1.67kg程度。十分持ち歩ける範囲内です(別にディスプレイやマウス/キーボードが必要ですが)

RZBox 電源ケーブル

付属の電源ケーブルは3ピンなので、2ピンへの変換アダプターが必要です

RZBox 前面

本体前面。USB Type-Cはデータ通信のみに対応しています

RZBox 背面

本体背面。有線LAN端子が2基用意されている点が特徴的

RZBox 側面

左右の側面にインターフェース類はありません

RZBox 天面

天面のケースは金属製

RZBox 底面

底面部にも金属製のカバーが使われています

ThinkCentre M75q Gen2との比較

RZBox M75q

小型PCとして人気のThinkCentre M75q Gen2(左)とのサイズ比較。フットプリントはRZBoxのほうがほんのわずかに大きい程度です

RZBox 厚さ比較

高さはThinCentre M75q Gen2が36.5mmであるのに対し、RZBoxは61.5mmと厚め

分解方法とパーツ交換について

RZBox 分解

底面部のカバーを外すと、SSDとメモリーの交換や増設が可能

RZBox SSD

M.2スロットはType-2280が2基。対応規格はPCIe 3.0 x4

RZBox メモリー

メモリースロットは2基で、テスト機には16GBが1枚使われていました。16GB×2のデュアルチャネル構成で利用したほうが、パフォーマンスが向上するかもしれません

RZBox 分解

さらに分解するには、背面の封印シールを破る必要があります。これを破るとメカー保証のサポート外となるので注意してください。ネジはT6ドライバーで外します

RZBox 分解

背面とカバーを固定するツメを外し、カバーをズラします

RZBox 分解

カバーを取り外した状態

RZBox マザーボード

RZBoxのマザーボード。CPUクーラーには、プラ板で作られたダクトが付いています。比較的シンプルな基板です

RZBox マザーボード

マザーボードの背面側はパーツ交換 / メンテナンス用

RZBox マザーボード

ボタン電池がマザーボード上ではなく、端子類の側面に取り付けられている点がユニーク(?)

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5800H(8コア16スレッド)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、ノートPC向けのRyzen 7 5800Hが使われています。デスクトップPC向けCPUと比較すると、コンパクトタイプで使われるRyzen 7 PRO 5750GE相当と考えていいでしょう。最新のハイエンドCPUにはかないませんが、普段使いやビジネス向けには十分すぎるほどの性能です。

CPUの性能(マルチコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i9-12900K
25869
Core i7-12700K
20452
Core i7-12700
15938
Ryzen 7 5700G
14485
Core i7-11700K
13568
Ryzen 7 PRO 5750G
13134
Core i9-11900KF
12917
Ryzen 7 PRO 5750GE
11278
RZBox(Ryzen 7 5800H)
11023
Core i5-11400
7831

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能(シングルコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i7-12700K
1931
Core i7-12700
1893
Core i9-12900K
1850
Core i9-11900KF
1598
Core i7-11700K
1572
Ryzen 7 PRO 5750GE
1499
Ryzen 7 PRO 5750G
1488
RZBox(Ryzen 7 5800H)
1422
Core i5-11400
1404

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

同じノートPC向けCPUとの比較では最高クラスではないものの、上位グループには入っています。ゲーミングノートPCで使われるだけあって、パフォーマンスは非常に優秀です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-12700H
15066
Ryzen 9 5900HX
12654
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 5800H
11346
Core i7-11800H
11123
RZBox(Ryzen 7 5800H)
11023
Ryzen 7 6800U
9214
Ryzen 7 5800U
9195
Ryzen 5 5600U
8411
Ryzen 7 5700U
8304
Core i5-11400H
7529
Ryzen 5 5625U
7418
Ryzen 5 5500U
6779
Ryzen 3 5400U
5693
Core i7-1185G7
5668
Ryzen 3 5300U
5140
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378
Celeron N4500
1120
Celeron 6305
1081

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストを行なったところ、Radeon Graphicsとしてはかなり低めの結果が出ました。おそらくこれは、メモリーがシングルチャネルで動作しているためでしょう。

Ryzenシリーズはメモリーがデュアルチャネルで動作すると、グラフィック性能が大きく向上します。RZBoxでは16GBをもう1枚増設すれば、グラフィックス性能が向上するはずです。ただしそれでも、大作ゲームや高度な動画編集を行なうほどではありません。

GPU性能(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア(DX12,WQHD)
GTX 1650
3383
Radeon(Ryzen 7)
1424
Radeon(Ryzen 5)
1068
Radeon(Ryzen 3)
886
RZBox(Ryzen 7 5800H)
817
UHD 730
531
UHD 630
421

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPU性能(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア(DX11,FHD)
GTX 1650
9005
Radeon(Ryzen 7)
4328
Radeon(Ryzen 5)
3459
RZBox(Ryzen 7 5800H)
2465
UHD 730
1931
UHD 630
1329

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は、全体的に非常に優秀です。最新CPUやdGPUを搭載したハイエンドモデルほどではありませんが、ほかのdGPUなしのデスクトップPCと比べても遜色ありません。ただしコンテンツ制作のテスト結果は、ほかの機種と同様にやや低めです。メモリーをデュアルチャネル化すれば多少は改善されるはずですが、基本的には普段使いや事務作業のほうが向いています。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
RZBox10446
M75q10256
Neo 50t11430
ProDesk9762
XPS11660
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
RZBox9569
M75q9930
Neo 50t7865
ProDesk9081
XPS10561
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
RZBox5696
M75q5707
Neo 50t6313
ProDesk5035
XPS10484

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

ThinkCentre M75q Gen2 Ryzen 7 PRO 5750GE / 32GB / Radeon
ThinkCentre Neo 50t Core i7-12700 / 16GB / UHD 770
HP ProDesk 405 G8 SFF Ryzen 3 PEO 5350G / 8GB / Radeon
XPS 8950 Core i7-12700 / 16GB / GTX 1650S

ゲーム性能

ゲーム系ベンチマークを試したところ、ごく軽いゲーム(ドラクエ10やValorant、CS:GOなど)であれば解像度や画質を調整することで普通にプレーできそうです。やや重いゲーム(FF14やApex、フォートナイトなど)はかなり厳しいでしょう。メモリーをデュアルチャネル化すれば多少は改善するはずですが、基本的にゲームは息抜き程度と考えてください。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 773 / 動作困難
標準品質 1133 / 動作困難
軽量品質 1423 / 動作困難

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 1762 / 11.5 FPS
高品質 1830 / 12 FPS
標準品質 2829 / 19.1 FPS

※平均60FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 6635 / 快適
標準品質 9762 / とても快適
低品質 10960 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

短納期で高コスパなミニPC

RZBox

RZBoxの値段は、アマゾンで7万円台後半です。高性能なRyzen 7 5800Hと16GBメモリー + 512GB SSDの構成なら十分アリと言っていいでしょう。普段使いやビジネスなどには十分活用できます。ゲームや動画編集などの高いグラフィックス性能が要求される作業についてはほどほど、といったところです。

一番のライバル機種は、レノボのThinkCentre M75q Gen2です。しかしM75qは、性能と価格は同程度でも納期が3ヵ月もかかります。同じような構成の短納期モデルも用意されていますが、価格は9万円前後とお高め。正直なところ、いまThinkCentre M75q Gen2を選ぶ理由がありません。

RZBoxはアマゾンなら最短で翌日には届きます。いますぐ高性能なミニPCを入手したい人におすすめです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!