HP Spectre x360 13(2018年冬モデル)レビュー:美しすぎるパワフル2-in-1ノートPC

期間限定セール情報

HP Spectre x360 13(2018年冬モデル)レビュー

日本HPのHP Spectre x360 13-ap0000(以下、”HP Spectre x360 13″)は、洗練されたデザインとパワフルな性能が魅力の2-in-1ノートPCです。

2-in-1タイプは変形機構を搭載しているぶん厚くてゴツいことが多いのですが、HP Spectre x360 13は普通のモバイルノートPCよりもスリム。その上コンパクトで、パッと見た感じでは液晶ディスプレイが360度回転するとは思えません。

最薄部は14.3mmと、2-in-1タイプとしてはビックリするほど薄い!

CPUは第8世代(Whisky Lake)のCore i5/i7で、なかなかのハイスペック構成です。特にCore i7モデルは標準で16GBメモリーと512GB SSDを搭載するなど、モバイル2-in-1のなかでも群を抜くパフォーマンスを実現しています。

【主なスペック】CPU:Core i5/i7、メモリー:8/16GB 、ストレージ:256GB~1TB SSD、ディスプレイ:13.3インチ フルHD/4K

HP Spectre x360 13の注目ポイント

さまざまなスタイルで使える

HP Spectre x360 13 特徴 さまざまなスタイルで使える

液晶ディスプレイが360度回転する「コンバーチブル型」の2-in-1です。タブレットスタイルやスタンドスタイルなど、さまざまな形状で使えるのが魅力。プレゼンや打ち合わせなど、ビジネスでも活用できるでしょう。

うっとりするほど美しいデザイン

HP Spectre x360 13 特徴 うっとりするほど美しいデザイン

とにかくデザインが素晴らしい! スリム&コンパクトな上にカラーもよく、しかも造形も洗練されています。PCとは思えないほどラグジュアリー感にあふれた仕上がりです。

HP Spectre x360 13の評価

HP Spectre x360 13 評価

総合評価: 4.2/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 小型&極薄でありながら、いかにもなガジェット感を感じさせないエレガントな雰囲気
性能 大容量メモリー&SSDを搭載。CPU性能が高く、ベンチマーク結果は上々
使いやすさ キーボードの並びにちょっと違和感。機能が豊富で、フルサイズのUSB端子があるのはうれしい
軽さ 重さは実測で約1.2kg。13.3インチとしては軽いわけではないが、2-in-1としてならそこそこ軽い
画面 輝度400nitの画面は非常に明るい。タッチやペン入力(筆圧感知1024段階)のほか4K解像度にも対応

今回はメーカーからお借りしたHP Spectre x360 13の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

HP Spectre x360 13

HP Spectre x360 13

税込14万3655円~

7%オフクーポン適用時

※2019年1月7日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

HP Spectre x360 13のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリー 8 / 16GB(オンボード)
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB SSD(PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ、1920×1080/3840×2160ドット、光沢、IPS、ペン/タッチ対応、輝度400nit
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0
インターフェース USB3.1 Gen2(フルサイズ)×1、Thundebolt 3兼用USB3.1 Gen2(Type-C)×2、microSDカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、指紋センサー、プライバシーモード(HP Sure View)、マカフィー・リブセーフ 1年版
カメラ 200万画素、赤外線カメラ(Windows Hello対応)
サイズ/重量 幅308×奥行き217×高さ14.3~16mm/約1.32kg
バッテリー駆動時間 最大22時間30分(フルHD) / 最大12時間45分(4K)
オフィス ※オプション
サポート メーカー保証1年間

※2019年1月7日時点。構成は変更される場合があります

HP Spectre x360 13のラインナップ

HP Spectre x360 13にはパーツ構成の異なる4種類のモデルが用意されています。それぞれの主な構成は以下のとおり。なおベーシックモデルとスタンダードモデルはOSがWindows 10 Homeで、プロフェッショナルモデルとパフォーマンスモデルではWindows 10 Proが搭載されています。

ラインナップ

ベーシックモデル
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込14万3655円
スタンダードモデル
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD 税込16万3743円
プロフェッショナルモデル
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 税込18万1822円
パフォーマンスモデル
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 4K 3840×2160ドット 税込19万3875円

※2019年1月7日時点、7%オフクーポン適用時

本体の大きさやデザイン

HP Spectre x360 13のデザインは非常に洗練されています。その外観はノートPCというよりも、まるで高級文具のよう。いかにもなガジェット感はまったく感じられず、優雅で落ち着いた雰囲気を漂わせています。見た目の高級感という点では、HP Spectre x360 13に勝るものはありません。

HP Spectre x360 13 本体カラー

パソコンとは思えないほど洗練されたデザイン

HP Spectre x360 13 本体カラー

本体カラーはポセイドンブルー(左)とアッシュブラック(右)の2色

HP Spectre x360 13 アッシュブラックのカラー

アッシュブラックの本体カラーはややブラウン系の色合い。アクセントとしてブロンズゴールドが使われています

HP Spectre x360 13 エメラルドカット

側面や角の部分では、宝石の加工で使われる”エメラルドカット”という技法が使われています

HP Spectre x360 13 エメラルドカット

ブロンズゴールドの部分は、見る角度や光の当たり方によって表情が変わります

HP Spectre x360 13 外観

側面部分はブリリアントな雰囲気でありながらも、全体としては気品のある落ち着いた印象です

HP Spectre x360 13 キーボード面

キーボード面は天板部分と同じ仕上がり。クラムシェルスタイルのフォルムはとてもスマートです

HP Spectre x360 13 エッジのデザイン

側面部分はダイヤモンドカット加工

HP Spectre x360 13 タッチパッド

タッチパッド周辺にもダイヤモンドカット加工が施されています

HP Spectre x360 13 底面部

底面部はシンプルなデザイン

HP Spectre x360 13 フォルム

シュッとしたフォルム

HP Spectre x360 13 外観

とても薄くてスマートな外観

こんなに薄いのに、液晶ディスプレイが360度回転するんです。標準的なクラムシェル型ノートPCとしてだけではなく、タブレットとしても利用可能。2-in-1タイプとしては最高クラスのスタイリッシュさと言っていいでしょう。

HP Spectre x360 13 変形機構

液晶ディスプレイが回転するコンバーチブルタイプ

HP Spectre x360 13 変形

相手に画面を見せるのに適したスタンドモードは、プレゼンや打ち合わせなどのビジネスシーンでも活用できます

本体は非常にコンパクトで、A4用紙よりもわずかに大きい程度。角がななめに削ぎ落とされたようなデザインのため、実物を目の前にすると数値以上に小さく見えます。重量は特別軽くはないものの、持ち歩きは苦になりません。

HP Spectre x360 13 本体サイズ

本体サイズ

HP Spectre x360 13 サイズ感

A4用紙よりもちょっと小さい程度

HP Spectre x360 13 前面と背面

全面と背面

HP Spectre x360 13 薄さ

ゴム足を含めた設置時の高さは実測16mmでした

HP Spectre x360 13 ゴム足

底面部のゴム足は本体を保護したり滑り止めとして機能するほか、接地面とのあいだにすき間を作ることで冷却効果を高める役割があります

HP Spectre x360 13 重さ

重さは実測で1.26kg。13.3インチとしては平均値ギリギリですが、2-in-1であることを考えれば軽いほうです

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

HP Spectre x360 13 電源アダプター

付属の電源アダプター。重量は296g

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイのサイズは、モバイル向けとして人気の高い13.3インチです。解像度は1920×1080ドットのフルHDと、3840×2160ドットの4Kの2種類が用意されています。今回試用したのは4Kディスプレイのモデルで、映像の精細さは抜群。サイズの大きい写真は細部まで映し出される上に、文字はドット感をまったく感じません。

HP Spectre x360 13 液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは13.3インチ。解像度は1920×1080ドットのフルHDまたは3840×2160ドットの4K

HP Spectre x360 13 ベゼル幅

ベゼル(枠)幅は左右6mmで上部18mm。サイドのベゼルがとても細く、画面回りがすっきりとしています

映像の色合いは自然で、なおかつ非常に色鮮やかです。また画面がとても明るく感じました。液晶ディスプレイの輝度は400nit(ニト)で、一般的なノートPC(250~300nit程度)より鮮やかです。明るい場所でも画面が見えづらく感じることはありませんでした。

HP Spectre x360 13 映像品質

画面の輝度とコントラストが高く、映像が非常に鮮やかです

HP Spectre x360 13 映像品質

写真も違和感のない自然な色合いで映し出されます

HP Spectre x360 13 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好

液晶ディスプレイの表面は光沢ありのグレア仕上げです。映像は色鮮やかではありますが、環境によっては映り込みが生じるかもしれません。映り込まないように画面の角度を変えたり、反射防止フィルムを貼るなどするといいでしょう。

HP Spectre x360 13 光沢画面

非光沢と光沢の違い

関連記事

光沢画面を非光沢化する方法

2-in-1タイプですので、画面はタッチ対応です。さらに1024段階の筆圧感知が可能なペン入力にも対応しています。実際に書いてみましたが、ツルツルとしたなめらかな書き味で、反応も上々でした。ちょっとしたメモやイラストのほか、プレゼン時のポインター代わりに使うのもおすすめです。

HP Spectre x360 13 アクティブペン

アクティブペンでペン入力も可能

HP Spectre x360 13 本体に付属のアクティブペン

アクティブペンは本体に標準付属! 別途買い足す必要はありません

キーボードの使いやすさ

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトに対応しています。キーピッチ(キーとキーの間隔)は19mmと理想的なサイズで、窮屈さはまったく感じません。使い始めからスラスラと入力できるでしょう。

HP Spectre x360 13 キーボード

HP Spectre x360 13のキーボード

少し気になったのは、キーボードの右端に特殊キーが縦に並んでいる点です。慣れないうちはEnterキーを押そうとして、別のキーを押してしまうことがあるかもしれません。

HP Spectre x360 13 配列で気になる点

右端に並ぶ特殊キー

キーストロークは公称値で1.3mmと、ノートPCの標準(約1.5mm)よりもやや浅めです。実際に使ってみたところ確かに浅く感じましたが、底打ち感はありません。クリック感も軽いのですが、軽いタッチでスラスラと入力するには適しています。

HP Spectre x360 13 タイプ感

キーストロークは1.3mm。クリック感は軽く、ややペチペチとした感触でした

HP Spectre x360 13 タイプ音

タイプ音は静かで気になりません。打ち下ろすように打っても「トクトクトク」と聞こえる程度で、耳障りではありませんでした

HP Spectre x360 13 タッチパッド

ボタン一体型のタッチパッドは、カーソルの動きがとてもなめらかです。幅が大きいので、ダイナミックな操作にも適しています

端子類の種類と使いやすさ

端子類は多くありません。しかしフルサイズのUSB端子が用意されているのは、とてもありがたいと思います。なお専用の映像出力端子はありませんが、Thunderbolt 3/USB Type-C兼用端子で映像を出力可能です。

HP Spectre x360 13 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② USB3.1 Gen2(フルサイズ)

HP Spectre x360 13 右側面

右側面のインターフェース

  • ① microSDカードスロット
  • ② プライバシースイッチ
  • ③ USB3.1 Gen2(Type-C)
  • ④ ヘッドホン出力
  • ⑤ USB3.1 Gen2(Type-C)

HP Spectre x360 13 インターフェース

充電用のUSB Type-Cと電源ボタンが角の部分にあるのが特徴的

セキュリティー機能としては、指紋センサーによる指紋認証と赤外線カメラによる顔認証に対応しています。好みに応じて使い分けるといいでしょう。

HP Spectre x360 13 セキュリティー機能

指紋センサーによるサインインのほか、赤外線カメラを使った顔認証にも対応しています

右側面のプライバシースイッチを操作すると、液晶ディスプレイ上部のカメラのオン/オフを切り替えられます。カメラをオフにすると配線が物理的に切断されるので、悪意あるソフトによるカメラを使ったのぞき見を防ぐのに有効です。

HP Spectre x360 13 カメラ機能のオンオフ切り替え

右側面のプライバシースイッチ(カメラ切り替えスイッチ)

HP Spectre x360 13 カメラの無効化

スイッチを操作するとカメラが物理的に切断されるので、のぞき見される心配がありません

ベンチマーク結果

今回のテストでは、4Kディスプレイ搭載のパフォーマンスモデルを使いました。主なスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Pro
CPU Core i7-8565U
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD(PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)

ストレージ性能

試用機で使われていた1TB SSDのアクセス速度は以下のとおり。高速なPCIe接続だけあって、シーケンシャルリードは3000MB/秒超と爆速です。実際のところ起動やファイルのやり取り、ソフトのインストール/アンインストールが非常に速く感じました。

HP Spectre x360 13 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

1TB SSDのアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークテストでは、前世代のCore i7-8550Uを上回る結果が出ています。さすがにゲーミングノートPC向けのCore i7-8750Hを下回ったものの、モバイルノートPCとしては十分すぎる性能だと言えるでしょう。2年前のノートPCでよく使われていたCore i7-7500Uと比べると、ベンチマークスコアは約1.8倍です。

なおCore i7-8650Uを搭載したほかのノートPCでは、同じベンチマークテストのスコアが8900前後の場合があります。もしかすると個体差の違いによるもので、試用機の調子が良かっただけかもしれません。ただし本体に金属素材を使ったHP Spectre x360 13の排熱性能が高く、CPU本来のパフォーマンスを十分に引き出せていると考えることもできます。いずれにせよ、高いパフォーマンスを期待していいでしょう。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8750H
13362
HP Spectre x360 13(Core i7-8565U)
10278
Core i7-8550U
9075
Core i5-8250U
8437
Core i7-7500U
5564

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

グラフィックス性能について

グラフィックス性能はCPU内蔵タイプとしては優れているものの、人気のPCゲームをプレーできるほどではありません。ゲーム用として最低限はクリアーしたいGeForce GTX 1050 Tiのスコアを大きく下回っています。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1050 Ti
6742
GTX 1050
5275
HP Spectre x360 13(UHD 620)
1225

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ただしドラクエ10などごくごく軽めの3Dゲームやブラウザーゲーム、2D描画主体のゲームであれば問題なくプレーできそうです。解像度や画質を抑えれば、そこそこ楽しめるかもしれません。

ゲーム系ベンチマーク結果

ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 4708(普通)
標準品質 621(快適)
低品質 7750(とても快適)

バッテリー性能

駆動時間のテストを行なったところ、バッテリー消費の少ないBBenchのテストでは10時間36分という結果でした。バッテリー消費がかなり大きいPCMark 8では6時間39分でしたので、実際の運用における駆動時間はそれぞれの中間の8~9時間くらいかもしれません。

なお駆動時間が長くないのは、テスト機がバッテリー消費の大きい4Kモデルだったためです。フルHDモデルならバッテリー消費をグッと抑えられますので、駆動時間はもっと長くなるでしょう。4Kモデルと同じ比率で計算すると公称値が22時間30分ですから、実運用では15時間程度かもしれません。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 約12時間45分(4K)
BBenchによる計測 10時間36分
PCMark 8による計測 6時間39分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

2-in-1のイメージを覆すデザインとパワー

ということで、今回はHP Spectre x360 13のレビューをお届けしました。

筆者がこれまで検証してきたコンバーチブルタイプの2-in-1ノートPCは、どちらかと言うと「ある程度は妥協したもの」だったように思います。たとえば「小さいけど性能は控えめ」とか「高性能だけど厚くて重い」だとか。デザインとパフォーマンスは、それぞれトレードオフの関係だったのです。

しかしHP Spectre x360 13は、デザイン面もパフォーマンス面も最高クラス。正直、ここまで仕上げることが可能なのかと驚きました。並のクラムシェル型ノートPCよりも薄くて小さいのに変形が可能で、しかもパワフルで見た目の高級感も抜群。外出先で見せびらかしたくなるモデルです。ワンランク上のPCを使いたい人におすすめします。

HP Spectre x360 13 感想まとめ

すべてにおいて妥協のない完成度の高い仕上がり

限定クーポンで特別割引!

購入前に以下のリンクをクリックすると、HP Spectre x360 13を通常よりもお得な7%オフの価格で購入できます。クーポン未使用時との価格差は1万円~1万4000円以上。非常にお得なので、ぜひご利用ください。

リンク

こまめブログ限定 7%オフクーポン

クーポンの利用方法

OMEN by HP 15 クーポンの利用方法

①上記リンクをクリックすると日本HPの直販サイトが表示されますが、まずはこのページは閉じてください

HP Spectre x360 13 クーポン利用方法

②次に下記リンクからHP Spectre x360 13の製品ページを開き注文画面に進むと、「特別値引き」としてクーポンが適用されます

HP Spectre x360 13

HP Spectre x360 13

税込14万3655円~

7%オフクーポン適用時

※2019年1月7日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました