ThinkPad X280 レビュー:小さいのに使いやすさ抜群な12.5型モバイルノートPC

ThinkPad X280 レビュー

ThinkPad X280は、12.5インチの液晶ディスプレイを搭載したモバイルノートPCです。最大の魅力はコンパクトで軽いのに、使いやすさ抜群である点。入力しやすいキーボードや豊富なインターフェース、頑丈なボディなど、さすがThinkPadと思わせる高い仕上がりです。

ThinkPad X280 スペック概要

【主なスペック】CPU:第7/8世代 Core i3/5/7 メモリー:4~16GB / ストレージ:SSD / ディスプレイ:12.5インチ HD/フルHD

ThinkPad X280の注目ポイント

軽くてスリムで頑丈!

ThinkPad X280 堅牢性

重量は1.13kgで厚さは17.4mmと軽量&薄い点が魅力。さらにThinkPadシリーズならではの高い堅牢性で、安心して外出先へ持ち歩けます。

キーボードが使いやすい

ThinkPad X280のキーボード

キーボードはタイプ感が心地よく、軽快に入力できます。マウス代わりに使えるトラックポイントの使いやすさもマル。

バッテリー駆動時間が長い

バッテリー駆動時間が長い

駆動時間は実測11時間以上。バッテリー性能が高く、外出先でもバッテリー切れの心配なく利用できます。

今回はメーカーからお借りしたThinkPad X280の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

ThinkPad X280

ThinkPad X280

税込9万円台~

※価格や構成は変更される場合があります

▶スペックとラインナップ

ThinkPad X280のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-7130U / Core i3-8130U / Core i5-8250U / Core i5-7300U / Core i5-8350U / Core i7-8550U / Core i7-8650U
メモリー 4~16GB
ストレージ 128GB~1TB SSD
グラフィックス Intel HD / UHD Grahpics 620
光学ドライブ なし
ディスプレイ 12.5型、1366×768 / 1920×1080ドット、TN(HD) / IPS(フルHD)、非光沢、タッチ対応 / 非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、LTE(オプション)
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB Type-C×2(うちThundeBolt3×1)、HDMI、イーサネット拡張コネクター2、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力、スマートカードリーダー(オプション)
セキュリティ機能 セキュリティースロット、TPM 2.0、指紋センサー(オプション)
カメラ なし / 92万画素、赤外線カメラ(オプション)
サイズ/重量 幅307.7×奥行き209.8×高さ17.4mm(タッチ非対応)または17.8mm(タッチ対応)/約1.13kg~
バッテリー駆動時間 15.8時間

※2018年9月3日時点。構成は変更される場合があります

ThinkPad X280を購入する際はまずベースとなる基本モデルを選び、そのあとに必要に応じてメモリーやストレージなどのカスタマイズを行ないます。基本モデルの構成や価格はタイミングに寄って異なるため、当サイトのセール情報ページでご確認ください。

ThinkPad X280のCPUについて

ThinkPad X280では、全部で7種類のCPUが使われています。主な違いは以下のとおり。基本的に表の下に並んでいるCPUほど高性能です。

CPU 世代 コア数/スレッド数 vPro
Core i3-7130U 第7世代(Kaby Lake) 2/4 非対応
Core i3-8130U 第8世代(Kaby Lake-R) 2/4 非対応
Core i5-7300U 第7世代(Kaby Lake) 2/4 対応
Core i5-8250U 第8世代(Kaby Lake-R) 4/8 非対応
Core i5-8350U 第8世代(Kaby Lake-R) 4/8 対応
Core i7-8550U 第8世代(Kaby Lake-R) 4/8 非対応
Core i7-8650U 第8世代(Kaby Lake-R) 4/8 対応

一部のCPUでは、インテルvProテクノロジーを始めとする大企業向けの技術に対応しています。企業/団体によっては内部システムで利用するためにvPro対応が必須の場合もあるので注意してください。

▶本体の大きさやデザイン

ThinkPadシリーズと言えば、マットブラックの本体カラーが特徴です。ThinkPad X280でも、そのお約束は踏襲されています。

ThinkPad X280 本体カラー

本体カラーはつや消しのブラック

ThinkPad X280 本体デザイン

外観は一見すると地味ですが、よく言えば落ち着いた雰囲気。ビジネスシーンはもちろん、プライベートシーンにもマッチするデザインです

ThinkPad X280 天板デザイン

左上にはThinkPadのロゴ。電源を入れると「i」の文字の丸い部分が赤色に光ります

ThinkPad X280では本体デザインが変更され、前モデルよりもスタイリッシュになりました。本体は小型化&薄型化され、ボディの色も変わっています。

ThinkPad X280 X260との違い

ThinkPad X280と筆者所有のThinkPad X260。ボディの色がより深い黒になっています

ThinkPad X280 X260との違い

ThinkPad X280の底面部。底面部にはアルミマグネシウム合金が使われています

ThinkPad X280 X260との違い

前モデルでは底面部にドッキングコネクターがあり、バッテリーも取り外し可能でした

ThinkPad X280 X260との違い

インターフェースの構成や位置も変わっています

本体の剛性は非常に高く、中身がきっちり詰まっている印象です。軽量タイプのモバイルノートPCに見られるようなベコベコ感はまったくありません。ディスプレイのフレームはどこから開けても歪むことはありませんし、キーボード面はとてもしっかりしています。

ThinkPad X280 堅牢性

端を持ってたわむことはなく、頑丈で安心感のある作りです

ThinkPad X280 キーボード面

キーボード面は天板と同じ仕上がり

ただし、タッチ対応/非対応で天板の材質が異なります。タッチ非対応モデルでは天板にThinkPad X1 Carbonと同じカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)が使われているとのこと。今回試用したのはタッチ非対応モデルのため、本体カラーが従来モデルと違って見えたのでしょうか。

一方のタッチ対応モデルでは、天板にグラスファイバー強化プラスチック(GFRP)が使われています。材質が異なるため、色や質感が本記事の内容と異なる可能性がある点に注意してください。

接地面積は幅307.7×奥行き209.8mmで、A4用紙よりも少し大きめ。ThinkPad X280は12.5インチタイプのモバイルノートPCですが、13.3インチタイプとと同程度のサイズです。これは液晶ディスプレイのベゼル幅がやや太いため。最近は流行の狭額デザインでない点はちょっと残念。

ThinkPad X280 本体サイズ

本体の大きさは、A4用紙よりも横にちょっと長い程度

ThinkPad X280 ベゼル幅

最近多い狭額縁のモバイルノートPCと比べると、ベゼル幅は太め

高さは公称値で17.4mm(タッチ非対応の場合、タッチ対応モデルは17.8mm)。ゴム足を含めた実測値は最厚部で20mm、最薄部で17.5mmでした。ThinkPad X270/260よりも実測値で4~6mmほど薄くなっており、スタイリッシュさは格段に増しています。

ThinkPad X280 前面と背面

高さの実測は前面部(上)で17.5mm、背面部(下)で20mm

ThinkPad X280 薄さ

旧モデルと比べてだいぶ薄くなっています

ThinkPad X280 薄さ

従来モデルでは厚くてフラットな弁当箱スタイルでしたが、ThinkPad X280は薄くてスタイリッシュです

ThinkPad X280 厚み

実際に手に持ってみても、厚さはそれほど感じません

重量はフルHDのタッチ非対応モデルがもっとも軽く1.13kgから。HD(1366×768ドット)モデルは1.26kgで、フルHDのタッチ対応モデルは1.27kgです。試用機はフルHDのタッチ非対応モデルで、重量は実測値で1.145kgでした。12.5型としては平均的ですが、筆者が所有するThinkPad X260は実測1.393kgで約250gも軽くなっています。

ThinkPad X280 重量の実測

重量の実測値は1.145kg

実際に手に持ってみたところ、ThinkPad X280と前モデルでは重さが全然違いました。実は筆者はThinkPad X260が重かったので富士通の超軽量ノートPC「LIFEBOOK WU2/B3(WU2/C2)」に乗り換えたのですが、この軽さならThinkPad X280に戻ってもいいかもしれないと思えるほどです。

ThinkPad X280 実際の重量

従来モデルよりも200g以上軽くなり、軽快に持ち運べるようになりました

ThinkPad X280 電源アダプターの重さ

電源アダプターの重量は実測233g

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

▶画面の色や見やすさ

液晶ディスプレイは12.5インチで、解像度はHD(1366×768ドット)とフルHD(1920×1080ドット)の2種類が用意されています。安いのはHDタイプですが、フルHDのほうが断然おすすめ。フルHDのほうがデスクトップを広く使えるだけでなく、フルHDタイプで使われているIPSパネルのほうが画面が美しくて見やすいからです。

ThinkPad X280 液晶ディスプレイ

画面の大きさは12.5インチ。解像度は1366×768ドットと1920×1080ドットの2種類が用意されています

フルHDのIPSパネルは輝度が300nitでコントラスト比が700:1であるのに対し、HDのTNパネルは輝度が200nitでコントラスト比は400:1です。つまりHDタイプは解像度が低いだけでなく、画面が暗くて色のメリハリに欠けるということ。またIPSパネルのほうは発色が自然ですが、TNパネルではやや青みがかっています。

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真はThinkPad X260/270によるもの

また液晶ディスプレイ表面の非光沢処理によりコントラストがやや下がるため、TNパネルでは文字がやや薄くかすれたように見えます。映像や文字の見やすさでは、IPSパネルのほうが上。TNパネルの安さは魅力ですが、できればフルHDのIPSパネルを選びましょう。

ThinkPad X280 映像品質

フルHDのIPSパネルは映像が精細で発色も自然。画面はやや暗く感じますが、作業には十分な明るさです

ただしフルHDではHDよりも文字が小さく表示されるため、文章を読みづらく感じるかもしれません。標準ではデスクトップが125%に拡大表示されていましたが、最近小さな文字が見えづらくなってきている筆者には、ちょっと読みづらく感じました。そのような場合は、デスクトップの拡大率を変更するといいでしょう。

ThinkPad X280 画面の見やすさ

フルHDは文字や写真が精細に表示されますが、12.5インチでは画面が小さいので少し見えづらく感じるかもしれません

ThinkPad X280 ガンマカーブ

i1 displayPorによる液晶ディスプレイのガンマカーブ。色のバランスは良好です

ThinkPad X280 非光沢ディスプレイ

画面は光沢なしのノングレア

New Vostro 15 3000(3572)映り込み

非光沢タイプと光沢タイプの違い。光沢タイプで生じる光の映り込みは、眼精疲労や集中力低下の原因のひとと言われています ※写真は別の機種

ThinkPad X280 液晶ディスプレイの開閉角度

ちなみに液晶ディスプレイは最大で180度まで開きます

▶キーボードの使いやすさ

キーボードは標準では日本語配列ですが、購入時のオプションで英字配列に変更できます。またキーボードバックライトの有無も変更可能です(要追加料金)。

ThinkPad X280のキーボード

ThinkPad X280のキーボード

キーピッチは実測18.5mmですが、Enterキー周辺では一部のキーが小さくなっています。ただ実際に使ってみても、特に違和感は感じられませんでした。

ThinkPad X280 Enterキー周辺

Enterキー周辺のキーがやや小さくなっています

キー配列は前モデルと変わりません。しかしカーソルキーと特殊キーがの間隔が広くなったので、カーソル移動時の打ち間違いは減りました。

ThinkPad X270/260のキーボード

ThinkPad X270/260のキーボード

ThinkPad X270/260 カーソルキー

カーソルキーと特殊キーが隣接しているため、操作時に打ち間違えることがありました

キーストロークは実測1.8mmと十分な深さで、入力時に確実な手応えを感じられます。底打ち感やたわみはなく、タイプ感は上々。モバイルノートPCとしては、標準よりもワンランク上の完成度です。

トラックパッド(タッチパッド)はカーソルの動きがとてもスムーズで、軽快に利用できました。ただしThinkPadシリーズを使うなら、キーボード中央にあるトラックポイントの利用がおすすめです。タイプ中でも指を大きく動かすことなくカーソルを操作できるのが非常に便利。またボタンがトラックパッド上部にあるので、手のひらを動かすことなくボタンをクリックできます。

ThinkPad X280 トラックポイント

手の動きを最小限に抑えた状態でカーソルを操作できるトラックポイント

▶端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は、モバイルノートPCとしては多めです。USB端子は全部で4ポートで、TYpe-C端子のひとつは超高速なThunderbolt3に対応しています。またUSB3.1とイーサネット拡張コネクターの部分はドッキングコネクターとしても利用可能で、別売りの拡張ドックを利用可能です。

ThinkPad X280 左側面

左側面のインターフェース

  • ① USB 3.1 Type-C ※充電兼用
  • ② USB3.1 ※Thunderbolt3兼用
  • ③ イーサネット拡張コネクター2
  • ④ USB3.0
  • ⑤ HDMI
  • ⑥ ヘッドホン出力

ThinkPad X280 右側面

右側面のインターフェース

  • ① スマートカードリーダー ※オプション、写真は非選択時
  • ② USB3.0
  • ③ セキュリティースロット ※盗難防止用

購入時のオプションで指紋センサーを追加すると、トラックパッド右側にタッチ式のセンサーが配置されます。従来のスライド式に比べて認識精度が上がり、すばやくサインインできるようになりました。

ThinkPad X280 指紋センサー

タッチ式の指紋センサー

ThinkPad X260 指紋センサー

従来はキーボード右側にスライド式のセンサーが搭載されていました

またオプションで赤外線カメラを追加すると、Windows Helloによる顔認証サインインを利用できます。カメラをチラッと見るだけなので、サインインの手順は指紋認証よりも簡単です。赤外線カメラ非選択時にはカメラ部分にシャッターが付き、使わないときは撮影しないようにもできます。

ThinkPad X280 赤外線カメラ

液晶ディスプレイ上部のWebカメラと赤外線カメラ

カスタマイズ画面で「WWAN対応」を選択すると、SIMフリーのLTE通信を利用できます。Wi-Fi環境やモバイルルーターがなくてもネットに接続できるのは便利!

ThinkPad X280 LTE

カスタマイズ画面で「WWAN対応」を選ぶと、SIMフリーのLTE通信を利用可能です

ThinkPad X280 SIMカードスロット

SIMカードスロットは背面に配置。カードサイズはナノSIM

▶駆動時間や発熱、騒音

ここからは、ThinkPad X280の性能テストの結果を紹介します。テスト機の主なスペックは以下の表のとおり。検証/ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8550U
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)

バッテリー駆動時間計測結果

当サイトでの計測方法でバッテリー駆動時間のテストを行なったところ、最大で11時間15分と非常に優れた結果となりました。ただしBBenchのテストはバッテリー消費が少ないため、実際の利用ではもう少し短くなるはずです。PCMark 8のテストは負荷が高いため、おそらく8時間程度はもつと思われます。モバイルノートPCとしては非常に優秀な結果です。

バッテリー駆動時間のテスト結果

BBenchによる計測 11時間15分
PCMark 8による計測 7時間13分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

なおバッテリー駆動時間は作業内容によって大きく変わる点に注意してください。

本体の温度について

キーボード面と底面部の温度を計測したところ、かなり温度が上昇しました。キーボード面については温かく感じる程度ではありますが、底面部は高負荷時に50度を超えます。ひざの上で長時間使うと低音やけどになる可能性があるので、ひざに載せての利用はやめたほうがいいでしょう。またキーボード面右側にある通気口付近も高温になるため、近くに物を置くのは控えたほうが良さそうです。

表面温度(室温27.1℃) ※画像クリックで拡大

動画視聴 動画変換 3Dゲーム
キーボード面
キーボード面の温度最大38.2℃
キーボード面
キーボード面の温度最大44.3℃
キーボード面
キーボード面の温度最大43.8℃
底面
底面の温度最大45.6℃
底面
底面の温度最大52.5℃
底面
底面の温度最大51.4℃

駆動音の計測結果

駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音)を計測したところ、軽めの処理では音は聞こえませんでした。高い負荷がかかると排気音が聞こえますが、気になるほどではありません。

駆動音の計測結果(室温27.1℃)

電源オフ 36.8dBA
待機中 37.0dBA ほぼ無音
動画視聴 37.2dBA 同上
文書作成 40.6dBA 排気音がはっきり聞こえるがうるさくはない
動画変換 42.4dBA 同上

消費電力について

さまざまな状況下での消費電力は以下のとおり。高性能なCore i7-8550Uを搭載しているにも関わらず、消費電力は控えめです。

1分間の平均消費電力(REX-BTWATTCH1による計測)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
8.4W 12W 28.8W 35.4W

※消費電力の計測方法はコチラ

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)は平均11.58秒(高速スタートアップ有効)でした。SSD搭載機の平均(16~17秒程度)よりも起動が速く、快適に利用できます。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
11.7秒 11.6秒 11.5秒 11.5秒 11.6秒 11.58

▶ベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8550U
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)

ストレージ性能

試用機で使われていた256GB SSDはPCIe接続タイプで、アクセス速度は非常に高速です。

ThinkPad X280 256GB SSDアクセス速度

256GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能

試用機で使われていたCore i7-8550Uは、モバイルノートPC向けとしては非常に高性能なCPUです。従来モデルよりも高いパフォーマンスを期待できます。さらに高い性能を求めるなら、Core i7-8650Uを選ぶといいでしょう。普段使いであれば、Core i5-8250Uでも十分。予算を抑えたいなら、Core i3でもアリです。

※当サイトではCore i3-7130Uの実測データがないため、代わりにCore i3-7100Uの結果を掲載しています。実際にはCore i3-7130UはCore i3-7100Uを少し上回る程度だと思われます。

CPU性能比較(マルチコア)

名称 CINEBENCH R15スコア マルチコア
Core i7-8650U
647
Core i7-8550U
569
Core i5-8250U
566
ThinkPad X280(Core i7-8550U)
560
Core i7-7500U
342
Core i5-7300U
339
Core i3-7100U
253

※そのほかのCPUのスコアは当サイト計測の平均値

CPU性能比較(CPU Mark)

名称 PassMark CPU Markスコア
ThinkPad X280(Core i7-8550U)
9865
Core i7-8650U
9721
Core i7-8550U
9077
Core i5-8250U
8367
Core i7-7500U
5564
Core i5-7300U
5312
Core i3-7100U
3785

※そのほかのCPUのスコアは当サイト計測の平均値

3D性能

3D性能のテストではCPU内蔵グラフィックスとしては高い結果が出ていますが、グラフィックス重視の3Dゲームを快適に遊べるほどではありません。

3D機能の性能比較

名称 グラフィックス機能 3DMark Fire Strikeスコア
ThinkPad X280(Core i7-8550U) Intel UHD Graphics 620
1173
Core i7-8550U Intel UHD Graphics 620
1071
Core i5-8250U Intel UHD Graphics 620
1017
Core i3-7100U Intel HD Graphics 620
676

高いグラフィックス性能が必要なFF14は非常に厳しいものの、ドラクエ10などごく軽めのゲームであれば画質や解像度を落とすことでなんとかプレー可能です。

ゲーム系ベンチマーク結果(フルHD)

FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
最高品質 高品質(ノートPC) 標準品質(ノートPC)
1091(設定変更が必要)※6.618 FPS 1621(設定変更を推奨)※10.285 FPS 2550(普通)※16.772 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX ※軽い
最高品質 標準品質 低品質
4877(普通) 5368(快適) 5580(快適)

▶動画変換や写真加工の快適さ

動画出力(書き出し)

動画出力(書き出し)
動画編集の書き出しは、モバイルノートPCとしては非常に高速です。CPUが高性能である上に、超高速なSSDと16GBメモリーの効果が出ています。

動画出力にかかった時間

かかった時間
ThinkPad X280(Core i7-8550U+16GB) 6分11秒
m-Book B506H(Core i7-8550U+8GB) 14分16秒

※「Adobe Premiere Pro CC 2018」を使って、FF14ベンチをキャプチャーした6分44秒のフルHD動画に画像とテロップ、音声を追加した合計7分のゲーム実況風動画を作成。書き出し設定は「H.264」で、「YouTube 1080p HD」のプリセットを使用。

動画変換

動画変換
動画変換については、モバイルノートPCとしては優秀な結果が出ました。しかし本格的な作業では、dGPUを搭載した機種のほうが有利です。

動画変換にかかった時間

CUDA ソフトウェア
ThinkPad X280(Core i7-8550U) ※非対応 11分13秒
Core i7-8550U+GTX1050 3分47秒 6分46秒

※Adobe Media Encorder CCで5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をプリセット「YouTube 1080p HD」で変換するのにかかった時間

総合的なクリエイティブ性能

PCMark10

PCMark 10では各スコアが3000を超えれば本格的な作業をなんとか行なえるレベルです。テストでは写真と動画の編集についてはクリアーしているため、ちょっとした作業なら問題ありません。

PCMark 10ベンチマーク結果(一部抜粋)

Digitala Content Creation(総合スコア) 2932
Photo Editing(写真編集) 3544
Rendering and Visualization(3D制作) 1930
Video Editing(動画編集) 3688

▶小さいことはいいことだ!

ということで、今回はThinkPad X280のレビューをお届けしました。

実は久しぶりにThinkPad Xシリーズを触ったのですが、やっぱりこのシリーズはとても使いやすい! 特にキーボードのタイプ感が秀逸で、打ち心地にこだわる人でもきっと満足できるでしょう。ただ一部のキーピッチが小さいので、フルピッチで利用したい人にはThinkPad X1 Carbonあたりがいいかもしれません。

以前に筆者が旧モデルのThinkPad X260を選んだのは、ThinkPad X1 Carbonのように14インチだとちょっと大きい気がしたからなんですよね。普段はデスクトップPCを使っているので、持ち運び用なら少しでも小さい方がいいだろう、と。ただ実際に使ってみるとけっこう重くて、その後超軽量タイプのLIFEBOOK WU2/C2に乗り換えてしまいました。

でもThinkPad X280になってだいぶ軽くなりましたし、スリムにもなっています。なにより小ささが魅力ですから、またこっちに乗り換えようかなとふつふつと物欲が……。

そんなわけで、ThinkPad X280は小ささと使いやすさにこだわる人に激しくおすすめです!

ThinkPad X280まとめ

モバイル性能が抜群に高い点が魅力!

ThinkPad X280のまとめ

  • 軽量スリムで頑丈!
  • バッテリーが長持ち!
  • キーボードが使いやすい!

ThinkPad X280

ThinkPad X280

税込9万円台~

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは高性能ノートPCから2~3万円台の格安ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました