新型Surface Pro Core m3/Core i5モデルのベンチマーク結果-メモリー4GBでも意外に使える!

New Surface Pro 2017

マイクロソフトのSurface Proには、CPUやメモリー/ストレージ容量の異なる6種類のモデルが用意されています。今回はそのなかから、「128GB/Intel Core m3/4GB RAM」モデルと「128GB/Intel Core i5/4GB RAM」モデルの2機種について、実機を使ったベンチマークテストの結果を紹介します。

Surface Pro

Surface Pro(2017年モデル)

税込み11万4264円から

関連記事

新型Surface Pro (2017)レビュー! 間違いなく最高品質のWindowsタブレット
2017年6月に発売された新しいSurface Proをレビュー! デザインや使い勝手を徹底チェックしています
Surface Laptop購入レビュー 使ってわかったイイところと残念なところ
Surface Laptop(サーフェス・ラップトップ)のデザインや使い勝手を徹底レビュー!

Surface Proのラインナップ

新しいSurface Proのラインナップは、以下の6機種です。それぞれCPUの種類やメモリー/ストレージ容量が異なります。基本的に値段の高いモデルほど性能に優れていますが、本体デザインや液晶ディスプレイの品質などは変わりません。

■Surface Proのラインナップ

モデル 128GB/Intel Core m3/4GB RAM 128GB/Intel Core i5/4GB RAM 256GB/Intel Core i5/8GB RAM 256GB/Intel Core i7/8GB RAM 512GB/Intel Core i7/16GB RAM 1TB/Intel Core i7/16GB RAM
OS Windows 10 Pro (Creators Update適用済み)
CPU Core m3-7Y30 Core i5-7300U Core i7-7660U
グラフィックス Intel HD Graphics 615 Intel HD Graphics 620 Intel Iris Pro Graphics 640
メモリー 4GB 8GB 16GB
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD 512GB SSD 1TB SSD
重量 768g 770g 782g
税込価格 11万4264円 13万6944円 15万8544円 20万6064円 28万0584円 34万1064円

基本性能のベンチマーク結果

今回は、Core m3(128GB/Intel Core m3/4GB RAM)モデルとCore i5モデル(128GB/Intel Core i5/4GB RAM)の2機種でテストを行ないました。どちらも値段が安いモデルですので、ほかのモデルではより優れた結果となる可能性が大です。なおベンチマーク結果についてはスペックや環境、タイミングなどによって大きく変わることがあります。

Windows 10の快適さ

Windows 10の快適さを計測する「Windowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)」の結果は、Core m3モデルとCore i5モデルであまり差が出ませんでした。比較的軽めのテストですので、CPU性能の違いは大きく反映されないのかもしれません。

■Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
プロセッサ 7.4 7.6
メモリ 5.9 5.9
グラフィックス 5.9 5.6
プライマリハードディスク 8.65 8.6

CPUの性能

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」では、マルチコア性能(「CPU」)Core i5モデルがCore m3モデルを25%程度上回っています。ただしシングルコア性能では、両CPUに大きな違いはありません。

CINEBENCH R15ベンチマーク結果

CINEBENCH R15ベンチマーク結果。左がCore m3モデルで右がCore i5モデル

関連記事

ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
ノートPCで使われているCPUのベンチマーク結果をまとめました。CPUの性能を知りたいときにどうぞ

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度を計測したところ、シーケンシャルリード/ライトについてはほぼ同じ結果となりました。両モデルとも同じサムスン製の「PM961(KUS020203M)」が使われていましたので、当然の結果と言えるかもしれません。そのほかのテストでは多少の差がついていますが、テスト中にほかのプロセスによるアクセスが発生した可能性があります。

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

ssd

Core m3モデル(左)とCore i5モデル(右)の結果

出荷タイミングによっては、異なるメーカー/型番のSSDが使われているかもしれません。もし仮にすべてのモデルでサムスン製のPM961が使われているとすれば、容量が大きいSSDほどアクセス速度が高速です。パフォーマンスを重視するなら、512GB/1TB SSD搭載モデルと選ぶといいでしょう。

■PM961のアクセス速度(公称値)

シーケンシャルリード シーケンシャルライト
128GBモデル 2,800MB/秒 600MB/秒
256GBモデル 2,800MB/秒 1,100MB/秒
512GBモデル 2,800MB/秒 1,600MB/秒
1TBモデル 3,000MB/秒 1,700MB/秒

パソコンとしての総合性能

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 8」では、総合スコアでCore i5モデルがCore m3モデルを18%前後上回る結果となりました。詳細を確認すると、動画のエンコードや画像編集などCPUパワーが求められるテストで差がついています。逆に言えば、これらの作業を行なわないならCore m3でも問題ないということです。

なお上位モデルではCPUやメモリー、ストレージの性能が大きく変わるので、この結果よりもはるかに優れたスコアが出ると予想できます。

■PCMark 8 Home acceleratedの結果

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
総合スコア 2903 3272
Web Browsing – JunglePin 0.393 s 0.369 s
Web Browsing – Amazonia 0.167 s 0.157 s
Writing 6.61 s 5.36 s
Photo Editing v2 0.218 s 0.174 s
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat encoding v2 60.0 ms 46.0 ms
Casual Gaming 26.7 fps 27.4 fps

■PCMark 8 Creative acceleratedの結果

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
総合スコア 3746 4482
Web Browsing – JunglePin 0.390 s 0.367 s
Web Browsing – Amazonia 0.165 s 0.157 s
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 2 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 3 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat encoding v2 74.0 ms 54.3 ms
Photo Editing v2 0.217 s 0.174 s
Batch Photo Editing v2 18.3 s 14.0 s
Video Editing part 1 v2 12.9 s 9.7 s
Video Editing part 2 v2 21.4 s 16.1 s
Mainstream Gaming part 1 8.0 FPS 9.1 FPS
Mainstream Gaming part 2 4.2 FPS 5.0 FPS
Video To Go part 1 7.3 s 6.3 s
Video To Go part 2 10.2 s 8.6 s
Music To Go 22.41 s 15.55 s

PCMark 8のランキング

PCMark 8のランキング結果。Core m3モデル(左)は上位60%以内、Core i5モデル(右)は上位43%以内との評価です

最新版のPCMark 10では、もう少し大きな差が出ています。最新の環境では、やはりCore i5のほうが総合的に優れていると言えるのでしょうか。

■PCMark 10の結果

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
総合スコア 2502 3101
App Start-up Score 6014 7620
Video Conferencing Score 5852 6457
Web Browsing Score 5322 5898
Spreadsheets Score 4696 6009
Wiriting Score 3498 4504
Photo Editing Score 2178 2911
Rendering and Visualizetion Score 1130 1354
Video Editing Score 2509 3297

ゲーム性能のベンチマーク結果

3DMarkベンチマーク結果

3Dゲームの快適さを計測する「3DMark」をテストしたところ、Core m3モデル/Core i5モデルともに低めの結果となりました。この性能では海外の大作ゲームはかなり厳しく、国内向けゲームでもタイトルによってはプレーが難しいかもしれません。ただし軽めのゲームや2D描画主体のゲームであれば、問題なく楽しめるはずです。

なお下記の結果ではCore m3モデルよりもCore i5モデルのほうが低い結果となっていますが、ベンチマーク中にほかのプロセスが動いていた可能性があるため、後日テストしなおします。

3DMarkベンチマーク結果
Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
3dmark firestrikeFire Strike 688 770
3dmark skydiverSky Diver 3129 3418
3dmark cloudgateCloud Gate 4814 4792
3dmark icestormIce Storm 44633 39302

ドラクエ10ベンチ

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の快適さを計測する「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」では、1280×720ドットであれば快適にプレーできるという評価です。1920×1080ドットのフルHDでは、ちょっと厳しいかもしれません。

ただしCore i7モデルであれば高性能なグラフィックス機能を搭載しているので、1920×1080ドットの標準画質で問題なく遊べるでしょう。

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
1280×720ドット、標準品質 6580(快適) 7743(とても快適)
1280×720ドット、最高品質 5243(快適) 6135(快適)
1920×1080ドット、標準品質 3601(普通) 2098(やや重い)
1920×1080ドット、最高品質 2545(やや重い) 2487(やや重い)

FF14ベンチ

「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」では、解像度1280×720ドットの標準品質で「設定変更を推奨」という評価です。ベンチマークのプリセットでは事実上この設定が最低ですので、プレーは諦めたほうがいいでしょう。

ちなみに「蒼天のイシュガルド」DirectX 9版ではCore m3モデルで「普通」という評価ですが、平均FPSが18.02しかありませんので(理想は60 FPS)、画面の描画はカックカクです。

Core m3モデル Core i5 モデル(メモリー4GB)
1280×720ドット、標準品質 1543(設定変更を推奨)※平均9.57 FPS 1549(設定変更を推奨)※平均9.66 FPS

Core i7モデルであればスコアは多少改善されるはずですが、おそらくストレスなくプレーするには厳しいでしょう。

バッテリー性能のベンチマーク結果

※現在計測中

発熱について

Core m3モデルとCore i5モデルは、CPUクーラーのないファンレス仕様です。動作音がまったくない点は快適なのですが、内部の発熱が気になるところ。そこで高い負荷がかかった状態での温度を調べてみました。

Core m3モデルの発熱

Core m3モデルでは3DMark実行時のCPU温度しか確認できませんでした。ベンチマーク中の最高温度は60度で、最大限界温度(100度)までにはまだ余裕があります。

CPU最大温度

3DMarkのストレステスト実行中のCPU最大温度

表面の温度については放射温度計を利用して計測してみたところ、最大で46度でした。背面を触ってみると確かに熱を感じますが、Surface Pro使用中は背面に触れる機会がないので、特に問題ないかもしれません。

Core i5モデルの発熱

Core i5モデルではPCMark 8実行時に、CPU/GPU温度が最大73度にまで達しています。Core m3よりも高い温度ですが、こちらも最大温度は100度ですので、特に問題はない範囲です。CPUの動作周波数を確認しても、熱によるパフォーマンスの低下は見られませんでした。

CPU温度

PCMark 8実行時のCPU温度(左)とGPU温度(右)

内部の熱が高いだけあって、表面の温度もCore m3モデルよりも若干高く感じました。正確な温度については現在計測中ですが、こちらも体が触れる部分は温度が低いので、問題ないと思われます。

4GBメモリーモデルはサブPC向け

ということで、今回は新しいSurface Pro全6モデルのうち、メモリー容量が4GBのCore m3モデルとCore i5モデルのベンチマーク結果を紹介しました。内容がかなりマニアックですが、ざっくり言うと以下の点がポイントです。

Core m3/Core i5(メモリー4GB)モデルの性能評価

  • Windows 10は快適(Core i5が有利)
  • ファイル操作もスムーズ(若干Core i5が有利)
  • Webの閲覧や文書作成、動画視聴は問題なし
  • 写真加工や動画編集には向かない
  • 軽めの3Dゲームなら低解像度でOK

軽めの作業が中心なら、Core m3/Core i5(メモリー4GB)モデルでも十分メインのパソコンとして活用できます。画像加工や動画編集、プログラミングなどクリエイティブな作業が多いなら、高性能なCore i7モデルを選ぶべきでしょう。

ただし高性能なパソコンが別にあるなら、Core m3/Core i5(4GBメモリー)モデルをサブマシンとして活用するのはアリです。特に液晶ディスプレイの映像品質が高いので、写真や動画の色合いを確認するのに向いています。ちなみにデジタル一眼で撮影した30MB程度のRAW画像を開いたところ、瞬時に表示できたのにはビックリしました。

資料の確認やメモ書きなどに、ペン入力を使うのもおすすめです。メインのパソコンでは面倒な作業でも、サブのSurface Proなら快適に行なえます。

以上のように、メモリー容量が4GBのSurface Proでも意外に快適に使えます。サブマシンとして、あるいはメインマシンとして検討してみてはいかがでしょうか。バリバリ活用したいなら、Core i5(8GBメモリー)/Core i7モデルを選ぶといいでしょう。ノートパソコンやタブレットに、ワンランク上の快適さを求める人におすすめです。

Surface Pro

Surface Pro(2017年モデル)

税込み11万4264円から

関連記事

新型Surface Pro (2017)レビュー! 間違いなく最高品質のWindowsタブレット
2017年6月に発売された新しいSurface Proをレビュー! デザインや使い勝手を徹底チェックしています
Surface Laptop購入レビュー 使ってわかったイイところと残念なところ
Surface Laptop(サーフェス・ラップトップ)のデザインや使い勝手を徹底レビュー!
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが最大50%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!