ドスパラ Critea DX-W7 レビュー:16GBメモリーなのに実質9万円台で買えるスタンダードノートPC

ドスパラ Critea DX-W7 レビュー

ドスパラのCritea DX-W7は、15インチタイプのスタンダードノートPCです。Core i7 + 16GBメモリーで税込10万1178円と、ハイスペック構成でも安い点が特徴。キャッシュレス5%還元を含めれば、実質9万円台で入手できます。
Critea DX-W7

ポイント

  • 16GBメモリー搭載で実質9万円台
  • 高性能なCore i7
  • 軽量コンパクト

Critea DX-W7のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i7-8565U
メモリー 16GB
ストレージ 500GB SSD
グラフィックス UHD 620
LTE 非対応
幅×奥行き 362×246mm
厚さ 21.5mm
重量 1.7kg
バッテリー 約7.8時間

※2020年4月23日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー シルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり (3列)
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
USB3.1 2 (Gen1)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen2)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法で購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

Critea DX-W7

Critea DX-W7

税込10万1178円~

※5%のキャッシュレス還元 (4948円相当)で実質9万6230円

※2020年4月24日時点

【最安7万円台】16GBメモリー搭載ノートPCおすすめ機種を紹介! Core i7 / Core i5搭載でも安い
いまは8GBのメモリーを搭載したノートPCが人気ですが、仕事や学習などでガッツリ使うなら16GB以上のメモリーを搭載した機種がおすす……

デザインと使いやすさ

シンプルな外観

Critea DX-W7 外観

Critea DX-W7の外観はとてもシンプルで、ロゴやラインなどの飾りは一切ありません。本体は樹脂 (プラスチック)製ですが、本体カラーがメタリックな明るいシルバーである影響でそれほど安っぽくは見えませんでした。

Critea DX-W7 天板

非常にスッキリとした天板

Critea DX-W7 パームレスト

パームレスト (キーボード面)もシルバー

Critea DX-W7 ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右8.7mm、上部15mm、下部27.5mm。全体的にそれおほど細くはありませんが、野暮ったく見えるほど太くもありません

Critea DX-W7 底面部

底面部はブラックで、いかにもノートPC的な質感

Critea DX-W7 フォルム

シルエットとしてはやや丸みを帯びながらも、角の部分はエッジが立ったシャープな作り

15インチとしては軽量コンパクト

Critea DX-W7 大きさ

本体サイズは、15インチタイプとしてはコンパクトです。接地面積は幅362×奥行き246mmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもひと回り小さい程度。2~3年前のノートPCと比べると、だいぶ小さく感じます。ゴム足を含めた設置時の高さは22.7mm。数値としては標準的ですが、実物を手にすると意外に薄く感じました。

Critea DX-W7 サイズ

B4サイズ (黄色い部分)よりもひと回り小さめ

Critea DX-W7 厚さ

厚さは公称値で21.5mm、実測では20.2mm、底面部のゴム足を含めると22.7mmでした

Critea DX-W7 前面

前面の見た目はスリムです

Critea DX-W7 背面

背面はやや厚みがありますが、ゴツく感じるほどではありません

Critea DX-W7 重さ

重さは公称値で1.7kg、実測では1.548kgでした。15インチタイプとしては軽い!

スタンダードな15インチのフルHD

Critea DX-W7 画面サイズ

ディスプレイの大きさは15.6インチ、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。このタイプの機種としては、標準的なスペックと言っていいでしょう。デスクトップの文字の大きさは2~2.7mm程度 (スケーリング125%時)でした。新聞 (3.3~3.7mm前後)よりも小さいのですが、読みづらくは感じません。

映像は自然な色合い

Critea DX-W7 映像品質

画面は比較的明るく、色合いは自然です。スペック上では明記されていませんが、IPSパネル相当だと考えていいでしょう。ややコントラストが低いようにも感じましたが、特に気になるほどでもありません。マニアックに見ればやや赤みが弱い気もしますが、問題なく使えるクオリティーです。

色域測定結果

sRGBカバー率 91.5%
sRGB比 100.9%
Adobe RGBカバー率 70.7%
Adobe RGB比 74.8%

Critea DX-W7 明るさ

問題なく利用できる明るさ

目に優しい非光沢

Critea DX-W7 非光沢

ディスプレイの表面は光沢を抑えたノングレアタイプです。眼精疲労や集中力低下の原因と言われる”映り込み”が抑えられています。長時間の作業でも疲れにくい、目に優しいディスプレイです。

ややクセのあるキーボード

Critea DX-W7 キーボード

キーボードは日本語配列で、キーピッチ (キーとキーの間隔)は標準的な19mmです。Enterキー周辺がやや窮屈ですが、慣れれば問題なく利用できるでしょう。テンキーは標準的な4列構成ではなく、特殊な3列構成です。

Critea DX-W7 配列

Enterキー周辺のキーがやや小さいほか、テンキーが特殊な3列構成

タイプ感は軽い

Critea DX-W7 タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.35mmでした。標準的なノートPC (平均1.5mm)に比べて浅く作られています。実際にキーを入力したところ、タイプ感はとても軽く感じました。押し込むようにして入力する人には物足りないかもしれませんが、軽い力で入力する人であれば違和感はないでしょう。

タイプ音は軽い力でもタクタクと聞こえますが、うるさく感じるほどではありませんでした。ただEnterキーのタイプ音は響きがちなので、この点についてだけ注意したほうがいいかもしれません。強く打つとタンタンと響くので、軽いタッチ推奨です。

Critea DX-W7 タイプ音

軽いタッチでもタイプ音がタクタクと聞こえました

十分なインターフェース構成

Critea DX-W7 インターフェース

USB端子は全部で3ポートで、そのうち1ポートはType-Cです。15インチタイプとしては多くありませんが、困るほど少ないわけでもありません。そのほかの端子類も標準的な構成です。光学ドライブやVGA (D-sub15ピン)には対応していないので注意してください。

Type-Cは映像出力に対応

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
映像出力

Type-C端子はデータ通信と映像出力に対応しています。USB PDによる充電には非対応でした。基本的に据え置きで利用する機種なので、充電非対応でも困る場面はないでしょう。

スピーカーは通話やビデオチャット向け

Critea DX-W7 スピーカー

スピーカーはビデオチャットや動画視聴、音声通話向きです。音楽をじっくり楽しめるほど高音質ではありません。ややこもった感があり、音の厚みも感じられませんでした。とは言えノートPCとしては標準的なクオリティーです。

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因で大きく変わることがあります。

CPUは第8世代のCore i7

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13685
Core i7-1065G7
11946
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i7-8565U
9814
Core i5-10210U
9730
Core i5-1035G1
9667
Critea DX-W7 (Core i7-8565U)
9525
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8373
Core i3-10110U
5553
Core i3-8145U
5549
Ryzen 3 3200U
4609
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron N4000
1550

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUとしては、第8世代のCore i7-8565Uが使われています。最新の第10世代Core i5 / i7よりもややパフォーマンス面で劣るものの、まだまだ現役で使える性能です。ノートPC全体で見てもなかなか優秀で、多少重い処理でも問題なくこなせるでしょう。

グラフィックス性能はイマイチ

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
GTX 1050
5912
MX250
3400
Iris Plus
2880
Radeon Vega 8 (Ryzen 5)
2193
UHD (Comet Lake)
1335
Critea DX-W7 (UHD 620)
1333
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD 620 (Core i5)
1186
UHD 620 (Core i3)
975

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能は低めです。CPU内蔵のグラフィックス機能を利用するため、ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は見込めないでしょう。ビジネスや普段使いには問題ありません。

普段使い用には十分な性能

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
8070
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
6917
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
2999

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、一般利用とビジネス利用の目標値を大きく上回りました。普段の作業については、快適に行なえます。

コンテンツ制作のテストでは、目標値に届きませんでした。ちょっとした動画編集や写真加工には問題ないものの、本格的なコンテンツ制作には向いていません。

SATA接続の500GB SSDを搭載

Critea DX-W7 ストレージ

ストレージとしては、500GB SSDが使われています。接続方式はSATAで、PCIe 3.0接続の高速タイプよりもアクセス速度が控えめ。しかしHDDよりもはるかに高速です。容量も十分と言っていいでしょう。

起動時間は平均12秒程度

ウィンドウズの起動時間を計測したところ、平均で12.28秒でした。SSD搭載機の平均は15秒程度 (筆者調べ)ですので、なかなか優秀です。ちなみにHDDのみの機種では、起動に40秒以上かかることもあります。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 12.7秒
2回目 12.3秒
3回目 11.9秒
4回目 12.3秒
5回目 12.2秒
平均 12.28秒

実駆動時間は5~6時間程度

バッテリー駆動時間は、公称値で約7.8時間とされています。ただしこれはパフォーマンスをグッと落とした状態での計測結果で、実際の駆動時間は公称値よりも短いのが一般的です。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、5時間30分でバッテリー切れとなりました。パフォーマンスをやや抑えた状態ので動画再生では6時間25分です。

駆動時間は長いわけではありません。しかしCritea DX-W7は持ち歩き用のモバイルノートPCではないので、駆動時間が短くても問題ないはずです。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約7.8時間
Modern Office (ビジネス作業) 5時間30分
Video (動画視聴) 6時間25分
フル充電までにかかった時間 2時間31分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

実質9万円台で16GBメモリーはお得!

Critea DX-W7 感想

よかった点

Core i7 + 16GBメモリー搭載ノートPCが5%のキャッシュレス還元を含めれば、実質9万円台で買えるのは非常にお得です。画面は大きな15.6インチで、目に優しい非光沢である点もポイント。15インチタイプとしては軽量な上、外観がシンプルなのでシーンを選ばずに利用できます。コスパの高いスタンダードノートPCです。

気になる点

CPUがひと世代古い点は残念です。とは言え最新CPUと性能が劇的に変わるほどではないので、安さを考えれば納得できるでしょう。個人的にはキーボードのテンキーが標準的な4列構成ではなく、特殊な3列構成である点が気になりました。慣れるまでは入力ミスなどがあるかもしれません。

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法で購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

Critea DX-W7

Critea DX-W7

税込10万1178円~

※5%のキャッシュレス還元 (4948円相当)で実質9万6230円

※2020年4月23日時点

【最安7万円台】16GBメモリー搭載ノートPCおすすめ機種を紹介! Core i7 / Core i5搭載でも安い
いまは8GBのメモリーを搭載したノートPCが人気ですが、仕事や学習などでガッツリ使うなら16GB以上のメモリーを搭載した機種がおすす……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました