HP ENVY x360 13-ay1000(2021年モデル)レビュー:Zen3 Ryzen搭載の極薄モバイル2-in-1

HP ENVY x360 13-ay(AMD)レビュー

HP ENVY x360 13-ay1000は、2021年に発売されたモバイルノートPCです。画面が回転する2-in-1タイプでありながら、一般的なノートPCよりもスリムでコンパクトな点が特徴。高性能なZen3世代のRyzen 5000シリーズ搭載で、重い処理でも快適にこなせます。

HP ENVY x360 13-ay1000

HP ENVY x360 13-ay1000

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

特別クーポンで値引き!

11万円以上のPCを購入する際は、特別割引クーポンがお得! クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。

11万円以上で5%オフクーポンicon
13万2000円以上で7%オフクーポン

※クーポンはタイミングによって利用できない場合があります

関連記事
HPレビューまとめ

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 13.3インチ 1920×1080 光沢 タッチ対応 IPS
CPU Ryzen 5 5600U / Ryzen 7 5800U
メモリー 8GB / 16GB ※オンボード、DDR4-3200
ストレージ 256GB~1TB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース USB Type-C Gen2(USB PD / 映像出力対応)×1、USB Type-A×2、ヘッドフォン出力、microSDカードスロット
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅306×奥行き194×高さ15.5~16.5mm / 約1.25kg
バッテリー 最大15時間

本体デザイン

HP ENVY x360 13-ay1000

HP ENVY x360 13-ay1000の外観。本体カラーはナイトフォールブラック。やや紫っぽいダークグレーです

HP ENVY x360 13-ay1000 2in1

画面が回転するタイプの2-in-1ノートPC

HP ENVY x360 13-ay1000 天板

天板はアルミ製。表面は指紋の跡が少し残ります。天板上部には無線電波の受信感度を高めるアンテナライン

HP ENVY x360 13-ay1000 デザイン

画面が回転する2-in-1タイプですが、一般的なクラムシェル型ノートPCよりもスリムです

HP ENVY x360 13-ay1000 キーボード

キーボード面も天板と同様の仕上がり

HP ENVY x360 13-ay1000 バックライト

キーボードはバックライト対応ですが、光はやや弱め

HP ENVY x360 13-ay1000 ベゼル

ディスプレイのベゼルは細め。2-in-1では天板の強度を保つためにベゼルが太く作られていることが多いのですが、HP ENVY x360 13-ay1000が画面周りがスッキリとしています

HP ENVY x360 13-ay1000 インターフェース

インターフェース構成はやや少なめ。手で持つことが多いモバイル2-in-1としてなら、これで十分かもしれません。足りない場合はType-Cドックを利用するといいでしょう

HP ENVY x360 13-ay1000 指紋センサー

右Ctrlキーの代わりに指紋センサーが配置されています

HP ENVY x360 13-ay1000 スピーカー

スピーカーは底面左右に配置。解像感は高めで音量は十分ですが、低音域はやや弱く感じます。薄型ノートPCとしてはそこそこ高音質

HP ENVY x360 13-ay1000 スピーカー

ただしノートPCスタイル以外では音がこもって聞こえました

HP ENVY x360 13-ay1000 電源アダプター

電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは285g

HP ENVY x360 13-ay1000 排気口

排気口はこのあたり。ノートPCスタイルでは、排気がディスプレイに直接当たります

HP ENVY x360 13-ay1000 底面

底面部

サイズと重量

HP ENVY x360 13-ay1000 サイズ

本体サイズは幅306×奥行き194mm

HP ENVY x360 13-ay1000 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもわずかに小さい程度。13.3インチクラスとしてはコンパクトです

HP ENVY x360 13-ay1000 厚さ

厚さは実測で最厚部が16.7mm、概ね16mm前後

HP ENVY x360 13-ay1000 背面

本体背面。底面部のゴム足を含めた設置時の高さは17.4mm

HP ENVY x360 13-ay1000 薄さ

実際に手で持つと、とてもスリムに感じます

HP ENVY x360 13-ay1000 重さ

重さは実測で1.216kg

HP ENVY x360 13-ay1000 軽さ

多少のズッシリ感はありますが、モバイル2-in-1としては軽量です

ディスプレイについて

HP ENVY x360 13-ay1000 画面サイズ

画面サイズは13.3インチで、解像度は1920×1080ドット(フルHD)。モバイルノートPCとしては一般的なスペックです

HP ENVY x360 13-ay1000 デスクトップ

デスクトップの文字の大きさは2~2.8mm程度(スケーリング150%時)。文字の情報量としては1280×720ドット相当なので、スケーリングを125%あたりに下げるといいでしょう

HP ENVY x360 13-ay1000 映像品質

映像は自然な色合い。スマホやタブレットほど鮮やかではありませんが、ノートPCとしては違和感がありません

Vostro 5410 映像品質

ややランク低めのNTSC 45%ディスプレイ ※写真は別の機種

OMEN 17 映像品質

sRGB 100%の高品質なパネル ※写真は別の機種

HP ENVY x360 13-ay1000 明るさ

画面は明るく感じますが、まぶしいほどではありません。作業にはちょうどいいレベルです

キーボードについて

HP ENVY x360 13-ay1000 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列

HP ENVY x360 13-ay1000 配列

右端に特殊キーが縦に並んでいます。使いづらく感じるかもしれませんが、個人的には慣れれば問題ないかなというレベル。ただしはじめのころは、打ち間違いがたびたびあるでしょう

HP ENVY x360 13-ay1000 タイプ感

キーピッチは標準的な19mmで、キーストロークはやや浅めの1.3mm。ストロークは浅いものの、思ったよりも手応えはあります。ただキーにややグラつきを感じました

HP ENVY x360 13-ay1000 タイプ音

タイプ音は軽い力でも詫田と聞こえますが、うるさくは感じません。ただし強く叩くとパチパチと響くので、軽めのタッチを推奨します

HP ENVY x360 13-ay1000 キーボード

右端の配列が気にならないなら普通に使えるキーボードです

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5800U
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※各ベンチマークテストは、Windows 11の電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、電源アダプターに接続した状態で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMD Zen3世代のRyzen 5 5600U / Ryzen 7 5800Uが使われています。Ryzen 7 5800U搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、モバイルノートPCとしては非常に優れた結果が出ました。

ただし2022年の4~6月にかけてインテルの第12世代Coreプロセッサや、AMDのZen3+世代Ryzen 6000シリーズを搭載した機種が発売される予定です。ともに従来のCPUよりもパフォーマンスが大きく向上すると予想されています。パフォーマンスを重視するなら、これらのCPUが登場するまで待つといいでしょう。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Core i7-1280P
24829
Ryzen 7 5800U
19213
HP ENVY x360 13(Ryzen 7 5800U)
18724
Ryzen 7 5700U
18089
Ryzen 5 5600U
17530
Core i7-1185G7
13135
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Ryzen 3 5400U
11695
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Core i3-1115G4
6750
Ryzen 3 3250U
4441
Athlon Silver 3050U
3351
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。Ryzen 7 5800U搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、内蔵グラフィックスとしてはそこそこ優秀な結果でした。とは言え、ゲームやクリエイター向けソフトをガッツリ使えるほどではありません。多少の効果をわずかに感じる程度だと思われます。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
HP ENVY x360 13(Ryzen 7)
1180
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
Radeon (Ryzen 3)
619
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
HP ENVY x360 13(Ryzen 7)
3574
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
Radeon (Ryzen 3)
2324
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

Ryzen 7搭載の試用機では、マルチコア性能が強く影響するビジネス利用のテストで特に優秀な結果が出ました。一般利用はやや低めですが、PC全体で見れば十分なレベルです。コンテンツ制作のテストはグラフィックス性能はやや低いものの、高いマルチコア性能によりそこそこ優秀な結果が出ています。非常にバランスのいい、優れたスコアです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
ENVY8185
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
ENVY9650
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
ENVY6056
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

ゲーム性能

Ryzen 7 5800搭載モデルでゲーム系ベンチマークテストを行なったところ、ごくごく軽い3Dゲームのドラクエ10なら快適との結果が出ました。「Valorant」や「CS:GO」などの軽めのゲームも(60Hzですが)普通に楽しめるでしょう。

ただしFF14ベンチの結果からもおわかりのように、やや重いクラスのタイトルは厳しいと思われます。基本的にゲームは息抜きに少し楽しむ程度と考えてください。

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 2953 / 20.1 FPS
高品質 3879 / 26.7 FPS
標準品質 4854 / 33.9 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 10257 / すごく快適
標準品質 14141 / すごく快適
低品質 15742 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

パワフルな極薄2-in-1

HP ENVY x360 13-ay1000 

2-in-1ノートPCは本体がゴツくなりがちですが、HP ENVY x360 13-ay1000はとてもスリムです。その上Zen3のRyzenシリーズ搭載で、非常にパワフル。熱対策のためかパフォーマンスがやや抑えられている印象を受けますが、それでも一般的なモバイルノートPCよりもはるかに高性能で重い処理も快適にこなせます。

値段はRyzen 5 5600U+8GBメモリーで10万円台、Ryzen 7 5800U+16GBメモリーで13万円台(2022年3月末時点)。PCとしては安くはないものの、これより劣る性能で15~20万円以上の機種があることを考えれば、コスパは高いと言っていいでしょう。同じZen3 Ryzenを搭載するクラムシェル型のHP Pavilion Aero 13iconはもう少し安いのですが、HP ENVY x360 13-ay1000は画面が回転する2-in-1である点が強み。ビジネスシーンでプレゼンや打ち合わせなどに利用するのもアリです。

HP ENVY x360 13-ay1000

軽量2-in-1はビジネスシーンでも人気

本体そのもので気になるのは、キーボード右端の配列くらいです。本体の仕上がり以外で気になるのは、6月以降にRyzen 6000シリーズを搭載した機種が登場するのではないかということでしょうか。HP ENVY x360 13-ayの新モデルが登場するのはさらにもう少し先だと思いますが、新CPUが出るのが確定している状況で現行モデルを購入するのは、ある程度の割り切りが必要だと思います。いつ出るかわからない新モデルよりも、スグ手に入る現行モデルを重視する人におすすめします。

特別クーポンで値引き!

11万円以上のPCを購入する際は、特別割引クーポンがお得! クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。

11万円以上で5%オフクーポンicon
13万2000円以上で7%オフクーポン

※クーポンはタイミングによって利用できない場合があります

関連記事
HPレビューまとめ

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー一覧
パソコンお買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!