レノボ Ideapad S530 レビュー:モバイル性能とコスパに優れる13インチノートPC

レノボ Ideapad S530 レビュー

レノボのIdeapad S530は、13.3インチの液晶ディスプレイを搭載したモバイルノートPCです。比較的入手しやすい価格ながらも性能が高く、しかも同クラス製品のなかではもっともモバイル性能が高い点がポイント。コスパの高いモバイルノートPCを探している人におすすめです。

Ideapad S530

【主なスペック】CPU:Core i5 / i7、メモリー:8GB、ストレージ:256GB SSD、ディスプレイ:13.3インチ フルHD 非光沢

Ideapad S530の注目ポイント

コンパクトなボディ

Ideapad S530 大きさ
10万円前後のモデルとしては、本体の大きさは最小クラス。A4用紙よりちょっと大きい程度です。しかも重量が軽い上に、バッテリーも長持ち!

キレイで見やすい画面

Ideapad S530 明るさ
映像は色鮮やかで発色の良さは抜群! 写真や動画を本来の色合いで楽しめます。さらに目に優しい非光沢なので、ビジネス用途にもおすすめ。

Ideapad S530の評価

Ideapad S530 評価

総合評価: 4.0/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 派手さのないスタンダードなデザイン。スリムでコンパクトな仕上がり
性能 Core i5モデルのベンチマーク結果は非常に優秀。メモリーやSSDは必要十分
使いやすさ 端子類や機能は十分。SDカード非対応である点が残念
軽さ 13インチクラスとしてはやや軽め。総合的なモバイル性能は高い
画面 発色に優れる点がポイント。非光沢で目に優しい

こんな人にオススメ

  • 👍 10万円未満でモバイルノートPCが欲しい
  • 👍 できるだけ小さいほうがいい
  • 👍 SDカードは使わない

今回はメーカーからお借りしたIdeapad S530の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

Ideapad S530

Ideapad S530

税込9万円台から

※2019年4月11日時点。現在の価格は別記事のセール情報をご確認ください

関連記事

Ideapad S530のスペック

OS Windows 10 Home
CPU ・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー ・8GB
※最大8GB
ストレージ ・256GB SSD (PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620
ディスプレイ 13.3インチ、
1920×1080ドット (フルHD)、
IPS、非光沢
光学ドライブ なし
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、
Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.0 ×2、
USB 3.1 (Type-C)×1、
HDMI、
ヘッドセット端子
セキュリティー TPM2.0、
指紋センサー
カメラ 720p (92万画素)
サイズ 幅308.3×奥行き211×高さ14.8mm
重量 約1.19k
バッテリー駆動時間 約11.4時間
サポート メーカー保証1年間

※2019年4月11日時点。構成は変更される場合があります

Ideapad S530の価格

Ideapad S530には、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。それぞれの構成と価格は以下のとおりです。

ラインナップ

 Core i5モデル (81J7000UJP)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込9万円台
Core i5モデル オフィス付き (81J7000XJP)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD Office Home and Business 税込11万円台後半
Core i7モデル (81J7000VJP)
Core i7 8GBメモリー 512GB SSD 税込11万円前後
Core i7モデル オフィス付き (81J7000WJP)
Core i7 8GBメモリー 512GB SSD Office Home and Business 税込13万円前後

※2019年4月11日時点

価格はそのとき実施されているキャンペーンによって変わります。現在の価格については以下のリンクからセール情報をご確認ください。

関連記事

Ideapad S530のセール情報

Ideapad S530の本体の大きさやデザイン

Ideapad S530 本体デザイン

高品質なメタルボディ

Ideapad S530 外観
ボディは金属製で、質感の高い仕上がりです。公表はされていませんが、おそらくアルミ素材が使われていると思われます (鉄だと重く、マグネシウムは値段が高いため)。
Ideapad S530 本体カラー
ボディーカラーはミネラルグレー。実際の見た目はメタリックなやや暗めのグレーで、明るい場所ではシルバーのようにも見えます。
Ideapad S530 天板のデザイン
天板はシンプルなデザイン。左上に小さくレノボのロゴが配置されています。ツヤ消しでサラサラとした心地よい手触り。
Ideapad S530 キーボード面
キーボード面は明るいシルバー。キーボードはダークグレーで、個々のキーが見やすいデザインです。
Ideapad S530 底面部
底面部には、やや大きめの通気口 (冷却用の空気が通る穴)が配置されています。
Ideapad S530 ディスプレイ角度
余談ですが、液晶ディスプレイは180度を超えてここまで開きます。なんのメリットもありませんが。

ねじれや圧力に強い

Ideapad S530 堅牢性
ボディの素材に使われている (であろう) アルミニウムは、剛性 (ねじれに対する強さ)に優れる点が特徴です。実際にIdeapad S530を持って両端に力を加えても、たわみは見られませんでした。

本体が小さい!

Ideapad S530 本体サイズ
本体は非常にコンパクト。13.3インチタイプとしてはかなり小さい部類に入ります。10万円オーバーの高級モデルに迫る小ささです。
Ideapad S530 大きさ
サイズ感はA4用紙 (幅297×奥行き210mm)よりもわずかに大きい程度です。普通のバッグはもちろん、A4サイズのケースなどにも収まります。

薄くてスタイリッシュ!

Ideapad S530 薄さ
本体の高さは14.8mmです。13インチモバイルノートPCの平均値である16.1mm (当サイト計測値)とは1.3mmしか違いませんが、前方にかけて薄くなるくさび形デザインの影響で、とてもスリムに見えます。
Ideapad S530 設置時の高さ
底面部のゴム足を含めた設置時の高さは18.5mmでした。ゴム足には底面部の保護や滑り止めなどの役割があります。

標準よりやや軽い

Ideapad S530 軽さ
重さは公称値で1.19kg、実測値では1.179kgでした。13インチノートPCの平均よりもわずかに軽めです。質量の重いアルミ素材を使ってこの軽さは、なかなか優秀。

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.06kg
12.5インチ 1.095kg
13.3インチ 1.209kg
14インチ 1.582kg
15.6インチ (スタンダード) 2.131kg
15.6インチ (ゲーミング) 2.413kg
17.3インチ 2.814kg

※2018年に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) の実測値より

Ideapad S530の画面の色と見やすさ

Ideapad S530 液晶ディスプレイ

13.3インチの狭額縁ディスプレイ

Ideapad S530 画面
画面の大きさは13.3インチで、モバイルノートPCとして人気の高いサイズです。解像度は1920×1080ドットのフルHD。中位クラス以上のモデルでは、標準的なスペックです。
Ideapad S530 ベゼル
液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右6mm、上部9.5mm。いわゆる「狭額縁」のデザインです。眼に余計な枠が入らないぶん、集中して作業できるでしょう。
Ideapad S530 スケーリング
スケーリング (デスクトップの拡大率)は標準で150%。デスクトップの文字の大きさは1.5~2.5mm程度です。新聞 (3.5~3.7mm)よりも小さめですが、読みづらさは感じません。人によっては拡大率を下げてもいいでしょう。

映像は色鮮やか!

Ideapad S530 映像品質
IPSパネルを使った液晶ディスプレイは非常に色鮮やかです。色あいは自然で、メリハリも効いています。写真や動画を楽しむのにもおすすめ!
Ideapad S530 ガンマカーブ
i1Display Proによるガンマカーブ。赤青緑の3色がバランスよく表示されています。
色域はなかなか広く、10万円未満のモデルとしてはかなり優秀です。写真や動画を本来の色で楽しめます。

色域測定結果

sRGBカバー率 97.1%
sRGB比 100%
Adobe RGBカバー率 72.9%
Adobe RGB比 74.1%
Ideapad S530 明るさ
画面は非常に明るく感じます。輝度の測定結果は346nitでした。IPSパネルとしてはそこそこ優れた結果です。

非光沢で目に優しい!

Ideapad S530 ノングレア
画面は光沢なしのノングレアタイプです。眼精疲労や集中力低下の原因となる映り込み (矢印の部分)が目立たないのが特徴。目に優しく、長時間の作業にも向いています。

Ideapad S530のキーボードの使いやすさ

Ideapad S530 キーボード

キーは十分な大きさ

Ideapad S530 キーピッチ
キーボードはテンキーなしで、バックライトには対応しています。キーピッチ (キーとキーの間隔)は理想とされる19mmで十分なサイズです。
Ideapad S530 配列で気になる部分
ただしEnterキー周辺で、一部のキーが隣接しています。特に打ちづらくは感じませんでしたが、人によっては違和感があるかもしれません。

軽いタッチで入力する人向け

Ideapad S530 キーストローク
キーストローク (キーを押し込む深さ)は1.5mmで標準的。押した瞬間に固めのクリック感がありますが、そのあとはスコッと抜けるような軽めの感覚です。軽い力でタイプする人に向いています。
Ideapad S530 タイプ音
タイプ音は控えめで、軽い力だと「タクタク」とわずかに聞こえる程度。強めに打つと「トントン」と聞こえますが、カチャカチャとした耳障りな音はありません。静かな場所でも気兼ねなく利用できます。

タッチパッドは標準的

Ideapad S530 タッチパッド
タッチパッドはモバイルノートPCとしてはやや大きめです。反応は特別なめらかというわけではありませんが、普通に利用できました。マルチジェスチャーもキビキビと動作します。

Ideapad S530の端子類の種類と使いやすさ

Ideapad S530 インターフェース

左側面

Ideapad S530 左側面

  • ① 電源コネクター
  • ② USB3.0
  • ③ ヘッドセット端子

右側面

Ideapad S530 右側面

  • ① USB3.1 (Type-C)
  • ② USB3.0
  • ③ HDMI

Type-C充電とSDカードは非対応

Ideapad S530 Type-C
USB Type-CはDisplayPort出力には対応していますが、充電には非対応です。またSDカードには対応していな点が残念。デジカメの写真を転送する際はメモリーカードアダプターを用意したほうがいいでしょう。

指紋センサーを標準搭載

Ideapad S530 指紋センサー
キーボード右下には指紋センサーを配置。あらかじめ指紋を登録しておけば、パスワードやPINの入力なしでサインインできるのでとても便利です。

サウンドはほどほど

Ideapad S530 スピーカー
スピーカーが底面部に配置されているため、音がややこもった印象を受けます。音が左右に抜けるような感覚で、ステレオ感もいまいち。音も厚みが足りませんが、ノートPCとしては標準的なクオリティーです。

電源アダプターはやや大きめ

Ideapad S530 電源アダプター
電源アダプターは標準サイズで、おそらくほかのモデルと同じものが使われています。重量は実測で331g。本体が小さいぶん、電源アダプターがあまり小さくないのは残念。

Ideapad S530のベンチマーク結果

Ideapad S530 ベンチマーク

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8265U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD (PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620

アクセス速度

Ideapad S530 ストレージ性能
ストレージのSSDは非常に高速で、ウィンドウズをストレスなく使えます。ちなみに転送モードはPCIe 3.0 x2で、より高速なPCIe x4に対応しているかはわかりませんでした。

ストレージのアクセス速度

起動がメチャメチャ速い!

ウィンドウズの起動時間は平均8.72秒で、驚くほど高速です。SSD搭載モデルの平均は12~17秒、HDD搭載モデルなら40秒以上で、ここまで速い機種はなかなかありません。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 8.6秒
2回目 8.8秒
3回目 8.7秒
4回目 8.7秒
5回目 8.8秒
平均 8.72秒

CPU性能は超優秀!?

Ideapad S530 CPU性能
CPU性能を計測するテストを行なったところ、なぜか上位のCore i7-8565Uよりも高い結果が出ました。結果は個体差によるもので、たまたま機嫌が良かったのかもしれません。しかし高い冷却性能によって、CPUの性能が十分引き出されているとも考えられます。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Ideapad S530 (Core i5-8265U)
10165
Core i7-8565U
9782
Core i7-8550U
9009
Core i5-8265U
8594
Core i5-8250U
8403
Core i7-7500U
5564
Core i5-7200U
4803

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

Ideapad S530 CPUクロック
30分間のCPUストレステストを行なったところ、細かな温度調節が行なわれていることがわかりました。CPU温度が上がりすぎないように制御することで、平均クロックは2.7GHzと高いところで推移しています (規格状は定格1.60Ghz、最大3.90GHz)。

軽めのゲームならOK

Ideapad S530 グラフィックス性能
ゲームの快適さやグラフィックス処理におけるパフォーマンスを計測するテストでは、内蔵グラフィックスタイプとしては優れた結果が出ました。ただしグラフィックス重視の重いゲームをプレーできるほどではありません。あくまでも軽めのタイトルなら可、ということです。

GPUベンチマークの結果

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GeForce MX150
3053
GeForce MX130
1794
Radeon 520
1455
Ideapad S530 (UHD 620)
1158
UHD 620 (Core i7)
1092

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1980×1080 最高品質 1120(設定変更が必要) ※6.785 FPS
高品質(ノートPC) 1701(設定変更を推奨) ※10.884 FPS
標準品質(ノートPC) 2506(やや快適) ※16.477 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 最高品質 5026(快適)
標準品質 6480(快適)
低品質 7739(とても快適)

※FF14は平均60FPS以上が理想

バッテリー性能は優秀

実際のバッテリー駆動時間を計測したところ、バッテリー消費の少ないテストでは11時間7分、バッテリー消費がかなり大きいテストでは6時間12分という結果でした。ガッツリ使ったとしても、7時間以上はもつでしょう。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 約11.4時間
BBenchによる計測 11時間7分
PCMark 8による計測 6時間12分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

本体の熱は控えめ

Ideapad S530 本体の熱
高負荷時のキーボード面の温度は35度前後でした。特に気になるほどではありません。 ※計測時の室温は17.6度
Ideapad S530 本体の熱
底面部はやや熱く、40度前後に達しました。数時間接触し続ければ低温やけどになるレベルですが、現実的にはそれほど心配しなくていいでしょう (保証するわけではありません)。 ※計測時の室温は17.6度

コスパと小ささで選ぶならコレ!

ということで、今回はIdeapad S530のレビューをお届けしました。

Core i5 + 8GBメモリー + 256GB SSDのスペックはいわゆる”鉄板構成”で、非常に人気の高い組み合わせです。しかもボディがアルミ製となると、2~3年前は価格が余裕で12~13万円を超えていました。そんな高級機並みのクオリティーのモデルが9万円そこそこで買えるようになったわけですから、いい時代になったものです。

ちなみにこのゾーンはわりと激戦区で、各社からさまざまなモデルが発売されています。スペックはかなり似ているので、デザインやそのほかの機能で選ぶべきでしょう。Ideapad S530のメリットは「本体が一番小さくてスリムで軽い」点と、「液晶ディスプレイが非光沢」である点です。この点にグッとクルなら、Ideapad S530をおすすめします。

13.3インチノートPCの比較

Ideapad S530
81J7000UJP
Ideapad S530
Inspiron 13 7000
プレミアムモデル
Inspiron 13 7000
HP Pavilion 13
スタンダードモデル
HP Pavilion 13
CPU Core i5-8265U Core i5-8265U Core i5-8265U
メモリー 8GB 8GB 8GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD 256GB SSD
グラフィックス Intel UGD Graphics 620 Intel UGD Graphics 620 Intel UGD Graphics 620
画面 非光沢 光沢 光沢
SDカード 非対応 対応 対応
サイズ 幅 308.3mm
奥行き 211mm
高さ 14.8mm
幅 309.66mm
奥行き 215.7mm
高さ 15.19mm
幅 310mm
奥行き 215mm
高さ 17.5mm
重さ 1.19kg 1.33kg 1.26kg
バッテリー 11.4時間 9時間31分 10時間30分
税込価格 9万円台半ば 9万円台半ば 9万円台前半
レビュー記事 レビューを見る レビュー準備中

Ideapad S530 まとめ

同クラスの製品のなかで、もっともモバイル性能に優れたモデル

Ideapad S530

Ideapad S530

税込9万円台から

※2019年4月11日時点。現在の価格は別記事のセール情報をご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました