デル Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)レビュー:手頃なサイズと値段が魅力の14インチ2-in-1

デル Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)レビュー

3/25まで20%オフ!

公式サイトで実施されている「半期に一度のデル祭り!」キャンペーンにて、このモデルが20%オフの特別価格で販売されています。期間は3/25まで。価格については、以下のリンクからセール情報をご確認ください。
セール情報をチェック

デルのInspiron 14 5000 2-in-1(5482)(以下、”Inspiron 14 5000 2-in-1″)は、14インチの液晶ディスプレイを搭載した2-in-1タイプのノートPCです。12~13インチのモバイルノートPCよりも画面が大きくて使いやすく、値段が比較的安い点が魅力。自宅や職場での利用に向いています。

Inspiron 14 5482 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i3/i5/i7、メモリー:8GB 、ストレージ:128/256GB SSD、ディスプレイ:14インチ フルHD

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の注目ポイント

さまざまなスタイルで使える

Inspiron 14 5482 特徴 さまざまなスタイルで使える

360度回転する液晶ディスプレイを操作することで、タブレットやスタンドなどさまざまな形状で利用できます。画面サイズは14インチと比較的大きく、扱いやすい点がポイント。

GeForce MX130対応

Inspiron 14 5482 特徴 GeForce MX130対応

上位モデルには専用グラフィックス(GPU)としてGeForce MX130が搭載されています。ゲームを快適に遊べるほどの性能ではありませんが、グラフィックス処理をサポートすることでウィンドウズをより快適に利用可能です。

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の評価

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)の評価

総合評価: 3.6/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン アルミ素材を使った天板とキーボード面の質感は高いものの、やや大きくて厚みがある
性能 Core i5/i7の性能は非常に高い。Core i3でも十分な性能
使いやすさ キー配列の一部に違和感があるものの、慣れれば普通に使える。USB端子は多い
軽さ 重さは実測1.7kg。14インチの2-in-1という点を加味しても重い
画面 IPSパネルが使われた液晶ディスプレイの発色は良好。ペン入力やタッチ操作にも対応

今回はメーカーからお借りしたInspiron 14 5000 2-in-1の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

※2019年1月10日時点。現在の価格はセール情報の記事でご確認ください

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリー 8GB
ストレージ 128GB / 256GB SSD(PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵) / GeForce MX130(2GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ、1920×1080ドット、光沢、IPS、ペン/タッチ対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0
インターフェース USB3.1 Gen1(フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、USB2.0×1、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、指紋センサー、セキュリティースロット、マカフィー・リブセーフ 12ヵ月版
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅328×奥行き232.9×高さ19.95mm/約1.75kg
バッテリー駆動時間 ※非公開(Core i7モデルで実動3時間24分)
オフィス ※付属モデルあり
サポート メーカー保証1年間

※2019年1月10日時点。構成は変更される場合があります

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)のラインナップ

Inspiron 14 5000 2-in-1には全部で7種類のモデルが用意されていますが(2019年1月10日時点)、ベースとなるのは以下の3種類。あとはそれぞれにマイクロソフト オフィスが付いたバリエーションモデルです。

ラインナップ

スタンダード・タッチパネル
Core i3 8GBメモリー 256GB SSD 税込7万円台
プレミアム・タッチパネル
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込9万円台
プラチナ・タッチパネル
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX130 税込11万円台

※2019年1月10日時点

価格はそのとき実施されているキャンペーンによって大きく変わります。最新価格については別の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

関連記事

Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)のセール情報

本体の大きさやデザイン

Inspiron 14 5000 2-in-1の本体カラーはシルバーとグレーの2色です。天板とキーボード面には剛性に優れるアルミ素材が使われており、質感も上々。見た目も比較的スリムではあるのですが、実際に手で持つと少し大きくて厚みを感じるかもしれません。

Inspiron 14 5000 2-in-1 本体カラー

本体カラーはシルバーとグレーの2色

Inspiron 14 5000 2-in-1 グレー

今回試用したのはグレーのモデル

Inspiron 14 5000 2-in-1 シルバー

シルバーのモデルはアルミ特有の明るい色合い

Inspiron 14 5000 2-in-1 天板のデザイン

天板はアルミ製。中央にはロゴを配置

Inspiron 14 5000 2-in-1 キーボード面

キーボード面もアルミ製

Inspiron 14 5000 2-in-1 パームレスト

グレーモデルではヘアライン加工が施されています

Inspiron 14 5000 2-in-1 タッチパッド

タッチパッド周辺にはダイヤモンドカット加工

Inspiron 14 5000 2-in-1 ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル(枠)は細め

Inspiron 14 5000 2-in-1 底面部

底面部は樹脂製。シンプルなデザインです

Inspiron 14 5000 2-in-1 排気口

背面部には排気口

Inspiron 14 5000 2-in-1 ヒンジ

ヒンジは頑丈な作り

Inspiron 14 5000 2-in-1 見た目

見た目はとてもスマート

Inspiron 14 5000 2-in-1は液晶ディスプレイが360度回転するデタッチャブルタイプの2-in-1ノートPCです。用途に応じてさまざまなスタイルで利用できるのがメリット。動画や読書などで使えるほか、ビジネスシーンではプレゼンや打ち合わせなどでも活用できるでしょう。

Inspiron 14 5000 2-in-1 変形

液晶ディスプレイが360度回転するデタッチャブルタイプの2-in-1

14インチの液晶ディスプレイを搭載しているため、サイズはやや大きめです。とは言っても、15.6インチよりはコンパクト。ただし重量は1.7kg超とやや重く、持ち運びにはあまり向いていません。

Inspiron 14 5000 2-in-1 大きさ

本体サイズ

Inspiron 14 5000 2-in-1 サイズ感

A4用紙よりもひと回り半大きい程度。14インチタイプとしてはコンパクトです

Inspiron 14 5000 2-in-1 前面と背面

前面と背面

Inspiron 14 5000 2-in-1 高さ

高さは公称値で19.95mm。実際にはゴム足の高さが含まれるので、もう少し厚みが増します

Inspiron 14 5000 2-in-1 薄さ

実際に手で持つと、やや厚く感じます

Inspiron 14 5000 2-in-1 重さ

重さは公称値で1.75kg、実測で1.737kgでした

Inspiron 14 5000 2-in-1 軽さ

14インチ2-in-1としては1.7kgは重め。片手で持ち続けるのがツラく感じます

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

Inspiron 14 5000 2-in-1 電源アダプター

付属の電源アダプター。Core i7モデルは65W(重量319g)で、ほかのモデルでは45Wです

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイの大きさは14インチで、一般的な15.6インチよりもちょっと小さい程度。モバイルノートPC向けで人気の13.3インチよりはやや大きく、文字やアイコンなどが見やすく感じました。解像度は1920×1080ドットのフルHDで画面あたりの情報量が多く、作業に適しています。

Inspiron 14 5000 2-in-1 液晶ディスプレイ

画面の大きさは14インチで解像度は1920×1080ドット

発色に優れるIPSパネルが使われているので、写真や動画の色合いは自然かつ鮮やかです。画面は特別明るいわけではありませんが、作業には十分なレベル。

Inspiron 14 5000 2-in-1 映像品質

コントラストが高いので、写真や動画が鮮やかに映し出されます

Inspiron 14 5000 2-in-1 明るさ

画面の明るさは標準的。サイズの大きい写真でも、細部までハッキリと確認できます

Inspiron 14 5000 2-in-1 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好です

液晶ディスプレイの表面は光沢ありのグレア仕上げです。コントラストが高く映像が色鮮やかな反面、光や背景などの映り込みが生じます。気になる場合は、液晶ディスプレイの角度を映り込まない程度に変えるといいでしょう。低反射タイプの液晶保護フィルムを利用するのもアリです。

Inspiron 14 5000 2-in-1 グレアディスプレイ

液晶ディスプレイは映り込みが生じやすい光沢タイプ(左)

関連記事

光沢画面を非光沢化する方法

キーボードの使いやすさ

キーボードはテンキーなしの日本語配列です。英字配列には対応していません。また暗い場所でもキーが見やすいバックライトに対応しています。

Inspiron 14 5000 2-in-1 キーボード

Inspiron 14 5000 2-in-1のキーボード

キーピッチは実測19mmで、標準的な大きさでした。配列については英数字キーは問題ないもののと、Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。特にBackSpaceキーが小さいので、なれるまではタイプミスがあるかもしれません。

Inspiron 14 5000 2-in-1 配列で気になる部分

Enterキー周辺のキー配列

キーストローク(キーを押し込む深さ)は浅く、実測では1.2~1.3mm程度でした。固めのクリック感があるのでキーを押したことは確実にわかるのですが、個人的には手応えが物足りなく感じます。軽いタッチで入力する人なら、気にならないでしょう。

Inspiron 14 5000 2-in-1キーストローク

キーストロークは1.2~1.3mmでやや浅め

Inspiron 14 5000 2-in-1 タイプ音

タイプ音は控えめで、軽いタッチなら気になりません

Inspiron 14 5000 2-in-1 タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型。反応がよく、カーソルはキビキビと動きます

端子類の種類と使いやすさ

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は意外に充実しています。USB端子は合計4ポートで、うちひとつはType-C(DP利用可)です。ただし有線LANと光学ドライブには対応していません。

Inspiron 14 5000 2-in-1 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② USB3.1 Gen1 Type-C
  • ③ HDMI
  • ④ USB3.1 Gen1
  • ⑤ ヘッドホン出力

Inspiron 14 5000 2-in-1 右側面

右側面のインターフェース

  • ① SDカードスロット
  • ② USB2.0
  • ③ セキュリティースロット ※盗難防止用

電源ボタンにはセキュリティー機能として、指紋センサーが組み込まれています。

Inspiron 14 5000 2-in-1 指紋センサー

あらかじめ指紋を登録しておくと、センサーに軽く触れるだけでサインインできるので便利

Inspiron 14 5000 2-in-1はペン入力にも対応しています。ペン入力時はツルツルとした描き味で、反応も良好でした。簡単なメモやイラスト制作なら、問題なく利用できるでしょう。

Inspiron 14 5000 2-in-1 ペン入力

別売りのペンを使った手書き入力に対応

なおペンは標準では本体に付属していません。ペンが必要な場合は、デルの公式サイトで別途「プレミアムアクティブペン PN579X」を購入してください。

プレミアムアクティブペン PN579X

別売りのプレミアムアクティブペン PN579X

リンク

Dell プレミアムアクティブペン PN579X

ベンチマーク結果

今回のテストでは、Core i7搭載のプラチナ・タッチパネルモデルを使いました。主なスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8565U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD(PCIe)
グラフィックス GeForce MX130(2GB)

ストレージ性能

試用機で使われていた256GB SSDは東芝製のBG3シリーズでした。公式の仕様によるとSSDの接続規格はPCIe Gen3 x2です。Inspiron 14 5000 2-in-1の公式仕様ではSSDの最大速度は32Gbpsと書かれていますので、規格としてはPCIe Gen3 x4に対応しているものと思われます(動作を保証するわけではありません)。

Inspiron 14 5000 2-in-1 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

256GB SSDのアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ウィンドウズの起動時間は、平均で16.24秒でした。SSD搭載機としては標準的ですが、HDDのみのPCだと40秒以上かかることもあるので起動は速いと言えます。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
16.8秒 16.3秒 15.2秒 16.4秒 16.5秒 16.24秒

余談ですが、公式サイトの詳細仕様には2.5インチストレージにも対応と書かれていました。今回は内部を確認していないので本当に取り付けられるのかはわかりませんでしたが、もし可能であればSSD+HDDのデュアルストレージ構成を実現できるのかもしれません。

CPU性能

Inspiron 14 5000 2-in-1では、Whisky Lake世代のCPUが使われています。試用機でベンチマークテストを実施したところ、Core i7-8565Uの平均値よりはやや低かったものの、スタンダードノートPC向けとしては非常に優れた結果が出ました。前世代のCore i7-8550Uよりも4.6%パフォーマンスが高く、さらにその前のCore i7-7500Uとは1.7倍もの差がついています。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8565U
9731
Inspiron 14 5000 2-in-1(Core i7-8565U)
9492
Core i7-8550U
9075
Core i5-8250U
8437
Core i7-7500U
5564

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

グラフィックス性能について

Inspiron 14 5000 2-in-1のCore i7モデルでは、専用グラフィックス機能としてGeForce MX130を搭載しています(ほかのモデルではIntel UHD Graphics 620のみ)。しかし3D性能が大きく向上するわけではなく、ベンチマークテストの結果は内蔵GPUのみの場合とあまり変わりませんでした。

ただし、まったく効果がないわけではありません。GeForce MX130には専用のビデオメモリー(2GB)が搭載されており、グラフィック処理の際にメインメモリーを消費しないメリットがあります。あくまでもウィンドウズの処理をサポートするためのもの、と考えたほうがいいでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1050 Ti
6742
GTX 1050
5275
MX150
3053
Inspiron 14 5000 2-in-1(MX130)
1492
UHD 620(Core i7-8565U)
1203

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 2028(やや重い)
標準品質 3040(普通)
低品質 5936(快適)

バッテリー性能

バッテリー駆動時間のテストでは、2時間半から3時間半とかなり短い結果でした。ただしこれは試用機は専用グラフィックスとしてGeForce MX130を搭載しているため、そのぶん消費電力が増えているのだと思われます。Core i3 / i5モデルであれば、駆動時間はより長くなるでしょう。とは言え外出先でバッテリー切れの心配なく使えるほどではないと思います。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 ※非公開
BBenchによる計測 3時間24分(Core i7+MX130)
PCMark 8による計測 2時間29分(Core i7+MX130)

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ちょうどいいサイズと価格の2-in-1

ということで、今回はInspiron 14 5000 2-in-1のレビューをお届けしました。

Inspiron 14 5000 2-in-1を選ぶメリットは、そこそこ高品質でありながら、価格が安いという点です。高性能なCore i5/i7搭載モデルであれば重い処理も快適にこなせますし、軽めの作業が中心であれば7万円台の安いCore i3モデルでも十分でしょう。

厚くて重いデメリットもありますが、画面がある程度大きくて使いやすいことを考えれば納得できる範囲です。2-in-1タイプはコンパクトで値段が高いものが多いのですが、自宅や職場で使うにはちょうどいいサイズと価格だと言えます。

Inspiron 14 5000 2-in-1 まとめ

持ち歩かない人にとってはちょうどいい大きさと価格の2-in-1ノートPCです

※2019年1月10日時点。現在の価格はセール情報の記事でご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました