デル Inspiron 15 5000 (5570)レビュー:フルHD&DVD対応スタンダードノートPC

Inspiron 15 5000(5570)レビュー

デルのInspiron 15 5000(5570)は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートパソコンです。テンキーやDVDなどひととおりの機能に対応しながらも、価格は税込み7万円台からとリーズナブル。CPU性能も高く、安くてもしっかり使えます。

Inspiron 15 5000

【主なスペック】CPU:第8世代Core i5/i7、メモリー:8GB、ストレージ:HDDまたはSSD、画面:15.6インチ フルHD 非光沢

Inspiron 15 5000の注目ポイント

5色のカラバリ

Inspiron 15 5000の本体カラー

購入時に5色の本体カラーを選択できます(ホワイト以外は要追加料金)。15.6インチタイプでここまで多くのカラーを選べるモデルはありません。

眼に優しい非光沢

眼にやさしいノングレアパネル

画面は映り込みを抑えた非光沢のノングレア仕上げ。光沢タイプに比べて長時間使っても眼が疲れにくい点がメリットです。

Inspiron 15 5000の評価

Inspiron 15 5000 評価

総合評価: 3.4/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 15.6インチとしてはスリム。ボディは樹脂製でも安っぽさは感じられない
性能 高性能な第8世代Core i5/i7に対応。上位モデルはdGPU搭載
使いやすさ 機能面は十分。キーボードも使いやすい
軽さ 15.6インチの平均値よりもやや重い。据え置き利用向き
画面 フルHDで高精細だが、TNパネルなので青みがやや強い

今回はメーカーからお借りしたNew Inspiron 15 5000プラチナ・SSD搭載モデルを使って、本体デザインや性能をレビューします。

Inspiron 15 5000のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 8GB(最大16GB)
ストレージ 1TB HDD または 256GB SSD または 128/256 SSD+1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 / Radeon 530(一部モデルのみ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、非光沢、ペン/タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、100BASE-TX対応有線LAN
インターフェース USB3.1(フルサイズ)×2、USB3.1(Type-C)×1(Radeon 530搭載モデルのみ)、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SDカードリーダー、ヘッドホン出力
セキュリティー セキュリティーロック、マカフィー・リブセーフ 12ヵ月版
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅380×奥行き258×高さ22.7mm/約2.28kg
バッテリー駆動時間 ※非公開
オフィス ※オプション
サポート メーカー保証1年間

※2018年12月13日時点。構成は変更される場合があります

Inspiron 15 5000のラインナップ

Inspiron 15 5000には非常に多くのモデルが用意されていますが、主なラインナップは下記のとおりです。あとは納期の早い「即納モデル」や延長保証付きモデルなどが用意されています。

主なラインナップ

プレミアム
Core i5 8GBメモリー  7万円台前半
プレミアム・Office付
Core i5 8GBメモリー  Office Personal 8万円後半
プレミアム・SSD搭載
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 7万円台
プレミアム・SSD搭載・Office付
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD Office Personal 8万円台後半
プレミアム・SSD128GB + HDD1TB搭載 オススメ!
Core i5 8GBメモリー   7万円台
プレミアム・SSD128GB+HDD1TB搭載・Office付
Core i5 8GBメモリー   Office Personal 8万円台後半
プラチナ・SSD搭載
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD Radeon 530 10万円台
プラチナ・SSD128GB+HDD1TB搭載
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD  8万円台後半
プラチナ・Optaneメモリ搭載
Core i7 8GBメモリー   9万円台半ば

価格はそのとき実施されているキャンペーンによって大きく変わります。最新の価格は別の記事にまとめていますので、そちらでご確認ください。

Inspiron 15 5000(5570)のセール情報

本体の大きさやデザイン

Inspiron 15 5000 本体デザイン

本体カラーは5色

Inspiron 15 5000では、本体カラーとしてローズゴールド、リーコンブルー、ホワイト、ブラック、シルバーの5色が用意されています。今回試用したのはホワイトのモデルですが、のっぺりとした白ではなく、パール塗装あるいはメタリックな光沢のある白で高級感を感じられました

Inspirion 15 5000 本体カラー ホワイト

試用したホワイトのモデル

底面部

底面部のデザイン

天板

天板中央にはデルのロゴ

ヒンジのデザイン

ボディはすべて同じ色で、デザインの統一感があります

パームレスト

パームレスト部分はシルバーで、薄いヘアライン加工が施されています

ボディの素材は一般的な樹脂(プラスチック)ですが、安っぽさは感じられません。前モデルのInspiron 15 5000(5567)と比べて、高級感のある仕上がりです。

大きさはB4サイズ相当

本体サイズは幅380×奥行き258×高さ22.7mmです。B4サイズ(幅364×奥行き257mm)よりも左右が若干大きいと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。15.6型のスタンダードノートパソコンとしては、標準的な大きさです。

Inspiron 15 5000 本体サイズ

A4用紙とB5サイズノートとの大きさ比較

大きさはB4サイズ相当

ほぼB4サイズ(B5ノートを見開きにした大きさ)相当の大きさです

スリムな外観

高さは22.7mm。設置面積が広いので、厚みはそれほど感じません

重量は2kgオーバーで据え置き向き

スペック上での公称値では、重量は2.33kgとされています。実際の重さを測ってみたところ、公称値よりも若干軽い2.178kgでした。15.6型としては比較的軽めですが、2kgオーバーの重さは持ち歩き向きではありません。自宅や仕事場で持ち歩くには問題ありませんが、デスクに据え置きで使うことを考えたほうがいいでしょう。

Inspiron 15 5000の重量

重量の実測値は2.178kg

電源アダプター込みの重さ

電源アダプター込みの重さは2.513kg

画面の色と見やすさ

Inspiron 15 5000 液晶ディスプレイ

15.6型で1920×1080ドット

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。画面が大きいので、文字が読みやすい点がポイント。また1366×768ドットの解像度よりも高精細で、文字や写真がよりクリアーに映し出されます。

さらにフルHDディスプレイでは画面により多くの文字を表示できるので、作業効率がアップするメリットがあります。バリバリと作業をこなしたい人におすすめです。

1920×1080ドットの画面

15.6型で解像度1920×1080ドットの液晶ディスプレイ

解像度の違いによる情報量の違い

1366×768ドット(左)と1920×1080ドット(右)の情報量の違い

映像はやや青かぶりアリ

液晶ディスプレイに写真を映し出したところ、若干青みが強く出ていました。とは言うものの、写真の色合いが大きく損なわれるほどではありません。普通に内容を確認できるレベルです。

映像はやや青かぶりアリ

映像はやや青みがかっていますが、パソコンとしては標準的な色合いです

TNパネル

液晶パネルはTNパネル(左)ですが、比較的高品質なパネルが使われていました。コントラストや色合いは、IPSパネル(右)と大きく変わるわけではありません

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。青みが強く出ていることがわかります

視野角

視野角は狭めです。液晶ディスプレイの角度を変えると、輝度や色合いが大きく変わってしまいます

眼にやさしいノングレアパネル

液晶ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレアです。光沢ありのグレアパネルよりも光の映り込みが少ないので、眼が疲れにくいメリットがあります。ただしノングレア特有の加工により、コントラストがやや低くなっています。

眼にやさしいノングレアパネル

非光沢パネルが使われているので、液晶ディスプレイに光が映り込みません

グレアパネルの例

光沢ありのグレアパネルでは光が大きく映り込むので、作業のジャマになる場合があります(写真はInspiron 15 3000

キーボードの使いやすさ

Inspiron 15 5000 キーボード

数値入力に便利なテンキー付き

キーボードは、エクセルなどの数値入力に便利なテンキー付きです。キーピッチ(キーとキーの間隔)は実測で19mmと理想的なサイズ。ただしキートップは実測14.5mmと、やや小ぶりでした。キーピッチは十分ではあるものの、個々のキーはモバイルノートパソコンなみの大きさです。

Inspiron 15 5000のキーボード

数値入力に便利なテンキー付き。キーピッチは実測19mm

Enterキー周辺のキー

Enterキー周辺のキーが、一部隣接しています

ほどよいタイプ感

キーストローク(キーを押し込む深さ)は、実測で1.5mmでした。ノートパソコンとしては、標準的な深さです。入力時に「カチッ」とした確かな手応えがあり、キーを押したことを確実に感じられます。タイプ感については、標準以上の仕上がりと言っていいでしょう。

底打ち感(キー入力時に指へ返ってくる力)は控えめで、たわみはほとんど感じられません。タイプ音は基本的には小さいものの、強く打つと「カタッ」という音が響きます。タッチが軽めであれば、タイプ音が気になることはありません。

タッチパッドはスマートな一体型

タッチパッドは、ボタンとパッド部分が一体型のタイプです。パッド部分の表面は、ややザラつきがありました。グリップ感は強いものの、ツルツルと滑るように動くわけではありません。サイズは十分広く、ジェスチャー操作を問題なく行なえます。

タッチパッド

ボタン一体型で見た目がスマート

端子類の種類と使いやすさ

Inspiron 15 5000 インターフェース

USB端子は合計4ポート

インターフェース(端子類)としては、USB3.1 Type-A×2、USB3.1 Type-C×1(Radeon 530搭載モデルのみ)、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力などが用意されています。有線LAN端子は最大100Mbps対応である点に注意してください。

USB端子は合計4ポートと、15.6型としては多めです。ただしCore i5のHDDモデルでは、USB3.1 Type-C端子が搭載されていないので注意。

左側面

左側面には電源コネクター、USB3.1 Type-C、HDMI、有線LAN、USB3.1 Type-A×2、ヘッドホン出力

右側面

右側面にはSDメモリーカードスロット、USB2.0×1、光学ドライブ

光学ドライブ

光学ドライブはDVDの再生と書き込みが可能なスーパーマルチドライブ

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部には、92万画素のWebカメラ

電源ボタン

電源ボタンはキーボードの右上

サウンドに広がりのあるスピーカー

スピーカーは底面部に配置されています。広がりのあるサウンドで、ボリュームを絞っても音がハッキリと聞こえました。底面部からの反響により、音に厚みが出ている気がします。

ただし、高音部はやや薄めです。低音部にもちょっと物足りなさを感じます。とは言うもののビデオチャットや動画視聴には十分なレベルです。リーズナブルなノートパソコンとしては、十分納得できるレベルに感じました。

ステレオスピーカー

底面部の左右にステレオスピーカー

WAVES MaxxAudio Pro

標準収録のWAVES MaxxAudio Pro設定ユーティリティー

メモリー増設やSSD換装はいちおう可能?

Inspiron 15 5000は基本的にパーツ交換は推奨されていませんが、底面部のカバーを取り外すことでハードディスクやメモリー、SSDの交換が可能です。メモリースロットは2ポートで、最大容量は16GB。ストレージ用には2.5インチ向けのSATA接続ポートとM.2(SATA接続)スロットが用意されています。

Inspiron 15 5000の分解

底面部にはパーツ交換用のカバーは用意されていません。分解する場合は、底面カバーをまるごと外す必要があります

分解の手順は、公式サイトのサービスマニュアルに記載されています。なおパーツを交換するとメーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

ベンチマーク結果

Inspiron 15 5000 スペック ベンチマーク

Inspiron 15 5000 ベンチマーク結果

今回はCore i7+256GB SSD搭載の「プラチナ・SSD搭載」モデルを試用しました。主なベンチマークの結果は、以下のとおり。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミングなどによって大きく変わることがある点を、あらかじめご了承ください。

CrystalDiskMark

256GB SSDのアクセス速度。SATA接続のSSDとしては標準的です

CINEBENCH R15

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」ベンチマーク結果。従来のCore i7 Uシリーズと比べて、1.8倍ものスコアです!

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果。CPU性能が突出して高く、前世代のCore i7-7500Uの1.6倍のスコアが出ています

PCMark 10

PCでの作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果。CPUとグラフィックス機能が高性能なこともあり、非常に優れたスコアとなりました

3DMark

3D性能を計測する「3DMark」の結果。専用グラフィックス機能としてRadeon 530を搭載していますが、ゲームを楽しむのには少々厳しいレベルです

バッテリー駆動時間測定結果

Inspiron 15 5000のバッテリー駆動時間は公開されていません。そこで他社メーカーで採用されているバッテリー駆動時間計測方法に近い状態でテストを行なったところ、開始から9時間43分でバッテリー切れとなりました。

バッテリー駆動時間計測時のテスト条件

  • Windows 10の電源プランを「省電力」に
  • 液晶ディスプレイの明るさを40%に設定
  • 輝度(明るさ)の自動調節機能はオフ
  • 無線LANとBluetoothはオン
  • ボリュームは50%に調整
  • 「BBench」で10秒ごとのキー入力と60秒ごとのWebアクセスを有効化
  • 満充電の状態からテストを行ない、休止状態へ移行するまでの時間を計測

据え置き用のノートパソコンで、これだけ駆動すれば十分でしょう。ただしこのテストは消費電力が少なく、実際の利用ではこの2~3割減――だいたい7~8時間程度――となりそうです。

パワフルで高品質な本格派ノートPC

ということで、今回はデルのInspiron 15 5000のレビューをお届けしました。前モデルからCPUと本体デザインがアップグレードしたことで、非常に使い勝手のいいモデルに仕上がっています。

あえて気になる点を挙げるとすれば、キーボードの配列と液晶ディスプレイの映像品質ぐらいでしょうか。しかしそれも慣れれば、おそらく気にならないはずです。性能の高さと使い勝手の良さを考慮すれば、十分検討するに値するモデルだと言えます。

Inspiron 15 5000の感想

パワフルな第8世代Core iシリーズを搭載したことで、パフォーマンスが大きく向上!

※価格や構成は変更される場合があります

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました