アフィリエイト広告

Inspiron 16 5635レビュー:Ryzen搭載の高コスパな16インチノートPC

Inspiron 16 5635

デルの『Inspiron 16 ノートパソコン(5635)』(以下、”Inspiron 16 5635″)は、16インチディスプレイ搭載の据え置き用スタンダードノートPCです。モバイルRyzen 7030Uシリーズ搭載で、高いパフォーマンスとコスパの高さが特徴。大きな画面でしっかり作業したい人に向いています。

 

Inspiron 16 5635

Inspiron 16 5635

 

公式サイトの販売価格は、2023年8月時点で7万円台から。他社の16インチタイプと比べて、安く入手できる点が魅力です。価格が安くても、性能面はしっかり使えるレベル。各部で多少の安っぽさがあるものの、全体的には価格以上のクオリティーに達していると感じました。ただし、利用時の駆動音が少し大きい点が気になります。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Inspiron 16 5635

Inspiron 16 5635

スペック

発売日 2023年3月3日
OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 16インチ 16:10 1920×1200 広視野角パネル 250nit 45% NTSC 非光沢 タッチ非対応
CPU Ryzen 5 7530U / Ryzen 7 7730U
メモリー 8 / 16GB ※LPDDR4x-4266 オンボード(増設非対応)
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3
インターフェース USB3.2 Gen2 Type-C(映像出力 / USB PD対応)×1、USB3.2 Gen1×2、HDMI1.4(最大1920×1080@60Hz)、SDメモリーカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅356.78mm、奥行き251.7mm、高さ15.42~18.2mm / 約1.84kg
バッテリー 4セル54Wh ※駆動時間は非公開

本体デザイン

Inspiron 16 5635

Inspiron 16 5635の外観。本体カラーはプラチナシルバーのみ。高級感のある仕上がりです

 

Inspiron 16 5635

天板には、質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています。サラサラとした手触りで、指紋の跡はほとんど残りません

 

Inspiron 16 5635

設置面積は幅356.78mm×奥行き251.7mm

 

Inspiron 16 5635

一般的なB5サイズの紙のノートを開いたときと同程度の大きさ。16インチタイプとしては標準的です

 

Inspiron 16 5635

最厚部は公称値で18.2mm(突起部を除く)

 

Inspiron 16 5635

底面部のゴム足(突起部)が2mm程度あるので、設置時には少し厚みが増します。とは言え、16インチタイプとしてはなかなかスリム

 

Inspiron 16 5635

重さは実測で1.831kg。16インチクラスとしては標準的な重さですが、実際に手に取るとズッシリとした重みを感じます

 

Inspiron 16 5635

ディスプレイを開いた状態

 

Inspiron 16 5635

キーボード面もアルミ製。キーボードはグレーですが、ここがブラックであればMacB◯◯kに似ています

 

Inspiron 16 5635

ディスプレイのベゼル(枠)はかなり細めで、画面周りがスッキリとしています

 

Inspiron 16 5635

一般的に16インチタイプは多くのインターフェース類を備えていることが多いのですが、Inspiron 16 5635ではそれほど多くはありません。またHDMIによる映像出力は最大で1920×1080ドット60Hzまでなので注意してください

 

Inspiron 16 5635

付属の電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは334g

 

Inspiron 16 5635

ディスプレイ上部のカメラはプライバシーシャッター付き。動画撮影は1920×1080@30fpsに対応しています

 

Inspiron 16 5635

電源ボタンは指紋センサー内蔵。キー入力中に間違って押すとスリープモードへ移行するので、電源ボタンの設定で反応しないように変更するといいでしょう

 

Inspiron 16 5635

スピーカーはキーボード両脇に配置。サウンドはややドンシャリ傾向で、音声はクリアー。低音~中音域の厚みもそこそこあり、ノートPCとしてはなかなか高音質です。動画の音声は、ほかのノートPCに比べてかなり自然に聞こえます

 

Inspiron 16 5635

排気口はこの部分。排気がディスプレイに直接当たります。特に重いソフトを使っていない状態でも、通気口から大きめの音が聞こえることがありました。高負荷時にはちょっと目立つように感じます

 

Inspiron 16 5635

底面部は樹脂(プラスチック)製

ディスプレイについて

Inspiron 16 5635

画面サイズは16インチで、解像度は1920×1200ドット

 

Inspiron 16 5635

色域は45% NTSC(sRGB換算で62.5%)で、格安ノートPCで使われているパネルと同等レベルです。色はそれほど鮮やかではないものの、文字中心の作業であれば問題なく使えるでしょう

 

Inspiron 16 5635

広視野角パネルの画質はIPSパネル相当。輝度の公称値は250nitと数値的には少ないものの、実際には十分な明るさでした。視野角も広く、画面を斜めから見ても色や明るさが大きく変わることはありません

キーボードについて

Inspiron 16 5635

キーボードはテンキーなしの日本語配列。バックライトに対応しています

 

Inspiron 16 5635

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています

 

Inspiron 16 5635

配列にややクセがあるものの、キー自体は標準的な大きさで、打ちづらさは感じません

 

Inspiron 16 5635

タイプ感は軽め。キーを押した瞬間にカクッとしたクリック感があるものの、ストロークが浅く、キーを押し込むようにして入力するとたわみと底打ち感が感じられます。指をあまり上げ下ろしせずに、軽い力で入力する人向きです

 

Inspiron 16 5635

タイプ音はカクカクと聞こえますが、うるさくはありません。ただし静かな場所では、周囲への配慮が必要となるでしょう

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 7530U
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはまずWindows 11の電源プランを「バランス」に、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定。その上で、標準収録ユーティリティー「My Dell」の「電源マネージャ」からサーマルモードをもっとも高性能な「超高パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPU(APU)としては、AMDのRyzen 5 7530U(6コア、TDP15W)およびRyzen 7 7730U(8コア、TDP15W)が使われています。Ryzen 5 7530Uよりも、Ryzen 7 7730Uのほうが高性能です。

 

Ryzen 5 7530U搭載の試用機でCPUベンチマークを行なったところ、なかなか優秀な結果が出ました。同CPUの平均値と比べても妥当な結果で、特にパフォーマンスが低下している様子は見られません。上位のRyzen 7 7730Uモデルであれば、より高い性能を期待できます。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark CPU Mark Score
Ryzen 7 7735U
21043
Core i5-1340P
20760
Core i7-1360P
19623
Ryzen 7 7730U
18979
Core i5-1335U
18240
Inspiron 16 5635(Ryzen 5 7530U)
17713
Ryzen 5 7535U
17163
Ryzen 5 7530U
16196
Core i7-1355U
15636
Core i3-1315U
13033
Ryzen 3 7330U
10909
Core i3-N305
10265
Ryzen 5 7520U
9759
Ryzen 3 7320U
9249
Intel N100
5638

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

 

軽めの作業に強く影響するシングルスレッド(シングルコア)のテストでは、中位クラスの標準的な結果が出ています。一般的にシングル性能では、RyzenシリーズよりもCore プロセッサのほうが優秀です。軽めの作業限定なら、Coreプロセッサ搭載機のほうがコスパが高いかもしれません。

 

CPUの性能差 (シングルスレッド)

CPU PassMark CPU Mark Score
Core i7-1360P
3670
Core i5-1335U
3665
Core i7-1355U
3606
Core i3-1315U
3573
Ryzen 7 7735U
3289
Ryzen 7 7730U
3228
Inspiron 16 5635(Ryzen 5 7530U)
3213
Ryzen 5 7530U
3136
Ryzen 5 7535U
3105
Ryzen 3 7330U
3089
Ryzen 5 7520U
2573
Ryzen 3 7320U
2485
Core i3-N305
2279
Intel N100
1971

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。Ryzen 5 7530U搭載の試用機で3Dベンチマークを行なったところ、CPU内蔵タイプとしては標準的な結果が出ました。ゲームやグラフィックスソフトで多少の効果が見込めますが、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Zen3+)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4)
1302
Inspiron 16 5635(Ryzen 5+LPDDR4x)
1211
Radeon (Zen3)
1204
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Zen2+)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均


PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は大きく上回っており、一般的な使い方であれば快適に利用できるでしょう。負荷の高いビジネス作業のテストも優秀な結果で、仕事にも利用できます。ただしグラフィックス性能がやや低めのため、コンテンツ制作分野にはあまり向いていません。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Inspiron10256
ThinkBook10616
Flex510917
ZenBook159869
15-eg10258
Ins1610501
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Inspiron9518
ThinkBook10003
Flex59572
ZenBook158854
15-eg7417
Ins167622
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Inspiron5640
ThinkBook6018
Flex56536
ZenBook8298
15-eg6026
Ins166624

※スコアの目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

▶ThinkBook 14 Gen5 Ryzen 5 7530U / 16GB / Radeon
▶IdeaPad Flex 5 Gen8 Ryzen 7-7730U / 16GB / Radeon
▶Zenbook 15 OLED Ryzen 7 7735U / 16GB / Radeon
HP Pavilion 15-eg Core i7-1355U / 16GB / Iris Xe
Inspiron 16 5630 Core i7-1360P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公開されていません。そこでビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から11時間35分でバッテリー残量が3%に達し、休止状態へ移行しました。そもそも16インチクラスは持ち歩き用ではないことを考えれば、十分な結果と言っていいでしょう。

 

ディスプレイの輝度やパフォーマンス設定を下げれば、さらに駆動時間が延びる可能性があります。しかしバッテリー駆動時は電源接続時に比べて、パフォーマンスが低下することがあるので注意してください。

 

PCMark 10バッテリーテスト検証結果(Ryzen 5モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 11時間35分
充電率50%までの時間 52分
満充電になるまでの時間 2時間25分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

コスパは高いが駆動音がちょっと気になる

Inspiron 16 5635

 

性能面は特に問題なく、むしろ現行世代のなかでは快適に使えるほうでしょう。価格が安い割に本体品質、いわゆるビルドクオリティーも高く、コスパの高さを感じます。ディスプレイのパネルが格安タイプなので映像品質はほどほどですが、文字中心の作業であれば問題ありません。

 

ただ外観紹介の部分でも軽く触れましたが、排気音の大きさが少し気になります。16インチタイプであれば本体内部のスペースに多少の余裕はあるはずで、一般的にはそれほど大きな音はしないはずです。もしかすると試用機固有の問題かもしれませんが、静かな機種を使いたい人は注意したほうがいいでしょう。ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンやヘッドホンを着用すれば、気にならないとは思います。

ちなみに第13世代インテルCoreプロセッサ搭載の同型モデル『Inspiron 16 5630』であれば、それほど大きな音は聞こえません。もっと静かな機種を使いたい人は、こちらをチェックしてみてください。
https://little-beans.net/review/inspiron16-5630/

Inspiron 16 5635

Inspiron 16 5635

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧
お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました