Lenovo Legion T750iレビュー:RTX 3070 / RTX 3080対応のミドルタワー型ゲーミングデスクトップPC

Lenovo Legion T750iレビュー
レノボのLegion T750iは、大型のミドルタワー型ゲーミングデスクトップPCです。CPUはCore i7 / Core i9でGPUはミドルハイのRTX 3070またはハイエンドのRTX 3080。ゲームを4K解像度でプレーしたい人に向いています。

主なラインナップ

スペック 価格
Core i7-10700K / 16GB / RTX 3070 22万5386円
Core i7-11700K / 16GB / RTX 3070 22万3815円
Core i7-10700K / 32GB / RTX 3080 28万4007円
Core i7-11700K / 32GB / RTX 3080 28万1897円
Core i9-10900K / 32GB / RTX 3080 30万1431円
Core i9-11900K / 32GB / RTX 3080 29万9057円

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

※2021年10月18日時点

Lenovo Legion T750iのスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
CPU ・Core i7-10700K
・Core i7-11700K
・Core i9-10900K
・Core i9-11900K
チップセット Intel Z490
メモリー ・16GB
・32GB
※スロット4基、最大128GB、DDR4 3200
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス ・RTX 3070
・RTX 3080
電源 ・650W
・800W
サイズ 幅211mm
奥行き483mm
高さ450mm
重量 約15kg(最大構成時)

※2021年10月18日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート ※未確認
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1、ストレージ用×1)
光学ドライブ なし
ドライブベイ 2.5インチ×4
3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16 ×2
PCI Express x1 ×3
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth Bluetooth 5.1
USB3.1 1(背面)
USB3.0 4(前面×2、背面×2)
USB2.0 6(前面×2、背面×4)
USB Type-C 1(USB3.1 背面)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 3
DVI
シリアルポート
PS/2
付属品 電源ケーブルなど
オフィス ・なし
。Office Home & Business 2019

本体の外観

サイズについて

Lenovo Legion T750iは、デスクトップPCのなかでも大型のミドルタワー型に分類されます。本体はかなり大きく、存在感も抜群。設置の際には、広めのスペースを用意してください。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

※写真はイメージです

Lenovo Legion T750i 外観

Lenovo Legion T750iの外観

Lenovo Legion T750i 大きさ

ボックスティッシュとのサイズ比較

Lenovo Legion T750i 前面と背面

前面と背面。幅は21.1cm

Lenovo Legion T750i 側面

左側面(左)と右側面(右)。奥行きは48.3cmで高さは45cm

Lenovo Legion T750i サイドパネル

左側面のサイドパネルは強化ガラス製

Lenovo Legion T750i LED

電源を入れるとLEDが点灯します

Lenovo Legion T750i LED

前面のLEDも点灯

Lenovo Legion T750i 天面

天面はメッシュ状

インターフェースについて

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は十分な構成です。ただし光学ドライブとメモリーカードスロットには非対応なので注意してください。

Lenovo Legion T750i 前面

天面部のインターフェース

  • ① USB2.0
  • ② USB3.0
  • ③ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ④ 電源ボタン

Lenovo Legion T750i 背面

背面のインターフェース

  • ① USB2.0
  • ② USB2.0
  • ③ USB3.1 Type-C
  • ④ USB3.1
  • ⑤ USB3.0
  • ⑥ 有線LAN
  • ⑦ オーディオ端子(7.1ch対応)
  • ⑧ HDMI
  • ⑨ DisplayPort

分解方法とパーツ交換について

内部へのアクセス方法

側面のパネルを外すと、内部のメンテナンスやパーツ交換などが行なえます。ただし今回の試用機ではパーツがガッチリと固定されており、うまく外せませんでした。詳しい分解方法については、レノボが公開しているマニュアルを参照してください。

リンク

ユーザーガイド(PDF、英語)

Lenovo Legion T750i 本体内部

左側面のパネルを外した状態

Lenovo Legion T750i 本体内部

右側面のパネルを外した状態

各部のパーツ

Lenovo Legion T750i マザーボード

マザーボード全体

Lenovo Legion T750i CPU

CPUクーラーは簡易水冷式

Lenovo Legion T750i メモリースロット

メモリースロットは4基で、最大容量は128GB

Lenovo Legion T750i スロット

拡張スロットはx16×2とx1×3。M.2スロットはWi-Fiカード用とストレージ用で合計2基

Lenovo Legion T750i ドライブベイ

3.5インチドライブベイは右側面の下部

Lenovo Legion T750i ドライブベイ

2.5インチドライブベイは右側面に

Lenovo Legion T750i ドライブベイ

本体から取り外したブラケットをSSDに装着して取り付けます

Lenovo Legion T750i 電源

電源は650Wまたは800W

Lenovo Legion T750i グラボ

試用機で使われていたRTX 3080のグラボ

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i9-10900K
メモリー 32GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GeForce RTX 3080

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定し、標準収録ユーティリティ「Lenovo Vantage」のサーマルモードを「性能」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

試用機のストレージ構成は512GB SSD + 2TB HDDでした。どちらも高速タイプが使われており、アクセス速度は十分です。

Lenovo Legion T750i ストレージ

512GB SSD(左)と2TB HDD(右)のアクセス速度

CPU性能

CPUとしては、第10世代 / 第11世代のCore i7またはCore i9が使われています。基本的には第10世代よりも第11世代のほうが高性能で、Core i9のほうがCore i7よりも高性能です。

しかしCore i9-10900K搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、異様なほど低いスコアが出ました。おそらく試用機になんらかの問題が生じているのだと思います。別の機体であれば、問題なく動作するでしょう。

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-11700K
5741
Core i9-11900KF
5345
Ryzen 7 4700G
4953
Core i7-10700KF
4922
Ryzen 7 PRO 4750GE
4093
Core i7-10700
3856
Ryzen 5 PRO 4650G
3507
Core i5-10400
3176
Ryzen 5 3500
2594
Legion T750i(Core i9-10900K)
2470
Ryzen 3 PRO 4350G
2343
Ryzen 5 3400G
1884
Core i3-9100
1587
Celeron G4930
535

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

試用機ではCPUの調子が悪かったのですが、3DベンチマークテストではRTX 3080としては順当な結果が出ました。さすがにハイエンドクラスのGPUだけあって、非常に高性能です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3090
18521
Legion T750i(RTX 3080)
16540
RTX 3070
13072
RTX 2080
10305
RTX 2070
8738
RTX 2060
6754
GTX 1660 Ti
6238
GTX 1660
5303
GTX 1650 SUPER
4614
GTX 1650
3383

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3090
44130
Legion T750i(RTX 3080)
39977
RTX 3070
32448
RTX 2080
25358
RTX 2070
22766
RTX 2060
17645
GTX 1660 Ti
15747
GTX 1660
13004
GTX 1650 SUPER
11853
GTX 1650
9005

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

レイトレ性能のテストでも十分な結果が出ています。

GPUの性能 (レトレーイング)

GPU 3DMark Port Royalスコア
RTX 3090
12485
Legion T750i(RTX 3080)
10813
RTX 3070
8109
RTX 2080
5926
RTX 2070
4922
RTX 2060
4164
GTX 1660 Ti
1610
GTX 1660
1405

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った軽めの作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用にエントリーGPU搭載の▶Inspiron 3891(Core i5-11400+8GBメモリー+GTX 1650 SUPER)と、ミドルハイGPU搭載の▶G-Master Hydro Z590-Mini(Core i7-11700K+16GBメモリー+RTX 3070)の結果もまとめました。

テストでは目標値を大きく超えたものの、格下であるはずの比較機よりも低いスコアが出ています。おそらくCPUの不調が影響しているのかもしれません。正常な個体であれば、これよりも優れた結果が出るはずです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Legion8555
Inspiron9750
G-Master10912
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Legion8346
Inspiron9127
G-Master9188
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Legion9888
Inspiron7322
G-Master12282

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークを試したところ、スコア的には十分な結果が出ています。しかし負荷の高いテストで負荷の低いテストと同程度の結果が出ている場面があります。もしかするとドライバーかパーツ(CPU)が安定していないのかもしれません。そのため参考にはしづらいのですが、とりあえずテストの結果だけは掲載します。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

フルHD

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 8088 / 快適
高品質 10250 / とても快適
標準品質 10636 / とても快適

※スコアが「6000」以上で「快適」。ドライバーの影響で正常値でない可能性があります

4K

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 6747 / 快適
高品質 8482 / 快適
標準品質 10769 / とても快適

※スコアが「6000」以上で「快適」。ドライバーの影響で正常値でない可能性があります

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

フルHD

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 14890 / 113.5 FPS
高品質 14207 / 107.7 FPS
標準品質 14793 / 112.5 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

4K

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 11327 / 81.8 FPS
高品質 11745 / 86 FPS
標準品質 14545 / 110.5 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ

フルHD

画質 スコア / 評価
最高品質 23900 / すごく快適
標準品質 23932 / すごく快適
低品質 24354 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

4K

画質 スコア / 評価
最高品質 23473 / すごく快適
標準品質 23535 / すごく快適
低品質 24021 / すごく快適

※3240×2160ドットの結果

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト

FPS計測結果

設定 平均FPS
FHD:DX11:画質最高:DLSSバランス 107.8 FPS
4K:DX11:画質最高:DLSSバランス 101.8 FPS
FHD:DX12:画質最高:レイトレ最高:DLSSバランス 43.2 FPS
4K:DX12:画質最高:レイトレ最高:DLSSバランス 29 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077

FPS計測結果 ※テクスチャの質:高

画質設定 平均FPS
4K/ウルトラ/DLSS:クオリティ 66.6 FPS
フルHD/レイトレーシングウルトラ/DLSS:クオリティ 54.6 FPS
4K/ウルトラ/DLSS:クオリティ 42.6 FPS
4K/レイトレーシングウルトラ/DLSS:クオリティ 36.5 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ

フルHD

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 75 FPS / 22 FPS
86 FPS / 36 FPS
92 FPS / 56 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

4K

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 53 FPS / 24 FPS
72 FPS / 36 FPS
85 FPS /  52 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ハイスペックでお手軽なゲーミングPC

Lenovo Legion T750i 外観

一般的にゲーミングPCはBTO形式で販売されていることが多く、パーツを細かくカスタマイズできる点が魅力です。しかしどのパーツを選べばいいのかわからない、という人も多いでしょう。Legion T750iならパーツを細かく選ぶ必要はなく、ランクで言えば松竹梅、あるいは上中下の3種類のうちのどれかを選べばいいだけ。基本的にはどれを選んでも十分なパフォーマンスで、失敗したと感じることはないはずです。

そのあたりを検証で明らかにしたかったのですが、今回は試用機の不調で十分に検証できませんでした。機会があれば、正常に動作する機体で検証できればと思っています。

※2021年10月18日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!