ポケトークW(POCKETALK W)購入レビュー:翻訳精度や使いやすさ&使いみちを徹底チェック!

ポケトークW(POCKETALK W)レビュー
ソースネクストの「ポケトークW(POCKETALK W)」は、手のひらサイズの音声翻訳機です。たとえば海外旅行に行ったときに現地の言葉がわからなくても、ポケトークWを使えば言いたいことを相手に使えることができます。外国語がわからなくても全然大丈夫!

実際にどのように翻訳されるのかは、次の動画でご確認ください。

英語だけでなく、中国語もOK!

日本語を外国語に翻訳するだけでなく、外国語から日本語に翻訳したり、外国語からほかの外国語に翻訳することもできます。対応言語はなんと74言語!(2018年7月時点)。ポケトークがあれば、ほぼ世界中の人と会話できると言っていいでしょう。

関連リンク

旅行先で使うだけでなく、国内で外国人に話しかけられたときにも便利です。たとえば2020年に東京オリンピック/パラリンピックが開催されるのに伴い、外国人観客が増えることが予想されています。お店や施設で働く人なら、外国人に話しかけられる機会が増えるかもしれません。

そんなとき外国語がわからなくても、ポケトークがあれば大丈夫。相手の言っていることをちゃんと理解した上で、こちらの言いたいことを相手に伝えられるのです。

ポケトークWを使うメリット

ポケトークなら正しく伝えたいことを、迷うことなく伝えられます

ポケトークWのポイント

  • 言葉がわからなくても外国人と意思疎通できる
  • 74言語に対応
  • 画面が大きくて使いやすい

今回は筆者が購入したポケトークWを使って、機能や使い方、実際の使い勝手などについてレビューします。ポケトークWの購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ポケトークW

ポケトークW

税込2万6870円(SIMなし)

税込3万2270円(SIM付き)

【4コマ】第1回:ポケトークってなに?/マンガでわかるポケトーク
マンガでわかるポケトーク 第1回 ポケトークってなに? 前へ  4コマ目次  次へ 著者プロフィ……

関連記事

届いた瞬間からスグに使える!

ポケトークW 届いた瞬間からスグに使える

ポケトークWには、「グローバル通信2年付き」モデルと「グローバル通信なし」モデルの2種類が用意されています。簡単に言うとこれはデータ通信用のSIMカードが付いているか、付いていないかの違いです。

「グローバル通信2年付き」モデル(以下、”SIM付きモデル”)にはデータ通信用のSIMカード(正確にはeSIM)が内蔵されているので、そのままスグに使い始められます。

もう一方の「グローバル通信なし」モデル(以下、”SIMなしモデル”)にはSIMカードが付いていないため自分でSIMカードを用意するか、Wi-Fi(無線LAN)に接続しなければなりません。

関連記事

ポケトークW グローバル通信なしモデル

SIMなしモデルでは自分で用意したデータ通信用のナノSIMカードをセットして使います(実際にはナノSIMカードを裏返して挿入します)

SIM付きモデルはSIMなしモデルよりも5400円高いのですが、買うなら絶対にSIM付きモデルがおすすめです。SIMなしモデルで別のナノSIMカードを使う場合、毎月の通信料が発生します。しかしSIM付きモデルなら2年間通信費を払う必要がなく、そのあいだは使い放題なのです。

またSIMなしモデルではナノSIMカードの利用設定やWi-Fiの接続設定が必要ですが、SIM付きモデルなら簡単な操作だけでスグに使い始められます。実際に初期設定を行なってみましたが、驚くほど簡単にできました。

ポケトークW 箱を開けた状態

ポケトークWの箱を開けたところ

ポケトークW 箱の中身

箱のなかには本体と充電用ケーブルのほかに、保証書や説明書が入っていました

ポケトークW 初期設定 シール

まずは表面のシールをはがします

ポケトークW 初期設定 電源を入れる

次に右側面の電源ボタンを長押し

ポケトークW 初期設定 電源オン

この画面が表示されたら、電源が入ったということです

ポケトークW 初期設定 言語設定

まずは画面表示用の言語の選択。ここでは「日本語」を選択したあと、右上の「OK」を押します

ポケトークW 初期設定 使用許諾

続いて使用許諾が表示されます。内容を確認後、「使用条件を確認しました」を押してチェックを入れ、さらに「同意する」を押します

ポケトークW 初期設定 年齢確認

「あなたは成人ですか?」と表示されるので、「はい」を押します

ポケトークW 初期設定 モバイル通信

自動的にモバイル通信の有効化が行なわれます。この画面が表示されたら「次へ」を押します

ポケトークW 初期設定 Wi-Fi設定

最後にWi-Fi設定画面が表示されますが、SIM付きモデルなら必要ありませんので「SKIP」を押します

ポケトークW 初期設定 完了

これでポケトークWが使えるようになりました!

前モデルの初代「ポケトーク」では、付属のSIMカードを取り付ける必要がありました。しかしポケトークWでは”eSIM“と呼ばれるSIMカード代わりの機能が内蔵されているため、SIMカードをセットする必要がありません。ちなみにこのeSIMは、これから本格的に普及し始めるだろうと言われている先端技術なんです。スゴイ!

ポケトーク SIMカード

初代ポケトークで使われていたグローバルSIMカード

ポケトーク SIMカードのセット

初代ポケトークでは、自分でSIMカードをスロットに取り付ける必要がありました

なお旧モデルのポケトークで使われていたグローバルSIMカードは、ポケトークWでもそのまま利用できます。購入費用を少しでも抑えたいならSIMなしのポケトークWを選び、前のグローバルSIMを挿して使うのもいいでしょう。

関連記事

見やすいタッチ式の画面

ポケトークW 画面

初代ポケトークを使っていた身としては、ポケトークWで画面が大きくなった点が一番うれしい! 正直なところ初代ポケトークは画面が小さくて見づらく、しかもボタン式だったので使いづらく感じていました。

しかしポケトークWでは画面が非常に大きくなり、しかもタッチ操作に対応! 使いやすさは格段に向上しています。これはホントにスゴイ!

ポケトークW 初代ポケトークとの比較

左がポケトークWで右が初代ポケトーク。ポケトークWの画面の大きさは約3.2倍!

ポケトークの画面

初代ポケトークは画面が非常に小さく、ボタンでカーソルを上下左右に動かして操作する必要がありました。特にWi-Fi設定がツライ

ポケトークW タッチ操作

ポケトークでは画面が大きくなって見やすくなり、しかもタッチで操作できるようになりました

しかもポケトークWでは、画面の文字の大きさを変えられます。標準サイズでも読みづらく感じるなら、文字を大きくするといいでしょう。

ポケトークW 文字の大きさ変更

文字の大きさを調整可能 ※クリックで拡大

ポケットに収まる極小サイズ

ポケトーク 本体デザイン

ポケトークのサイズは縦11cmで横5.98cm、厚さは1.58cmです。手のひらにすっぽり収まるのはもちろん、ズボンやバッグのポケットにも難なく収納できます。

ポケトークW 本体のサイズ感

ひと昔前のガラケーサイズ

ポケトークW 重さ

重さは実測で103gでした。iPhone SE(113g)より軽い!

ポケトークW 本体カラー

本体カラーとしてはホワイトとゴールド、ブラックの3色が用意されています

ポケトークW 本体カラー背面

それぞれのカラーの背面はこんな感じ

関連記事

ポケトークW 底面のインターフェース

底面部にはUSB Type-C端子

ポケトークW モバイルバッテリーで充電

付属のケーブルを使うことで充電が可能、モバイルバッテリーでも充電できます

ポケトークW 右側面のインターフェース

右側面には電源ボタン

ポケトークW 左側面のインターフェース

左側面にはナノSIMカード用のスロット

ポケトークW ストラップホール

背面にはストラップホールがありますが、ヒモが通りにくいのでピンなどで引き出すといいでしょう

ポケトークW ストラップ取り付け

本体にストラップを付けた状態

音が大きくて聞き取りやすい

ポケトークW スピーカー

ポケトークWではスピーカーが大型化され、より高音質で大きな音が出るようになっています。初代ポケトークでも音はそこそこ大きかったものの、屋外のうるさい場所では聞き取りづらく感じていました。しかしポケトークWの音はかなり大きく、ボリュームを最大にすると屋内ではうるさく感じるほどです。

ポケトークW 音量調整

初期状態ではボリュームが最大に設定されているので、大きな音にビックリするかもしれません。屋内で使うなら、ボリュームを下げておきましょう

ポケトークW 設定画面の開き方

ボリュームは画面左上のハンバーガーアイコン(三本線のマーク)を押すと表示される設定画面で調整できます

言語の選択が簡単!

ポケトークW 言語選択

74言語に対応するポケトークWでは、選択画面で言語を選ぶのが大変です。しかも並び順にクセがあるので、使いたい言語を見落としてしまうこともあります。

そんなときに便利なのが、音声による言語選択機能です。ポケトークWに向かって「中国語」や「スワヒリ語」など使いたい言語の名前を話しかけるだけで、その言語が選択されます。

実際に音声で言語を変えている動画をご覧いただければ、とても簡単であることがおわかりいただけると思います。

音声を使った言語の選択方法についてもう一度、写真を使って説明しましょう。

ポケトークW 言語の選択

まず画面上に表示されている言語名をタッチします(左右どちらでもOK)

ポケトークW 音声選択の開始

画面下のボタンを「ポロロン」という効果音が出るまで長押しします(左側の言語なら左ボタン、右側の言語なら右ボタン)

ポケトークW 音声で指示

この画面が表示されたら使いたい言語を話します。実際には「中国語」でも「中国」だけでもOK

ポケトークW 音声選択完了

音声で指示した言語が選択されました

ポケトークW 言語設定例

たとえば日本語を中国語に翻訳したいときは、この写真のように設定します(それぞれの言語は左右どちら側でもOK)

ポケトークW 言語の登録

画面上部の時計アイコンをタッチすると、よく使う言語が候補として表示されるのですばやく変更できます

翻訳精度は常に向上中

ポケトークW 翻訳精度

ポケトークWでは言語の翻訳に、インターネット上の翻訳サービス(翻訳エンジン)を使っています。たとえば日本語-英語の翻訳ならグーグルのサービス、日本語-中国語ならバイドゥ(百度)といった具合です。そのため翻訳精度(正確さ)は各サービスの精度に影響されます。

実際に日本語ー英語の翻訳を試してみましたが、特に違和感はありませんでした。ただしネイティブスピーカーが聞いたらどう感じるかはわかりません。また中国語の翻訳結果についても正しいかどうかは不明です。このあたりは、のちのち詳しく検証しようと思っています。

ポケトークW 翻訳結果

日本語から英語への翻訳結果を見ると間違ってはいないような気がしますが、筆者は英語が得意ではないので……

そのほかの翻訳結果

入力した音声 翻訳結果
お腹が痛いので病院に行きたいのですが、どこにありますか? My stomach hurts so I’d like to go to hospital where is it?
サーモンは軽く火を通すだけにしてください Please salmon lightly through the fire
昨日の夜、外で女性のすさまじい悲鳴が聞こえましたが、あれはなんだったのですか? I heard a loud scream of a woman outside yesterday evening.What was that?
我々はひとりの英雄を失った。しかしこれは敗北を意味するのか? 否、始まりなのだ We have lost a single hero but this is the beginning whether it means defeat or not

違和感はないとは言いましたが、どうやら文章が長くなるとちょっとニュアンスが変わる部分もあるようですね。ポケトークWでは200文字を超える長文も認識/翻訳されることを確認していますが、なるべく短い文章を翻訳したほうがよさそうです。

ちなみに初代ポケトークでは「the Prince Hotel in Tokyo」を翻訳すると「東京の王子ホテル」と誤訳されたのですが、ポケトークWでは「東京のプリンスホテル」と正しく翻訳されました。

また「水を一杯ください」を翻訳すると「Please give me a grass of water」と正しく翻訳されるものの、「水を一杯」だと「A lot of water(水をいっぱい)」となってしまいます。初代ポケトークではどちらもダメだったのですが、翻訳サービス側の精度が上がり、前後の文脈で判断するようになったのかと思います。

このように翻訳精度は完全ではないものの、以前よりも改善されていることがわかりました。今後のさらなる精度の向上に期待しましょう。

なおポケトークWはソフトウェア更新(システムアップデート)を行なうことで翻訳精度や使い勝手は向上します。常に最新版にアップデートしておくことをおすすめします。

関連記事

LTEで翻訳が高速化!

ポケトークW 翻訳スピード

以前に初代ポケトークを中国人の知人に貸したことがあるのですが、実際に中国で使ってみたところ、翻訳されるまでに時間がかかってストレスを感じたと言っていました。筆者がグローバルSIMを国内で使ったときはストレスを感じるほどではなかったのですが、地域によって通信速度に違いがあるのでしょうか?

その知人は、日本語しか話せない自分の子どもたちと中国語しか話せない両親とで会話するために初代ポケトークを使ったとのことですが、翻訳時間が数秒でも子どもは待っていられないとも言っていました。確かに大人ならある程度は待てますが、子どもは待てないかもしれませんね。

しかしポケトークWは、翻訳速度が大きく改善されています。これは初代ポケトークが通信速度の遅い3G方式であったのに対して、ポケトークWではスマホと同じLTE方式で通信するため。メーカーによると、最大2.5倍も通信速度が向上しているそうです。

確かに初代ポケトークとポケトークWとでは、翻訳速度が体感的に変わっているように感じました。初代ポケトークでは4~5秒程度かかった長文でも、ポケトークWでは3秒程度で終わっています。電波状況によってどう変化するかは未検証ですが、通信速度の不満はある程度解消されたと考えていいでしょう。

ただし、しばらく使っていない状態で翻訳する場合、音声を入力できるようになるまでに3秒くらいの待ち時間があります。2回目以降は1秒程度で始まるので、通信の再接続に時間がかかっているのかもしれません。

履歴の確認&再生が便利!

ポケトークW 履歴機能

初代ポケトークにも履歴の確認機能はありましたが、ポケトークWではさらに便利になっています。

まず便利に感じたのは、表示できる履歴がとても多い点。長文でも翻訳前/翻訳後の文章がすべて表示され、スクロール操作で過去の履歴もどんどんさかのぼれます。

また履歴をタップすると、翻訳結果の音声が再生されます。相手がうまく聞き取れなかったときでも、もう一度音声で話しかける必要はありません。あとはこれ、言語の学習にも使えそうですよね。

実際の動作については、以下の動画でご確認ください。

履歴は「ポケトークセンター」と呼ばれるWebサービスで確認することもできます。スマホやPCなどでリアルタイムで反映される上に、テキストデータとして利用できるのは便利。

ポケトークW ポケトークセンター

スマホからポケトークセンターを利用する場合は、表示されるQRコードを利用すると便利

ポケトークW 履歴の削除

履歴を長押しするとメニューが表示されます。ここで「削除」を選ぶと、その履歴を消去可能です

ポケトークW 履歴のお気に入り

メニューで「お気に入りに追加」を選ぶと画面右上に★アイコンが表示され、また使いたい翻訳結果を残しておけます

関連記事

すべての不満が解消され使いやすくなった!

ということで、今回はポケトークWのレビューをお届けしました。

日本語をいろんな言語に翻訳できるのは本当に便利で、特に海外への出張や旅行の際には心強く感じるでしょう。意思疎通が容易になれば、旅行がいままで以上に楽しくなるかもしれません。メーカーが「夢の“通訳機”」と謳うのも、あながち大げさな表現ではないなと思っています。

ポケトークW まとめ

海外への出張や旅行では、きっと心強い存在になるはず

またポケトークWでは、初代ポケトークに感じていた不満がほとんど解消されています。小さな画面は大きくなり、面倒だったボタン操作はタッチ操作に変更され、音は大きく&速度は速くなり、翻訳精度は体感的にちょっぴり改善されました。劇的に生まれ変わったポケトークWは、まさに”買いどき”のモデルだと言えるでしょう。

ポケトークW

ポケトークW

税込2万6870円(SIMなし)

税込3万2270円(SIM付き)

なお当サイトでは今後、ポケトークWのより詳しい使い方や翻訳精度の検証結果などを公開していく予定です。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました