デル Vostro 14 5000 (5490) レビュー:スタイリッシュでリーズナブルな14インチノートPC

デル Vostro 14 5000 (5490) レビュー

デルのVostro 14 5000 (5490)は、14インチタイプのスタンダードノートPCです。ビジネス向けモデルでありながら、スタイリッシュなデザインが特徴。最安モデルで5万円台、Core i5モデルで7万円台からと手頃な価格で入手できます。
Vostro 14 5000 (5490)

ポイント

  • 14インチとしてはコンパクト
  • スタイリッシュな外観
  • Core i5でも手頃な値段

Vostro 14 5000 (5490)のスペック

画面サイズ 14インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-10110U
・Core i5-10210U
・Core i7-10510U
メモリー ・4GB
・8GB
・16GB
ストレージ ・128GB SSD
・256GB SSD
・512GB SSD
グラフィックス ・UHD
・MX230
・MX250
LTE 非対応
幅×奥行き 321.8×227.7mm
厚さ 17.9mm
重量 最小1.49kg
バッテリー 3セル 42Whr

※2020年4月3日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・アーバングレー
・アイスグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ※非公開 (IPS相当)
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
USB3.1 2 (Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1 (3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー オプション
付属品 ACアダプターなど
オフィス ※追加可能、オフィス付きモデルあり

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

特別クーポンで20%オフ!

注文画面で限定公開の特別クーポンコードを使うと、20%オフの価格で購入できます。以下のリンクから特別ページを開き、クーポンコードをコピーして使ってください。
デル法人モデル限定クーポン

Vostro 14 5000 (5490)

Vostro 14 5000 (5490)

税込5万7182円~

※2020年4月3日時点、20%オフクーポン適用時

※デルの法人向けモデルは、自営業やフリーランスの方でも購入できます。注文時の所在確認などはありません。

デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
コスパの高さで人気のデル製ノートPCのなかから、おすすめモデルを紹介します。最安モデルは3万円台から! さらにGPU搭載の高性能モデルからCore i5 + 8GBメモリー + 256GB SSD搭載の鉄板構成モデルまで、各種人気モデルの特徴と最新価格がまるわかり!

デザインと使いやすさ

スタイリッシュな外観

Vostro 14 5000 (5490) 外観

Vostro 14 5000 (5490)の本体カラーは、アーバングレーまたはアイスグレーの2色です。今回試用したのはアーバングレーのモデルで、実際の見た目はやや青みを帯びたガンメタリック風でした。角度や照明によっては、ブラックのように見えることもあります。

Vostro 14 5000 (5490) 天板

アーバングレーのカラー。天板は樹脂 (プラスチック)製

Vostro 15 5000 (5590) 天板

アイスグレーはやや青みがかった明るいシルバー ※写真はVostro 15 5000 (5590)

Vostro 14 5000 (5490) パームレスト

パームレスト (キーボード面)はアルミ製のブラック。指紋や油脂の汚れがほとんど目立ちません

Vostro 14 5000 (5490) ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右6mm、上部8.5mm、下部26.7mm

Vostro 14 5000 (5490) 底面

底面部は樹脂製

Vostro 14 5000 (5490) フォルム

先進性を感じさせるカラーと細身のフォルムにより、スタイリッシュな外観に仕上がっています

コンパクトな本体

Vostro 14 5000 (5490) サイズ

接地面積は幅321.8×奥行き227.7mmで、A4サイズ (幅297×奥行き210mm)よりもふた回り大きめです。とは言え、14インチタイプとしてはコンパクト。筆者所有のThinkPad X1 Carbon (2019)よりはわずかに大きかったものの、値段が1/2~1/3であることを考えればなかなか健闘していると言っていいでしょう。

Vostro 14 5000 (5490) 大きさ

A4サイズ (オレンジの部分)よりもふた回り程度大きめ

Vostro 14 5000 (5490) 高さ

高さは公称値で17.9mm、実測では18.6mm

Vostro 14 5000 (5490) 前面

前面

Vostro 14 5000 (5490) 背面

背面。実際に手で持つと見た目以上にスリムに感じます

Vostro 14 5000 (5490) 重さ

重さは実測で1.405kg。一般的な14インチタイプよりもやや軽め

14インチのフルHDディスプレイ

Vostro 14 5000 (5490) 画面サイズ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。デスクトップの文字は2~2.7mmと新聞 (3mm前後)よりもやや小さめ (スケーリング150%)。文字の小ささは気にならないのですが、コントラストが低いためか文字がややかすれたように見えました。

やや暗めながらも自然な発色

Vostro 14 5000 (5490) 映像品質

公式スペックには液晶ディスプレイに”WVAパネル”が使われていると書かれていますが、これは「Wide View Angle (広視野角)」の略でパネルの駆動方式を表わすものではありません。発色や視野角については、IPSパネル相当と言っていいでしょう。

色合いは自然なのですが、画面がやや暗くコントラストも低いため鮮やかさは感じられません。Webページや文書作成画面では影響はないものの、写真や動画では若干暗く感じるでしょう。

Vostro 14 5000 (5490) 明るさ

画面はやや暗めですが、作業には支障のない明るさです

目に優しいノングレア

Vostro 14 5000 (5490) ノングレア

ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレアタイプです。眼精疲労や集中力低下の原因と言われる映り込みが押さえられています。長時間の作業でも目が疲れにくい仕様です。

ややクセのあるキーボード

Vostro 14 5000 (5490) キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトには対応していません。キーピッチ (キーとキーの間隔)は横18.7mm縦18mmで若干小さくて横長ですが、実際にキーを打っても違和感はありませんでした。

しかしEnterキー周辺で一部のキーが隣接している点が気になります。特に「¥」キーとBackSpaceキーが小さく、間違えて隣のキーを押してしまうことがありました。慣れないうちはタイプミスがあるかもしれません。

Vostro 14 5000 (5490) 配列

Enterキー周辺の配列

軽いながらもしっかり使えるキー

Vostro 14 5000 (5490) タイプ感

キーストロークは実測で平均1.22mmでした。おそらく1.2mmあたりを基準に作られているものと思われます。個人的には浅く感じるのですが、軽いタッチで入力する人ならあまり気にならないでしょう。

キーを押した瞬間のクリック感は軽めです。ゆっくりとなでるように打つと手応えは感じられますが、素早く入力するとほとんど感じられませんでした。ただタイプ感自体は悪くはありません。入力時のブレもなく反応も良好で、しっかりと使えるキーボードです。

Vostro 14 5000 (5490) タイプ音

タイプ音は軽いタッチでもカタカタと聞こえます。打ち下ろすようにして入力すると淡々と響くので、軽めのタッチ推奨です

インターフェースは標準的な構成

Vostro 14 5000 (5490) インターフェース

USB端子は全部で4ポートで、うち1ポートはType-Cです。そのほかHDMIや有線LANにも対応しています。光学ドライブやVGA (D-sub15ピン)には対応していませんが、14インチタイプとして標準的な構成です。

Type-Cは充電と映像出力に対応

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力

Type-C端子は映像出力 (DisplayPort)とUSB PD対応機器による充電に対応しています。ただしワット数の低い充電器では充電できなかったり、充電に時間がかかる場合があるので注意してください。45W以上の充電器やモバイルバッテリーの利用をおすすめします。

スピーカーは音声通話向き

Vostro 14 5000 (5490) スピーカー

スピーカーは低音域が弱く、音楽を楽しむのには迫力不足です。ただし人の声が含まれる中音域は解像感が高めで、比較的クリアーに聞こえました。もしかすると、ビデオチャットや音声通話用にチューニングされているのかもしれません。ボリュームはやや小さいもののサラウンド感は高く、会議室でのテレカン (電話会議)でも問題なく利用できそうです。

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プレミアムモデル (大容量メモリー・SSD搭載)
CPU Core i5-10210U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD Graphics (CPU内蔵)

Core i5 / i7なら高性能

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13685
Core i7-1065G7
11872
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i7-8565U
9814
Core i5-10210U
9730
Vostro 14 5490 (Core i5-10210U)
9225
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8373
Core i3-10110U
5553
Core i3-8145U
5549
Ryzen 3 3200U
4609
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron N4000
1550

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUとしては第10世代 (Comet Lake)のCore i3 / i5 / i7が使われています。Core i5-10210U搭載の試用機でCPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ同じCPUの平均値をやや下回りましたが、ノートPCとしては比較的優れた結果が出ました。スタンダードノートPC向けとしては中上位クラスで、普段使いやビジネスには快適に利用できます。

上位モデルで使われているCore i7-10710Uであれば、より高いパフォーマンスを期待できるでしょう。下位モデルのCore i3-10110Uの性能は控えめですが、ネットの調べ物や文書作成などの軽い作業であれば十分です。

MX250ならグラフィックス性能はやや高め

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
GTX 1050
5912
MX250
3400
Iris Plus
2846
MX230
2443
UHD (Comet Lake Core i7)
1335
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD (Comet Lake Core i5)
1273
UHD 620 (Core i5)
1186
Vostro 14 5490 (UHD)
1116
UHD 620 (Core i3)
975
UHD (Comet Lake Core i3)
859

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

試用機ではグラフィックス機能として、CPU内蔵のUHD Graphicsが使われていました。3D性能を計測するベンチマークテストでは、低めの結果が出ています。とは言え、内蔵グラフィックス機能としては順当なスコアです。

上位の機種では外付けGPUとして、GeForce MX230またはGeForce MX250が使われています。CPU内蔵のグラフィックス機能よりは高性能であるものの、ゲーミングノートPCやクリエイテー向けノートPCで扱われているGTX / RTXシリーズほどではありません。とは言え、ゲームやクリエイター向けソフトでは多少の効果を感じられるでしょう。

ビジネス利用には快適

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目安:4100
8195
Productivity (ビジネス利用)
目安:4500
6413
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目安:3450
3164

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10では、一般的利用とビジネス利用のテストで目標値を大きく上回りました。Core i5モデルでも普段使いやビジネスにおいては、快適に利用できます。ただしコンテンツ制作のテストではスコアが低く、本格的な動画編集や3D制作などには向いていません。

Core i7搭載モデルでは多少はスコアが向上するものの、それほど大きく変わるわけではありません。またGeForce MX250搭載でも、コンテンツ制作のスコアがほぼ同程度です。Core i3モデルだとスコアは落ちるとが予想されますが、一般利用とビジネス利用では問題なく使えるでしょう。

高速タイプのSSDを搭載

Vostro 14 5000 (5490) ストレージ

ストレージは128~512GB SSDです。試用機で使われていた256GB SSDはPCIe 3.0 x2の高速タイプで、ベンチマークテストではHDDやSATA接続のSSDよりも優れた結果が出ました。ファイルのやりとりはもちろん、ウィンドウズやアプリの起動も高速です。

ウィンドウズの起動は12秒程度

Core i5モデルでウィンドウズの起動時間を計測したとこと、平均12.62秒でした。最近のSSD搭載機種は15秒前後が標準的ですので (筆者調べ)、なかなか高速です。

起動時間の計測結果(手動計測)※Core i5モデル

1回目 12.9秒
2回目 12.6秒
3回目 12.5秒
4回目 12.5秒
5回目 12.6秒
平均 12.62秒

バッテリーは十分長持ち

バッテリー駆動時間は公開されていません。そこでCore i5モデルを使って最大パフォーマンス時のビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、7時間26分でバッテリー切れとなりました。バッテリー消費をやや抑えた状態ので動画再生では10時間58分です。ガッツリ使って7時間であれば、問題ない範囲でしょう。Vostro 14 5000 (5490)はモバイル向けではありませんが、バッテリー性能はなかなか優秀です。

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Core i5モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 7時間26分
Video (動画視聴) 10時間58分
フル充電までにかかった時間 2時間7分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

Vostro 14 5000 (5490)には、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。主なモデルのスペックと価格は以下のとおり。あとはオフィス付きなどのバリエーションモデルが用意されています。

ちなみに「プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載)」にはCore i3モデルとCore i5モデルの2種類がありますが、おそらく前者は名前の付け間違いだと思われます。いつもの命名規則から考えると「ベーシックプラスモデル(SSD搭載)」あたりに変更されるかもしれません。

■主なラインナップ

ベーシックモデル(SSD搭載)
Core i3 4GBメモリー 128GB SSD 5万7182円
 プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載)
Core i3 4GBメモリー 256GB SSD 6万1582円
プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 7万4782円
 プレミアムモデル (大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX230 8万1822円
プラチナモデル (大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX 250 9万2382円
プラチナモデル (大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)
Core i7 8GBメモリー 512GB SSD GeForce MX 250 10万1182円
プラチナモデル (大容量メモリー・大容量SSD・グラフィック搭載)
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD GeForce MX 250 10万9982円

※2020年4月3日時点、20%オフクーポン適用時

Vostroシリーズは定期的にセール販売されており、タイミングによって価格が変わることがあります。現在の価格については、公式サイトでご確認ください。

手堅いビジネス向け14インチ

Vostro 14 5000 (5490) 感想

よかった点

14インチタイプとしては軽量コンパクトで、外観がスタイリッシュである点が魅力です。機能や使い勝手については標準的な仕上がりで、安心して使えます。法人向けモデルとしては、値段もそこそこリーズナブル。特に目立った特徴はないものの、安心感が高く手堅い機種です。

気になる点

下位モデル (Vostro 14 3490)にはVGA (D-sub15ピン)が用意されていますが、Vostro 14 5000 (5490)は非対応である点が少々残念。とは言え、本体の軽さや薄さを考えれば、仕方がないでしょう。VGAが必要な場合はVostro 14 3490を、必要なければVostro 14 5000 (5490)を選んでください。

特別クーポンで20%オフ!

注文画面で限定公開の特別クーポンコードを使うと、20%オフの価格で購入できます。以下のリンクから特別ページを開き、クーポンコードをコピーして使ってください。
デル法人モデル限定クーポン

Vostro 14 5000 (5490)

Vostro 14 5000 (5490)

税込5万7182円~

※2020年4月3日時点、20%オフクーポン適用時

デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
コスパの高さで人気のデル製ノートPCのなかから、おすすめモデルを紹介します。最安モデルは3万円台から! さらにGPU搭載の高性能モデルからCore i5 + 8GBメモリー + 256GB SSD搭載の鉄板構成モデルまで、各種人気モデルの特徴と最新価格がまるわかり!

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました