デル Vostro 15 3000 (3583) レビュー:Coreプロセッサー搭載の15インチビジネス向けモデル

デル Vostro 15 3000 (3583) レビュー

デルのVostro 15 3000 (3583)(以下、”Vostro 15 3583″)」は15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。光学ドライブには非対応であるものの、第8世代Core iプロセッサー搭載モデルとしてはリーズナブルである点が特徴。ビジネスシーンで利用するノートPCを探してる方におすすします。

※このモデルは法人向けのモデルですが、自営業やフリーランスの方でも購入できます。注文時の所在確認などはありません。

Vostro 15 3000 (3583)

Vostro 15 3000 (3583)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、Vostro 15 3583のデザインや性能などをレビューします。

特別クーポンで20%オフ!

Vostro 15 3583購入の際に限定公開の特別クーポンコードを使うと、20%オフの価格で購入できます。以下のリンクから特別ページを開き、クーポンコードをコピーして使ってください。
デル法人モデル限定クーポン

Vostro 15 3000 (3583)

Vostro 15 3000 (3583)

税込5万4414円~

※2019年8月26日時点。価格は20%オフクーポン適用時

Vostro 15 3000 (3583)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー 4 / 8GB
ストレージ 128/ 256GB SSD
グラフィックス ・UHD 620
・Radeon 520
LTE
幅×奥行き 380×258mm
厚さ 19.89mm
重量 約1.97kg~
バッテリー 42Whr

※2019年8月26日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・ブラック
・アイスグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 TN
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1 2 (Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD 720p(92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー
オフィス ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

格安モデルとしては標準的

Vostro 15 3583の価格はCore i3搭載の下位モデルで税込5万円台半ば、Core i7搭載の上位モデルで9万円前後です。本体は樹脂 (プラスチック)製で5万円台の格安モデルとしては標準的な仕上がりなのですが、9万円前後のモデルとしては安っぽいかなと感じます。

Vostro 15 3000 本体カラー

標準カラーのブラック (左)と有料オプションカラーのアイスグレー (右)

Vostro 15 3000 (3583) アイスグレー

アイスグレーの外観

Vostro 15 3582 ブラック

標準カラーのブラックのモデルは表面に格子状のテクスチャー加工が施されています。やや安っぽさを感じさせる仕上がりです

Vostro 15 3000 (3583) キーボード面

キーボード面はブラック

Vostro 15 3000 (3583) サイズ感

キーボード利用時のサイズ感

Vostro 15 3000 (3583) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)はけっこう太め

Vostro 15 3000 (3583) 底面

底面部はシンプルな作り

Vostro 15 3000 (3583) 大きさ

接地面積は幅380×奥行き258mm。一般的なB5サイズノートを見開きにした大きさよりも少し小さめ

Vostro 15 3000 (3583)

高さは19.89mm。光学ドライブやVGA端子がないぶん、ほかのVostro 15 2000シリーズに比べてスリムです

作業しやすい15.6インチのフルHD

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチです。解像度は1920×1080ドットのフルHD。1366×768ドットのHD解像度に比べ1画面あたりの情報量が多いため、作業効率がグンとアップします。

Vostro 15 3583 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで解像度は1920×1080ドットのフルHD

1920×1080ドットと1366×768ドットの比較

1920×1080ドット (左、スケーリング100%)と1366×768ドット (右)の違い

映像品質はあまりよくありません。パネルは格安ノートPCでよく使われているTN方式でコントラストが低く、やや青みがかっています。と言っても内容は普通に確認できるので、画質にこだわらないなら普通に利用できるはずです。

Vostro 15 3583 映像品質

格安モデルでよく使われるTNパネルによる映像。スマホや高級ノートPCで使われるIPSパネルに比べて、映像がやや青みがかっています

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種によるもの

輝度は公称値で300nitですが、実際にはそこまで明るくはありません。今回は輝度を計測していませんが、おそらく200~250nit程度でしょう。画面はそれほど明るくはないものの、作業には十分な明るさです。

Vostro 15 3583 明るさ

画面の明るさはほどほどですが、作業には十分なレベル

液晶ディスプレイの表面は光沢なしのノングレアです。映り込みが少ないので、眼が疲れにくい点がポイント。長時間の作業に向いています。

ややクセのあるキーボード

キーボードは日本語配列のみで、英字配列には非対応です。またキーボードバックライトにも対応していません。数値入力に便利なテンキー付きで、キーピッチ (キーとキーの間隔)は横19mmの縦18mmと十分な大きさ。若干横長ではありますが、入力時に違和感は感じられませんでした。ただEnterキー周辺のキーにやや小さいものがあり、慣れないうちはタイプミスがあるかもしれません。

Vostro 15 3583 キーボード

キーボードは日本語配列でバックライト非対応

Vostro 15 3583 配列

Enterキー周辺で一部のキーが小さめ

タイプ感はやや浅く、キーストロークは平均1.4mmでした (標準は1.5mm)。入力時にわずかな底打ち感が感じられます。キーを押した瞬間に固めのクリック感があるため手応えはあるのですが、全体的にはプチプチとした軽めのタイプ感です。タイプ音は標準的で特別静かというわけではなく、軽めに打っても少しカチャカチャと響きます。

Vostro 15 3583 タイプ感

タイプ感は軽く、タイプ音も標準的。デスクトップPC向けのキーボードを使っている人には少し物足りないかもしれませんが、普通に使えるキーボードです

光学ドライブは非対応

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は、USB端子が3ポート、映像出力がHDMI、その他有線LANやSDカードスロットなど。種類は多くありませんが、最近のノートPCとしては問題なく使える構成です。ただし光学ドライブには非対応であるため、DVDやブルーレイを使う場合は別途外付けドライブが必要である点に注意してください。

Vostro 15 3583 左側面

左側面には電源コネクターとHDMI、有線LAN、USB3.1、ヘッドセット端子

Vostro 15 3583 右側面

右側面にはSDカードスロット、USB2.0、セキュリティースロット

なお公式サイトの商品ページには指紋センサーに対応している的なことが書かれていますが、購入時に指紋センサー付きモデルを選べません。2019年8月時点では非対応ですが、今後モデルが追加されれば対応する可能性はあります。

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プラチナモデル(大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)
OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8565U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 (CPU内蔵)

CPU性能

Vostro 15 3583では、CPUに第8世代のCore iプロセッサーが使われています。Core i7-8565U搭載の最上位モデルでベンチマークテストを行なったところ同CPUの平均値は下回りましたが、十分高性能と言える結果が出ました。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9641
Vostro 15 3583 (Core i7-8565U)
9310
Core i5-8265U
8891
Core i7-7500U
5564
Core i3-8145U
5549
Core i3-7020U
3769
Celeron 4205U
2026
Celeron 3865U
2016
Celeron N4000
1553

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

当サイトのデータでは中位 / 下位モデルで使用されているCore i5-8265UやCore i3-8145Uでも、十分なパフォーマンスを発揮できるであろうということがわかっています。特に5万円台の下位モデルで使われているCore i3-8145Uは2年半前の高級機で使われていたCore i7-7500Uと同等レベルの性能で、一般的な作業であればまったく問題ないはずです。それほど高性能でなくてもいいのであれば、Core i3でも十分でしょう。

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

Vostro 15 3583では、128GBまたは256GBのSSDが使われています。SSDはHDDよりもアクセスが速く、ウィンドウズの起動やファイルのやり取りなどが高速である点がメリットです。

試用機ではSSDにPCIe 3.0 x2の高速タイプが使われていました。SSDは容量が大きいほどアクセス速度が向上するので、128GBの容量だと少し遅くなるかもしれません。とは言えHDDよりもはるかに高速で、十分な結果です。

Vostro 15 3583 ストレージのアクセス速度

256GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均17.46秒でした。HDDを搭載した他機種では平均1分3秒という結果が出ており、SSDだとウィンドウズの起動時間が格段に速いことがわかります。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 21.4秒
2回目 16.5秒
3回目 16.5秒
4回目 16.4秒
5回目 16.5秒
平均 17.46秒

3Dグラフィックス性能

Vostro 15 3583のCore i7モデルでは、専用グラフィックス機能 (dGPU)としてRadeon 520が使われています。通常dGPUはCPU内蔵のグラフィックス機能 (iGPU)に比べて高性能なのですが、Radeon 520のベンチマーク結果はCore i7内蔵のIntel UHD Graphics 620とほとんど変わりませんでした。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
9039
GeForce MX250
3595
Vostro 15 3583 (Radeon 520)
1311
UHD 620 (Core i7)
1270
UHD 620 (Core i5)
1186
UHD 620 (Core i3)
860

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Radeon 520はゲームを楽しんだりソフトのグラフィックス処理を高速化するためのGPUではなく、単に2GBのビデオメモリーをPCに追加するだけのdGPUだと考えたほうが良さそうです。ファイルサイズの大きい写真を開く際や、PCをマルチディスプレイで利用するときなどに、若干の効果を感じられるでしょう。

バッテリー駆動時間

Vostro 15 3583ではバッテリー容量は公開されているのの (42Whr)、駆動時間は非公開です。そこで当サイトでテストを実施したところ、最大で7時間40分という結果が出ました。ただしこのテストはバッテリー消費料がとても少ないため、消費量の大きいテストとのあいだを取って5~6時間程度と考えたほうが良さそうです。

なお試用機は最上位のCore i7と専用グラフィックスとしてRadeon 520を搭載しているため、バッテリー消費はかなり大きくなっていると思われます。Core i5やCore i3モデルであれば、駆動時間はもう少し伸びるはずです。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 ※非公開
BBenchによる計測 7時間40分
PCMark 8による計測 3時間42分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

Vostro 15 3583には、パーツ構成の異なる3種類のモデルが用意されています。それぞれの主なスペックと価格は以下のとおりです。

ラインナップ

ベーシックモデル(SSD搭載) プレミアムモデル(大容量メモリー・SSD搭載) プラチナモデル(大容量メモリー・SSD・グラフィック搭載)
Core i3-8145U Core i5-8265U Core i7-8565U
4GB 8GB
128GB SSD 256GB SSD
1920×1080
UHD 620 Radeon 520
税込5万4414円 税込7万3422円 税込9万0702円

※2019年8月21日時点。20%オフクーポン適用時

Core i3 / i5モデルが狙い目

ということで、今回はVostro 15 3000 (3583)のレビューをお届けしました。

デルのVostro 15 3000シリーズには複数の機種が存在しますが、Vostro 15 3583のポイントは標準でフルHDとSSDに対応している点。ただし光学ドライブとVGA、指紋センサーには非対応である点に注意してください。

Vostro 15 3000シリーズの違い

3580 3581 3582 3583
Celeron
Pentium
Core i3/i5/i7
Celeron
Core i3
Celeron Core i3/i5/i7
4 / 8GBメモリー 4GBメモリー 4GBメモリー 4 / 8GBメモリー
HDD / SSD HDD / SSD HDD SSD
1366×768
1920×1080
1366×768 1366×768 1920×1080
DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ 光学ドライブなし
USB×3
有線LAN
microSD
HDMI
VGA
USB×3
有線LAN
microSD
HDMI
VGA
USB×3
有線LAN
microSD
HDMI
USB×3
有線LAN
SD
HDMI
指紋センサー対応 指紋センサー対応 指紋センサー対応 指紋センサー非対応

3種類のモデルのなかで、コスパが高いのはCore i3モデルとCore i5モデルのふたつです。もっとも高性能なCore i7モデルは専用グラフィックス機能としてRadeon 520が使われているものの、性能はGPUなしモデルとそれほど変わりません。また格安モデルクラスのボディですから、若干割高な印象を受けます。

価格についてはもっと安い他社製品もありますが、法人向けの手厚いサポート (有料)を受けられることを考えれば検討する価値はあります。高いコスパと法人向けのサポートサービスを重視したい人におすすめです。

Vostro 15 3583 感想

コスパの高さを重視した上で、法人向けサポートを利用したい人に

特別クーポンで20%オフ!

Vostro 15 3583購入の際に限定公開の特別クーポンコードを使うと、20%オフの価格で購入できます。以下のリンクから特別ページを開き、クーポンコードをコピーして使ってください。
デル法人モデル限定クーポン

Vostro 15 3000 (3583)

Vostro 15 3000 (3583)

税込5万4414円~

※2019年8月26日時点。価格は20%オフクーポン適用時

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました