アフィリエイト広告

デルVostro 3420レビュー:性能は悪くないものの本体がチープ

デルVostro 3420レビュー

デルのVostro 3420は、14インチのフルHDディスプレイを搭載するビジネス向けスタンダードノートPCです。CPUには第11 / 12世代のCore i3 / Core i5が使われています。

 

Vostro 3420

Vostro 3420

 

第12世代Coreプロセッサの性能は悪くないものの、値段が高いわりに本体がかなりチープです。ボディやキーボード、インターフェース周りは格安ノートPC相当。大きさや重さについても、特筆すべき点は見当たりません。企業の一括導入などで選ばれる機種だと思います。

 

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14インチ 1920×1080ドット WVA 非光沢 250nit 45% NTSC
CPU Core i3-1215U / Core i5-1235U / Core i5-1135G7
メモリー 8GB×1 DDR4-2666 ※メモリースロット×2
ストレージ 256 NVMe SSD
グラフィックス UHD Graphics(CPU内蔵)
通信 11a/b/g/n/ac、Bluetooth、有線LAN(1Gbps)
インターフェース USB3.2 Gen1×2、USB2.0×1、HDMI1.4、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
セキュリティ ※生体認証は非対応
サイズ / 重量 幅323.67mm、奥行き220.26mm、高さ18.62~23.02mm / 約1.48kg
バッテリー 3セル 41WHr ※駆動時間は非公開

本体デザイン

Vostro 3420の筐体は、ハッキリ言ってチープです。ボディは樹脂(プラスチック)製の安っぽい仕上がり。軽く押すとたわみが生じ、頑丈な作りには思えません。5~6万円台であればなんとか納得できるクオリティーですが、8~12万円台の製品としてはかなり厳しいと感じます。

 

Vostro 3420 外観

Vostro 3420の外観。本体カラーはカーボンブラック

 

Vostro 3420 天板

ボディは樹脂製で、表面には格子状のテクスチャー加工が施されています。グリップ感は高まるものの、いかにも格安ノートPC的な仕上がり。触ると指紋の跡が残ります

 

Vostro 3420 デザイン

ノートPCとしてはスタンダードなデザイン。ただし各部が厚く、場所によってはパーティングライン(わかれ目)にすき間が生じています

 

Vostro 3420 ディスプレイ

ディスプレイを開いた状態

 

Vostro 3420 カメラ

ディスプレイ上部のカメラは写真撮影が90万画素、動画撮影は720p 30Hz

 

Vostro 3420 キーボード面

キーボード面も天板と同じ仕上がり

 

Vostro 3420 ベゼル

ディスプレイのベゼルは上下がやや太めですが、気になるほどではありません。とは言え、いまどきのスッキリとしたデザインでもないのはちょっと残念です

 

Vostro 3420 インターフェース

インターフェース類は比較的多いのですが、いまどきのPCとしてType-Cに非対応なのはいかがなものでしょうか

 

Vostro 3420 電源アダプター

電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは336g

 

Vostro 3420 スピーカー

スピーカーは底面部両脇に配置されています。低音域は非常に軽いのですが、そのぶんビデオ会議や動画などの人の声は聞き取りやすく感じます。ノートPCとしては標準的な音質

 

Vostro 3420 排気口

排気口はこの部分。温かい排気がディスプレイに直接当たります

 

Vostro 3420 底面

底面部には吸気口

サイズと重量

15.6インチタイプと比べると、本体は軽量コンパクトです。と言っても、気軽に持ち運べるほどでもありません。屋内で持ち歩くぶんには問題ありませんが、基本的には据え置き用と考えてください。

 

Vostro 3420 サイズ

本体サイズは幅323.67mm、奥行き220.26mm

 

Vostro 3420 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもひと回り大きい程度で、14インチタイプとしては一般的な大きさです

 

Vostro 3420 高さ

本体の高さは実測で19.4mm(突起部を除く)

 

Vostro 3420 薄さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは22.6mm。設置時にはやや厚みを感じます

 

Vostro 3420 重さ

重量は実測で1.439kg。14インチタイプとしてはやや軽めですが、モバイル向けとしてはわずかに重く感じます

ディスプレイについて

ディスプレイは良くも悪くも普通です。いまはノートPCの高解像度化やアスペクト比16:10化が進んでおり、16:9のフルHDは定番とは言えやや時代遅れな印象がします。とは言えこの仕様は未だ主流ですから、特に問題があるわけではありません。

 

Vostro 3420 画面サイズ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

 

Vostro 3420 視野角

使われているパネルはWVA(Wide View Angle)タイプ。IPS相当で視野角はそこそこ広めです

 

Vostro 3420 色域

色域は45% NTSC。ノートPCと向けとしては格安クラスのパネルです。色はスマホやタブレットほど鮮やかではありませんが、文字中心の作業なら問題なく使えるクオリティー

 

Vostro 3420 明るさ

輝度は250nit。格安ノートPCなら一般的な明るさです。中級機や高級機よりも画面はやや暗めですが、作業には問題ありません

キーボードについて

キーボードは、気にしなければ普通に使えるレベルです。作りは格安機相当で、タイプ感はいまひとつでした。

 

Vostro 3420 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列

 

Vostro 3420 キートップ

試用したバックライトなしモデルはキートップの文字がシルクプリントで、表面の手触りはいまひとつ。バックライト付きのほうが、キートップの仕上がりに優れています

 

Vostro 3420 配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接していますが、キーの配置や大きさにはあまり違和感はありません。強いて言うなら、カーソルキーの上下が小さくて押しづらい程度

 

Vostro 3420 タイプ感

キーを押した瞬間の手応えは感じられますが、ストロークがやや浅めでタイプ感は軽く感じます。またホームポジション付近で、たわみが感じられました。全体的にちょっとガタガタとした印象を受けます。入力はできますが、快適にタイピングできるキーボードではありません

 

Vostro 3420 タイプ音

タイプ音は軽い力で入力してもカタカタと聞こえます。うるさくはないものの、軽めのタッチを心がけたほうがいいでしょう

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i3-1215U(Pコア×2+Eコア×4、15W)
メモリー 8GB×1(DDR4-2666)
ストレージ 256GB NVMe SSD
グラフィックス UHD Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「MyDell」の「電源マネージャ」→「サーマルモード」を「超高パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第12世代のCore i3-1215U / Core i5-1235Uまたは第11世代のCore i5-1135G7が使われています。

 

Core i3-1215U搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、前世代(第11世代)のCore i5やCore i7を大きく上回る結果が出ました。現在のスリムノートPC向けCPUのなかでは中位クラスですが、非常に優秀な結果です。1年前に販売された10万円クラスのインテル製CPU搭載ノートPCよりも、CPUパフォーマンスに優れています。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9728
Core i7-1260P
8984
Core i5-1240P
8928
Ryzen 5 5625U
7580
Core i7-1250U
7552
Core i5-1235U
7104
Core i3-1215U
6086
Vostro 3420(Core i3-1215U)
5936
Ryzen 3 5400U
5693
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1255U
1743
Core i7-1280P
1733
Core i7-1250U
1726
Core i7-1260P
1636
Core i3-1215U
1622
Core i5-1235U
1616
Core i5-1240P
1606
Vostro 3420(Core i3-1215U)
1584
Ryzen 7 6800U
1471
Ryzen 7 5825U
1433
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1404
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス性能はかなり低めです。グラフィックス機能はCPU内蔵のUHD Graphics。Core i5はIris Xe Graphicsにも対応していますが、メモリーがシングルチャネルだとUHD Graphicsでしか動作しません。さらにメモリー速度が2666MHzとやや遅いため、3Dベンチマークテストではいまいちな結果でした。

 

メモリーを増設してデュアルチャネル化すればスコアは改善されるはずですが、そもそもVostro 3420はビジネス向けPCなので、あまり気にする必要はないでしょう。文字や数値中心の作業であれば、高いグラフィックス性能はそれほど必要ないはずです。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Vostro 3420(Core i3,UHD)
677
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は上回ってはいるものの、最近のノートPCとしてはやや控えめな結果です。とは言え試用機がCore i3-1215U搭載であることを考えれば、エントリー向けCPU搭載機としては健闘していると言っていいでしょう。重い処理をガッツリこなすPCではありませんが、文字や数値中心のビジネス作業をライトにこなすには十分です。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Vostro8549
Pro 89477
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Vostro6415
Pro 86534
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Vostro4417
Pro 85363
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は公開されていません。そこでビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から7時間10分で休止状態へ移行しました。消費電力が大きい状態でテストを行なったので、十分と言えば十分でしょう。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

 

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Core i3モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約9時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間10分
充電率50%までの時間 1時間19分
満充電になるまでの時間 2時間36分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

個人で導入するにはやや厳しい

Vostro 3420

記事執筆時点でのVostro 3420の値段は、Core i3モデルで8万2000円前後、Core i5モデルで約10万円です。第12世代Coreプロセッサは第11世代を大きく上回るほど高性能で、Core i3-1215UでもCore i7-1165G7以上と考えれば、値段が高いのはわからないでもありません。

 

しかしより高性能なZen3世代のモバイルRyzen 5000シリーズ搭載機なら、もっと安く手に入ります。単純に性能と価格だけで見るなら、ほかの機種を選んだほうがいいでしょう。

 

また、筐体がチープすぎるのも非常に残念です。8~10万円払ってプラスチック製のベコベコボディは、正直なところあり得ません。同じ値段でもっと高品質&高機能な機種はたくさんあります。

 

Vostro 3420

本体デザインが非常にチープな点が残念

 

以上の理由からVostro 3420には非常に厳しい評価を下さざるを得ないわけですが、法人需要の点で考えると若干変わってくるかもしれません。個人向け製品にはない保証 / サポートサービスを選べる点はメリットですし、ソリューション込みなどでの一括導入ともなれば1台あたりの値段は大きく変わるでしょう。そのあたりについては、デルに電話で問い合わせることをおすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました