HUAWEI MateBook 14 2020レビュー:Ryzen 7 4800H+16GBメモリーでほぼ12万円の高コスパなスリムノートPC

HUAWEI MateBook 14 2020レビュー

HUAWEI(ファーウェイ)のMateBook 14 2020は、14インチの3:2ディスプレイを搭載するノートPCです。ゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCで使われるRyzenモバイルHシリーズを搭載しながらも、本体がスリムでコンパクトである点が魅力。価格もお手ごろで高コスパなノートPCです。

HUAWEI MateBook 14 2020

HUAWEI MateBook 14 2020

ラインナップ

Ryzen 5モデル
16GBメモリー 512GB SSD 10万9780円
Ryzen 7モデル
16GBメモリー 512GB SSD 12万0780円

※2021年7月29時点

HUAWEI MateBook 14 2020のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 14インチ
解像度 2160×1440
※アスペクト比 3:2
CPU ・Ryzen 5 4600H
・Ryzen 7 4800H
メモリー 16GB
※DDR4 3200
SSD 512GB
HDD なし
グラフィックス Radeon
リフレッシュレート 60Hz
モバイル通信
堅牢性テスト
色域 / 輝度 sRGB 100% / 300nit
幅×奥行き 約308×約224mm
厚さ 約15.9mm
重量 約1.4kg
バッテリー ・約12.9時間(Ryzen 5)
・約11.2時間(Ryzen 7)

※2021年7月29日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー スペースグレー
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン タッチ対応(Ryzen 7モデルのみ)
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 5
Bluetooth 5.0
USB3.2 2(Gen1)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1(PD/DP対応)
Thunderbolt
メモリーカード
HDMI 1(1.4b)
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー 搭載
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

HUAWEI MateBook 14 2020

HUAWEI MateBook 14 2020

10万9780円~

※2021年7月29日時点

デザインと使いやすさ

外観について

HUAWEI MateBook 14 2020 外観

HUAWEI MateBook 14 2020は、ゲーミングノートPC向けのAPUを搭載するハイパフォーマンスなノートPCです。しかし外観はゲーミングノートPCのようにゴツくはなく、スタンダードノートPCやモバイルノートPCと変わりません。スリムかつコンパクトで、高級感があります。

HUAWEI MateBook 14 2020 本体カラー

本体カラーはスペースグレー。実際の色合いはメタリックなダークグレーといったところ

HUAWEI MateBook 14 2020 天板

ボディはアルミ製。表面はサラサラとした手触りで、指紋の跡が目立ちません

HUAWEI MateBook 14 2020 パームレスト

パームレストも同様の仕上がり

HUAWEI MateBook 14 2020 タッチパッド

タッチパッドの周辺には、キラリと光るダイヤモンドカット加工

HUAWEI MateBook 14 2020ベゼル

ベゼル(フレームと非表示領域を含む)は左右5.5mm、上部5.6mm、下部7.6mm。非常に細く、画面周りがスッキリとしています

HUAWEI MateBook 14 2020 ディスプレイ角度

ディスプレイの最大開閉角度は約160度

HUAWEI MateBook 14 2020 排気口

排気口はヒンジの内側あたり。排出された温風は一度ヒンジに当たるので、ディスプレイに直接当たることはありません

HUAWEI MateBook 14 2020 底面

底面

HUAWEI MateBook 14 2020 サイズ

設置面積は幅(横方向)308mm×奥行き(縦方向)224mm

HUAWEI MateBook 14 2020 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4よりもひと回り大きい程度です

HUAWEI MateBook 14 2020 厚さ

厚さは実測で15.4mm。底面部のゴム足を含めた設置時の高さは19.5mm

HUAWEI MateBook 14 2020 背面

本体背面。ゴム足が高い影響で、設置時にはやや厚みを感じます

HUAWEI MateBook 14 2020 前面

本体前面は非常にスリム

HUAWEI MateBook 14 2020 重さ

重さは実測で1.453kg。特別軽いわけではありませんが、持ち歩けないほどでもありません

HUAWEI MateBook 14 2020 電源アダプター

付属の電源アダプターはType-Cタイプ。重さは192g

ディスプレイについて

HUAWEI MateBook 14 2020 画面サイズ

ディスプレイのサイズは14インチ。モバイルノートPCで主流の13.3インチよりも、わずかに大きめです。解像度は2160×1440ドットで、ディスプレイの表面は光沢のあるグレアタイプ。Ryzen 7モデルのみ、タッチ操作に対応しています。

HUAWEI MateBook 14 2020 デスクトップ

デスクトップの文字の大きさは1.6~2.2mm(スケーリングは150%)

HUAWEI MateBook 14 2020 グレア

光沢のあるグレアタイプで、映り込みはそれなりに生じます

画面比率は3:2で、ノートPCでは標準的な16:9よりも縦長です。そのぶん画面あたりの情報量が増えるので、作業効率がアップするでしょう。

HUAWEI MateBook 14 2020 アスペクト比

一般的な16:9よりも縦長で、縦方向に多くの情報が表示されます

映像は比較的自然な色合いですがやや暗く、緑が強い印象です。公式スペックによると色域は100% sRGBとのこと。実際に色域を計測したところ、sRGBカバー率は100%でした。標準時の色味に違和感がある場合は、キャリブレーターを使ってキャリブレーション(色味の調整)を行なうといいでしょう。

HUAWEI MateBook 14 2020 映像品質

標準時の映像はやや緑が強め。キャリブレーションを行なえば、より自然な色合いで映し出されます

色域測定結果

sRGBカバー率 100%
Adobe RGBカバー率 76.1%
DCI-P3カバー率 76.1%

HUAWEI MateBook 14 2020 明るさ

画面の輝度は公称値で300nit、実測値では315nitでした。やや暗く感じますが、作業には問題ない明るさです

キーボードについて

HUAWEI MateBook 14 2020 キーボード

キーボードはテンキーなしで、バックライト対応。キーピッチは実測で19mmと標準的な広さです。ただし数字の「0」キーより右の3つがやや小さく作られていますが、実際に入力してみても特に違和感はありませんでした。

HUAWEI MateBook 14 2020 バックライト

キーボードはバックライト対応

HUAWEI MateBook 14 2020 配列

Enterキーの左上、数字の「0」キーから→3つがわずかに小さく作られています

ストロークは非常に浅く、実測で0.97mmでした。個人的には、MacBookのようなタイプ感に感じます。押した瞬間のクリック感は軽めで、指を大きく上げ下げすることなく軽い力で入力可能。ただスイッチ部分に若干のグラつきがあるので、人によっては指のブレを感じるかもしれません。キートップはやや大きめで、打ち損じも少なめ。筆者としてはストロークが深いキーボードのほうが好みなのですが、ストロークの浅いキーボードとしてはストレスなく普通に使えました。

HUAWEI MateBook 14 2020 タイプ感

キーストロークは1mm未満で非常に浅いのですが、ストロークの浅いキーボードにありがちな打ちづらさを感じませんでした

タイプ音はかなり控えめです。ごく軽い力でもタクタクと聞こえますが、うるさくありません。スペースキーの音はややチャキッと響くものの、Enterキーのタイプ音は静かです。ただし指を打ち下ろすようにして入力すると、タンタンと響くので注意してください。

HUAWEI MateBook 14 2020 タイプ音

軽いタッチならタイプ音は控えめ

インターフェース/機能について

HUAWEI MateBook 14 2020 インターフェース

インターフェースは、数も種類も多くはありません。USB端子は合計3ポートで、うち1ポートがType-Cです。あとは映像出力用のHDMIとヘッドホン端子のみ。有線LANやメモリーカードスロットには対応していない点に注意してください。

モバイル向けとしてなら十分ですが、作業をガッツリ行なうのであれば端子が足りない可能性があります。Type-Cドックを積極的に活用するといいでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 △ ※低速充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

カメラはF6キーとF7キーのあいだに配置されています。顔を下から見上げるような角度なので、ビデオ会議時には注意したほうがいいかもしれません。画面に顔を近づけるのではなく、ある程度離して利用するといいでしょう。

HUAWEI MateBook 14 2020 カメラ

F6キーとF7キーのあいだに、飛び出し式のカメラが配置されています

HUAWEI MateBook 14 2020 指紋センサー

電源ボタンは指紋センサー内蔵

スピーカーは底面配置。音が出る部分が接地面でふさがれているので、音はややこもり気味です。しかし音質はそれほど悪くありません。解像感は高く、音の厚みもスリム型ノートPCとしては十分です。ただ音質改善ソフトの影響が強く出ているように感じます。高音域はかなり抑え気味で、低音域は逆にブースト気味。好みはわかれるかもしれませんが、筆者はなんとなく不自然な音に聞こえました。

HUAWEI MateBook 14 2020 スピーカー

スピーカーは底面配置

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 4800H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Huawei PC Manager」の「パフォーマンス調整」を「パフォーマンス」に変更して実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します

CPU性能

CPUとしては、旧世代のRyzen 5 4600H(6コア/12スレッド)またはRyzen 7 4800H(8コア/16スレッド)が使われています。ゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCで使われているCPUで、非常に高性能です。

Ryzen 7 4800H搭載の試用機でCPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、同じCPUの平均値を下回る結果が出ました。CPUの熱が上がりすぎるのを防ぐため、あえてパフォーマンスを落としているのでしょう。HUAWEI MateBook 14 2020のスリムかつコンパクトな筐体でフルパワーを出すのは厳しいのかもしれません。

しかしそれでも、スタンダードノートPCとしては非常に優秀な結果です。現時点で最高クラスCPUのひとつであるRyzen 7 5700Uと同等レベルと言っていいかもしれません。コンパクトなノートPCとしては、驚くべき性能です。

CPUの性能差(総合性能)

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 4800H
19999
Ryzen 7 5700U
18449
MateBook 14 (Ryzen 7 4800H)
17135
Ryzen 5 5500U
14737
Core i7-1165G7
12643
Core i5-1135G7
11434
Ryzen 3 5300U
9550
Core i3-1115G4
7398
Ryzen 3 3250U
5202
Athlon Silver 3050U
3851
Celeron N4120
2771
Celeron N4500
2010

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能差(マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 4800H
4307
MateBook 14 (Ryzen 7 4800H)
3799
Ryzen 7 5700U
3512
Ryzen 5 4600H
3293
Ryzen 5 5500U
2817
Core i5-1135G7
2063
Core i7-1165G7
1963
Core i3-1115G4
1314
Ryzen 3 3250U
818
Athlon Silver 3050U
624
Celeron N4120
435
Celeron N4500
426

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

3D性能を計測するベンチマークテストでは、Ryzen 7の平均値よりもやや低いスコアが出ました。あえてパフォーマンスを落としている影響が出ているものと思われます。とは言え、内蔵グラフィックスとしては悪くありません。1~2世代前のノートPCよりも性能が高く、ゲームやグラフィックス系ソフトなどで効果が多少あるはずです。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
MX350
1382
Iris Xe (Core i7)
1250
Iris Xe (Core i5)
1066
Radeon (Ryzen 7)
1000
MateBook 14 (Ryzen 7)
948
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
Radeon (Ryzen 3)
619
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe (Core i7)
4561
MX350
3931
Iris Xe (Core i5)
3478
Radeon (Ryzen 7)
3384
MateBook 14 (Ryzen 7)
2995
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Radeon (Ryzen 3)
2324
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用に14インチモバイルノートPCのThinkPad X1 Carbon Gen9(Core i7-1165G7+16GBメモリー)と、クリエイター向けノートPCのraytrek R5-CA(Core i7-10875H+16GBメモリー+RTX 3060)の結果もまとめました。

ベンチマーク結果では、非常に優秀な結果が出ています。快適に使える目安の目標値を大きく上回り、さらに20万円クラスのThinkPad X1 Carbon Gen9と同等レベルのスコアです。GPU性能が影響するコンテンツ制作のテストではさすがにRTX 3060搭載機種には及びませんが、内蔵グラフィックスタイプとしてはなかなか優秀と言っていいでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
スコア9174
X1 Carbon10193
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
スコア7711
X1 Carbon7072
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
スコア5703
X1 Carbon5203
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GB SSDです。試用機ではPCIe 3.0 x4接続の超高速タイプが使われており、アクセス速度も十分高速でした。ただし負荷の高いテストを連続して行なうとシーケンシャルライトの速度が若干低下するので、サーマルスロットリングの影響があるかもしれません。

HUAWEI MateBook 14 2020 ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が通常計測時で、右が高負荷時

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で、約11.2時間とされています。しかし公称値は実際の利用を想定した結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、7時間3分で休止状態へ移行しました。公称値よりも短いものの、消費電力の大きい高性能CPU搭載機としては長持ちと言っていいでしょう。ただしバッテリー駆動時は、電源接続時よりもパフォーマンスが低下する可能性があるので注意してください。

バッテリー駆動時間の計測結果(Ryzen 7モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約11.2時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間3分
50%充電までにかかった時間 59分
フル充電までにかかった時間 2時間17分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム系ベンチマーク結果

Ryzen 7モデルでゲーム系ベンチマークテストを試したところ、ごく軽いドラクエ10ベンチではフルHDの最高画質でも快適に楽しめるとの評価でした。軽めのゲームであれば、解像度や画質の調整で問題なくプレーできるはずです。ただし少し重めのゲームでは厳しいかもしれません。基本的にはごく軽いゲームを息抜き程度でと考えたほうが無難です。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 719 / 動作困難
標準品質 1499 / 動作困難
軽量品質 1888 / 動作困難

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 2485 / 16.8 FPS
高品質 3331 / 22.8 FPS
標準品質 4198 / 29.1 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 7692 / とても快適
標準品質 10201 / すごく快適
低品質 11104 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

旧世代APUでも十分アリ

ThinkPad X1 Carbon Gen 9 感想

よかった点

RyzenモバイルHシリーズによる、高いパフォーマンスが魅力です。すでに現在ではRyzenモバイル5000Uシリーズ搭載機種が出回っていますが、今回試用したRyzen 7モデルは性能面で負けていません。また旧APUが使われているぶん価格もお手ごろ。性能的には15~20万円クラスでもおかしくありませんが、上位のRyzen 7モデルでもほぼ12万円です。

さらに、作業がはかどるアスペクト比3:2の160×1440ドットディスプレイも魅力。色域はsRGB 100%なので、キャリブレーターがあればクリエイティブな用途にも利用できます。価格が安く高性能、しかも映像品質がいいと3拍子そろった、コスパの高い機種としておすすめします。

気になる点

個人的にはキーボードのストロークの浅さが気になりました。またメモリーカードスロットが付いていない点が残念です。

HUAWEI MateBook 14 2020

HUAWEI MateBook 14 2020

10万9780円~

※2021年7月29日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCのレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!