ドスパラ GALLERIA ZG i7-9700K レビュー:RTX2080搭載の人気モデル

ドスパラ GALLERIA ZF (2019年モデル) レビュー

サマーセール実施中!

ドスパラの公式サイトにて、各種デスクトップPC / ノートPCを対象としたサマーセールが実施されています。期間は8/29まで。最新の人気モデルが大幅値引き、または上位パーツへのアップグレードが無料でたいへんお得です!
👉 公式サイトで詳細を見る

ドスパラの「GALLERIA ZG i7-9700K搭載 (以下、”GALLERIA ZG i7-9700K”)」は、Core i7-9700K + GeFroce RTX 2080 (8GB)搭載のゲーミングデスクトップPCです。2019年3月時点では、ドスパラ製ゲーミングデスクトップPCのなかでランキング3位の人気モデル。ワンランク上の性能を求める人に向いています。

GALLERIA ZG i7-9700K スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-9700K、メモリー:16GB、ストレージ :512GB SSD+3TB HDD、グラフィックス:GeForce RTX 2080

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

GALLERIA ZF

GALLERIA ZG i7-9700K搭載

税込25万0538円~

※構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

GALLERIA ZG i7-9700Kのスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-9700K
チップセット Intel Z390 Chipset
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD (PCIe) + 3TB HDD
グラフィックス GeForce RTX 2080 (8GB)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0 (フルサイズ) ×5 (前面×2 + 背面×3)
USB3.0 Type-C×1 (背面)
USB2.0×2 (背面)
HDMI
DisplayPort×3
DVI
有線LAN
SD/microSDカードスロット
ヘッドホン出力/マイク入力
PS/2(マウス/キーボード用)
オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16 ×2
PCI Express x1 ×3
M.2スロット×2
SATA3×6
ドライブベイ 5インチ×5
3.5インチ×5
電源 700W 静音電源 (80PLUS GOLD)
サイズ 幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm
※ガレリア専用 KTケース(ATX)
重量 約13.9kg
セキュリティー マカフィーリブセーフ 12ヵ月版
サポート メーカー保証1年間 ※有料サービス対応

※2019年3月26日時点。構成は変更される場合があります

GALLERIA ZG i7-9700K本体の外観と内部

外観について

GALLERIA ZG i7-9700Kでは、ドスパラGALLERIAシリーズ専用の「KTケース」と呼ばれるPCケースが使われています。対応マザーボードはATXタイプで、デスクトップPCとしての分類はミドルタワー型。拡張性や冷却性能に優れる点がメリットですが、本体サイズがかなり大きい点がデメリットです。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

GALLERIA ZZ i9-9900K サイズ感

21.5インチディスプレイとのサイズ比較

GALLERIA ZG i7-9700K 前面と背面

前面(左)と背面(右)。高さは450.2mmで、幅は207mm

GALLERIA ZG i7-9700K 側面

左側面(左)と右側面 (右)。奥行きは520.7mm

GALLERIA ZG i7-9700K 底面

底面にも通気口。エアフローをよくするために、高めのゴム足が付いています

GALLERIA ZG i7-9700K 天面

天面部の通気口。ふたつのうちひとつにファンが取り付けられています

インターフェースについて

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は、とても充実しています。USB端子は前面×2、背面×6の構成で、これだけあれば十分でしょう。なお映像出力にはマザーボード側のI/Oパネルではなく、グラフィックボード側の端子を使う点に注意してください。

GALLERIA ZG i7-9700K 前面

前面のインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② SD/microSDカードスロット
  • ③ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ④ リセットボタン
  • ⑤ 電源ボタン

GALLERIA ZG i7-9700K 背面

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② P2/2端子 ※キーボード/マウス接続用
  • ③ DVI ※非使用
  • ④ VGA(D-sub15ピン) ※非使用
  • ⑤ HDMI ※非使用
  • ⑥ USB3.0 Type-C
  • ⑦ USB3.0
  • ⑧ USB2.0
  • ⑨ 有線LAN
  • ⑩ オーディオ端子類
  • ⑪ USB Type-C
  • ⑫ DisplayPort
  • ⑬ HDMI

GALLERIA ZG i7-9700K 光学ドライブ

本体上部の光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ

拡張性について

拡張スロットやドライブベイも多く、拡張性は抜群です。GeForce RTX 2080がPCI Express x16スロットを1ポート使っているため、実質的には2~3枚の拡張カードを利用できます。2~3ポート専有する大型のグラボも利用可能です。

GALLERIA ZG i7-9700K 本体内部

左側のサイドパネルを外すことで内部にアクセスできます

GALLERIA ZG i7-9700K マザーボード

マザーボードのフォームファクターはATX。試用機ではASRockのZ390 Phantom Gaming 4が使われていました

GALLERIA ZG i7-9700K CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。メモリースロットは合計4ポート

GALLERIA ZG i7-9700K CPUクーラーと空冷ファン

「静音パックまんぞくコース」の大型CPUクーラーが取り付けられています。背面と天面にも空冷ファンを設置

GALLERIA ZG i7-9700K RTX2080

GeForce RTX 2070を搭載

GALLERIA ZG i7-9700K グラボ

試用機で使われていたGeForce RTX 2080はPalit製

GALLERIA ZG i7-9700K 電源

電源は700W(80PLUS GOLD)の静音電源

GALLERIA ZG i7-9700K 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① PCIExpress x1
  • ② PCIExpress x16
  • ③ M.2スロット (PCIe対応)

GALLERIA ZG i7-9700K シャドウベイ

3.5インチシャドウベイは5つ

GALLERIA ZG i7-9700K ドライブベイ

5インチドライブベイは5つ

GALLERIA ZG i7-9700Kのベンチマーク結果

ストレージ性能

試用機のストレージ構成は500GB SSD (SATA)+3TB HDDでしたが、2019年3月下旬時点ではSSDが512GBのPCIe (NVMe)タイプに変更されています。このように、ストレージ構成はそのとき実施されているキャンペーンによって変わることがあります。

SATA接続SSDのアクセス速度は標準的。PCIe(NVMe)接続のSSDにアップグレードすれば、ファイルアクセスやアプリの起動時間がより高速化されるでしょう。HDDの容量は標準で3TBで、容量の大きい重量級タイトルを複数本インストールしても余裕があります。

GALLERIA ZG i7-9700K ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

500GB SSD(左)と3TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

GALLERIA ZG i7-9700Kで使われているCore i7-9700Kは、8コア/8スレッドで動作するハイエンド向けのCPUです。非常に高性能ではありますが、8コア/16スレッドで動作するCore i9-9900Kに比べてるパフォーマンスはやや落ちます。とは言え、普通にゲームを楽しむのであれば問題ないでしょう。

CPUの性能比較 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i9-7980XE
3333
Core i9-9900K
2068
GALLERIA ZG i7-9700K (Core i7-9700K)
1526
Core i7-8700K
1517
Core i7-8700
1370
Core i7-7700
860

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの性能比較 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i9-7980XE
26919
Core i9-9900K
20094
GALLERIA ZG i7-9700K (Core i7-9700K)
17863
Core i7-8700
15300
Core i7-8700K
14689
Core i7-7700
10881

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

高負荷時におけるCPU温度とCPUクロックを計測したところ、クロックが大きく落ち込む場面はありませんでした。CPU温度が65~67度のあたりで頻繁に上下していることから、シビアな温度調節が行なわれているものと思われます。Core i7-9700Kのクロック上限は4.9GHz (非OC時)なので若干パフォーマンスは抑えられていますが、ベンチマーク結果を見る限りでは問題ないでしょう。

GALLERIA ZG i7-9700K クロック

「CPU-Z」のストレステストを約20分間実行したときのCPU温度とCPUクロックの推移

3D性能

グラフィックス機能として使われているGeForce RTX 2080はハイエンドクラスのGPUで、 非常に高性能です。前世代のGeForce GTX 1080 Tiよりもベンチマークスコがやや劣るのは、おそらくビデオメモリーの容量の違いによるものでしょう。

3D機能の性能比較 その1

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
RTX 2080 Ti
27118
GTX 1080 Ti(11GB)
22960
GALLERIA ZF (RTX 2080)
21969
RTX 2070(8GB)
19918
GTX 1080(8GB)
16792
GTX 1070(8GB)
15393
GTX 1060(6GB)
10393

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

3D機能の性能比較 その2

GPU 3DMark Port Royalのスコア
RTX 2080 Ti
7724
GALLERIA ZF (RTX 2080)
5986
RTX 2070(8GB)
4719

※ほかのGPUの結果は当サイト計測値

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストの結果は以下のとおり。高いグラフィックス性能を必要とする大作ゲームでも、フルHDなら最高画質で快適に楽しめます。4Kだと最低画質まで下げないと厳しいでしょう。ただRTX 2080 Tiでも重量級タイトルを4K最高画質で楽しめるほどではないため、そのあたりを狙うならSLIが必要になってくるかもしれません。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 9924(とても快適)
標準品質 14158(非常に快適)
軽量品質 17089(非常に快適)
3840×2160 (4K) 高品質 4584(やや快適)
標準品質 5413(やや快適)
軽量品質 7697(快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 18782(非常に快適) ※133.037 FPS
高品質 19224(非常に快適) ※138.324 FPS
標準品質 22116(非常に快適) ※166.441 FPS
3840×2160 (4K) 高品質 8604(非常に快適) ※57.373 FPS
標準品質 9878(非常に快適) ※66.094 FPS
軽量品質 16892(非常に快適) ※114.164 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 23222(すごく快適)
標準品質 23738(すごく快適)
低品質 24278(すごく快適)
3840×2160 (4K) 高品質 22490(すごく快適)
標準品質 22668(すごく快適)
軽量品質 23881(すごく快適)
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 76 FPS
118 FPS
124 FPS
3840×2160 (4K) 最高 42 FPS
66 FPS
78 FPS
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 90 FPS
115 FPS
超低 125 FPS
3840×2160 (4K) 高品質 52 FPS
標準品質 69 FPS
軽量品質 87 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 123 FPS
131 FPS
最低 1150 FPS

※平均60FPS以上が快適に遊べる性能の目安。今回トゥームレイダーシリーズでは4Kでのテストを実施できませんでした

実際にアサシンクリード オデッセイをフルHDの最高画質でプレーしたところ、常時60 FPSオーバーで、リフレッシュレートが落ちる場面はありませんでした。非常にパワフルなので、重いゲームでも安定した状態を保ち続けることができるでしょう。

ワンランク上のパフォーマンス

ということで、今回はGALLERIA ZG i7-9700Kのレビューをお届けしました。

当サイトではこれまでに同じドスパラのGALLERIA Zシリーズをレビューしていますが、ほかのモデルと比べるとGALLERIA ZG i7-9700はハイミドル (ハイエンドの中位)あたりに相当します。

GALLERIA Zシリーズの比較

GALLERIA ZZ i9-9900K GALLERIA ZG i7-9700K GALLERIA ZF
CPU Core i9-9900K Core i7-9700K Core i7-9700K
GPU RTX 2080 Ti RTX 2080 RTX 2070
PassMark CPU Marks 20094 17863 17831
3DMark FireStrike 27118 21969 19918
税込価格 29万3738円~ 25万0538円~ 20万7338円~

コストパフォーマンスで考えればRTX 2070搭載のGALLERIA ZFが優れていますが、もう少しパフォーマンスが高いほうがいいならGALLERIA ZG i7-9700Kを選ぶのもアリでしょう。

さらに上位のGALLERIA ZZ i9-9900Kであればほかの2機種よりもさらに突き抜けた性能を実現できますが、価格が税込約30万円となるのが判断が難しいところ。個人的には同じ値段を払うならパーツをアップグレードしたり、ゲーミングデバイスを購入したほうがゲームをより楽しめる気がします。

GALLERIA ZZ i9-9900K まとめ

RTX 2070では少し物足りなさを感じる人に

GALLERIA ZF

GALLERIA ZG i7-9700K搭載

税込25万0538円~

※構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

GALLERIA XF (RTX 2070)レビュー
GALLERIA ZF (RTX 2070)レビュー
GALLERIA GAMEMASTER GX70R7 (RTX 2070)レビュー
GALLERIA ZZ i9-9900K (RTX 2080Ti)レビュー
GALLERIA ST (GTX 1660 Ti)レビュー

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました